B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

主にミステリを読んでいます。 Twitterから、書籍だけお引っ越し。 ただいま使い方、試行錯誤中です。

101

コメントした本

ラヴクラフト全集 (1)

あんまり怖くないかも。インマウスの影、何よりインマウス顔の町人が怖い。水色の魔界を思い出す。闇に囁くもの、主人公が後半駄目でしょってとこに突き進んでいく。あのタイミングでタイプ打ちされた手紙が来たら罠じゃないか。そこからの迂闊さ、あなた知識人じゃなかったの。

6か月前

2b7c83e2 b18c 4385 84ad 25b4d28c02ca78e62828 3fa7 414d aab9 85c74a7c543eIcon user placeholder23c6e1f7 d883 4a06 be5d 362a57d6c938Icon user placeholderEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f35ef530a 5023 4b9c 94ed a9ba2cd2edd5 13
日本探偵小説全集〈6〉小栗虫太郎集

足掛け2月。完全犯罪。現場も構成も、私の中で一二を争う美しさ。すごくすきです。しかしそれ以外正直歯が立たず。対象物が想定出来ない。空間把握能力欲しい。黒死館殺人事件。何度か読み直し、ノートも取ってみたけれど。恐るべし、ぺだんとりー。面白い気がするから余計に悔しい。

6か月前

00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9205838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf982
カササギ殺人事件〈上〉

たくさんの村人が出て来るのですが、割と名前や職業や人柄に特徴があり、すんなりと入ってきました。と言いますか、個人的には、第1部最後で期待一気に膨らみ、集中力が研ぎ澄まされた訳なのですが、果たしてどこに向かうのか。上巻は町に馴染んできた辺りで終わりました。

6か月前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1Bb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d60f2bbbed e24f 4d08 bfce 2339b22f411562f8b43a 27bf 42f9 8e42 d14b2e3b4575F38c1168 5758 46e2 87e9 cedb5ff8b8635697b3fb c27b 438f 94f8 f4062e211ad2 39
教会堂の殺人 ~Game Theory~

最早ミステリではないのでは?と思いつつ追ってしまう。前作で多少の覚悟はしていたものの、シリーズとしては更に過酷な展開。今回のトリックは恐ろしく淡白。個人的にはあんまり美しさも感じられず。空転の虚しさ。この巻、本当に必要だったんですよね。あとがきを信じて待ちます。

6か月前

C0419d0f 39a6 49ce aaa9 74a150714019Akiaivjyeuyp25rambwa
オリエント急行の殺人

すごい話。長距離寝台列車が雪で立ち往生。職業も国籍もばらばらな乗客が乗り合わせた列車という密室で、一人の男が殺される。終盤ポワロが「知らなきゃならないんです」って言った時、明らかになる事実の予感にぞっとした。新訳版だからか、すごく読みやすい。たぶん再読。

7か月前

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7373918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2bAdb2abfa e570 432c b7ff 62562fb962deFa46737f a49b 4647 a8b2 be42bc0c1589Be919737 6a37 4b8d 82fd 881383ff06e6F21566a4 02fc 4938 b8fb aa87195e3273Cf090353 291e 403a b3a4 33d5e9a7c2b1 38
かくして殺人へ

少々過激な自作の小説がきっかけで、モニカ・スタントンは映画脚本家として採用される。スタジオで仕事を始めるも、何故か命を狙われることに。癖の強い映画人達が生き生きと動き回る。不穏だけど、この世界の空気が好き。夏の夜の夢を思い出したり。不条理劇のような二人もいい。

7か月前

C9aac18d d852 4af4 8d36 bceac3897d4eEb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66
ミステリを書く! 10のステップ

小説の書き方と言うか、その前段階の練習についても書かれている親切な本。ジャンルに限らず小説全般に通じる考え方な気もする。個人的には、また読本にお決まりの古典ミステリのネタバレに当たり、打ちひしがれるなどした。自業自得なので、いい加減に学習すべき。

7か月前

凍りのくじら

学校の話が苦手。だからこの話もすぐ読むのを止めようとしました。でも、なぜか読み続けてしまった。違和感に感じていたところは、最後、全てふに落ちる。違和感なく上手に隠されていたところに後から気付く。私が、この物語がすきなのは、うちの父親が本が好きだからかもしれない。

7か月前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917796bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d0668d3df58 fc6f 48b9 a9e2 781e5c5bda50E48de692 ede4 43d6 b985 00b1aaf35ee5Icon user placeholderE00025f0 10d5 4a8e 8971 3e4c4b15c647Icon user placeholder 168
堕落論

もう作家ではなくて教祖なのだから、不確かに変質してしまう心配はない。それは同時に、生者と死者にあてはまる。惚れてもいない女と心中してみる。こちら芸道の身悶えである。特攻隊は虚構。だとしても何故若者の死を無意味とするのか。わかった気がするとこだけ並べてみた。むつかしい。

7か月前

Icon user placeholder640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff63245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c708f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa0b1940e1 27ce 42fd 90a1 3038f130f6d7
モロッコ水晶の謎

ABCキラー。楽しい。あの様式が不合理であるというのは確かか。ワイドショーで連日放送されたら、まさか自分が巻き込まれるなんてことないだろうと思いながら、普段全然見ない電柱の地区名とか気にしちゃうんだろうな。表題作、大胆。犯人の人柄を考慮すれば納得できるのですが。

