Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e

Aki Hoshino

本と本屋がすき。

本と本屋がすき。

95

コメントした本

今日の人生

装丁に惹かれて購入。 とても好きな1冊。 いちにちの最後に布団の中で少しずつ読んだ。 なんでもないようは毎日が愛おしくなる、 くすっとしたり、ぎゅっとしたり。

4か月前

3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a849f62fb6 1004 49be a998 fce7afd0ba4456c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16fA73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6aA5a18b35 d84a 44c5 9036 c50bea8c1ec2051d2afc 7688 40bb b6b7 17662c969bf449c19535 7102 42fc 8279 e40d1455c97d 42
かわいい夫

「たまたま隣にいた人」を愛するということ

約2年前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f986900262ceb e827 42de bd86 ac14d320258589e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e32c5d8c6 3afc 4495 a930 f1f622a959d07cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa503e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200Ec071fbc 2c2f 4f05 8681 4f8f96e6ce3f 8
愛のでたらめ

土岐さんの新譜、Bittersweet の世界観がより深く味わえるエッセイ。等身大なことばが、側にいてくれる女ともだちのよう。

約2年前

135a253c 1b7b 4c5e b58f f40d8d237dea2f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fcFbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40419f4122 aecc 416e afb8 df42b9ec7025
永い言い訳

愛するべき日々に愛することを怠った代償は小さくない... 自己愛が強い主人公の醜く情けない姿が滑稽。 残された者の、続いていく生活 胸にしみた。 映像化が楽しみ。

約2年前

71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e95F38b0ab2 225b 497b 929b b01c0ba4658c22b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e743e3babf 4372 4c59 9309 be61c434b9058cca28e7 3536 41a1 a9f0 8621131a7ae629c0e168 065d 4336 9132 f09c098524835bd7e9de 9f8f 447a 8879 47ecae8ab483 53
キネマの神様

素晴らしい映画を見終わったあとみたいな読後感で胸がいっぱいになった。物語の面白さに一気に引き込まれた。好きなものがひとつでもあれば、人は変われるし救われる。映画館に行きたくてたまらなくなる小説。 片桐はいりの解説も素敵。

約2年前

E4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ff0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Icon user placeholder81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57E6e46408 7d9f 4c98 a3bd 456d3e7432217ccfbf73 3075 42a1 ac99 54ddf1f2c1f3C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46 63
ニシノユキヒコの恋と冒険

だめだけど愛しくて どうしようもなく惹かれてしまう、ニシノユキヒコ

約2年前

2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb44989564ccc 1bac 4f9c 9bb3 b68d70b8f3378b0d7518 e7ce 4f48 80a5 fdf0ada87125E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f4190991cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffb4e9c1ac2 6ca3 447b b6ac 5b593c721fd2 22
体は全部知っている

みどりのゆび がとてもすき。 祖母を思い出して泣いた。 実家の庭にはアロエがあった。

約2年前

53c4b7f7 e11f 4901 803d 14d7c9ca6ee99bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1Ec5bc46e 63a2 487d a975 aa75c5709634B0948682 fb76 460b ab9a 2d813f086c1eFbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de589e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e96f8b193 cf0b 4f1c 8707 19a24eee0e7c 9
スキスキ帖 (LIFE WORKS (3))

「好き」なモノコトにまつわるエッセイ

約2年前

りぼんにお願い

装丁とタイトルがまずかわいい。ちょっと大人な女子にまつわるあれこれ。

約2年前

E1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c8C1f74dc2 819d 4147 9338 a515b17724d335b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438182d3e6d a64a 4126 8f16 670bbdfab2d8265efb61 0af4 43e3 8a24 453b53c824a0
すいかの匂い

夏が来るたびに読み返している。

1年前

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d8913270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c7C9fd7e93 a96f 40f7 a00a 1d312bccfdcf55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120Eaea3cc8 6be0 41c4 b5e5 333dbf283026588ed0dc 8213 48f1 a46d 92effcd9c34b15c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa 34
人生の旅をゆく

あっちの世界にもっていけるのは思い出だけだ。

約2年前

白いしるし

西さんの、どろっとした恋愛小説。わたしはとても好きだった。 狂っているけれど、こんなふうに人を好きになれたらたぶんしあわせ。

約2年前

D044f0df 7be3 45c2 8dc5 8d30ac19223dC17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88Efb31295 6ffe 4bd4 adab b364bbfddc65693f3def c09b 44c5 a99c cc17f46010040287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e476dabfade b5db 41b4 a124 d72edf67791bDf88329d b440 48ee bab5 f06b12c792f2 75
漁港の肉子ちゃん

肉子ちゃん、大好き 笑って泣けてあったかくなれる物語

約2年前

37495ab9 42fb 4265 b08d 88f5a175ffc05efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5eIcon user placeholder89f691a9 f020 41fa b05f 5e39ad0486e8588ed0dc 8213 48f1 a46d 92effcd9c34bA525e0a3 247f 44f6 833e fc53728d75b6 82
わたしのヒント

できることからはじめてみよう。あたらしい自分に出会えるような、変われるような、少しわくわくした気持ちになれた。 ライトな文章に、こころがすっと軽くなる。

約2年前

927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb0771889e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
冬の本

すてきな装丁 シンプルなタイトル 冬、あったかい部屋でブランケットにくるまって読みたい。

約2年前

A1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c72806f96 416c 40fa 844c f9564f6f232679db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bdCf2f2b28 0681 4f12 9f2c 6af3bf71ffa6
高山ふとんシネマ

このあやふやな世界を生きていくのだ。 大好きな人の声を、忘れたくない風景を、何度も脳に刻み、体にしみこませる。 帯文にぎゅっとつかまれた。 布団の中で、寝る前に少しずつ読んだ。

約2年前

2c560129 4d0f 4da4 b558 b8afbd95b06256c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16f2259069b 4fbf 42fe 813f 27d68bd466bdBcef4f07 681e 45ad b000 bac28e968508
流しのしたの骨

家族にしかわからない感覚や風景。ふしぎなルール。 秋から冬の日々の移り変わり。 江國香織の描く家族、きょうだいの描写がとても好きだ。 雨の日の「すーん」とした感じ。

約2年前

16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c353e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a2e88ff33 2d12 4360 a417 0dd541bfd8c9C4ff79b6 1ba6 4300 b21f 34f3ee68baa1Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae0018a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4C7a7291f ee4b 4dc7 ae5c fa99dc408c99 17