Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
E1dbc716 7c4d 4ec5 a5bf c8fdd08efed6

TigerJoe

好きな作家は京極夏彦、宮部みゆき

好きな作家は京極夏彦、宮部みゆき。直近で読んだもののみレビュー。

34

コメントした本

51tq1lvrmml

眩しすぎるくらい純粋でまっすぐな人生。

3か月前

1e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55Ce41cdbf 7b1d 4b0e a2b2 dd29e0c534e6Icon user placeholderD55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f99bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d193dcd10e afa2 42c7 ac27 82fb3d702f476f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aa 20
61o3yv2bfwl

漫画ピンポンにも通じるすさまじい天才の競演にただただ圧倒された。

5か月前

1bf2620e cb98 4b18 b32b ccbfca9d5637B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c8D9cdcd32 5754 4a04 a1d6 e755715dd96bCd9f5084 b66f 40aa 81f0 7f14cd4b99034e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f04b3ec22 7468 4a40 83b4 4ace156b43fbIcon user placeholder 234
51dvgae6ftl

まさかこの先があるとは...。

6か月前

Icon user placeholder9e4732d6 f564 43af 9658 5d84fecaa21550702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f12e2e79be 5cc7 4af8 afdf cece40500a6c9b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2a694e7e19 4f99 4cea 8f78 73dd7e9aae00#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007f3be008b380> 78
51w 4ndo fl

「王妃の離婚」だった第一巻からうって変わり、満州国建国前夜の歴史的スペクタクルに。春雷ら歴代の登場人物も次々に登場し、シリーズのファンとしては素直に楽しかった。龍玉はどうなるのか? 第三巻が楽しみでならない。

8か月前

51icgwctq9l

今までなかなか手に取る機会がなかった。が、半沢のダークヒーローっぷりにすっかりやられた。建前は正義だけど、自分の夢と野望に正直な姿が爽快。自分にないものに憧れるんだろうな

11か月前

3e223e12 b768 4f8d 9a12 56e64761437811b150ea 7207 4b64 a122 1a8fbfe3d9a6669e0a3d d98c 41e2 8abd d820bc925b020102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd341f362bb6 a1cd 4416 8310 23d2fd3694a4E101218d 49a2 40ac 8c3e ea9f80c66afd19f920bd f6d5 4e2b 9d37 fc1e4b79fb10 41
51wd2aqq1fl

ニューヨークに行く機中で読む。日本人とニューヨークの関わりが生々しく伝わってきた。

11か月前

41at%2bcpp2wl

知られざる事実を証言ベースで記載。分からないことはきちんと推測と断り、政治史の空白を埋めていく。

11か月前

51hk22pju7l

出来すぎなくらい事件に巻き込まれる武藤さん。若林青年にかかってきた電話も出来すぎた内容でありますように。

1年前

Icon user placeholderFb5c2ce3 4f84 45b0 ab32 3504621bb10322b34e24 9d93 4736 b025 eb773a6c5fa0705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5889294de 5d3d 444f a915 802c336b64f4Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435F2e7a8ae 3929 4a40 aaf5 ad91a20299ed 32
51dlzsbrc9l

主人公ワトニーのキャラクターが最高。サイエンスの知識がなくても楽しめた。

1年前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869D1e97baf 4d18 4601 8d4d f77dfacfe9da78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae35e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb2ce26f18 4a6e 4d41 b34d e361751629ae04b461bf c974 419c ab7e ea9a9c54ecd9 32
511hw8mtqnl

京極作品の中で最も読むのが苦手な内輪ネタだった(これが好きな人ももちろんいる)。続く破急に挑むか悩む。

5か月前

4a0937ba f0b0 4faa 9f42 b5e9d7cafedd8b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad0119d796d 5af4 4a62 87d4 16a295a898bc
51%2bpx9t8vnl

