5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66d

にんざぶろう

学生

学生

14

コメントした本

イスラム飲酒紀行

著者はアル中ではないと断固否定しているが、周りの目など気にしないその執念は完全にアル中。笑 「酒」を通して、現地の人々の人柄や文化を感じることができる。

8日前

C258d719 e0b7 459f ba49 d4a4b601290d2b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870A1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6eDa0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d8645753ae 242d 47c7 bd99 f149b0b050ce17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af972c18881 77a4 4682 bff9 ece902bdaa1c 12
チルドレン

中学生の時に伊坂作品にハマり、この作品おそらく3度目の読了。 デタラメなことを言っていながら、一本芯が通ってる陣内。カッコいい。 どの話も綺麗にまとまっていてほっこりする。 誰かが「人生は何をしたかではなく、誰に何を残せたかが重要だ」って言ってたのを思い出した

22日前

E638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f0271496fe3291 ff5e 4c9b 9b33 a791082e9bd528e29977 f8a0 414b 83c7 1328b9f8e118B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849D58a0b0d e5d7 4b5f 843e 2595413885919f8b99a6 af53 4dda b1a5 394268bf8dc473613d5c 0555 43d2 9ae6 8bc83ae68429 177
新版 悪者見参: ユーゴスラビアサッカー戦記

サッカーとユーゴ紛争の話。 そもそもユーゴ紛争について詳しい知識を持っていなかったので、随時確認しながら読了。 メディアの報道に中立という立場は存在し得ないこと、いわゆる「悪者」は生まれるのでなく作られることを覚えておかなければいけない。 追章2の「鷲のポーズ」はタイムリーな出来事で、興味深かった。

約2か月前

アヘン王国潜入記

どこに行っても高野さんは面白い。 ソマリランドでのカートといい、現地の嗜好物(アヘン)を通しての描写、現地の人とのコミュニケーションが今回もみられた。 外側からは「アヘン栽培を行う犯罪地域」でも、内側ではただの「農業」の一つであり、生活に必要な価値あるもの。 一つの視点ではわからないことが多い。

3か月前

A1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6e751b7b10 5c0f 4d4d 82ff 75809453b59dD542d47c 6fab 4cfd b7a6 30fa256a96c752b11262 3cf9 4d71 bd3d 185f6d37e5f91ef99d9a 7b86 4330 aebd 49b589d668abA7e3d7c5 a589 4b16 a52f bbf82753fa569b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d 9
他人の顔

周囲の目線、行動でどれだけ人間の内部が揺さぶられるか。 妻の置き手紙 「仮面は、仮面であることを、相手に分からせてこそ、かぶった意味も出てくるのではないでしょうか。」 妻がどんな状況でもブレずに、主人公への気遣い、微笑みを絶やさなかった信念がみえる。

4か月前

F2af5b1e 0183 4108 a5d5 04865d6a8696Icon user placeholderA28011f6 5568 4051 b8ee cc1699a8420c78690c40 ddcf 4c45 b33e 88da43374341694e7e19 4f99 4cea 8f78 73dd7e9aae00Fb5c2ce3 4f84 45b0 ab32 3504621bb103Efcf6eeb f774 4dbe 9d59 ff4b87d0d146 9
学びを結果に変えるアウトプット大全

このアプリを始めたきっかけ。 今まで何冊か自己啓発系を読んできたが、一部分しか頭に残っていない、身についていない感覚があったためこの本を購入。 効率的な学びにはアウトプットとフィードバックが必要。

5か月前

B7e48532 963f 403d a3df 63612ff78ae65be8cf4d 45aa 4434 81c8 2a4263b30f09B1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf276723b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Icon user placeholder414e61b7 b363 41f6 a863 4ac875433e5a709fa78e a334 464f a9e5 c62e86c948a1 182
ナナメの夕暮れ

