1df3d0a7 1e61 4971 9dcd 77c4338b5095

りんのすけ

Kindleデビューしたので、読書記録も…

Kindleデビューしたので、読書記録もいろいろ模索中。 読書の楽しみを思い出したい。

57

コメントした本

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

後半はだけでも読む価値あり。 この本で言いたいことはただひとつ、「生きのびる」ことだと感じた。 前半は発達障害、後半はうつについてが中心だが、どちらも一貫してるのは「誤魔化しでもいいから、とにかく今を乗り切る」こと。 ちゃんとした生活とか、すごいライフハックとかは二の次でいい。その「普通」が出来なくて苦しんでいるんだから、とにかく「普通っぽい状態」に出来ればOK。「なんで出来ないんだ…」と悩むのは置いといて、とにかく『今』出来ることだけに取り込んでいこう。という内容が、わかりやすく綴られていた。 重たい内容なはずなのに、文体がとても軽妙で読みやすく受け入れやすい。正直、Twitterで有名な人だから文章も軽く巫山戯たりするのかな?と先入観をもって読み始めたが、そんなことはなかった。 茶番だらけの部族社会に嫌気がさした時は、「外こもり」して回復し、なんとか生きていこう。

7か月前

こりずに毎日やらかしてます。発達障害漫画家の日常

個人的には、『発達障害』と『個性』の線引きは曖昧だと思っている。 この本を読んでいても「ちょっと変わった人だけなのでは?」と思う部分はあったが、「やべぇな…」と思う部分もあった。 それでも薬や通院で改善することもあるのだろうし、なによりも当事者達が「自分は『発達障害』だから」ということで生きやすくなることもあるのだろう。 彼等が『発達障害』を言い訳にしないのと同じように、世の中みんなが「いろんな人がいるよね」と寛大になれれば、きっとたくさんの人が生きやすい世界になっていくだろう。

7か月前

9ad259c3 7e0e 43d0 929d cccf5ace9f32Eef93a42 b24c 48f4 83bc 465ddad64500Icon user placeholderAd5a55e5 fdd9 427e 9932 2c9845ccb175Icon user placeholder63b94531 2ee4 4bf3 a4aa ca905bfc30266afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339 22
ミスが少ない人がやっているストレスフリーの整理収納術

痺れる。ビデオとかフロッピーの収納方法が出てきて痺れる。2016年発行なのに10年くらい前の本を読んでいるような錯覚を感じられて痺れる。 物を捨てるというよりは、空き箱などでデッドスペースに物を詰めようとしている印象。 図解もなくつらつら続く文章で分かりやすいとは言い難く、かなり初歩的な話が多い。デスクが散らばったおじいちゃん社員がこの本を一生懸命読み込んでいる姿が思い浮かんで痺れた。がんばれ。

7か月前

ヤマノススメ 1

テーマが似ているから「ゆるキャン」と同じかと思っていたが、また違った魅力の詰まった本だった。 絵もストーリーも引っかかってはしまうのだが、それでも「山っていいよ、楽しいよ」って著者の声が聴こえてくるようで良かった。 どちらも初心者を登山沼へ引き摺り込む入口のような本だが、「ゆるキャン」は『臨場感ある風景の描き込み』で雰囲気から虜にする。 一方「ヤマノススメ」は『ガチの登山家が一生懸命に噛み砕いて説明』しているように感じられて微笑ましかった。 どちらが良いとか悪いではなく、どちらも魅力的ですてきでした。

7か月前

承認欲求―「認められたい」をどう活かすか?

