A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3

そらもよう

空中ランダムウォーク(仮)

空中ランダムウォーク(仮)

43

コメントした本

1Q84 BOOK 3

Book 1, Book 2 とは明らかに表情が異なる。 時間が重層的で濃密に感じられた。 もし朗読してもらえるとしたら ここ↓ 素敵だと思いました。 「ススキの野原の上に黙して浮かび、穏やかな湖面に白い丸皿となって漂い、寝静まった家屋の屋根を密かに照らすあの月だ。満ち潮をひたむきに砂浜に寄せ、獣たちの毛を柔らかく光らせ、夜の旅人を包み護るあの月だ。ときには鋭利な三日月となって魂の皮膚を削ぎ、新月となって暗い孤絶のしずくを地表に音もなく滴らせる、あのいつもの月だ。」

28日前

Icon user placeholder1b476579 9b77 4747 8802 df7c0379e05745122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c26bf068d 8584 433b 8c89 a2d9bcdeb98681bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1fIcon user placeholder2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f 40
献灯使

五感(語感)をフル活動させて、謎解き本のように読みました。元気に仕事をする超高齢者がいる一方、その曾孫世代は、輝く命を持続させることが難しい。異世界を描きながら、現実社会が抱えるなかなか見通しのつかない、決着できない深刻な問題に光をあて、皮肉を交えつつも、慈愛と祈りにみちている。

4か月前

A1f0cf18 cd3b 436b 9e21 13edaa9ee4be89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cE8f6f990 2154 4f99 807c 6f9938ae82113221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eEad79813 55bc 42b8 9354 716e42d497a8A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4dIcon user placeholder 42
シュタイネ

詩集。既成概念を砕き感覚に訴えかけてくる。 自由が切実

約1か月前

アドヴェント・カレンダー―24日間の不思議な旅

ヨアキムが本屋で見つけたアドヴェント・カレンダーには、扉を開けると物語が描かれた薄紙が入っていた。時間はさかのぼり……。地図や聖書を手にパパやママまでお話しに夢中!毎日が特別な日だと思う気持ちを思い出しつつ、今日の扉を開くように読み進む。 note: fraternity

4か月前

77bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462bC615044f c50f 4589 9589 ce8521a876510ba004d3 90fb 4ba0 b6b1 8e103844e750