5201fae1 0a80 44ae 8636 ca6f24bcf2fc

at

ライトな読書好き

ライトな読書好き

30

コメントした本

広告のやりかたで就活をやってみた。改訂版

広告の考え方の勉強にもなりました。 自己分析は生まれた日から今日までを。

約1か月前

アイデアのつくり方

この“アイデアのつくり方”を今日からの私が実践できた先には、どんなに開けた未来が待っているだろうか。 楽しみで仕方ない。 「一生あなたを掴んで離さない本。」とはあまりにこの本にふさわしいコピーだと思った。

3か月前

E96be402 f5d2 4380 85c1 ffca9f55aaed709fa78e a334 464f a9e5 c62e86c948a1Ba27d6df cb5f 4dbe 8163 86b863c689ad5681e11b 594b 45b9 903a f89e7063e251C7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4dBde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3028d77ed a285 4e4c bec1 758e36993306 80
いつか別れる。でもそれは今日ではない

満たされている人にこの本は必要ないと思う。 私はもう数えきれない程この本を読んだ。 転機が訪れるたび手に取らずにはいられない。 表現があまりに見事で、少し悔しさもあります。

3か月前

1a4c1bc7 8cd7 4307 9c16 9a1ae3aa93181c6ac9b1 37e0 4fdc 963d 5ddfe001cd537078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f8789280d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a6db3f0a2 636e 4594 91af d342928bb009B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016 249
愛がなんだ

本当に好きな人の前で余裕でいられる人なんているのかな。 どうしても手に入れたくって必死になって、見苦しい主人公は、少し行き過ぎだけどこの世のほとんどの女性の姿かも知れないと思いました。 最後の主人公の覚悟にぞくっとした。

3か月前

D0f521ac 12d4 4450 8e16 66e7d7ec257bIcon user placeholderBe90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecA8bf77b4 e9e9 4cc2 8c21 f3b88c27a17a81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8F143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112 50
毎日読みたい365日の広告コピー

あの日の自分の心を動かした言葉がたくさん。 誰のコピーとまで記載されているのがポイント高いです。 今はピンとこない言葉もこの先輝いて見える日が来ると思う。そういう意味で、たまに読み返すためにいつまでも手元に置いておきたい。

2か月前

86cc25ac e8ed 4b3e b79f c9ec08b48fd4Icon user placeholder20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5208c0a26f9 ffe0 4002 a287 b1af8d4626f25fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cbB6726f9a f4ff 42cd ac37 63324f4bdff233c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737 32
本日は、お日柄もよく

いつの日か来る親友の結婚式でのスピーチを予約されているので、価値ある内容でした。 スピーチの極意に始まり、スピーチライターの資質。 話すとは。 言葉とは。 考えさせられる一冊です。 恋愛要素はちょっとありきたりかな。

3か月前

C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7B2f1e469 610b 42a1 80fe 29b7bd539af5Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bA608b42a 6fe7 4e29 a2be fc86a1196bbc38406557 9ead 4de9 a7c3 b00a567d9e1381ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c89bd23011 edff 4ad8 9cc4 3b0a522a7134 274
試着室で思い出したら本気の恋だと思う

綺麗すぎる恋愛小説かな。とも ルミネのコピーの中でもあまりに有名なものをそれぞれタイトルに、5人の主人公の恋が爽やかに美しく描かれていました。 表現の妙はさすがコピーライターの尾形真理子さんだと思いました。

3か月前

3058f196 1a6b 4b91 83f0 91e21a70f4901a4c1bc7 8cd7 4307 9c16 9a1ae3aa9318Icon user placeholder95b127a5 f73f 416f 91f6 5dc7de8140ed35833aa7 5663 4915 bce2 7b7cc878bee1660b211e e3f1 4ac9 b2cc 87f8f888c2fbIcon user placeholder 207