9203852a 2dc8 47d1 8dde 09fd3605a723

玖珠

どうしようもないこともない

どうしようもないこともない 芸術全般好きです キャンプ行ったりしてます

57

コメントした本

熱帯

さて、この本を記念すべき登録一冊目としようということには、私が森見氏の熱狂的なファンである、ということ以上にこの本が「読書の楽しみ」をとても強く感じさせてくれるものである、ということが挙げられる。 ハードカバーが持った瞬間に私の腕にズシリとした重みと、程よい大きさを感じさせてくれる。今から私は読書という名の旅に出るのだ、と感じ心が沸き立つようであった。 分厚い紙達の中に閉じ込められた不可思議な世界の中をいくら進んでも、全くの予想のつかない展開のおかげで飽きることはないだろう。 読み終わり一息をつくと、きっと読み終えた者誰もが抱くであろう「語り合いたい」気持ちが湧き出す。 この本には、そんな気持ちを掻き立てる良い意味での「足りなさ」が多く存在している。 そうして我々は、良い本に出会った時に得てしてそうするように、またこの本を読み込む。 それは新たな発見につながるのだ。 気付かなかった伏線や、より一層輝く描写に心が引かれていく。 そうした時に、もはや我々はこの本を手放そうなどとは到底考えられなくなっているだろう。

10か月前

B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b155726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e77245ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f142a79741 e586 420f a17a db0551af35f573c8ae9c 8ef7 422c bfd2 2b60ffb83742 191