Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日々、時々…

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日々、時々大盛

72

コメントした本

マンガでわかる 酒好き医師が教える 最高の飲み方

始まりと同時についついジョッキに飛びついてしまい、特に何も考えずギュンギュン飲んじゃって、気がつけば立派にハイペース飲み会の先頭をひた走る…そんな自身の飲み方を変えたい、そう思って読んでみた。 考えてみれば、「良い飲み方」なんて教わった覚えはないし、強ければ強いほどイイと勝手に思い思われてきた気がする。 本書の要点はずばり、適量であれ、の一点。 少量であればそもそも悪酔いも二日酔いもありゃしない、そんな事はとっくに分かっておる!と思う。酒飲みにとっては、どちらかと言えば興ざめな要点とすら言える。ただ、そこで話は終わらない。 アルコール消化のメカニズムやツマミのあれこれ、そういった細かな内容に触れ、少し試してみようかなという気にはなる。あらかじめ決めた量を飲むとなれば、これまで漫然と掴んでいた生中も、本当にこれでいいのか?と思えてきた。本書に沿うなら生ビールは中ジョッキ一杯で容量ジャスト、つまりそれで終了となる。乾杯とともに別れの挨拶となってしまうなんてあり得ない、ここはグラスで抑えて、まずはオイル系ツマミとサラダで胃を動かす。そこからメインディッシュと合わせるお酒を真剣に吟味…なるほど、決められた量だからこそ選ぶ楽しみが増えるし、とりあえず〜で飲んだり食べたりしない分とにかく色々優しい。お財布にもお腹周りにも…。 そうやって普段とは全く違う飲み方を試してみて思ったのは、これはこれで楽しめるな、ということ。飲み足りなさはあるけれど、惰性で飲み続けて終電コースよりはマシだと思うし、チビチビ飲むのも案外悪くない。 これは明日楽勝だな、と思いつつふと周りを見渡すと、顔を真っ赤にしながらロレツ危うく話をしている同僚がいて、あれ?そんなに楽しそうでもないな、と思った。 楽しく飲む、は意外と知恵が必要なのだな。 自分なりの「良い飲み方」を目指していくキッカケをくれた一冊。

18日前

1f06f4cf 1521 4f54 acec 0cbd02a740a5112126e4 a4a4 4c99 b42f 3e106543ebc2Icon user placeholderB2d34fea f4e5 44df 951f ad409e4447ba706019c5 5941 408b 96f0 2d4ab53fcd19Icon user placeholder78567457 39fb 407c a866 23a016ddc212 18
百年法 (上)

久しぶりに感じた、「本が面白い」ってこういうこと。とにかくこの設定の妙が凄い。最初から最後まで物語の世界に引き込まれてしまった。 初めは、100年生きられる話だった。それなのに気がつけば、100年死ねない話に変わっていく。 なぜ、そうなってしまうのか。 それがこの物語の夢中になれる部分であり、この本を閉じる度にアレコレと考えていられる理由なのだろう。 面白い本はいつでも、「自分だったらどうする?」の問いかけを自然に投げかけてくれるものだと思う。答えを楽しみにしながら、下巻に飛びついた。

26日前

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f19fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89431ba723 6ce7 4ea8 b99a 419eb306ba565020dd43 95c9 4a01 afbf 6ff8e6fa864bF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0D211cd5d 2f99 43ff ab3c 923b28b2adf1 29
交換殺人には向かない夜

美しく謎めいた奥様、平然とコーヒーをシェイクするビルオーナー、華やかな女優と冗談みたいなお嬢様に、凛々しく凶暴な刑事、そして狂言回し。 衣装のように、それぞれのオンナが物語のバトンを回していく傍で、見栄っ張りの貧乏探偵が大きく期待させ、普通に裏切る。そんなユーモアミステリー。

約1か月前

183ef138 2e26 409d b21e 97ffef78e28fIcon user placeholderFa1d4e69 319a 436e bec7 2d60ce37b8d7C04d44c5 6380 4772 95f6 3f450d7c6c9a6517f097 7e54 4a65 bbd7 c67753c7cc80Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae3 10
おおあたり しゃばけシリーズ 15

