3bad9755 7e84 44cb 91b0 fa8c244c8ad8

小躍り太郎

好きな作家さん

好きな作家さん。 平山夢明 道尾優介 貴志祐介 羽田圭介 堅苦しい物語も好きですが、肩の力を抜いて読めるエンタメ小説の方が好みです。

11

コメントした本

火狩りの王〈一〉 春ノ火

表紙に惹かれた民族の一人。 第1巻では、主に主人公の一人である灯子に、スポットを当てて物語りが進んで行く。 とある理由で一人、首都に向かうこととなった灯子のスローな冒険物語を鑑賞するのかと思っていた矢先、物語が急展開を迎える為、半分より先は一気読みした。 後半が特にピリついた緊張感が漂っているので、飽きのこない作品。2巻が待ち遠しい。

9か月前

95976b40 7b76 47f2 b038 660b74ca956fCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d29218415fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4429fc2ed 79ad 4fd3 a89c b2d5fb89b2d4Icon user placeholder5057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5 8
王妃の帰還

上位グループに所属していた滝沢さんの衝撃的な発言から物語がスタートする。 校内におけるクラス内の、スクールカースを描いている作品であるが、その内容はギトギトと濃厚なスープのように、思わず本を中断してしまう程の血生臭い話ではない。 登場人物一人一人のキャラが立っており、悪い奴もどこか憎めず、故に話の途中、シリアスな展開のはずなのに、胃がキリキリせず安心してページをめくることができる、絶えず暖かい作品。 素晴らしい。青春だぁあああ。 百合が好きな人には勧めたい。

9か月前

08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7372cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c48Aca050c9 4ce7 4459 b437 2c1f0de35700Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794846dd3e7 3c54 4b20 8285 314bc410f7d23c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9c 22
ロスト・ケア

きたる超高齢化社会に向けて、一度読んでおいて損はないはず。 もしも親が認知症になって手が付けられなくなったら、親の死を望む人は一体どれほどいるんだろうか。

9か月前

E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efd840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c29e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec4435B44fe3cf 0581 4568 9cc3 7fd84a5f8243 11
人はなぜ突然怒りだすのか?

この本を読み終わり、幸か不幸か運転中ウインカーも点けずに、無茶な割り込みをしてきたタクシーがいた為、ブリージングをしてみましたが、僕の怒りは抑える事ができませんでした。 どうやらブリージングには、向き不向きがあるようです。

9か月前

モンスターマザー: ―長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い―

読み始めてから以前読んだ本だと気付いたが再読。 とある高校のバレー部に所属していた生徒が、ある日突然、自宅で短ら命を絶ってしまう。 自殺した生徒の母親は、原因は校内のいじめにあるとして、県、校長、自殺に追いやったとされる生徒を相手取り民事裁判を起こす。 メディアを通じて世間から、バッシングを浴びせられた学校や校長達だったが、それに屈しる事なく真っ向から戦う姿勢を示した。 なぜなら当事者だけが知る真実があったからだ。 内容が濃い。これを読むといかにメディアの報道が、触りだけの部分しか報じていないのかよくわかる。 そして、私のようなアホウが、そのメディアを通じて、簡単に物事を、信じ込んでしまっている事が判明し猛省したくなる作品です。 「でっちあげ」より胸糞度合いは軽いかと思います。

9か月前

Cc6fcec3 d1dd 4fb7 97dc 155aaca949c138c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c2E4f48709 401d 4265 b418 6514a8bf85cfIcon user placeholder63b94531 2ee4 4bf3 a4aa ca905bfc3026Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184C7540407 f1b1 4d80 9296 6420952a4a50 21
リプレイ

タイムリープを何度も何度も繰り返す、時空を超えたラブストーリー作品だと感じた。良き作品でございました。

9か月前

406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Cfc41e5f 6285 4feb a48f 1c243619c835C0d39821 ba4e 4cc3 8d5e 580329cfb296Icon user placeholderCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921847c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a4690c965 4aa0 4b8a b474 461c611a3e59 11
老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体

ここに書かれている内容が本当なら、これから先も詐欺は悪化の一途をたどっていくだろうな。 金欲しさの為だけに老人を鴨にしてる訳でなく、ある思想を持ち裕福な高齢者を狙う。読んでいて共感できてしまう部分があるのは、ワテがゆとり出生者だからだろうね。

9か月前

夜市

二つの物語からなるファンタジー性の強い作品。 ホラー小説の面白い所は怖さよりも、設定のぶっ飛び具合なのだが、こちらの作品はいい意味でタガがあまり外れていない為、ホラー小説に触れたことが人には取っ付き易くオススメ。 特にタイトルにもなっている「夜市」は読んでいて色々な想像を掻き立てられ、ワクワクする作品である。

9か月前

22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c57978346aa3e4b 52cb 4f5b b553 3df02fb08e4754fcbd3d ffaa 4d06 a116 e1e4671da42722461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1A12aa876 bede 4f3d a001 9acab97c717898ece5cc c795 48ca b5da 2e815eb9f8bb4cf74f4b 23b2 411b 8261 3892245fd040 76