827fe391 535d 402c 8104 ed5efca98f6d

Kaho Murai

読了した想いと共に本を記録していきます。

読了した想いと共に本を記録していきます。

26

コメントした本

ミーナの行進

小さい頃の原体験。美しくも少し影のある世界。少女からの成長。読了後の清涼感がある童話のような作品でした。

5か月前

Icon user placeholder2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cEe4fa3ce c592 4fde 9911 df06c8457b0f55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120Dec40757 3667 4e2d 81a2 2d68d47ddcd4 15
ハーモニー

自分らしく生きることに対して誇りと疑問を持つ一冊。

約2年前

1d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aa24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75Icon user placeholder7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d25324ef3 0952 4d42 a1ef 120426e40dbdIcon user placeholder 65
妻を帽子とまちがえた男

脳と人。普段自覚しないものの脳が人を管理しているのだと再認識。

2年前

Icon user placeholderDe6be13d cee9 4893 b9d0 b39a77ed099bAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1Dc6568e6 ceb1 480c ad54 aa54b9e6aa33
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

絶望と再生のものがたり。 何度か春樹作品を読んだものの、彼の文体の流れるような美しさに気がつけた。

約3年前

F33fb386 d8f0 43cc b7b4 3ed5d67812afAad12195 04ed 4fd1 95b3 927eba40b4fd21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ff3efd0b9c 28ad 41da 860c 70d565f0cc0754456152 c672 4ae3 8c32 f61e2e701177D64b3a18 41aa 4374 8b45 2936e72532742c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f 118
シャイニング〈下〉

物語の中心となるオーバールックの怪奇が描かれた下巻。映画よりも怪奇の原因がはっきりしていて、怪奇であるのに人間味がある。

約3年前

78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c34b89f9a c5d6 4a25 af41 a5a81560d103B7790ca3 fdfc 41ab 96ff 2b4e508c9cca
メイプル・ストリートの家 (文春文庫)

とにかく痛快な表題作。日本人の自分にはすっと入りづらい言葉遊びの数々がはがゆい。

3年前

神去なあなあ夜話

前作の続編というよりはスピンオフ的な作品。よりゆったりとしたテンポで日常を感じる。

約2年前

Icon user placeholderD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd293bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de9dd436c4 5eb2 4b25 8d98 37bdea7e1e4cE3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a18b531a1 67da 4770 bc9f b277c44b8bdeAc28f205 e623 4cd8 91ae a0e98064bea6 11
虐殺器官

ゲーム感覚のストーリー。現代だからこそのリアリティのあるSF小説。

約2年前

101f1fe9 aebc 4e49 9b39 0cd04b237a2126a96fa6 ce1b 42f3 a369 7685ddc74a05Icon user placeholder03187acf d8a6 418b b782 c2f167ef44e71cea10b2 112b 42d6 b072 d6811f285cc811dd7d62 59be 4500 ad10 689b0e73e157Icon user placeholder 121
神の子どもたちはみな踊る

夢と現実と。そこを行き来した感覚に陥る短編集。

約3年前

53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832Picture63245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c70642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7426e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e9014458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b780b7168 abfd 4ced 8404 a0c19227b012 32
舟を編む

言葉ではなかなか伝わらない。通じ合えないことに焦れて、だけど結局は、心を映した不器用な言葉を、勇気を持って差し出すほかない。相手が受け止めてくれるよう願って。(文庫版 233ページより)

約3年前

3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be4ac592c1 c442 4773 91be 4871de228359Icon user placeholder183ef138 2e26 409d b21e 97ffef78e28fC9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa8325d468 eec9 4f24 a18f 67f9e8f9c9e625061e8e 280b 4bf6 b974 45301cc3b836 290
シャイニング〈上〉

キューブリックの映画が好きでようやく読了。映画にはないジャックの背景が描かれる上巻。

約3年前

B13d8520 e928 46a8 8042 e946b9fcd72f9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41cB339c751 5ed9 4f7e ba6d 367c7bee4694B7790ca3 fdfc 41ab 96ff 2b4e508c9cca34b89f9a c5d6 4a25 af41 a5a81560d10314a52199 da97 40cb a533 3dfde535898e 8
まっ白な嘘 (創元推理文庫)

非現実的なのに、どこか現実的なミステリー

3年前

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0Icon user placeholder