久々に恐怖を感じながら読んだ。「違う」から即「怖い」と感じる自分の傲慢さに気がついて、さらに怖くなった。

5か月前

B1af5e4a 6068 44f8 b225 e7a3c570439087b2443f 341b 4feb 934a eaed2f065e2aAcdcaad8 b0a4 449b 881e 05ead5e4cec09d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbfFcec30ae 428e 49aa ac9a 97867732b926Icon user placeholderD19df9af 6f16 4143 94fc 792ccd17bfd1 253
41dkkxjtyxl

裏切り続けるキチジローの弱さに腹が立つ。しかし、そのキチジローと殉教していく人々のどちらが自分と近いかと言えば、間違いなく前者なんだよな。

7か月前

405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d730dbe77a8 a5b5 48fa b6ab 0caf48931637642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7436a42025 db7b 4ef9 bc58 f48d8104feaeAce3ec88 4479 4139 bbd2 ffad2a653c1c9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff638bc5b5 6516 43d7 a9ab 1df9167abe43 68
51ftjrv0pxl

世代を言い訳にしてはならないと改めて確認。前2作と比べカタルシスがやや少なかったかな。

10か月前

0102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd3466a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a95ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51a645753ae 242d 47c7 bd99 f149b0b050ce78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41c412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4327fbf53 3c9c 4d0f b199 4cd476c70d36 25
61il2b9qupl

蒼穹の昴、中原の虹のようなスペクタクルを期待して読み始めたので、独白調の男女の機微(皇帝夫婦とはいえ)を描く内容はやや拍子抜け。しかし、読み進めると史実とフィクションがない交ぜになってページをめくる指が止まらなくなった。2巻は是非、張学良に阿片中毒から立ち直ってもらい、親父ばりの大活躍を読ませてもらいたい。

10か月前

51lnoaikrrl

逆転ホーマーになるのは分かって読んでるのに、不屈のベンチャー魂に相変わらず感動させられてしまう。まいった

11か月前

0102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd346b747538 6fdd 4101 b28f 6de6fffa4ffe19f920bd f6d5 4e2b 9d37 fc1e4b79fb1027975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41C884075b 2545 45fd bfa7 4779d2f2e5f49a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ffB2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da 35
51ptl9uwh%2bl

車パートがそれほど効果的でなかった。伊坂幸太郎のわりに驚きがなかった。

11か月前

5e87a601 4240 4088 b72a 05f2b06a121fD2cc27c9 55b2 40fe 834e 0dd8f62bb53233db51d7 8e64 469c be34 d7b99a17e710E827581f e271 4d8b 8736 33ff405783a566bca188 e8b5 438e 85e5 7f109bfccfe7412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f468e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13c 17
51bgewknhol

大きすぎる今多コンツェルンの傘から離れて前3作よりも主人公が軽快で若々しくなった。

約1年前

433331f6 49d0 4ef6 bbd1 ac6344930d418ca958c9 fed3 451b 9157 3a16f2c3f385A889990f 3313 414b a1b1 617c76c389225e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb41fb89ec ec7b 4c9d a66b 1124cf8a36d90ce6b5bb e2f3 4b7c bc31 45090154897cEa7dfb2d 4501 424d ac54 e870af53da6d 13
51elx3%2be80l

美して清々しい文章。すばらしい。

1年前

2e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fc092cbdb9 5d32 448d b9e6 9296d2afb7f952337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fIcon user placeholderIcon user placeholder0dbe77a8 a5b5 48fa b6ab 0caf48931637Icon user placeholder 141
51vz6ubjyhl

単に舞台の一部が被災地なだけで、読後に5年前の震災について改めて考えさせられる本ではなかった。もちろん、悪魔的な川島など人間ドラマの描写は優れていたけれども。また読みたいとは思えなかった。

1年前

1eac0daf a88a 4be4 ba7f 8a0ece44149268b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9Ca8daf46 9ce9 4d37 a4c7 9aa8327b7429Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de518511618 542e 424f a9c0 020484758922