7906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66f

dhu,

自己完結メモ用アカウント

自己完結メモ用アカウント

31

コメントした本

対岸の彼女

角田光代はとにかく日常の人の心の機微を描くのが上手だと思う。 高校のクラスの雰囲気、はみ出し者にならないよう人の顔色を伺い続ける心理、周りに何を言われるのも「怖くない」ナナコ、それを理解できない当時の葵、今の葵と小夜子。 公園デビューに躓く事と同年代の女性が身につけるブラウスの相場を知らないことと働いていないこと、全てが繋がっているのではないか、と錯覚してしまう心理状態とか、働き始めて変わっていく小夜子と家庭の様子とか、人のちょっとした認識のずれやその時の精神状態が物語に自然に織り込まれているのが生々しくて、少し怖さすら感じる。 葵がナナコに惹かれたのも、小夜子が葵に惹かれたのも、全部必然だと感じる。 中高の雁字搦めな人間関係に翻弄されていた当時の自分が読んでいたら、なにか気づくことがあっただろうか。 それとも高校時代の葵と同じく、ナナコは強がっているだけだとしか思えなかっただろうか。 あんなに親しかった葵とナナコはもう連絡を取り合うことがない。仲が深まっていた小夜子と葵もほんの些細なきっかけで決裂してしまう。 しかし、小夜子は再び葵のもとを訪れ、散らかった葵の部屋を「1日で片付ける」 また二人で新しく関係を深めていく。 人に必要以上に深入りしないという暗黙のマナーが浸透しつつある現代人にとって、小夜子と葵の関係の変遷の中に、他人との繋がり方、関係の深め方に関するヒントがあるのではないかと思った。

約1か月前

F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a07b56da43 53e4 4dc4 8453 a83ea5833c0fC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e03733d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902Icon user placeholder1c564295 04d4 4f4b 8c1a 9245897d05cb 33