3bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf9

ナオテン

伊坂幸太郎から読書にハマる

伊坂幸太郎から読書にハマる

128

コメントした本

死ぬこと以外かすり傷

凄い本に出会ったと思った。凄い人に出会ったと思った。 仕事を楽しもうと思った。 言葉の力はすごい。 色々な人がいるなぁ。負けてられないと思った。 せっかく出会ったんだから、著者のエッセンスを自分の人生にも注入しようと思う。

12日前

Icon user placeholder672ba2f9 a017 400e 8c46 117ac374412a89c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe36eb04914 40af 4519 b50f e23cb3e9a399Icon user placeholderIcon user placeholder73613d5c 0555 43d2 9ae6 8bc83ae68429 62
日本人の誇り

日本という国に誇りが持てた。習ってきた歴史はある人達の価値感で作られているのだと知った。歴史認識はとても大切であり、これからも学んでいこうと思った。 日本人として生まれた事を誇りに思う。

20日前

熱帯

前半は物語のスピードに圧倒され、謎が謎を呼び、読む事を止めるのが難しいかった。そのぐらい面白かった。 後半は時折、頭にハテナを浮かび上がらせながら、熱帯を旅していた。 前半の登場人物の様に、熱帯に魅力された読書時間だった。 再び、時を経てまた読みたい。

約1か月前

5d18af28 0dce 48f0 9884 654130010f92417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6503c3850 832a 42fe a4ff 48c40fcc2308733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce43ecfa6e2 dbd5 4560 82db bd99dda82dcdA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f 139
四色問題

どのように4色問題が証明されたのか興味があり購入した。前半はある程度理解が出来たもの後半は理解できないなったが、だいたいの流れは分かったつもりになる事は出来た。 友人に「要はね…コンピュータを使ってね…」と言えるぐらいにね。 最後の章「…けれどもそれは証明なのか?」は数学者達の思いが伝わってきたし、色んな意味で4色問題はロマンがあるなぁと思った。 本書は難しい内容も多々あるが、その部分を受け流して、さらっと読むことも出来る本だとも思う。

約2か月前

2e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311F608cdee 3e28 4744 945d 9f4a84ace941E96ed8cd 0042 4e18 8f29 bf5830cdcb3921d4e0ce 7713 4310 a55c be98f03b2f864b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb756978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2 8
1%の成功をつかむ、99%の「準備力」

Jリーグレノファ山口の監督が書いた本。熱い想いがもらえる内容。 長いことレノファ山口の監督をしてもらいたいと改めて思いました。

約2か月前

夢をかなえるゾウ

ガネェーシャの話すの事は凄く啓発的なんだけど、そのキャラクター性が啓発本ぽくなくて楽しみながら、読めた。 もう、1つも覚えていないけど、巻末には大切な言葉がまとめられていて、再読しやすくしてくれている。出会えて良かった本。

2か月前

Icon user placeholderFa2524bc 2942 469e b5c1 6e96c640b5cbFc7c31af ffbb 462e 8631 35a0f0fcd1af3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa8b6e997b 34a6 47ff 83cc 2aa14a90426f86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c5187b56da43 53e4 4dc4 8453 a83ea5833c0f 48
劇場

この物語出会って良かったと思う。演劇がなぜここまで人を魅了するのかは分からないが、演劇に取り憑かれた人は抜け出せないと聞いたことがある。 主人公の男性に共感出来る点は少なかったけど、どこかで主人公の様に生きたいと思う自分もいる事に気がついた。 不器用だけど優しく弱い男女の会話が染みるように心に響いた。 大切なものを大切だったと知る時はいつも失ってからなんだろうか。 最後の会話はこれまでの2人の過ごした時間が滲み出でいて、切なかった。時々小説を読んだ後に、自分が経験することの出来ない人生を少し見せてくれてありがとう。という気持ちになる。 この作品も2人にエールを送りながら、ありがとう。という優しい気持ちになれた。 文豪達がウイレイのチームで戦うなど、著者が又吉さんという事が頭から離れないまま読んだが、それが良かったという場面が多々あった。又吉さんの妄想などを読んでいる気がして、楽しかった。

2か月前

Af02b44f af66 4b84 8a80 3c06327c854d427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0Icon user placeholder9d11fff4 b681 4946 9658 e5a0bf4be8de5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b166840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c 140
また、同じ夢を見ていた

先が読めてしまってからは、勢いがないまま読んだかなと思う。 でも、ある人のコメントで、住野よるさんは、「当たり前(普通)の事を文章で伝える作家」とあったが、この本はその通りだと思った。当たり前の大切さ、今まで生きてきた事を大切に思える本。

3か月前

44bc7095 9af8 4b76 a708 753a8b639ba7F44c0675 2892 4f4e a023 489f159e2b859df13e5e ee78 4222 a034 0046b24956e77e03ade1 9e1b 4cc6 910c 83f8f05283fc9a3f76e9 8a1e 46ac 88e7 606dbbdd319fBda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d32d970e0f d7d9 487d bdac 4e8a29a7c446 112
言葉が鍛えられる場所

分からない言葉が沢山出てきて、その都度調べて読んでいました。 一文が難解なものもあり、何度か読み返して自分の中で理解してたものも多々あります。それが自分の理解の範疇と分かっているけど、なかなか飛び越えれないのは、経験値から来るものや自分の尺度の狭さにあるのだろうと思いながら読んでいました。 誰しもが使う言葉だけど、使い方や思い方は多様で差が大きいものだと感じました。 言葉が鍛えられるだけでなく、考え方も変容したように思います。 帯にも書いてあるように読み終わった後、時間を空けて再読したくなる本です。

