247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

マンガ好きです。

163

コメントした本 ページ 2

アルスラーン戦記(11)

「ギーヴ‼︎」…って思ったけど、良かった(笑) アルスラーンとエトワールが、遂に腹割って話す事に。 各々の立場、価値観、宗教観、少年漫画とは思えない深さを感じました。 アルスラーンは自分の生い立ちから自らの足元に自信がないように思うけど、でも、ああいう風に真っ直ぐ成長できるのは素晴らしいと思うし、だからこそ慕ってくれる部下もいるわけで、ほんと…大人が読んでも感じることあるなって。 改めて、すごい漫画だな。

約2か月前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dFa3ecb6b bb86 4254 bbe6 80a1618dc7c9F3fb9d54 e8fd 4202 9f24 9d77cb6f41b0
雷神とリーマン(4)

雷遊の夢を知って、距離感の生まれる二人。 でも考えて、考えて、真正面から向き合うのは素敵だなと思った。 リクとチカちゃんも進展。 心配かけまいと、女のイジメを我慢する姿は切ない。 女の陰険さって、ほんと嫌なもんです。 あと、ヤスにビビった! 不良が勉強する姿って、なんか…イイですよね(照)

約2か月前

MURCIE’LAGO-ムルシエラゴー(15)

コメディーライター編、スタート。 殺さないにしても、全く趣味の悪い犯人。 でも、こういうのが『ムルシエラゴ』らしい、って感じかな(笑) ひな子が犬に好かれていたのが、なんか重要な事な気がして…気になる!

2か月前

SPY×FAMILY 1

名前も顔も捨てたスパイ、コードネーム「黄昏」。 とあるミッション遂行の為に、家族を作ることに。 娘は心を読む“超能力者”、妻はコードネーム「いばら姫」と名乗る殺し屋。 心が読める娘だけは2人の正体がわかっているけど、各々内緒にして疑似家族生活をお互いの利益の為に始めることにした。 秘密を抱えた家族だけど、ギスギスしてなくて和やかに見えて、寧ろ良い雰囲気な感じ。 特に父は頭が良さからか、一人一人を尊重していて格好いいと思います。 ジャンプ漫画だけど、大人も楽しめるストーリーだと思いました。

2か月前

95976b40 7b76 47f2 b038 660b74ca956fIcon user placeholderB0f9ea06 54a7 4d2a 89d6 34058285639d
天空侵犯(21)

完結巻。 ここに至るまで、とても面白いストーリー展開だったので、どんな風に終わるのかすごく楽しみにしていました。 正直、ちょっと不満かな…。 そもそもの謎も解き明かされていないし。 『天空侵犯arrive』というタイトルで連載スタートらしいけど、“新たな物語”と書いてあったから、今の登場人物達は出るのかどうか? うーむ。 消化不良過ぎて、最後の最後に残念だったな、私は。

2か月前

ゴールデンカムイ(17) 通常版: ヤングジャンプコミックス

キロランケの過去の出来事にアシリパさんのお父さんも関わっていたとは…。 思った以上に、この2人の仲は深いのかもしれないと思った。 キロランケの目的のために皆ついていってるけど、絶対一筋縄ではいかない気がする。 特に、尾形! 彼はいまいち目的が掴めない。 でも、軍人としてのプロフェッショナルさは凄いと思った。 杉元一行の旅の話も面白いです。 鯉登少尉の天然な言動と月島との空気感とか、もう…素晴らしいですよね! この2人でスピンオフしてもらいたいくらいです。

2か月前

38394769 2999 4053 abfe d5930f30e33aFd0c506d 35fa 4b56 adb7 32f324602126
将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル(6)

ジャオ将軍の読む力に、狂気みたいな凄まじさを感じた。 東弓と渡り合える武器を復活させたり、本当に皇子を倒したい一心だったのだろう。 大将軍は、やはり嶌国の敵に回るのか…。 そして、皇子の秘密も知ったようなラストで…。 次の7巻で完結らしいので、どう終わるのかを楽しみにしたいと思います。

2か月前

将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル(4)

嶌国vs将国の戦いが、まさかまさかの…! 上に立つ者が優秀だと、戦略のバトルが迫力あって面白い。 ただ、ジャオ将軍は素直に従うのか…? 台風の目になりそうな気がする。

3か月前

キャンパスの魔法使い(1)

低身長に悩む大学生・コタロー。 その原因は、「MP分泌亢進症」だと魔女のありす准教授から指摘される。 どういう事かというと、魔力の過剰な生成によって成長ホルモンが阻害される病気らしい。 解決法は、魔力を使って使いまくる事! そのために、ありす准教授に弟子入りするコタローなのであった。 ファンタジーというよりは、現代で魔法が馴染んでいるイメージです。 てもハイテク社会だからか、「魔法はダサい」という考えが大学生内には広まっている。 呪文の魔法を効率的にしようと、パソコンで発動出来るように考えたり、…ちょっと今までの魔法マンガとは違った印象を受けます。 始まりの1巻としては、良い展開の流れだと思います。

3か月前

将国のアルタイル(21)

