2e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9

ナオテン

伊坂幸太郎から読書にハマり

伊坂幸太郎から読書にハマり

46

コメントした本

夫のちんぽが入らない

タイトルに惹かれて買ってしまったが、後悔しない内容。現代風の私小説。人生のすべてを賭けた、著者の決意のようなものが感じ取れる。最期の言葉は力強く、著者のこれまでの人生を物語る。 日本のどこかに、著者のような元教師が居るんだと思う。日本のどこかに著者のような家庭があるのだと思う。 著者のような人と出会いたいと思った。もっと話を聞きたいと思った。この著者の人生を今度も知りたいと思った。 この本と著者と出会って良かったと思えた。

15日前

4793b482 d9ae 49cc a4c2 6d27f6946c25D05045a1 60ae 4f74 9001 300ca26831abC1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76Cc7e61ba 7d19 4c9c 9fc5 a9378722b8892f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b51c8f501d d91a 4a77 88e0 aa7f67d5c2b71589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a3 159
ルビンの壺が割れた

最初は普通のネット上のやりとりから始まる。読み進める内に何か違和感を感じ、それが気になりどんどんに読み進めてしまう。最期の展開は驚きと恐怖。最期の一行で見事 ルビンの壺が割れた。

15日前

04a475dd 5255 49be 9f8c 8223c9de63351c8f501d d91a 4a77 88e0 aa7f67d5c2b73e88720e d236 475d 8a78 812bc1db5fe3F6d87aa6 3579 41ba 95b0 873b70fa830597a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f351837d42e7 0e78 4718 b246 62d3cb39767dIcon user placeholder 108