88a97642 6673 44f3 a95f e9b55f8732ab

hato

しがない人

しがない人

39

コメントした本

向日葵の咲かない夏

楽しかった夢が突然、悪夢に変わってしまったかのような後味の悪さ。 前半は、夏休みのちょっと変わった冒険譚的な雰囲気だったのに…。 まあでも冒頭からして不吉な感じが漂ってるから、ある意味一貫してるのかも。 最終的には大団円におさまり、(気の持ちようによっては)めでたし、めでたしでした。

約3年前

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacDc7a65b6 97a3 4c2e 9d67 20198ce32f0dB36d6d06 dc3b 4e44 8ca4 73b8eb6c2c4bDf7fbc7d c640 4ce1 8995 b931c0eaf2aaIcon user placeholderIcon user placeholderB2671df0 f03e 4bdf 96a9 8e76ae8458f5 151
檸檬

レモンみたいに瑞々しくて、絵の具で色をつけたみたいに鮮やかで、匂いもすっきりとした爆弾があったら、きっと黴臭い書店も、気が滅入る病気のことも全部吹き飛ばしてくれるだろう。 そんな妄想じみたことを1人考えてほくそ笑む気持ち、分かる気がする。試しにレモンを買ってうちの本棚に置いてみようかな。 どの短編も美しくて、この若い作家の技量にただただ驚く。病のため寡作だったけれど、梶原基次郎が長生きしていたら、そしてもし長編を書いていたら、どんな話になったんだろうな。

約3年前

Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fIcon user placeholderIcon user placeholderEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a098007b5d5 322d 45a4 8d99 456f7fe38a66Icon user placeholderD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c 73
24人のビリー・ミリガン〈上〉

24もの人格を持つ多重人格者の実録。ノンフィクションではあるけれど、物語調にまとめられている。 たった1人の人間の中に、これだけ個性豊かな人格が生まれるものなのだろうか?一つ一つの人格は、感情を交えず冷静に判断する、危ない環境下で身を守る、痛みを引き受ける等それぞれの役割を持っている。 彼らの知識や能力を総合すると、とても人間業とは思えない程の多才ぶりである。(住んだことのない語圏の訛り、縄抜け、アドレナリンを制御して物凄い馬鹿力を出す…etc) 幼児環境は不遇だけれど、これだけ多様な人格を作り出したビリーは、ある意味天才ともいえるかもしれない。

約3年前

智恵子抄

人に、あどけない話、樹下の二人、レモン哀歌など、高村光太郎の妻・智恵子に関する詩を集めた詩集。 画家であった智恵子が病の末、に辿り着いた美しい切抜絵の作品も幾つか載っている。 温かい恋愛の詩もいいけれど、九十九里浜で詠まれた二つの詩が特に好き。 砂浜で鳥と遊んでいる、「人間商売」をやめた智恵子と、それを遠くから見つめる光太郎の図が余りにも寂しげで、一抹の羨望もそこにあるような光景が浮かんでくる。

約3年前

0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4C81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9a4798581c a703 4097 b3a0 2250982a7b056af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fdCf9bfd53 e4c1 4b69 989d 33c1efb6ce4a
ロボットの時代 アシモフのロボット傑作集

アシモフのロボットものの中で、「われはロボット」に入らなかった作品を集めた短編集。こちらは各短編の冒頭に、アシモフ自身がそれを執筆した経緯をちらりと載せている。 アシモフの書いたロボットものの短編は、正味2冊分しかなく、意外と少ないが粒揃い。もっと書いて欲しかった。 でもロボット三原則という題材は、後の作家たちにも受け継がれているので、これを作っただけでも凄いというべきかもしれない。

約3年前

蠅の王

バッドエンド版「15少年漂流記」。無人島に流れ着いた少年たちのサバイバル生活…かわいらしい単純な冒険活劇では決してない。 過酷な環境の中で、少年たちは絆を深めるどころか、どんどん野蛮になっていき、遂には…。

約3年前

F351b8d2 4660 41a3 802a 2268a4163c4b1f00d153 09b9 4aef ae95 b3ca6aaf28b5559f5daf dea3 4082 bea9 64a5e555effaIcon user placeholderF323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd78aa4b2c 0be9 499a 9997 94346995454c10426e83 676e 432f aa1a 25cedddec2e5 17
サキ傑作集

奇妙な味、叙述トリック、皮肉の効いたブラックな短編集。 ポーとか好きな方におすすめ。悪夢みたいな表紙にまず惹かれる。

約3年前

13歳のハローワーク

今でもたまに読んだりして、様々な職業を選んだ私を想像してる。 自分のやってる仕事以外って、いまいち中身が分からないけど、これ読んでみると何となく分かった気になる。どの仕事もそれなりに楽しそうだ。

約3年前

F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cD567fe11 67ed 4475 b141 8690d26d4c87
妖精のそだてかた

