Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184

ひろむ

月に7冊以上、年間では85冊読破が201…

月に7冊以上、年間では85冊読破が2019年の目標 少しずつでも、積読を解消したい (2018年11月からの記録)

349

コメントした本

機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト

2019/6/21読了 Standでのこの本のカテゴライズが、毎回あがってくるたび「コミック」になってるのが気になる。小説なのに。コミカライズされてるのかと思ってた。 内容は、四篇からなる連作短編集。 ホームズ張りに鋭い観察眼を持つ、女性エリートパイロットの氷室翼が探偵役。国際線デビューの副操縦士、間宮治郎が相棒役で、謎解きとしては割とわかりやすいので、お仕事小説として楽しんだ。 脇役のキャラクターも立っていて、軽妙なやりとりが楽しいので、シリーズ化したらいいのにな。

約1か月前

51c5cfbf 1ee9 41b2 8969 7476f08646e7Icon user placeholderDdd4e781 168f 4b69 b84c 5fac88c540bfE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fD7b9abe6 fd27 4031 a507 7e3ef172a8dd8b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad098fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860 11
れもん、よむもん!

2019/6/6読了 私も大学受験の時に、小論文試験で教科書に山田詠美を載せないのはおかしいと思う的なことを思う様書いて、そのおかげか合格出来たなーということを思い出しました。 江國香織と山田詠美と、それからたくさんの推理小説を知る片っ端から読んで、幸せだったなぁ。 学生時代って、狭い教室の中の世界がほとんどで、特に地方の田舎だとそれが顕著で、だからこそ自分は自分と毅然としている登場人物が出てくる物語に救われていたのかも知れない。

約2か月前

112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc27999fcfb 221c 4fb9 9315 8a97689ca2853221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e236f8dd7 1cf9 4616 a8ad 7fb5a0d924c2Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09E1bfbf1b d259 4dae 997b 634771e59066E624b1de 02fe 45bc 8277 67c9960e5c7f 16
若様とロマン

2019/5/21読了 江戸の頃からまだ変わらない部分と、明治という新しい時代に最適化するために、劇的に変化した部分と。 未だに良妻賢母的な昭和の価値観を一部引きずりながら、社会的にも活躍することを求められる女性の生き方って、昔から変わらないんだなぁ。沙羅さんの意思の強さを少し見習いたい。

2か月前

けしつぶクッキー

2019/5/15読了 東欧やロシア風の名前の登場人物の牧歌的な物語なのに、書いたのがアメリカ人の2人の女性の共作っていうのが意外だった。 話としては大人目線だとシュールとしか言いようがないんだけど、大人の言うことを聞かないで、色々失敗する子供たちに対して、叱ったり罰したりしない展開なので、子供はこの話好きなんじゃないかな。繰り返しの多い文体と、挿絵も味があって好き。

2か月前

サイメシスの迷宮 忘却の咎

2019/5/9読了 羽吹の過去が少しずつ明らかになってきた。 神尾の精神の健やかさというか、人間性の良さが読んでて救い。 ものすごく続きが気になるので、早く続巻が出て欲しい。

3か月前

ペナンブラ氏の24時間書店

2019/5/4読了 途中まではすごく面白いし、最後も嫌いじゃない。ただ、ちょっと最後の章の、これまでの謎解きを主人公のクレイが説明する部分が分かりづらかったので、あれは翻訳特有の読みにくさのせいなのかなぁ?

