F749d092 b7b0 41b1 982b 6eba97299850

Seven

私を救ってくれる本に、 という我儘。

私を救ってくれる本に、 という我儘。

32

コメントした本

きみはポラリス

三浦しをんさんの小説が大好きだ。 なかでも『きみはポラリス』はとても印象深い。 二度目の読了。 解説で中村うさぎさんも述べているが、まさに恋愛短編小説のフルコースだ。ゆっくりじっくり一つ一つの作品を味わうことができる。 エッジの効いた話も多いが、そこがまた良い。恋愛は二人の織りなす唯一無二の物語であるということをしっかりと思い出させてくれる。 現実世界ではマンネリした恋やテンプレートな愛情表現に違和感を覚えてしまう瞬間があるけれど、この作品はそんな心にちゃんとした逃げ場とちょっとした刺激を与えてくれる。 ポラリスを見つけるには、まず北斗七星やカシオペア座を見つけなければいけない。 それぞれの輝きに心ときめかせ、ゆっくりと味を噛みしめて、いつかポラリスに出会えるような素敵な女性に、素敵な人生を歩みたい。

10か月前

75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e9A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65659eb5786 26d1 42c1 ad40 a23ec987723d1ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a9Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be8d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919801b729b bcd2 4b37 b551 347358baccc4 245
マチネの終わりに

愛故に互いに触れられない距離と時間を生きる時、そこに最も真実に近いものが現れることを、繊細すぎるほど丁寧な心情描写が描き出す。 「過去は変えられる」という概念と表現の尊さ、そして時として表出するその残酷さには、愛と救いを、そして寂寥の念を感じずには居られない。 美しい。 まるで詩か音楽を聴いているような、そんな心地よい感覚に終始満たされてしまう作品だった。 蒔野はギタリストだが、蒔野の奏でるクラシックの一つ一つように美しく正しい旋律を描きつつ、時に生温かい揺らぎを伴いながら二人の人生は紡がれていく。 物語の展開のベターさにも、クラシックのそれのごとく美しく整えられた一曲の調べを感じられた。 平野啓一郎氏の純粋な聡明さが滲み出している作品だと思う。 愛とはなにか。 クラシックを聴きながらそれを思いたい。

11か月前

8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda6452c763f7 7434 4184 8bd5 b00a8c1684a542a79741 e586 420f a17a db0551af35f5Icon user placeholderE9060055 3283 4b39 addc aadb5890c11e16e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6eIcon user placeholder 298
夫のちんぽが入らない

とんでもない小説を書いたものである。 この話でどれだけの処女と、入らない女と、悩める人、死にそうな人、生き辛い人、愛を考えたい人、生と性に悩む人、自分を肯定できない人、罪悪感を抱える人、その他大勢の「普通とは何か」に不安を抱える人々が救われたことだろう。 人は痛みで生きていることを実感し、愛によって生を肯定できる。 こだま氏は全力で生き、全力で愛を掴んだのだろう。なんと強靭でしなやかで、しかし不器用な生だろうか。 読んでいると時々忘れそうになるが、 表題は「夫のちんぽが入らない」である。 なんて衝撃的な題かと思ったが、最後まで裏切られなかった。表題から終わりまで、ずっと衝撃的である。忘れられない一冊になった。

12か月前

Icon user placeholder675b4f5d 1b36 487b ac41 87c60242b45dEdc85d45 cdf6 4c69 b403 80bb269b0b65Icon user placeholderB2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3F6def76e 5d46 4349 aa55 034be506ccd233c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737 121
まゆみのマーチ―自選短編集・女子編

学校という小さな社会は時に残酷である。 いじめ、不登校、自殺、 大学の講義でも暗い言葉が飛び交っている。 側から見たらそんな言葉で片付けられてしまう問題も、当事者からしたら地獄のような絶望であることもある。子どもとか青春とか思春期というのは、いつも感じやすく繊細なのだ。 大人はその社会の中には入れない。それはたとえ教師であっても、親であってもそうである。 そして彼らが死守するその距離は、時に彼らの無垢の愛であると私は思う。特に暗い言葉で語られる社会においては尚更だ。 大切なものが傷つくところなど、誰も見たくはない。だから自分が傷つき傷つけられているところなど、傷つけられた傷跡など、見せたくない。 それは、自分が愛されていること、誰かの大切な存在であることを知っているからだ。 そんな不器用な愛に涙せずにはいられなかった。

12か月前

5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f75de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d68c268d9e 5c61 4d5b 8478 655d217e6644
人間失格・桜桃

人間失格。 いつか読みたいと思っていたが、衝撃だった。 主人公はこれほどまでに傍若無人で、されど果てしなく繊細で、愚かしく、しかし美しい。かの太宰治とはこんなにもゴツゴツした文章を荒々しく力強くそして哀愁深く綴る人物だったのか。長く読まれ続ける訳である。 彼はおそらく、この「人間失格」を書かなければ生きていられなかったのだろう、だから生きる為に、他の誰でもない彼自身の為に書いたのだろう。そう思わずにはいられない。 太宰について一切詳しいわけではないのだが、 だから彼は作家というよりも、むしろ芸術家に近いのではないかと思う。 題名「人間失格」されど、どんな文章よりも「人間くささ」を、らしさではなく「臭さ」を感じる。 人は痛みを感じると生きていることを実感する。 強制的に「生」を実感させられる消えない傷をつけられた、そんな気分だ。

12か月前

Icon user placeholder8ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b1842cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c58De6aca64 47be 43a4 8cd0 f11dbe4616bd37e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a4C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d9387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f 30
ナナメの夕暮れ