会社での『承認欲求』についてを中心的に論じている本。 最後まで頻出した「表の承認/裏の承認」の定義内容を覚えていられなかったせいで、話についていけなくなって目が回ってしまった。 「頑張ることで褒められると、頑張り続けてしまい、頑張ることご当たり前になってしまう。」 「褒められすぎると、期待を裏切らないように褒められ続けなければならないとプレッシャーになる」 「他人とは違う自分だけの『売り』を伸ばす」 この辺りを意識して生活していきたい。

8か月前

「忙しい」が口ぐせのあなたにワーキングマザーが教える自分の時間が増える36の時間管理術

著者同様の『働くママ』が充実感を得ながら育児と仕事をバランスよくこなしていくための本!な印象。 ネットで見たことあるような内容だと感じてしまうのは、アプリの紹介が多いからかもしれない。 日々の記録をいろんなアプリで残して置くことで、振り返って「こんなにがんばった!」と客観視して疲れない心をつくるのが重要のようだ。 シワ寄せ残業や尻拭い要員な人間には物足りない内容に思えてしまうのはきっと、この本の購買層ターゲットではないから仕方がないのだろう。

8か月前

仕事・日常がドンドンはかどる しあわせフセン術 スケジュール管理編

内容は少なめ。 著者の体験記な印象。 他の本でもよく出てくるが、やはり「書き出すこと」が重要だなぁ、と思った。

8か月前

ハチミツとクローバー「君は僕のたからもの」

野宮さんと山田さんのペア、かわいいなぁ…。 今より少しごちゃごちゃっとしたこの頃の絵柄も結構好き。羽海野チカさんの柔らかい雰囲気が出ていてすごく好き。

8か月前

ドグラ・マグラ ─まんがで読破─

小説をきちんと読んだことはないが、ずっと気になっていた本。 概要だけでも掴めた感じ。ただ、面白さはかなり半減しているだろうから、いつかきちんと原作を堪能してみたい。 ハードルが下げられて良かった。

8か月前

Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談

いろんな価値観があっていいし、信じるか信じないかも人それぞれでいいと思うよ。

8か月前

A84a3e34 edb5 4a44 b161 0741247b3409Icon user placeholderEa5e4d68 95e4 4b33 8fa2 394fd1150e1e
手帳という武器をカバンにしのばせよう

よかった!今の私にはしっくりきた! シンプルで読みやすく、熱すぎず頭でっかち過ぎずでバランスがよかった。 手帳が好きだけど使いこなせずいろんな手帳術の本を読んできたけれど、それらのいいとこどりをしている感じ。「どこかで読んだ」となるよりは、それぞれの重要なポイントをこの著者なりに取り込んでひとつの方法を確立させていったんだろうな、という印象。手帳術本の読みすぎでこんがらがっている人にもオススメしたい。 今年こそは楽しく手帳と親しんでいこう。

7か月前

タスク管理ゲーム化計画

ちょっぴり期待外れ。 最初の方は興味深かったけれど、後半はほとんどどこかで読んだことある内容。 タスクシュートのオススメ理由などは、ネットでも読める。それよりもっとワクワクした感じの発想を読みたかった。

7か月前

いつも心に余裕のある人は実践している 1日1分片付け習慣術

シンプルで読みやすいのにしっかりした内容だった。 職場関連かと思わせる表紙なのに、いざ読むと生活全般。いい意味で裏切られた。表紙で損しているようでもったいない。 片付け本の入門書でもあり総括本でもある印象を受けたので、もしかしたら男性をターゲットにしての装丁なのかも?と思ったり。確かに、特に「主婦のための断捨離術!」な感じはなかった。 読みやすいレイアウトや文体だったし、何よりも挿絵がかわいくて「ちょっとだけ片付けがんばろ!」て気持ちになる。要点をまとめただけなのに癒される、いい味だしてるイラストが気に入った。

7か月前

人生の舵は自分で切れ!あなたの10年後は今週の33.6時間で決まる

文体に特徴あり。 「翻訳本かな?」と思うくらい外国かぶれな表現が随所にあり、個人的にはとてもイライラしてしまった。 内容も、テクニックよりは感情面を高めてくのを目的にしている感じなので、意識を変えて自分を奮い立たせたい人にはいいのかも。ちゃんと読めていないけれど。 その辺は読み込みたいとも思ったけれど、とにかく文体が合わず挫折。 ユーモアセンスが合う人もいると思うので、機会があれば読んでみてください。

