2e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9

ナオテン

伊坂幸太郎から読書にハマり

伊坂幸太郎から読書にハマり

46

コメントした本

夫のちんぽが入らない

タイトルに惹かれて買ってしまったが、後悔しない内容。現代風の私小説。人生のすべてを賭けた、著者の決意のようなものが感じ取れる。最期の言葉は力強く、著者のこれまでの人生を物語る。 日本のどこかに、著者のような元教師が居るんだと思う。日本のどこかに著者のような家庭があるのだと思う。 著者のような人と出会いたいと思った。もっと話を聞きたいと思った。この著者の人生を今度も知りたいと思った。 この本と著者と出会って良かったと思えた。

6か月前

37e4dd88 bdfb 48ea ab2c 08d9513175a4Cfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd6184de0d23 2677 4558 8baf 8c6af1a65f440f2a5473 5875 4d8b 8370 3fb294524e9004b3ec22 7468 4a40 83b4 4ace156b43fbDf851b61 fde5 4147 9e79 686ef2ff004762ed7732 5974 40ec 98d7 cd79f75533d0 167
ルビンの壺が割れた

最初は普通のネット上のやりとりから始まる。読み進める内に何か違和感を感じ、それが気になりどんどんに読み進めてしまう。最期の展開は驚きと恐怖。最期の一行で見事 ルビンの壺が割れた。

6か月前

647499f6 4834 460f 8999 6015628f3811Icon user placeholder5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1D29168e4 e9a8 43e6 bcc3 6841f23fff82B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f47df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91b17ed66fb 8546 40b7 b184 a3d0d75925a2 115