Fff93dc7 343b 4d97 903d 5848a1b68e94

Yuki

Tokyo

Tokyo

5

コメントした本

羊と鋼の森

手に汗握るような展開はないものの、全体を通して空気感の伝わる繊細な表現で、読了後の余韻を大切に味わいたくなる作品。 特に、冒頭の体育館のシーンと、山中にある実家に帰省している森のシーンが、張り詰めた空気、繊細な音、空気の振動、息をひそめる感じ、リアルに想像できて好きだった。 深く考えるタイプではなく、想像の五感で感じるタイプの小説。 ----- 「だから、僕にも景色が見えるのだ。あの森の景色が。だから、こんなに僕の胸を打つのだ。あの山の森が鳴らされてるから。」 「梢でカケスが鳴いている。風が吹いて、森の匂いがする。葉が揺れ、枝が擦れる。エゾマツの葉が緑のまま落ちるとき、音階にならない音がする。幹に耳を当てると、根が水を吸い上げる音がかすかに聞こえる。カケスがまた鳴く。知っていた。知っている。エゾマツの鳴らす音を、僕は知っている。だから懐かしいのか。だから魅かれたのか。山の夜の音も僕たちの中にいつもある。」

16日前

5a7e1120 95ce 462b b8e5 fefacc08cf2538aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Bc053b16 9426 471d 8d41 0b3ade91f122B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef41694736149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd6a6b54ed 70cc 4372 a92a 10f7db55b14679887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7 290
魔王

全体的に薄気味の悪さのある小説。 10年以上前の作品だが、アメリカに対してヘイトが溜まっていき、根拠のない噂が更に憎しみを呼ぶ構図は、今日の日韓関係に重なると思った。ネットがより普及し、フェイクニュースが蔓延する今こそ、流されずに自分自信でよく考える必要がある。 紙を25回畳めば富士山の高さになるように、競馬の単勝を勝ち続ければ百円が一億円になるように、小さなきっかけを重ねれば、大きな流れになる。良くも、悪くも。 安藤兄は鳥になって腹話術を続けているのか? マスターの正体は? お金の使い道は? 犬養政権の世の中はどうなっていくのか? 読了後もいろいろ気になることが多い。 数年前に読んだ、モダン・タイムスを読み返してみよう。 ----- 「スカートがめくれてるのを直してあげたいと思える人間でいたい」 「でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば、そうすりゃ世界が変わる」 「考えろ、マグガイバー」

16日前

E9c79181 8ae5 4679 956a d5eb0a2572f208e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c56222ba97c11 fcd4 41af 914f 50868d477a2036149bf4 1122 4a37 8522 fdd219fa50fd5d2d080f 5dc7 475d b52f cc8c96194d77215776dd fa33 4017 b3b6 5c2e003eac03454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90 94