3か月前

0e0f9845 5a2c 440b 8993 f46ea99ab73bIcon user placeholderDb4ce21d 438a 41ed 9e9d c636bbdb736fIcon user placeholder2e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9E8ec958d ae27 41e0 b61e 4c09ae3e1fc01c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd7520 9
最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~

図書で借りた本だが、購入を考えているほど、名著だと思う。紹介されている事が良い方法や考え方ばかりと感じ、実践してみたいと思えた。 要点をまとめ直した物をノートに記すべく、時間を開けずにまた読みたい。

18日前

Ef3b8e78 fa0d 4ec8 be2d 71ff59390c61D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41298ba57d 66d6 4b71 a1a1 f5b20687adba7443d686 bd10 4fa7 8670 08aa13a31f2c0bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561
お前らの墓につばを吐いてやる

タイトルと帯に惹かれて購入した本。 著者の生き様があとがきに書いてあり、それが分かると、より物語の力強さを感じてしまった。 半世紀以上前の舞台背景なので、想像しづらかったが、読み終える事は出来た。 この様な物語が半世紀以上前にあった事を知ることが出来たのは良かったが、読む人を選びそうな作品だとも思う。

約1か月前

ルビンの壺が割れた

最初は普通のネット上のやりとりから始まる。読み進める内に何か違和感を感じ、それが気になりどんどんに読み進めてしまう。最期の展開は驚きと恐怖。最期の一行で見事 ルビンの壺が割れた。

約1か月前

A667dd3d 68d3 47b4 9bee 01f28918a81b7df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91b59ce0229 453d 43b7 a500 ae584a530926Icon user placeholder04a475dd 5255 49be 9f8c 8223c9de63353e88720e d236 475d 8a78 812bc1db5fe32e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9 112
フーガはユーガ

悲しい物語なんだけど、暖かく幸せな気持ちにもなる。最後まで先が読めないし、伏線も流石の回収。その伏線が心にふっと安心と感動を与えてくれる。 伊坂さんぽさがとてもある作品。伊坂好きには、おススメの本。 伊坂さん初見の人は他の作品の方が良いかもしれない。

約2か月前

5d18af28 0dce 48f0 9884 654130010f9284d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6C18883f0 3236 4314 a8fd b1f49ef853cc4fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276f243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc590ec6291 8dbd 4aa4 a029 1ebb09dd4beb 125
知的生活習慣

生活を編集するという考えや勉強や知識のために生活があるのではなく、そのどちらからも矢印が行くような生き方をする等、著者の本を読む度に自身の考えの浅さに気付くかせて頂く。 でも、それが知識信仰であり、まだ、自分にはその信仰から昇華するのに時間がかかる。 数年後に読んでも、新たな考えに出会える名著。

2か月前

B46bc3c4 6279 4489 9c62 8eb16ad583bb79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a73575c357 f03c 4e6b 91ad 79f4dd0a84d3B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d52f1d3c16 b42e 4820 aa8e 9236dee65fdeE1fbbdac b3c9 4e6a 9f42 ff2bbcb688761dacc2b8 6dde 462e b66c faf03acbf603 10
フェルマーの最終定理

この本は数学を舞台にした人間の物語。

2か月前

Icon user placeholder45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6cB98d5186 6e16 44db 849c 31247722c512Icon user placeholder0f9e0058 7298 4501 9d35 3c322eda4507Eaaed4b2 79ff 4f88 86a3 4711e6d4a0e5821e5a20 19ab 4ec7 a4b3 167e80d468c4 93
羊と鋼の森

ピアノの調律師という普段、想像もしない仕事を日常に感じさせてくれた本。 調律師という仕事を通して、苦悩しながら人間成長していく過程も共感出来る。 優しい雰囲気が物語全体を通して流れていると思う。それが読み手としては心地よい。

3か月前

513cf7c2 6674 4d1a a8b4 3b964f01231e12a43379 fcd8 4f0b 8c40 2013b181e6b2Icon user placeholderIcon user placeholder7906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66fBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdE39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007b 269
コンビニ人間

普段、利用するコンビニが少し変わって見えるようになった。 コンビニを文章化するとこんな感じなのかと感心してしまう。小説は著者の人生のようなものが出るなぁと改めて感じた。 何より主人公と寄生する男のやりとりが奇妙で、でも、何処かいる2人の会話なんだろうと思いページをめくる手が止まらない。 最後はどういう事になるのか?と思いながらも、やはりコンビニ人間なんだと思った。

3か月前

44bc7095 9af8 4b76 a708 753a8b639ba7D2b32caa daa7 47bc a25c be20042ea9cdE638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f02714417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6Icon user placeholder50ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ffF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51 553
AX アックス

殺し屋の話なんだけど、何故か心があったまる話。主人公のやってきた事は取り返しがつかないし、最期も仕方がないものだと思ってしまうが、それでも想いを馳せてしまう。悪の裏方の最期も哀れで後始末までもが見事だと思う。そして、なんといっても主人公と妻のやりとりが、夫になったからだろうか共感せずにはいられなかった。 伊坂幸太郎さんは、作品を書いたら妻に読んでもらうらしいが、大丈夫だったのかな?と思ってしまった。 最期の数ページは何度読んでも、話全体を包んでくれる。 友達が夫になって数年経ったらプレゼントしたくなる物語。

3か月前

D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b04c5f6d9a 1d08 4d8a 984b df9d081a75796279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204aC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2Icon user placeholder 98