Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
1c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a0

Kaori Sakurai

活字中毒

活字中毒

97

コメントした本

バトル・ロワイアル

極限の中で生き生きとする人間の葛藤や恐怖が面白い。残念ながら、映像では若い俳優たちから原作のような人間らしさは感じられなかった。

1年前

68fd0e0b 174f 4ea3 82e7 8968004e04642e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a825fe2d9b 4d88 4fc6 b36a bc895cad9285
人間になりたがった猫

ライオネルの純粋で真っ直ぐな心が美しい。人間ってこんなに醜かったのだ!

2年前

ひげよ、さらば

哲学的なネコがたくさん出てくる本。小学生の頃、夢中で読んだ。

2年前

川三部作 泥の河・螢川・道頓堀川

川のほとりで決して楽とは言えない生活をしている人たち、そのリアルな世界観が新鮮だった。

2年前

屍鬼〈1〉

物語の始まりと表紙の絵が一気に闇に紛れた世界へ誘ってくれた。

2年前

A1f2689f 2272 4c60 9d20 2bacb1ab849f1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4E1fc7909 c16b 4c14 a0ff a29d266e8cf237126970 813e 4864 91c7 2a6054cd7c439b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dEb4d07b4 490b 4fd6 b427 6678684c96bbF4949b7b 60e6 4f29 9c83 00aefa5261db 8
神々の山嶺〈上〉

ヒマラヤには登れなくてもネパールという国に行ってみたくなる本。

2年前

7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7Icon user placeholder87880b7a 897b 4f56 8fd1 56261784aefe89091bc0 f74a 4635 9ef8 52c8446ba0130e65e266 88ba 4549 b18e cd6dcb89368611afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c8540323a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43 16
魚たちの離宮

どこまでも透明な世界観。それは宮沢賢治の世界観とよく似ていた。

2年前

5804483d eac3 4915 84ba f8be3f50e9ab79342eca cdf7 4763 bb48 67386cbbd583
ヒロシマの歌

戦争の時代に生きた命の姿を淡々と語る童話集、感情を抜きにして事実を淡々と語ることで読者の心に戦争の惨さや理不尽さを残す本。

2年前

この地球を受け継ぐ者へ―人力地球縦断プロジェクト「P2P」の全記録

同年代の彼にちょっとした嫉妬を覚えながら読んだ本。

2年前

自然図鑑―動物・植物を知るために

子供の頃、やってみたいことがいっぱい載っていて、ワクワクしながら見た本。

2年前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eDb34276b 8c3b 41f2 a051 72931dcbf9baEd541ad3 2249 4ed9 83cf e28c1d2c0c6bB0948682 fb76 460b ab9a 2d813f086c1e
バーティミアス (1) サマルカンドの秘宝

圧倒的なキャラクター、映像では表せないと言われた世界観、一気に読める本。

約2年前

D02f740e 0983 45e6 aeaa 76eb3be4195c15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c28f87ab7 1cd1 451f ad7b d36ec8fcadb3F278bd7d d688 4054 8301 14d6a8fe87d83e663354 bbb2 4691 aafb ae917f5d9559D72ebe80 d0b4 40f9 a043 d518532b6b2eE72a569b 81cb 4496 acc3 ac11d91c2064 15
冒険者たち――ガンバと十五ひきの仲間

未来に希望や夢を持って、無謀とも思える冒険に出るガンバ。そのピュアな心に胸を打たれる。

2年前

流転の海

主人公、松坂熊吾の男気溢れる生き方が面白い。

2年前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d
千本松原

江戸幕府の政治の裏側。歴史が生き生きと見えてくる本。

2年前

陰陽師 平成講釈 安倍晴明伝

魑魅魍魎のおどろおどろしさにドキドキしながら読んだ。これは映像では表現しきれない!

2年前

肥後の石工

江戸時代にこのような技術があったことに驚くと同時に、甲突川五石橋がもう取り壊されたことが残念。

2年前

かもめのジョナサン完成版

初めのうちは、生きる意味を考えさせられる。後半、魂について考えさせられる。

2年前

Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa6bcc80d6 103b 4757 8705 6b5c52e76b7b135b803d 7ca3 4402 8442 5d742e74d21105d8182e 87bc 48b6 a94a 50615cb7dd389b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d86aee25b 8baf 4af9 8858 0f96397fe676 13
大聖堂―果てしなき世界 (上)

人間の欲望を生き生きと描いた本。娯楽として楽しめる。

2年前

おかあさんの木 (ポプラポケット文庫 (032-1))

改めて戦争は悲しいと感じることができる本。

2年前

本へのとびら――岩波少年文庫を語る

出てきた本を全部読まなきゃと思いつつ、まだ一つも読めてない。

2年前

D537d324 5b57 4281 92af 0b4829be4e525b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8feEf861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443dIcon user placeholder733c0a70 4679 4d4a 8459 60bc02f60bbeIcon user placeholderIcon user placeholder 21