47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf

なおちゃん

なおちゃん25歳!!

なおちゃん25歳!!

110

コメントした本

森繁の重役読本

軽快で、茶目っ気があって、クスッと笑える。 この本を持ち歩いてるってだけで心が穏やかになる気がする。 向田邦子への愛が溢れすぎてやばい。

3か月前

4 Unique Girls 人生の主役になるための63のルール

エッセイ。やっぱりエイミーはかっこいーと思うと同時に、ひねくれすぎでは?ともおもう。笑 一番見習いたいのは、イラっとしたときに「お勉強になりました」と言えるふてぶてしさ… これ以上ふてぶてしくなってどうするー

7か月前

賢者の愛

痴人の愛と対比して賢者の愛。 現在と過去を行き来する語り口が面白くて読み進めてたけど。 ユリとマユちゃんの関係が内面的すぎて置き去りにされた感が…憎しみはなにも生まないということかな。

9か月前

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acF6d87aa6 3579 41ba 95b0 873b70fa830539daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71e147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c
女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

ずっと気になっててついに買い、1時間足らずで読んだ。 幸い自分自身の大きな失敗はあまりないないけど、家族の失敗や悲しかった出来事から、やっと最近自分の行き着いた価値観と、恐縮ながらシンクロする部分が多かった。 つらかった時期の記憶が不思議とないというのがわかりすぎてちょっとつらくなった。

12か月前

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acBa27d6df cb5f 4dbe 8163 86b863c689adF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Fa452119 0b49 4528 add3 9c8f40c7401eE1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5a236f8dd7 1cf9 4616 a8ad 7fb5a0d924c2Ef964df1 e8b3 4280 9c0d 88d5577e43ff 42
海賊とよばれた男(下)

フィクションのようなノンフィクションというか、ノンフィクションのようなフィクションというかそういうのって最近流行ってるし、面白い本だとは思うんだけど、1冊で終わるボリュームが丁度良かったのではないかとも思う。ちょっとくどい…?

約1年前

F30702c2 c2ec 4324 aa95 b2d703c94d4e2f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb0f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbbF1027b2e 74de 43c0 bd70 d9092667dd3b5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be802370bf 36ec 47c8 9ae1 351b440ad832 95
ティファニーのテーブルマナー

装丁もキレイだし、内容もシンプルで読みやすい。 挿絵と文章にクスっとする場面もあり!

約1年前

C16ad50e abf4 4cb4 9566 f7fe6514089386282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c51820f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5207e9d2c76 6e89 4427 afdd ff5ad1f84dfbD92a1ae4 d472 41b6 a950 4be46f629879Edd4dd46 50d5 4ca7 a0bd 485a7e7e2e5705226c01 9ad2 4726 9ec5 d42f00fdc2d4 29
新装版 夜中の薔薇

やっぱりいい。 若布の油炒めと海苔のお吸い物、おいしそう… 手袋をさがす、は熱くなった。 会いたかったなぁー

1年前

Icon user placeholder25536880 d155 457b 98df d8a14c335b05
社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論

これを読んでからなるべくレジ袋を貰わないようにしたり…笑 理想的な社会貢献、理想的な働き方といいますか、この本を読んでいいね!と感じることは多いけど、自分には全く関係のない世界に思える。。 頭が固くなってるのかな

1年前

209a12d6 b6ad 45c2 9bff cf4311eb9875Icon user placeholderE6348966 90b5 426e 9958 7be5af704a1b014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Af143b8d 84ed 418d 9f92 4c760055822f98bae72e a574 4d2a b035 328820cca0a82bd0bda4 b5c1 4657 a139 0727faa512d1 13
ナンシー関の記憶スケッチアカデミー〈2〉

いろいろ悩んでた時期に友達もらった本 なぜかⅡをくれたのね。笑 記憶スケッチも笑えたけど、赤パソコン青パソコンが面白かった。パソコンが一般的に出始めの頃の話。 インターネットができる前は、みんなどこに自己顕示欲を逃していたのか、といったような記述があって、たしかになーと思った。 いまはインターネットからさらにSNSができて、自意識の発露が行われまくってるけれど。 昔の人だって自意識があったはずで、どう発散してたのか気になる。。

1年前

発酵道―酒蔵の微生物が教えてくれた人間の生き方

日本酒本であり、発酵本であり、人生本! たのしく読めて、心がすっと軽くなりました。 寺田本家のお酒すきです。

約2年前

01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146aIcon user placeholderIcon user placeholderEe0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d56f016ad3 7d71 4595 8134 c72e61644a4a
痴人の愛

