F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037

sa kana

電子よりも紙派です

電子よりも紙派です

174

コメントした本 ページ 2

異邦人

京都に住む、京都生まれではない者を指す、異邦人(入り人)という言葉。他所者を受け入れず、排他主義を貫くことで長い歴史を守り抜いてきた京都ならではの言葉。 入り人目線で描かれる古都の風物、四季の移ろい、複雑な人間関係、美術ビジネスならではの熾烈な駆け引きを含むストーリーは、京都の街がいかに魅惑的なのかを教えてくれます。 でも正直なところ私は、地方出身の大学生らのお気楽な京都生活を描く森見登美彦作品の方が好きです。(笑)

5か月前

Icon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e4dc74e3a 3706 4fb7 95b6 ae9b08fc50c3Icon user placeholder5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c 26
海辺のカフカ (下)

村上作品に出てくる男性の生活描写が大好きです。 規則正しい生活、魚を中心とした食事、こまめな洗濯、きっちりと折り目をつけたアイロンがけ、少しの筋トレ、村上さんご自身が専業主夫をしていた経験からなのか、とにかく読んでいて心が穏やかになります(笑)

5か月前

B0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3baC86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c77755b625 bd3d 4741 b38c a2b0d2879bb60970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aA248c613 2827 4f65 ac63 3e4543d5a74f755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3 117
アイネクライネナハトムジーク

是非とも斉藤和義さんの同タイトル曲を聴いた後に読んで頂きたい。

5か月前

Icon user placeholder3c54a823 0492 4b6f a0b2 8583d7d96333F143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112Icon user placeholderCb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b8878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf31643fba9de 306f 4619 a425 e02e6f1e91fc 146
風が強く吹いている

自身がフルマラソンに挑戦する直前に読んだ作品。 努力と友情と絆と奇跡が積み重なったようなストーリー展開で、涙なしでは読めませんでした。 疾走感があって、駆け抜けるように読み切ることができます。

5か月前

1af78609 f55d 4878 a89a 3d09973574843ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aIcon user placeholder4dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e950ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ff33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73705e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc71 117
スプートニクの恋人

本棚の中で一番、繰り返し読んでいる一冊。 仕事に疲れたとき、コーヒーを淹れてゆっくり休みたいとき、必ずスプートニクの恋人を開いて癒しの旅に出ます

5か月前

A10abdb8 2d0d 4f3a 8906 03e246c19af3C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c790a75e30 a2dc 40fc b779 5ebad57b901d0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aD58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591Icon user placeholder7d8e41ec 6211 40ea bd26 48c1cd52ac02 89
とんび

私が読んだ後、父に贈りました。 やはり親子ですね、父は私と同じで泣き上戸みたいです。

5か月前

0849169a 2b3a 4312 b08b e049c31acb87C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7B2f1e469 610b 42a1 80fe 29b7bd539af5D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b0Icon user placeholder22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1F95747af 6f84 4551 9f69 70fc994d1003 60
スペードの3

朝井さん、どうしてこんなに女性の心の機微が読み取れるのか... 女の友情の薄っぺらさよ、女の考えることの悪どさよ....かくゆう私も腹黒いのだが

5か月前

3c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9c538eee8c 0672 4b8f 85e7 c4c452d8850f5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d3829fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4f1c192d6e 61c6 42de 9918 6738857c92eaF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797675f6c8f 90bf 4d72 b8a5 5933c8ca84aa 34
有頂天家族

森見さんの独特な文体にハマるきっかけとなった一冊。なんでこんなに笑えるんだろう!

5か月前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a0f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbbIcon user placeholderB828e401 1ccc 4ef9 8c48 b73baae7ccc1C9e70eb9 5b05 42ca aef2 4e70df0323f0Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be63dbfea3 4a7e 426c 87ee eba369b9958c 97
ジヴェルニーの食卓

読書好きの人にオススメしたら、「お上品すぎて合わなかった」と言われてしまいました。 稀代の画家たちの葛藤や苦悩、人間らしさが垣間見えて、まるで自分がその空間に居合わせたような感覚を覚えました。 リアリティ溢れるこの作品、私は好きです。

5か月前

Icon user placeholder73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bCba34f17 f888 4aa5 8ad7 fe08ef318c5bC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac75488799 fa59 4d55 a13e f56e91463a496e31084b 4fe8 491b a70d 0088972ac7c0 98
楽園のカンヴァス

大切な友達に贈りたくなる一冊です。

5か月前

Cc0a6a0c 56f8 4fae 9105 bc862804331d2b7f5262 413e 48cf a754 5576cbe66c49Be9877e5 3c57 45c1 8551 9c9376d0331bIcon user placeholderD58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591Icon user placeholderIcon user placeholder 183