3か月前

Icon user placeholder733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacA3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35bEa58a10e d173 4107 800c a316ef4dc0645c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09E5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea 25
図書室で暮らしたい

2019/6/26読了 タイトルがあまりにも直球で、「それを夢見るのは、やっぱり自分だけじゃないんだ!」と嬉しくなったので手に取った。 好きな本や映画などのことを書いてあるエッセイと自作解説が良かったな。

28日前

68c6225a 9e79 41b5 a470 020dd32fb9eaIcon user placeholderIcon user placeholder9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1dIcon user placeholder2f2616b0 e8b8 4016 b299 a4c5aaaee63a7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef 12
火狩りの王〈一〉 春ノ火

2019/6/16読了 思っていたよりはるかに重めの骨太な世界観が、この先の物語の展開を予想出来ないものにしてて、すごく楽しみなシリーズになりそう。 灯子の側から語られる動の物語と、煌四の側からの静(でもじわじわと不穏な気配)な物語が交互に読者に提示されるので、両者がいつ出会えるのか、出会った先にどうなるのか否応もなく期待が先走ってしまう。早く続きが読みたい。

約1か月前

15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad43bad9755 7e84 44cb 91b0 fa8c244c8ad8429fc2ed 79ad 4fd3 a89c b2d5fb89b2d4Icon user placeholder5057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5
バレエシューズ

2019/6/3読了 「バレエシューズ」というタイトルなので、バレエの才を持つ三女のポゥジーがメインの物語なのかな?と思いきや、女優志望の長女ポーリィンと、飛行機と車が好きな次女ペトローヴァの方が出番としては多かった。でも、ずっと一緒に育って、互いに支えあってきたフォシル三姉妹が、最後に大きな決断をすることになるきっかけを作ったのはポゥジーのバレエへの強い気持ちだったから、そういう意味でバレエシューズは象徴的な存在なのかな? 保護者代理であるシルヴィアをはじめとする周囲の大人達も皆良い人達で、1930年代の英国の人々の暮らしぶりも文中からとても良く伝わってきた。 装幀の美しさも素敵だし、ラストシーンの幸せな光景には思わず微笑みたくなる完璧なハッピーエンド。連続ドラマで映像化して欲しいなぁ。

約2か月前

ツバキ文具店

2019/5/26読了 手紙を送ること、貰うこと、どちらも日常的なことではなくなったけれど、大切な人には折にふれて手紙を書きたいなと思わされました。 次に鎌倉を訪れた際には、素敵な便箋と封筒をお土産に買いたいなぁ。

約2か月前

Ed56f445 daa3 45bb 8236 00ec7f9edddaC91625e5 5c58 47d3 9a36 a20df7a825edC7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4d38c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c286282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c51833c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7376c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9 254
ベイジル―ねずみの国のシャーロック・ホームズ

2019/5/15読了 この本を読んでからシャーロック・ホームズを読む子供もいるんだろうなぁ。 挿絵や装丁も含めて、とても素敵な本だった。 ベイジルの物語は現在ではこの本以外は絶版だけど他にもあるらしいので、図書館で探して読みたいな。

2か月前

窓がない部屋のミス・マーシュ 占いユニットで謎解きを

2019/5/13読了 シリーズ化すればいいのに。 キャラクターと出てくる日常の謎が合っていて、読んでいて違和感がなくてバランスがちょうどいい。 この二人のコンビでの続きが読みたい。

2か月前

少年少女飛行倶楽部

2019/5/8読了 中学生の頃にこの本に出会えていたら、きっともっと楽に過ごせただろうになぁ。 内容的にも登場人物達のキャラクター造形も、今の時代の物語なのに、何故か昔懐かしいジュブナイル小説な雰囲気もある。とにかく爽やかなので、今は亡きNHKの「ドラマ愛の詩」が続いていてくれたら、その枠で是非ドラマ化して欲しかった。絶対に合うと思う。

3か月前

ゴールデン・バスケットホテル

2019/5/1読了 絵と文章の両方の力で、このホテルがどんなに魅力的な場所なのかをゆっくりと教えてくれる。 令和になって、最初に読んだ本がこの本で良かったな。 子供達の目に映るホテルでの暮らしや遊びがとても楽しそうで、イタズラやアクシデントも起きるのだけれど不思議と穏やかで、何度も読み返したくなる素敵な本だった。

3か月前