四将国vsレレデリクの戦いの終わり。 そして、バヤジットのバラバンに対する愛情深さを改めて感じた。 彼の真摯な姿に、見せしめにならなくてよかったと思った。 そして、いよいよマフムートvsレレデリクの対決へとなりそう。 この巻ではザガノスの事が載ってなくて、そちらも気になるところです。

3か月前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656672efca2 43d2 46c8 b100 58e4271ec541
とんでもスキルで異世界放浪メシ 4

ムコーダさんとフェルとスイの冒険物語から、少し世界が広がった巻な気がします。 商人やギルドマスターと関わったり、1つの街に留まったり。 ストーリー的に、ちょっと慣れてきた気も。 やっぱり、雰囲気というか、異世界マンガの中では頭1つ抜き出て好きですね。

約2か月前

僕と管理人さんの憑いてる日常(下)

まず上巻を読んで面白かったから購入。 BL色は薄いので読みやすいです。 本人達はマイペースな感じだけど、周りが面白おかしくしているので、読んでいて飽きはこない感じ。 もうちょっと続いても良い気がしましたね〜。

約2か月前

MURCIE’LAGO-ムルシエラゴー(3)

朽葉が何故ヒットマンの仕事をしているのか、その理由が分かる巻。 鴇との出会いも。 これは『ムルシエラゴ』では分からなかった事だから、読んで良かったと思った。 ノリが楽しかった。

2か月前

特蝶 死局特殊蝶犯罪対策室 1

人が死ぬと、その魂が蝶になる世界。 その蝶は、何もしないと49日後に消えてしまう。 「死局」では、蝶を預かり、凍結して永久保存し、再び故人と会えるシステムを保有。 すなわち、蝶を守る部署である。 世の中には趣味の悪い連中もいて、蝶が消える瞬間を見るために、違法で蝶を収集する者がいる。 それを阻止する、主人公。 主人公自身も蝶に因縁があり、そこらへんも見所。 設定としては割と面白いけど、こう…読書意欲をそそられるにはもう一つ何か足りない気がする。

2か月前

ゴールデンカムイ 18

まず、表紙の2人が誰だろうな〜と思いました。 あぁ、あの門倉さんか!、っと。 渋い男前なイメージがあったんですけど、…あれあれ⁇ 凶運の男って、また面白いキャラが登場じゃないですか! 露出狂みたいな格好したり、名探偵気取ったり。 …本当、魅力的な男どもを生み出す野田先生が素晴らしい。 月島の鯉登少尉の扱い方にも磨きかかってましたし。 18巻は土方さんをピンチに陥らせる敵出現、牛山の暴走…などと、面白展開ばかりでした。 中でも、ラストに若かりし頃のアノ人を登場させてくる辺りに痺れました! まさかまさかの…。 じゃあ、キロランケやウイルクのこと恨んでいるだろうし…。 わー‼︎、先が読めないです!

2か月前

Ca81ec77 d649 4b1f ae3e 9d09d3f34c8aIcon user placeholder9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d03cce5dd c435 48a4 bafc cf986643d779
湯神くんには友達がいない(16)

完結です。 最後の最後に名言きましたね! 「友達は100人もいらない‼︎振り回されるくらいなら0の方がいいくらいだ‼︎‼︎」 …湯神くんらしいと言えば、湯神くんらしいんですけどね(笑) まぁ分かる気もします。 終わり方も湯神くんらしい気もしたけど、ちひろちゃんを何だと思ってるのかは知りたかったかな。 「友達じゃない」というのは、高校の時も同じ意味だったのか、違うのか…。 なんだか最後まで振り回してくれる主人公でしたね。

2か月前

将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル(5)

やはりジャオ将軍がキーマンになりましたか! やると思っていましたよ! あなた、情に熱い人だと思ったから。 これで、チニリとの戦いがどう転ぶのかワクワクしてきました。 あと、イルハンの秘密が明かされていて、「やっぱりアルタイルの外伝なんだな」と実感。 時系列が気になるかな。

2か月前

将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル(3)

ジャオ将軍の、天をも読む策士っぷりは面白かった。

3か月前

放課後ストレイシープ(1)

イケメン教師が赴任。 全校集会の挨拶の中、「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」と言ってのける。 彼の担当する2年1組の生徒には不可解な出来事が襲い始める。 事故、ストーカー、それに羊男…? そこには何やら意味があるらしい。 一見普通に見える生徒たちには共通点があり、それは担任・帝塚善一郎だけが知っているらしい。 全くもって、謎だらけ。 彼が、1人の女生徒に固執する理由とは? 何の目的を持って行動しているのか? 優しい顔したイケメン教師が内に秘める狂気、そのギャップの破壊力はすごい。 先生の正体を是非ともつきとめてみたい!、と思わされる一冊です。

3か月前

将国のアルタイル(20)

四将国vsレレデリク軍! 世代交代したばかりの将王達の初めての戦い。 まとめる指揮官は一体誰に⁉︎ 肉弾戦というよりは、戦略vs戦略という所に見応えを感じます。

3か月前