2bbaa9ff 7cdd 435e b54c 9613d2dbf7a0

Ataru

水もしたたる、トキントキンの、OSアップ…

水もしたたる、トキントキンの、OSアップデート。

51

コメントした本

クジラアタマの王様

いい意味で伊坂幸太郎らしくない本だと思います。パラレルワールドものですし、あんまり凝った伏線もありません。主人公たちにちょっと特殊な設定があるっていうところくらいが伊坂幸太郎らしい部分でしょうか。前半少し間延びしますが、後半の面白さはさすがです。トラブルに立ち向かうべきは夢の中でではなく現実においてなんだ、というところに感動しました。伊坂幸太郎って実直なんですね。

約1か月前

801196d5 8c77 4f11 b225 35cc4b0d120e994e4877 2baa 4443 953d 8efec2a34d2cIcon user placeholder0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a6aee530d 57e8 479d bc8f 2a26d5c6914164e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048aIcon user placeholder 19
白い服の男

星新一、既に亡くなってるって知らなかった。。。この本も40年以上前に書かれたとは思えない。

2か月前

4d32d8bd 8834 49c7 baa2 ade3fb8458fbEb89880b e314 4f05 8941 a0cb68fdeeb877d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4
いま世界の哲学者が考えていること

「人がより良く生きるために」という観点から、IT、バイオテクノロジー、資本主義、宗教の復権、環境問題について最新の議論の状況をまとめた本。著者自身の結論が述べられているわけではなく、対立する議論の両論を紹介するに留まっているため、自分が問題意識を持っている分野に関しては内容が浅い、物足りないと感じた。しかし、それまであまり意識していなかった分野については、こういう視点もあったのか、と気付かされた。ブックリストもついているので優秀。

3か月前

3caf36fc ea46 4dec bedb 793072a4cc4fIcon user placeholderB825f8a6 a73e 4031 aab6 2530326d49605ce10757 12a5 4945 bfe1 5cc7e164a4e3675acbd6 f8e8 4edf 9f73 bdf31870496b2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed56ce6ff4 d79e 4985 afcb 9a57d9042487 37
元年春之祭

古代中国ミステリ。前漢の時代、かつてある一家のほぼ全員が殺害される酷い殺人事件の現場となった山間の村、雲夢澤。そこに長安から訪れた1人の少女とその侍女。彼女たちの滞在中に再び連続殺人事件が起こってしまう。 まず、これは問題作です。読者が読みたいものを書いたというよりは、著者が書きたいものを書いたタイプの作品でしょう。 そう思って著者あとがきを見たら、「僕はどうしても漢籍と、アニメ的なキャラクター表現への情熱を割愛したくなかった。けっきょく自分の好きな要素を全部一冊に詰めた結果、後で問題作と言われるようになってしまった。」と書いてあって笑ってしまった。日本の本格ミステリに憧れて書いたとか言いつつ全然独創してんじゃねーかと思った。 この作品自体はあんまり出来はよくないと僕個人は思いますが(もしかしたら人によってはめちゃくちゃハマるのかもしれません)、あとがきを読んだら、これが初の長編小説だったということで、他の作品も読んでみてもいいのかもしれないと思いました。何より、「後で問題作と言われるようになってしまった」ことを素直に認めてるところが好きです。

10か月前

222cb097 4f80 4b63 a36f e051845813d3101f1fe9 aebc 4e49 9b39 0cd04b237a21
アフター・ヨーロッパ――ポピュリズムという妖怪にどう向きあうか

(要約) ・近年EUが直面した複数の危機のうち、難民危機だけが本質的な危機である。 ・EUには3つのパラドックスがある。すなわち、中欧のパラドックス、西欧のパラドックス、そしてブリュッセルのパラドックスである。中欧の人々はEUが好きだがリベラルは嫌いだ。西欧ではリベラルでコスモポリタン的な若者が政治的な運動を組織するに至っていない(SNSで集まり、一瞬不満を爆発させて終わってしまう)。ブリュッセルの能力主義エリートは、能力が高いが故に国家への忠誠心を疑われ、人々から信用されない。 ・とにかくsurviveすること、それだけがよりよいEUを実現する唯一の方法だ。改革は直線的には成し遂げられない。 (コメント) 何が言いたいのかよく分からない。取り留めもない。処方箋もない。「本書は、これから起こりそうなことについてただ思いめぐらすこと…が目的」だそうなので著者としてはそれでいいのかもしれない。まあ、ヨーロッパで起きていることについてヨーロッパ人が語った本という意味では貴重かもしれない。