「自分探し」の完結編というだけあって、答え合わせのようなエッセイだった。素直に面白い。 若林さんは生き辛いが故に、「自分探し」という問題集を解く作業に取り組み続け、そしておじさんになった今、漸く飽きたのだという。 自分と世間に対し、日々生まれ続ける疑問にひたすら答えを探し続ける作業。そんなことを40年間毎日毎日続けられる人は、そういないと思う。なんてひねくれているのか、そしてなんて真面目なんだろう。 世の中生き辛いと思ったら、この人の話を読み返してみたいと思う。 「ナナメの殺し方」特によかった。 自分の人生を生きよう。

11か月前

8d83113b 986e 4381 bb7d 442f9e993af125edfd0f f9a6 40d8 891b f956daeffca5F6c4487c b640 4480 993b f9ddc1e13683Icon user placeholder1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f0b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafd96408801 dbe2 4d7a a07e 54c3f16d038d 124
天才はあきらめた

「山里亮太は天才だ。」 と世に知らしめるために書いた本だろうが!! と、言うために読んだが、やはり、山里亮太という人は天才だった。良い意味で。 天才というのが所謂「完璧な人」という意味で使われるのであれば彼はそういった類の「模範的な天才」ではない。 否、テレビや劇場の彼を見て分かる通り、彼の揚げ足取りや人の悪口に関する類い稀なワードセンスにはある種狂気的なまでの才を感じるし、それは天才の素養とも言わざるを得ないのだが、 しかし彼の天才たる真髄は、 他人の才能に嫉妬の炎を激しく燃やし、それを燃料にひたすら走り続ける。という最強かつ唯一無二の才を備えているという点である。 この本にはそのことがたっぷりと書かれているが、こんなことができるのはこの男だけであろうと思う。 天才と狂人は紙一重という言葉がある。 常識人な所を見ると、やはり狂人とは言い難い。 悔しいが、やはり山ちゃんは天才だ。 本にこんなタイトルを付けるあたり… 本当にタチが悪い。 だが私は、彼の才を愛して止まない。 だからこれからもその才を遺憾なく発揮し、周囲から嫌悪感を抱かれ、そしてまたそれを糧に大活躍してもらいたい。 なんてエコな人だろう。 応援してます。

11か月前

Fd987196 61e2 48ff 82b9 acf0758edc4cEe5302a4 44fb 4168 b7d1 29c422f4e33aIcon user placeholderA4d3baf5 2021 4dee 9117 00ea6ca7b08b4b8d60b3 e1d9 4069 9dbe 101fd0967061C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb460b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafd 103
試着室で思い出したら本気の恋だと思う

全体的に印象が薄い。空気か、そうでなければ水か光のような、そんな小説である。 が、なるほど。尾形真理子さんはコピーライターだった。コピーライターが書く小説なのだから、あっさりしていて当然だ、と思う。 一応言っておくがこれは褒め言葉だ。 というのも、コピーとは「一瞬を切り取るフレーズ」だと思っている。即ち彼女の得意分野は、日常のきらっと光る一瞬を、文章ではなくフレーズで捉えることなのだ。 小説家や芸術家のような表現の力強さはそこにはない。必要ないし、むしろ邪魔なくらいだ。 敢えてもう一度言うが、こんなに印象の薄い小説というのも他にない。それは、5つの物語全てが本当に、ごく普通の、ありふれた女性たちの日常をただただ切り取り肯定したものだから、である。 しかしそれが難しいのだ。そんな平凡な暮らしの中にキラリと光る一瞬を見つけ、その一瞬だけを切り取り、物語の主人公と読者のありふれた人生と生活を少しだけ救い輝かせ、そして少しだけ幸せにする。 それをたったワンフレーズで完了させる。 それがコピーだからである。 誰もが「人生」という小説における主人公、 だからちょっとだけ胸を張ろう。そんな勇気をくれる、空気か水か光のような、ふとその優しい肯定に気づかせ、少しだけ前向きになれる小説。 まさにコピーのような、唯一無二の一作だと思う。

12か月前

223d686c e90a 4c80 b62d c8ae107e0fd96cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c74f6ebfc f4ae 4cfe b507 f62c505c8d2099a156a0 6b1d 43e9 8e74 abefd530645d31d60434 e18e 413e 8474 354e8ed72e053506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bc4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 217
いつか別れる。でもそれは今日ではない

悔しい。 読了後、真っ先に抱いた感想である。 ここまで自分の思想や価値観を真っ直ぐに屈託無く表現できるその文才。 こんな人物が本当に新宿にいるのか?信じられない。 確信した言葉がある。 「憧れは、傷つきたくない距離だ。好意は、傷ついてもいいという覚悟だ。」 第1節にこの言葉を認め、この本を買うと決めた。この感覚を持つ人が綴る本ならばその価値は確かだと思ったからだ。 F氏に会ってみたいと思い、同時に絶対に会いたくないとも思い、表現のその術と力に掻き乱された。 F氏に憧れ、そして素直に嫉妬してしまったわけである。悔しい。本当に悔しい。そして羨ましい。 だから自分が嫉妬される人間になるまで、私は黙って手と足と頭を動かしてやろうと思う。 貴方が信じ言葉に落としたその方法で、香り立つような色気を纏い美しくて愛される悪い女になってやろうと思う。 悔しい。だからこそ、私なりの宣戦布告である。 いい教科書に出逢えた。 絶対に超えてやる。

12か月前

243fd8bd 2af5 47e4 9c2d 9abf010a7bc9Icon user placeholderIcon user placeholder36467cc5 a269 49ad 951b a5d3a694104b08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec365a7c4a a833 44b5 8fc6 bffecf3a67d95057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5 262