妖精の育て方ガイドブックです。物語ではありません。 羽の構造とか、巣の作り方とか、トイレとか…リアルです。

約3年前

異邦人

このムルソーという主人公に比べたら、世の人はどんなに沢山の嘘を吐いて生きていることだろう。 言葉はいつも矛盾や嘘を孕んでいるし、そもそも人間の思考は不可解で当人すらその全てを理解しているとは言い難い。 その時の状況や感情を、後で他人に理解しやすいよう説明するとなると、必ずそこには合理化のための嘘や誇張が混じってしまう。特に裁判という場では、誰もが護身のために当たり前に嘘を吐いている。 それが自然であるあまり、自分自身に嘘を吐いていることすら気付けない人間だっている。だから逆に、これほどまでに正直な人間のことを、言葉だけで理解するのは難しくなってしまう。 ムルソーには、隣人に対する哀れみや、友人の厄介ごとに付き合う優しさや、恋人を想う気持ちだってある。それでも、彼は正直過ぎて曖昧な言葉を一切使うことができないため、恋人にも愛していると言うことすらできないのだ。だから神様という一番曖昧なくせに権威のある単語を肯定することもできるはずがない。 この性格が災いし、その上母親の葬式での出来事を悪い方向に受け取られ、大きな誤解を受けたまま、この男は死刑になる。 そして、死刑すらもムルソーは当然の事として受け入れてしまう。その姿勢はある意味、殉教者に近く、それが神という存在を拒絶した人間であるというのが何とも皮肉だ。 多くの人に誤解されているが、この小説が不条理と言われるのは「太陽が眩しくて人を殺した」からではない。そこを勘違いしている人はきちんと読み直した方がいいと思う。

約3年前

Akiaivjyeuyp25rambwaIcon user placeholderD5d2be79 d41c 4204 b8b1 9fec9189847fDae3efb3 9757 405d af65 5c0ce498b404C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2717f318b 4608 4a3e 974e 91a10295939dA3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06 66
レキシントンの幽霊

村上春樹の短編集の中でも評価の高い一冊。面白かったです。 突然訳も分からず襲ってくる恐怖や不幸に見舞われた7人の短編が連ねられている。 執筆時期はそれぞれ異なり、中には5年も間が空いた物もあるが、この一連の作品には何かの共通点があるように思う。それこそがこの作者の持つ作風というものなのかもしれない。 一つ一つは全く別の物語であり、現実らしい話もあれば、幻想的な話もある。しかし、これらは根底では何か一貫したテーマを湛えている。洞窟の下の、暗く深いところにある冷やかな湖のように。彼らはその入り口に立ち、ある者は仄暗い水の気配を感じて身震いし、またある者は二度と戻れない所まで引き摺り込まれてしまったのだろう。 それは全くの偶然ではなく何かしらの必然性があって突如として襲い来るのだけれど、その法則は誰にも分からず、ただ尤もらしい説明をつけようと試みるばかりである。そんな構成にカオス理論めいたものを感じる。

約3年前

3fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e284bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7Icon user placeholder2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fPictureF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1135e646217 79f2 4fe9 8943 510a6eabf4f6 21
智恵子 その愛と美

高村智恵子の作った紙絵や、言葉などが載っている大型の本。

約3年前

高村光太郎・智恵子―変わらぬ愛をつらぬいたふたつの魂

マンガで分かる高村光太郎・智恵子夫婦のおはなし。夫婦になっても、智恵子さんが病気になり、亡くなっても、高村光太郎は一途で純粋な美しい詩を書いている。 こんなに1人の人を愛せるのなら、恋愛っていいものだなと思った。

約3年前

われはロボット アシモフのロボット傑作集

かの有名なロボット三原則を創作したアシモフの短編集。 限られたルールを忠実に守り、壊れたり珍しい行動を取ったロボットたちの話をロボ心理学者・キャルビン博士が語る。 どの短編も面白いけど、ドノヴァンとパウエルの出てくる話がもっともっと読みたかったな。 映画版とは全然違う話なのでそこは注意。もっと面白いです。

約3年前

7fdcb7f6 8b37 46c9 9ed2 6c52d6f765d65deb22d3 f339 441b 9ed7 fcf0d0a1943fBae159ae 23a1 4b82 bfcd f236ec4f97aa
ハーディ短編集

サキの短編集が面白かったらこちらも。ブラックなオチがついていて面白い。

約3年前

無関係な死・時の崖

安部公房の小説ってどうしてこんなに荒涼としているんだろう。この短編集も例に漏れず、子どもも大人も擦れっ枯らし。 昔はみんな貧乏だったし、戦争があったからなのかな? 原風景に、満州の砂漠があるからか。

約3年前

D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c1206b89e 3ffe 4f11 9473 6d7fc3fcda762c144179 394e 42df a05f 5d380807297cIcon user placeholder787f298d bedb 4a76 9827 1df78457715f1709b8d6 f254 4c0e 8ab5 33c4ad72d2caFb5c2ce3 4f84 45b0 ab32 3504621bb103 10
砂の女

砂で今にも埋まりそうな村に閉じ込められてしまった男。 外部の目の届かないど田舎の村って、今でもこんな因習が残ってそうな、都市伝説的な怖さがある。 あり得ないような状況なのに、読んでいる内にぐいぐい物語に惹き込まれる。とにかく面白い。

約3年前

5f5627c5 2f64 457a b5b3 80642bd16a7902bc427b e16a 4e9f 9d83 03afe23c1733Ac667a42 bd40 4b04 a08e cab0eb1c4536Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0 106
倚りかからず

茨木のり子詩集。戦争を経験した強さや、瑞々しさに心を打たれる。 清く正しく美しい、大和撫子のようなひと。

約3年前

Icon user placeholderA1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241C42b6c13 357a 4df7 8168 77c3a8dacecaDd0fb0df b036 4c15 b0e7 05aa684912a6Ba324b96 b5c2 4e42 81fe fe1ad1a8db451112b92e e593 4fc6 859d 07a46e3da2d5 8