11か月前

時間とはなんだろう 最新物理学で探る「時」の正体

(要約)時間方向への運動エネルギーと空間方向への運動エネルギーの合計値にはキャップがあって、空間方向へ移動すると時間方向への移動量は減る。 物質(電子、陽子、中性子)も光(光子)も粒子でありかつ波(量子)である。そして量子は量子場のあらゆる可能な振動の「影響」が干渉し合った結果生き残った振動の表現であり(この辺よく分からない)、素粒子間に働く力はその振動の共振の結果である。 そうすると、物質というのは時空中に含まれる量子場というパラメータ的な何かの表現である。だけど残念なことに重力だけは違う。一般相対性理論は非常にミクロなスケールではうまく当てはまらない(ただし、当てはまる可能性もわんちゃんある)ので、重力だけは量子化できない。 これは、「時間とは何か?」という問いにとって重大な挑戦で、一般相対性理論の記述する4次元時空はミクロでは成り立たないことを意味する。量子重力を記述する理論を見つければ、ミクロも、(繰り込みの結果として)マクロも統一的に記述できる時空の理論を構築できることになる。その有力候補が超弦理論なんだけど、超弦理論だと時空は10次元あることになる。残りの6次元が量子場のことなんじゃないか?と思っている人もいる。まあこのへんは他にも理論があるのでよく分からない。 (コメント)何事も理由がないと納得できないタチなので、「量子重力理論が完成した暁には、時間が1次元で、空間が3次元であることにすら理由が提供されるだろう、と期待できる」という部分に痺れてしまった。 正味半分も理解できた気がしないので(上の要約も間違いが多々含まれていることと思う)、他の説明の仕方の本も読んでみたい。数学的な理解を迂回して理屈を理解するには色んな角度の説明を聞くしかないと思うので、それはもともと織り込み済みのコストである。

約1年前

222cb097 4f80 4b63 a36f e051845813d30970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a29464afb 595b 402c a513 a16191529b21Cd2d28ae 0e91 4b6d a6cb da82ed2a97d6
ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと

社会に出てから15年かけてノマドライフを実現した著者が、どういうフェイズを経て今の生活に行き着いたか、それぞれのフェイズで何を重視してきたかが書いてあり、参考になる。海外を転々とする生き方に興味のある人にとっては一読の価値あり。 自分が漠然と考えていることにお墨付きを与えてもらえたような感じがした。また、今何をすべきか、何をすべきでないかがある程度明確になった。

2か月前

B307e392 1cca 43a1 919e 4f40d8e1fecbB157b007 4c8d 403f ab76 05595a1fbba1Icon user placeholder60c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45d73e2c18d 3d83 4164 8769 4eed88bde3fbEca90911 9016 45f4 81c7 b6dd1ce73bbb
アイネクライネナハトムジーク

今年の9月に三浦春馬主演で映画化されるらしいので読んでみた。斉藤和義に作詞を求められたことがきっかけで誕生した短編集とのこと。プロボクサーと美容師の偶然の出会いなどを中心に6本立て。あとがきで著者が言うには「恋愛もの」は慣れていなかったとのことだが、伊坂幸太郎らしい、意外だが気の利いた展開が見られる。映画は、劇場で見るほどではないかな、と思ったのでたぶん見に行かない。

3か月前

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd6aee530d 57e8 479d bc8f 2a26d5c69141Icon user placeholder42a79741 e586 420f a17a db0551af35f5De620377 d7b3 413f 908d dc24e769262aFbda2df8 0793 4ce9 a133 3f26bdfcc586 169
タコの心身問題

【要旨】 タコはとても賢い。エサになり得ないものにも興味を示して腕を伸ばすし、人間を顔を一人一人識別して嫌いな人が通りかかる度に水をかける、ということができる。それは、対象の見え方や自分との距離が変わっても同じものだと認識することができる、という能力をタコが持っていることを示す。 そのように高い知性を有したタコの脳は、人間の脳が作られた進化的過程とは全く独立の進化的過程の中で作られた。人間とタコの共通祖先は4-5億年前の単純な生物で、外界からの刺激に対して単純な反応を示すことはできたが、とても高度な知性を有しているとは言えないような生物だったからだ。

3か月前

B2f25718 2a9a 450a a2cb 5087e20e5b9d0997e466 2fa0 4b04 879d 6de72f4a562d08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c17d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9Ee29613b 0434 4882 bfe9 3fbc1b4e62380ae60b91 38d0 427f 9e5f 169ed406450c0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a 43
つくられた卑弥呼―“女”の創出と国家