7か月前

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4fCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921845c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdB1af3c18 b6d4 4350 8e97 2d5137b6b5fb4ee5fc57 cdea 40fa a6b2 a45e28f739c675e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec039d9656f0 35db 4841 a5c3 4ae5e0c2f7f2 8
羊と鋼の森

偶然、ピアノの調律、に出会ってしまった外村。彼は、まっすぐまっすぐ、調律師の道を歩いていく。そこにねじ曲げられた場面は存在せず。正解のない芸術、とか、裏方の役目、とか。才能云々の話も。一般論でもなく、正論でもなく。全てがあたたかく呼吸している。外村君が、羨ましい。

6か月前

32bb3f83 409d 455f 9519 cd67a2bb78afIcon user placeholder7133f3dc d379 4bcf 9acc f8c84cd05c0f38c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2Icon user placeholder56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c117799b9 935d 45eb aaf3 4a39b4bb2e8c 308
十津川警部 幻想の信州上田

上田で真田で六文銭だから、思わず買ってしまったのですが、すごく衝撃を受けました。私の知っている小説とは、違う。設計図か、指示書か、ト書きか。テレビドラマ、ありき、なのか。足で稼ぐ刑事ドラマ。きっと映像になれば名所を織り込んで綺麗な画が撮れるんだろう。

6か月前

オペラ座の怪人

ルルーだったんですね。おとぎ話的な心のきれいさって実際すごく難しいなあ。同情の余地は多いにあるにしろ、それを補ってあまりある内面と行動のまずさ。彼女の最後の選択は、どういった心情なのだろう?終盤の追跡劇とか面白いんだけど、彼と彼女の最後の内心がよくわからない。

6か月前

僧正殺人事件

だあれが殺したクック・ロビン?マザーグースの見立て!ものすごく期待しちゃうじゃないですか!実際めくるめく事件群。関係者も皆どこか屈折した癖のある人物で、容疑者として魅力的。ただ、肝心の解決が、凡人の私にはあまり理解できず……。何故犯人がわかったんでしょうか……。

7か月前

43e40922 393f 480c b38b 2a2b3a69ae6aCd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf96200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0B89bdb98 c1c0 4969 b4c2 ac9d7da9042d
宇宙の果てのレストラン

いいなあ。気にせずだらだら読める。文脈お構いなしの予測不能な世界だし、深刻さも微塵もないから気を張らなくて良い。楽しい!今回はゼイフォード編みたいな印象。レモンの香りの紙ナプキンは怖いです。改めてマーヴィンはすごく優秀なロボットなんだね。稼働年数的に。

7か月前

47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c
アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

自身の存在、自身の価値観が、根底から覆るか否かの瀬戸際は、本当に引き込まれた。それ故、その冷たさが露になる終盤は少し物足りない気分に。信じたかったのだと思う。「裏」は必ずしも真ならず。けれど嗚呼イジドア。ブレードランナーとはだいぶ違う印象。

7か月前

8492b614 da34 4879 a8f6 896da5fdf679F1e4dc23 167e 4f39 8e26 6b7568e2eb5173bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac74138bedbb 2945 460b 844c 37f25a676e30Icon user placeholderIcon user placeholder 169
伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~

ここまで来たか(帯文句)と言うより、そこまで行ってしまったかと言う……。今ちょっとショックから立ち直れていない。そこの絶対性は、挑んじゃ、……。今回の解は私には難しかったなあ。今までのと違って答えを聞いても理解できず。復習しよっと。唐突な昔話は、眠かったのかな。

7か月前

C0419d0f 39a6 49ce aaa9 74a150714019Akiaivjyeuyp25rambwa
あまからカルテット

学生時代からの親友4人組が、食べ物絡みの日常の謎を追うお話。直感と行動力で解決に突き進む。とにかく4人のキャラクターが魅力的。いろんな憧れを体現した存在でありつつ、彼女らの抱える悩みは共感できる。4人が別々の場所でそれぞれ問題に対決するおせちの話が楽しかった。

7か月前

08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec6c2fe14b 38bf 4ef6 a27a f10bbcb053f1F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51Dbb10161 0a0e 4c2c 93ce 704b535fdbeb9fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797F74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937eca 48
インド倶楽部の謎

国名シリーズの長編!神戸にインドの香りが濃く漂う。理解し難い絆で結ばれた倶楽部。推理は理路整然なのですが、やはり心境を理解するのが難しい。読後もつらつらと考えるも、ありきたりな事しか思い付かず。そうじゃないんだろうな。タイトルの話は微笑ましい。野上刑事活躍。

7か月前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e639461a2 6c89 4d7a 89a5 f44447e44c3449a553b8 51dd 4dea a6c6 dd456565adceF4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966cIcon user placeholder
水沢文具店: あなただけの物語つづります

ペンとノートを買った方、希望者にオーダーメイドのお話を書きます。小学校教師の栞は、張り紙を見て、水沢文具店の敷居を跨いだ。小説の小説なんて、ずるいだけで無茶だと思ってたけど、彼らは懸命に生きている。打ち込んでいた大切な何かを無くしてしまった人に、きっと響くと思う。

7か月前

8f887fb4 66c9 4b6e a1f5 7eff775449cf427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b