「社会人大学〜」から成長しつつも、生きづらさを独特の視点から捉えていて面白かった。

5か月前

790b3b74 52f5 44dd bc04 2399c9417ee16fe0d20d abce 4d18 aacb 43fe68e7e615A4b636d8 1ce6 437b 9e5e 82b20fabc1e30107fc93 5315 4e72 9f9b 52cbc63bd2857c5bf757 2454 4590 9bb7 db9b6e600b23Af02b44f af66 4b84 8a80 3c06327c854dE39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007b 107
知らないと損する 池上彰のお金の学校

社会人になった際に、特に「保険」と「税金」に関しては復習する価値があると思う。今現在では実感がわかない。 ヒマな大学生には「機会費用」の話はインパクト大。笑

17日前

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3eIcon user placeholder5f2cc981 6491 4f27 9a38 0469c789c8b8A2270168 bfe8 4c16 a3c1 698da11ef241Cdbe7418 92b9 439d 8f09 ed4d8db3cb41Ea5e4d68 95e4 4b33 8fa2 394fd1150e1eIcon user placeholder 28
料理の四面体

単純にエッセイとして面白かった。 読み終えると料理とは至極単純なものに思えるけど、結局僕が家で食べる飯のレパートリーはほとんど変わらず。笑 ただ、どんなものでも調理法は空気、水、油に加えて加熱を考えればいいと思い、購入する食材は多種になった。 アルジェリア式シチュー作ったけど美味。

22日前

Ebaa1b06 d245 4a4a 8a19 a4ba564fedefIcon user placeholderBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bAbc154e0 3994 4f0d 9d52 84a14e43a597Edd4dd46 50d5 4ca7 a0bd 485a7e7e2e571366c6d7 fd64 4750 b3bd 46a6d7f888e3A1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6e 16
おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか?

堅苦しくなりがちな「教養」を、分かりやすく楽しく教えてくれる一冊。 非常に読みやすく、ほかの池上彰本も読んでみようと思った。

3か月前

01fcc972 cdbe 4a7d a791 86a956fab210Icon user placeholder23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Icon user placeholderEc9d22c5 1b01 439f 8a02 da3ef2ff21ab7956cdf9 87cd 4acf b037 b95c047626baB46bc3c4 6279 4489 9c62 8eb16ad583bb 64
西南シルクロードは密林に消える

「ソマリランド」2作に続いて読了。 高野さんがどんなに深刻な状況でも、こちらには面白く感じてしまう。行ってみたい、この目で見てみたいと考えてしまうから危険。笑 あとがきも衝撃的。

3か月前

55294e6a 7fce 4234 bbed 88b48b3c7bab47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a01c48291 800f 46f1 b689 c087c8cb7020
愛するということ

「愛の技術を身につけるためには、客観的であるよう心がけなければならない。」 「『信じる』ことの習練が必要」 大人になれば分かると思ってたけど、意識的・能動的にならなければ習得せずに死んでいく気がする。

4か月前

243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc54f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d5479e0ec9c aba5 4126 a659 4314b8e5c4fb5ef2a0ae 3f6b 4656 96d2 9873d8c88b3aD0b039f5 912e 44e3 9402 1a61f17479ccF8274e9f c2c4 47f7 9202 6d61dcb9d2e8 136
箱男

安部公房2冊目。 覗く優越感と、覗かれる嫌悪感。 少し共感できる部分も。 SNSに通じるものがあった。

5か月前

04917766 8fce 4394 8236 d2766d77836c53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832Icon user placeholder29c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abc344d13b7 53ef 45f2 aeea f22c2967245505d8182e 87bc 48b6 a94a 50615cb7dd38640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 33
武士道ジェネレーション

シリーズ4作目。 「相手より圧倒的に強くて、でも暴走しない、冷静な力がないと、守りたいものも守れない」 香織が目指す武士道カッコいい

5か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderD24ac79e 28c1 4912 b387 762c0b09ea760023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cIcon user placeholder33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb378690288630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c 9