貧乏神は頭にタンコブを二つもこしらえ、屏風のぞきは井戸に吊るされる。そして、我らが若だんなは一人、蕎麦打ち棒とお盆装備で包丁男に立ち向かう…まさかの展開といつもの結末が楽しい、シリーズ屈指の「おおあたり」な第15弾、久々に良作でした。

2か月前

154ca140 ac4a 4914 b19f bf93110b71dcIcon user placeholder87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d
そんなバカな!―遺伝子と神について

そんなバカな!から始まって、いいぞもっとやれ!に至る読書体験。 動物行動学はなんて面白い学問なんだろうと本気で感動した。ヒトはもとからセルフィッシュ。上等!

3か月前

Icon user placeholder55294e6a 7fce 4234 bbed 88b48b3c7babFd2558dd 88ed 43b9 b090 af929d82bd26
新装版 三国志(四)

シリーズでもハイライト的な巻。何とかこのまま羽ばたいて欲しい!

3か月前

新装版 三国志(二)

曹操は才気走った良い若者だな、と思っていたらまさかのあの仕打ち、エエェ〜…ってなる。

3か月前

功名が辻〈1〉

とにかく千代に任せておけ!が答え。 初々しい二人の一国一城の主への旅、スタートの巻

3か月前

Ccdfc241 2557 4f44 861a 586c3e0d4ce8642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241D0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179fE838e091 bdb6 4601 8377 189daf22e9ebAad4f1d8 ca07 4b33 aa58 f7e524cfe4e1
義経〈上〉 (文春文庫)

元祖御曹司の一代限りサクセスストーリー。 その生い立ちの数奇さと、波瀾しかない青春時代をそのままに、あっという間に駆け抜けてしまう九郎ちゃん。芯の弱さは誰のせいだったのか。愛すべきおバカさん、九郎義経見参の巻。

3か月前

D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b9Icon user placeholder37eb9965 e75a 4437 a921 e26d592f43abD0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179fC5795815 5a69 444d 8159 5f1493793c9a28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31F25a5269 4ca0 4eea ae76 7c3aaf481c65 8
絶望名人カフカの人生論

「ちょっとした散歩をしただけで、ほとんど三日間というもの、疲れのために何もできませんでした」

3か月前

878c12ae 9732 40db bbd8 bd5fd26703fb821e5a20 19ab 4ec7 a4b3 167e80d468c422461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1Db4ce21d 438a 41ed 9e9d c636bbdb736f4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5Icon user placeholder726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c1012 25
百年法 (下)

最後まで失速することなく、面白かった。 百年の夢から覚めた人々が向き合うのは、どう残し、どう繋いでいくか、というテーマ。 生きられない未来を本気で見据えた時に出せた答えが、誠実で美しい。不老という夢で逆説的に死を思わせ、その終焉で命は希望を手に入れる。 終わるからまた始められる。繋がっていける。だから面白い。

20日前

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66Icon user placeholder4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb89fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89431ba723 6ce7 4ea8 b99a 419eb306ba5625061e8e 280b 4bf6 b974 45301cc3b836 38
ベルカ、吠えないのか?

戦争の世紀が軍用犬を躾けあげ、磨き上げ、あらゆる場所を散歩していくその内側で、シェイプシフター=変身動物とも形容される、およそ雑多な種々のイヌたちがひたすら繋がっていく物語。 戦争とはつまり、ヒトが生み出す、自らのための、余分な、地獄だ。 飼われて、捨てられて、追われて、殺し殺される。けれど、一度も迷わない。そんな彼らが織りなすクロニクル犬大河。

約1か月前

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009cD917b15f bc51 48b2 b131 8442fa9d6a705dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f15498c21 ba9a 4e1f b0d5 f46447b41bf2Cdba5f89 7f96 4554 a90e 3c4b0184d71bEf4ffbd6 c450 4396 9082 efc282d8640869037ff0 d7eb 4202 a278 40e07b25472c 8
火喰鳥 羽州ぼろ鳶組