先日賢者の愛を読んだので再読! ナオミに勝てない譲治という構図はもちろんわかりやすいけど、作中ではナオミが美しいのか?または実際はそれほどでもないのか?とどちらともとれる表現なのが切ない。 ナオミは一般的には、こんなに入れ込むほどの女じゃないのかもしれない… けれど、2人で完結してる世界、羨ましくないこともない。

6か月前

1fe10ade aa0d 4b9e 90af 16ad0206af2aC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac9d4c3f98 f312 4a76 9343 171b7801c77cF6d87aa6 3579 41ba 95b0 873b70fa8305Bf64f3c0 6027 4f72 bb4a 68ee5c650bb7D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86B15ab106 bc5d 43d4 8bce 1b295fe7e3cf 32
我が家のヒミツ

好きなシリーズ!エピソード自体どこにでもある話だけど、どこにでもある幸せを感じにくくなったら読みたい本。いつも救いのある結末が良い!

8か月前

3b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c7715e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Icon user placeholderIcon user placeholderF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037060fabb6 e250 405a bae0 4c00cce28d08Bed08483 f99a 40de 9dc0 ff0a96a68a4b 10
植村直己 妻への手紙

手紙というより内容は日記。旅の全容が見えて面白い。ところどころの公ちゃんへの気遣いの言葉がほっこり。(でも我が強いんだな…笑)

9か月前

愛に乱暴

コーヒー飲みながら一気に読破。 途中からのあれっ?ていう感覚は楽しいけど、ストーリーは楽しいものではない。。 因果応報という言葉がぴったり過ぎるほどぴったりなんだけど、赤ちゃんの存在って本当に不思議で、なにか物を言うだけで悪者になるよね、という自分の経験ともなんだか繋がる、桃子への共感もあり。 後味良い最後ではないけど、浅田さんや近所の李さんが少しの救いとして残ったのも良かったかも。

約1年前

F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Icon user placeholder018019b7 c2cb 4729 91bf a3c53d4f587a77961d13 3002 4ed3 8a75 ace9dabe17d3
海賊とよばれた男(上)

国岡鐵造(出光佐三)とはそんな豪快であり芯のある人だったんだなぁーそんな日本人がいたんだなと感激。

約1年前

F30702c2 c2ec 4324 aa95 b2d703c94d4e2f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb0f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbbF1027b2e 74de 43c0 bd70 d9092667dd3b5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be802370bf 36ec 47c8 9ae1 351b440ad832 123
永すぎた春

倦怠期のカップルが結婚するまでの話。 なんでもない話だけど、現代と違った常識とか、話し方とかが面白くて一気に読んだ。 郁雄と百子の感情の描写だけやけにリアルで詳細で、登場人物はそれなりに多いんだけど2人が際立ってた。 好きな小説。

1年前

8fee7bb5 af1b 46b8 aa31 ba5f73bd49e7D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c868fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deDe457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b034e5be88 bfe9 4156 9130 0b9be3bf65ae42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3eE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400 14
殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件

今年の秋の読書会1冊目。 フェザンの本屋の店員さんの、目を惹くブックカバーをかけて平積みされてある。 けどまぁ私にとっては、煽ってる割には内容に関してはそんなに真新しいと思えるものはなかったかな 検察・警察の仕事ぶり、冤罪について、死刑執行のタイミング……などなど でも普段こういう本を読まない層が手に取るように仕向けたのは成果なのかな? 売り方は別として。この方は本当にジャーナリストになるべくして生まれた人なんじゃないか、と思うほどの執念と行動力と文の巧さと。 今後も注目だな。

1年前

036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77d8b936247 b317 46e5 8d43 0342a53ac96eIcon user placeholder07f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29eBfe75e70 0dce 48ce 98f4 b7ec5eb9b91d8a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb548909f13 5e9b 4772 8e48 1168c29c8e91 43
美しい日本のくせ字

くせ字ってほんとくせになるよな〜昔から。。 いろんな筆跡の文字が読みたくて買って、満足しました。

1年前

B8ff77e7 271f 4d71 b807 9f310f4de5ee298ba57d 66d6 4b71 a1a1 f5b20687adbaBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bA7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57Bac6a214 dc6a 4970 8724 4ae03d9fd38e
ふらっと朝湯酒

休日はひたすら家でグダグダする派だけど、あえて早起きして風呂に入りに出かけ、ビールを飲む!そんなのも贅沢そうだな〜 贅沢のレパートリーが多い人が、幸せになれるのかな!

約2年前

人生の目的

人生に迷う私を見かねて、同僚が貸してくれた本 けど、これは五木寛之ファンが読む本なんだろうな笑 寝るより楽はなかりけり……

約2年前