Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
02e8aacb bac1 4f02 b9a2 8c5d4a833622

misoknkn

三浦綾子/三島由紀夫/宮尾登美子 仏教/…

三浦綾子/三島由紀夫/宮尾登美子 仏教/タイ/料理/落語/短歌/アジア映画

219

コメントした本

落語こわい、こわい落語 (学びやぶっく)

古典落語の噺の「怖さ」に焦点をあてている。ライトファン向けとは思うものの、もう少し掘り下げた内容でも良かったのでは。

2年前

柳家喬太郎 江戸料理 平らげて一席

落語に登場する料理のあれこれだけでなく、喬太郎師匠の落語論もつまった一冊。今も残る老舗の江戸料理を食べてみたい。

2年前

三浦綾子愛の歌集 いとしい時間

「妻の如く想ふと吾を抱きくれし君よ君よ帰り来よ天の国より」 夫である光世氏から絶唱と評されたこの歌をはじめとして、三浦綾子さんの人生が凝縮された歌が並ぶ。北海道の写真の数々も美しい。

2年前

かわいいチェンマイ案内

珍しいチェンマイに特化したガイド。思い出に浸るには最高の一冊。 初チェンマイの方は他のガイドと組み合わせたほうがいいかも。

2年前

蒲生邸事件

長編ですがするする読めるタイムスリップエンターテインメント。

2年前

A1f2689f 2272 4c60 9d20 2bacb1ab849fE101218d 49a2 40ac 8c3e ea9f80c66afdDbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2B0948682 fb76 460b ab9a 2d813f086c1e75de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d69916778d 97d2 4deb 9d13 745960d4d0e361262c45 764a 4dcf ab50 a7874e660802 12
春の雪―豊饒の海・第一巻

哀しくも、美しい若さ。 後に続く三作を読むと、それがより際立って感じられる一冊。

2年前

E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc20740096b36c63 1597 423c 8ee0 6c7e0309275bIcon user placeholderB67c853a d9fe 49ee ace7 fb82be84a225Icon user placeholder3e6a4b83 9131 4cab 8a02 51de34052e11D6ad3910 da2b 4fd4 87cb 8fee25fff124 41
落語教育委員会

三氏の行う落語会の名称がタイトルになった一冊。 素晴らしい個性の競演。奇跡的なバランス。こんなにお腹いっぱいになる落語会はほかにありません。 会をはじめたきっかけから、前座時代の思い出まで盛りだくさん。落語ファンなら一読の価値あり。

2年前

ガール

働く女性のリアルがびりびり伝わる。 私を含め、登場人物を愛おしく思える女性は多いはず。

2年前

1d484b53 a7fd 4a7b ba80 4c160d5e29ed0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991D08aad89 c976 4fc9 a92e bf753701adb1454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90Icon user placeholder38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 18
文部科学省 - 「三流官庁」の知られざる素顔

自分の勤め先がタイトルになった本。買わざるを得ない。 基本は「文部省」のお話。 文科省の根源を理解するのに役立つ。

2年前

紫禁城の黄昏

溥儀の家庭教師が綴った紫禁城の記録。映画「ラストエンペラー」にはこの本が登場するシーンがある。

2年前

天人五衰―豊饒の海・第四巻

四部作の最後の一冊。 シリーズを通して日本語の美しさは秀逸。重たいのに、するすると読めてしまう。

2年前

E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc2074001f00d153 09b9 4aef ae95 b3ca6aaf28b58f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7Decb3530 dca2 4b25 8442 42032994de3cA6a8a7af b1cd 45bc ab4f e16abdf122f9E1fc7909 c16b 4c14 a0ff a29d266e8cf2 10
この土の器をも―道ありき 第2部

夫である光世さんのエピソードの数々が素晴らしい。尊敬しあうご夫婦の姿が伝わります。

2年前