7か月前

ゆるキャン△ 1巻

失礼ながら、キャラの絵柄だけで大して中身がないんだろうなとか思っていたんですが……すごく良かった!!! なんだろ、すごく不思議な魅力がある。 キャンプなんて意味が分からないわ、とか思ってたのに、開始早々から「ソロキャンプいいな!やりたい!!」と衝動が湧いた。 散歩しながら写真を撮っている時や、撮った写真を見返している時のコマ割りが、実際の間のとり方と同じようなテンポを感じられて驚いた。 世の中にはまだまだたくさん魅力的なものがあるんですね。 2巻以降も読んでいきたい。

8か月前

C0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe5740942177 3527 472c 9cc2 5ba504cb1949Dd187198 2c08 488b a140 2adfacafea8e06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb67Adeb1df0 b864 410b a068 e689b8b332a25edcef8a 32ff 4c50 a602 92d767c8221e71dbc460 3961 49ff 9cd5 df04b18836e1 25
遅読家のための読書術―――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣

「本が好きでたくさん読みたいのに読めない…」 そんなジレンマを解消してくれる本。予想以上に良かった。 いわゆる「速読法」ではなく、どういう気持ちだから遅読なのか?どうして速読テクニック(飛ばし読み等)に抵抗があるのか、どんな風に捉えれば抵抗感をなくせるのかを、遅読家に寄り添った立場で書いてくれている。 「読書に対する真面目な人ほど遅読になる」とか、「音楽を聴くように読書すればいい」とかは、個人的にとても響いた。 これからは、ラジオから流れる音楽の中から自分の心に引っかかる1曲との出会いを楽しむような気軽さで読書も楽しんでいきたい。

8か月前

1aedee78 7991 4923 95bf ecf992e5f8f8B6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff2Icon user placeholderIcon user placeholderE5c15d86 fa5a 4766 a6aa bf26459b9822D5e33eaa bd58 4145 878f e6d6e1f4df50290cba6b 24be 4792 a712 3880889e6826 37
しんどい母から逃げる!!: いったん親のせいにしてみたら案外うまくいった

毒親から自分を切り離す最後のひと押しが欲しくて読んだ。 絡まりつく呪縛から逃げ切り、自分の足で幸せに生きていけるように踏ん張りたい。 『もし、成功が100%保証されているとしたら、自分の人生の中で何を完成、または達成したいですか?』

8か月前

Icon user placeholderE8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c
ハチミツとクローバー「やさしい風」

なつかしい…!! 思わず購入してしまった。なつかしいなぁ…。

8か月前

《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!

食わず嫌いせず電子書籍に手を出してみよう!と始めたはいいが、なんとなくしっくりこない不便さも出始めて…。 そんな時に読んだこの本。初心者が躓く最初の一歩を丁寧に解説してくれていて良かった。 紙書籍とはまた違った電子書籍の魅力をうまく提示してくれており、今後が楽しみになった。 後半はブログ運営者やネット情報を駆使したい人には有効だろう。 前半の書籍検索関連のサイト情報などは個人的にとてもありがたかった。

8か月前

B4e65ad3 1256 4f31 a619 e6bedea13a8eE3ae05e5 2f15 41d7 87c0 1a2179d2a8797b56da43 53e4 4dc4 8453 a83ea5833c0fIcon user placeholderIcon user placeholder699fafbc 8f1c 4fe0 9ba5 b924679d1b132263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9 81
かみさまは小学5年生

好き嫌いが分かれそう。スピリチュアル系哲学本、といった感想でお茶を濁したい。 いろんな価値観があっていいと思うよ。

8か月前

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be96d773cfc 5ade 45c2 a270 0e6cf53ed4ba58d810ce a869 48d8 a2f5 c91eed7d56edIcon user placeholderDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1Ee26de0a b8a9 4bf0 9472 faba43c091b5Icon user placeholder 13