F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037

sa kana

電子よりも紙派です

電子よりも紙派です

165

コメントした本 ページ 2

スペードの3

朝井さん、どうしてこんなに女性の心の機微が読み取れるのか... 女の友情の薄っぺらさよ、女の考えることの悪どさよ....かくゆう私も腹黒いのだが

2か月前

69b3c012 e0f8 4b96 b4ff 0b9ab8c917145e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d3829fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4fC17115a3 000b 4bb4 b640 4e90004965a6F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797675f6c8f 90bf 4d72 b8a5 5933c8ca84aa76fe065e efe5 4837 8057 34a2ada49582 33
有頂天家族

森見さんの独特な文体にハマるきっかけとなった一冊。なんでこんなに笑えるんだろう!

2か月前

0f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbbIcon user placeholderB828e401 1ccc 4ef9 8c48 b73baae7ccc1C9e70eb9 5b05 42ca aef2 4e70df0323f0Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be63dbfea3 4a7e 426c 87ee eba369b9958c92c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b14 96
ジヴェルニーの食卓

読書好きの人にオススメしたら、「お上品すぎて合わなかった」と言われてしまいました。 稀代の画家たちの葛藤や苦悩、人間らしさが垣間見えて、まるで自分がその空間に居合わせたような感覚を覚えました。 リアリティ溢れるこの作品、私は好きです。

2か月前

C679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac75488799 fa59 4d55 a13e f56e91463a496e31084b 4fe8 491b a70d 0088972ac7c0Fdcb1174 2da0 4636 94e3 92013ef3f4c33cafdaae 290f 48b1 ad37 22f93feee9f8C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b 95
楽園のカンヴァス

大切な友達に贈りたくなる一冊です。

2か月前

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d4621D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3Bda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d30f4bbe83 9ed1 459f a026 b69d47db9fbbC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acIcon user placeholder 160
アイネクライネナハトムジーク

是非とも斉藤和義さんの同タイトル曲を聴いた後に読んで頂きたい。

2か月前

50ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ff97e138a0 59fa 498f 89fc 83dbbe5ed0ff7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e13b6bd81f b3fb 492d b24a 5ae11b34c7712c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fBa27d6df cb5f 4dbe 8163 86b863c689ad 139
風が強く吹いている

自身がフルマラソンに挑戦する直前に読んだ作品。 努力と友情と絆と奇跡が積み重なったようなストーリー展開で、涙なしでは読めませんでした。 疾走感があって、駆け抜けるように読み切ることができます。

2か月前

50ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ff33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73705e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc711a3e9a7a 0135 4ca7 a0c2 bd93a8eb424e0bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561D0b039f5 912e 44e3 9402 1a61f17479cc3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa 115
スプートニクの恋人

本棚の中で一番、繰り返し読んでいる一冊。 仕事に疲れたとき、コーヒーを淹れてゆっくり休みたいとき、必ずスプートニクの恋人を開いて癒しの旅に出ます

2か月前

D58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591Icon user placeholder7d8e41ec 6211 40ea bd26 48c1cd52ac0245122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489cD6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0Icon user placeholder 86