卑弥呼×ジェンダーということで、発想は素晴らしい。よく知られているが漠然としか知られていないものを、これまでと異なる切り口で構成し直すのは、よい考察の一つの類型である。 そして、最終章は悪くない。「神秘の巫女、卑弥呼」像がたかだか明治に新しく作られたものであることを示そうとした狙いは良い。けど、明治以前は本当にそう描かれていなかったのか、いまいち説得的でない。また、明治40年に出された論文(本書の中では神秘の巫女像を普及させたという位置付け)はどういう背景で出されたのか、この2人の研究者はどういう人で何を考えていたのか、よく分からない。それが分からなければ、「神秘の巫女」像の虚構性も分からない。 また、次の3つの理由で、全体が説得的でない。 1.全体の大きな結論として何が言いたいのか分からない。 (タイトルを見ると、卑弥呼が実務を行っていたことを示す、という明確なテーマがあるように思うけど、実際には卑弥呼以外に関する記述の方が多い) 2.仮に大きな結論があるとして、そこに向かって個々の部分が有機的に構成されていない。 3.個々の議論の証拠が不十分。 特に3について、 ・記紀の記述を鵜呑みにしすぎ。記紀の作られた意図を少しは考慮して割り引くべきところは割り引いて読むべき。 ・とは言っても記紀はよく分かっていない以上、もっと物的証拠も考慮すべき。記述だけに頼りすぎ。 最終章を一番はじめに持ってきて、もっとまじめに既存の卑弥呼像の虚構性を証明して、それから本論に入るべきだったと思う。構成の仕方次第では良い本だったと思うのに、残念でならない。考えてみれば、「男王を立てたが国が治まらなかったので女王を立てた」という魏志倭人伝の説明は簡単すぎて納得できない。もし本当に女性に政治的実権がないのであれば、男王→女王の転換はそう簡単には起こらないはずだ。だとすれば、それはいかにして起こったのだろうか?

11か月前

ニシノユキヒコの恋と冒険

特に恋愛を書かせたら川上弘美の右に出る人はいないと思うので、読んでみた。読んでみて、すごくよかったなぁと思って解説を読んだら、自分の受け止めは女性読者の受け止めとは全然違うのかもしれないと思った。僕は、恋愛においては男も女も主体性を持って行動しているもんだと思い込んでいたけど、もしかしたら、誰も主導権を持ってなどいなくて、雰囲気や、勢いや、事の成り行きがほとんどのことを決しているのかもしれない(少なくとも、そう思っている人がいるのかもしれない)。

11か月前

C00d56c6 fc98 4bf5 b98a 83af36f5ee08F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7972c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449 27
世界史序説

(要約)西洋中心史観は思い上がりである。大航海時代以前の世界史の中心はユーラシアのオリエント以東であって、そこにおいては遊牧民(=軍事、商業)と農耕民(=生産)の結節点(=シルクロード)が繁栄した。ちなみに、ユーラシアの中でも古代はオリエントが優勢であった(ローマ帝国はその一部)が、オリエントにおける森林資源の枯渇と中国における石炭の利用開始によって比重は東に移った。大航海時代が来ると新大陸からの銀が海路で大量に運ばれるようになり、シルクロードは衰退し、ヨーロッパにおいてもシルクロードの最西端としてのイタリアから西欧へと比重が移った。西欧の中でもイギリスだけはアジアの産品を産業革命によって輸入代替することに成功し(ex.綿布)、君民の距離が近かった(三流国家だったので、国債など、資金や軍事力を最大限動員するシステムが早くに開発されていた)ために生産力の増大を軍事にも反映させることに成功し、世界の覇権を握った。その後の歴史は周知の通り。 ちなみに、遊牧民のいない日本とヨーロッパは類似の史実経過(ex.封建制)をたどった。それが近代化の前提条件たる中世を日本に準備した。 (コメント)筋は通っているので一読に値するけど、実証的でないのでこの本だけでは信じられない。そもそも、新書一冊で世界全史を実証することは不可能なので、著者の言う「選択の体系」(どの史実に着目して世界史を描くか)を示すための本だと思って読めばいいのかもしれない。この体系を実証するための研究は後から為されればいいんだと思う。 ただ、シルクロードから海路に比重が移るところの説明はいまいち判然としない。シルクロードの時代にも海路は活発に利用されていたわけで、16Cに航海技術の進歩があったのか、どのくらいあったのか触れないと、どうしても説明しきれないように思う。 あと、モンゴルすげえ。イギリスも、条件的には全く恵まれてないのにやり方だけで覇権国家へと上り詰めて、すげえ。

約1年前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966cB19d9309 55d7 44a5 952c f7071f8684a45f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372Icon user placeholderF64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f0Fcd3efbb 1349 4bc1 9088 b0124fef91ae