はぐれ火消熱血派。 時代劇というより現代劇で、設定が江戸の火消し、という感じ。あくまでタッチは軽めなのでそこ要注意。史実とか時代考証とかそういうのはよく分からないけれど、時代小説を読んでみたい、そんな人におススメ。

2か月前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4721ff227 6404 486e a136 194741a375b4E2e92ce4 637f 4441 bd56 b0092dba4170
蜩ノ記

助かる気なんてはなから無かった人と、その人を最後まで助けたかった人たちによる、「忘れられない贈り物」お侍編。 「世の中には覚えていなくてはならないことは、そんなに多くはないような気がする」 物語の中の、清廉で慈悲深い人は二人いる。そのどちらもの命が奪われていった後で、それでも続く日暮らしにどう挑むのかを考える一冊。 追記: 映画化のキャストを読了後に確認。秋谷は中井貴一一択でしょおがぁぁぁ…

3か月前

9e7ba08a ee8a 4e6f bcd6 e40d13c2bf61Icon user placeholder06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6Icon user placeholder5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f0102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd343e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b 14
新装版 三国志(五)

諸葛孔明が仲間になってくれて、本当に良かったね、劉備さん…と心から思えるラスト五巻。三顧の礼を尽くした甲斐もあろうというものです。 とにかく立身を目指して挑めど玉砕、地べたを這いずり回って何とか生き延び、その後割と何年もうだつの上がらないヒモ生活をしたりしつつ、機会を見つけてはまた挑む、玉砕、地べた、ヒモ、でループ確。でもへこたれない。ワンチャンまだあるから、オレもっかい頑張れるから、ね?ってもうこっちがしんどいよ!劉備さん!ってなりました。散り際とか考えないそのメンタリティに、多くの事を学んだような学んでないような。

3か月前

新装版 三国志(三)

いつまで経ってもパッとしない劉備さんとお仲間にヤキモキし始める三巻…

3か月前

新装版 三国志(一)

これだけ長い間、ずーっと誰かに読まれ続けてきた物語が面白くないはずがない、そう思って読み出した三国志。有名な桃園の誓いにおおっ!となり、これから三人の立身出世サクセスストーリーが始まる!と期待してたら甘かった、そんな一巻。

3か月前

Icon user placeholder3e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378
義経〈下〉

絶頂から鵯級の転落を経て、最期の悪へ。 作者の一貫する「残念な子」認定に納得しつつも、やっぱり先生の書く九郎義経は魅力的。落ち行くラスト、門前での暇乞いが美しい。どうしようもない馬鹿さがその所以なのか。個人的に、平知盛の不運が破格。

3か月前

D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b937eb9965 e75a 4437 a921 e26d592f43abD0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f
さよなら、愛しい人

彼女は君に好意を持っている。 良い子だ、私の趣味ではないが。 良い子は気に入らんのか? 私はもっと練れた、派手な女が好きだ。たまごでいえば固茹で、たっぷりと罪が詰まったタイプが。 ================== タイトルが分かると哀しくなる。 固茹で派の悲劇。

3か月前

8b60334b b2ac 4fa3 a682 cd40922634d620f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5202f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cbEaa1f309 d75e 41e9 9ed5 a5aff34743bf7999fcfb 221c 4fb9 9315 8a97689ca28566840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c1bce5f43 b0b4 4cd0 a850 51f6ad653f62 27
大いなる眠り

「あなたは私がこれまであった中では、誰よりも冷たい血を持った獣よ、マーロウ。」 「私のことはヴィヴィアンって呼んでいいのよ」 「ありがとう、ミセスリーガン」 「あんたなんかくたばればいいのよ、マーロウ」

3か月前

9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13ed97a21eba 6bcd 485f 8b8a baae7aaffb7c1df382cc bfc4 4d19 87cb 72ade528b5e2220a4b3e 19d8 45d1 934e b33adf8cdbd575dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab108634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c