6ff03753 6671 4827 90eb 1c2c21195639

chiii

2019/5月から、Twitter・St…

2019/5月から、Twitter・Stand開始。私が出会った物語が、これからあなたと出会ったら私はとても嬉しい。物語に感謝を込めて***

9

コメントした本

毎日、ふたり暮らし

『毎日、ふたり暮らし。ではなくても、自分の求める生活スタイルを考えるきっかけになる一冊』 インスタグラムで夫婦の暮らしをアップしているShioriさんの暮らしを丁寧に一冊の本にまとめています。Shioriさん夫婦はすごくマメで丁寧に家事をされていて、家事が苦手な人には一見手間のかかるようにも見えるかもしれません。 Shioriさんは、これまで一つ一つの家事を丁寧に行い、自分の家事をしたときに感じた感情を見つめることで、 ・自分はどんな生活がしたいのか。 ・何の家事が嫌いか。 ・パートナーにどんな家事をしてほしいのか(そもそも2人の生活なので女性が率先して家事をしなくてもいいんですけどね)。 そういった自分自身の感情を少しすつ理解した結果、Shioriさんの本当に欲しい生活を手に入れたんだなと本書を読むとよく理解できます。もちろん、パートナーと理解し合いながらですよ。 本書ではShioriさんが行き着いた生活の知恵を本当に細かく紹介してくれるので、それらを参考にするのも良いんですが、何より私は自分ってどういう生活スタイルを過ごしたいのかな。ふとした嫌!とか面倒!って感情を普段見過ごしてないかな。ってことを考えるきっかけになりました。私はそこまで家事が嫌いではないけど、おそらく家事嫌いの人はみんなそういう自分の感情と向き合うことが抜けてる、もしくは苦手なんじゃないかな?とも。 ベースはふたり暮らしですが、ひとり暮らしでも、家族暮らしでも生活を見直せる一冊です!どうか「こんなの私にはできない!」という感情は隣に置いといて読んでみて! *2019.9読み終え*

3か月前

D4f02b1f 8855 48f1 a3f2 c12ad08c9a07Icon user placeholder0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c7e61dda9 ed4b 4b55 83a6 3bea23683c3fA1f84e46 dabe 4a32 935e 9409d85909be
文芸オタクの私が教える バズる文章教室

*この本は、あなたの恋もバズらせるのかも* バズるって、ある日自分がSNS上に投稿したスゴい情報にみんな目がキラーん!となって爆発的に広まり、瞬く間にフォロワーが増えたってことじゃないですか?それって、ある日学校にスゴいイケメン転校生がやってきて、みんな出会った瞬間とりこになって(漫画ではそういうシーン、女子みんな目がキラーん!ってなってるでしょ?)、次の日の朝には転校生の下駄箱にラブレターでいっぱいになってる、みたいなイメージがあったんです。大きな武器を持った人にだけに起こるような現象というか。けど、この本に書かれてることは、数々の名作を書かれた先生たちはそんなやり方はしてないよ、読み手に気づかれないように魔法にかけているよ。そしてこの本はなんとその魔法、教えましょう!という感じ。いきなりラブレターで下駄箱がいっぱいになるようなタイプじゃないけど、卒業式に学ランのボタン全部もぎり取られたぜ!その理由はこれだ!!みたいな。 結局のところ、やっぱりというか、すごく人を楽しませてくれる人をみんな好きなんだよってことを教えてくれる本だと思いました。その為にも魔法を使わなくちゃねって。実際この本を書いた三宅香帆さんは本に書かれた魔法を使ってバズっています。そしてこの魔法はインターネット上だけではなく、学校や会社、恋愛結婚でもバズると私は思います。 ・・・という風にただ文章の腕を磨こう!という視点だけでなく、人間関係にも視点をあてて読めばなおのこと面白い!、と言いたいだけなのにやたら長く書いてしまった!という私の感想でした(私もバズりたい、、、) *2019/6読み終え*

4か月前

9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa0d3ceefa 52e0 4862 b03e 10de6f97da9004ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca6fe0d20d abce 4d18 aacb 43fe68e7e61520f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Icon user placeholderA1f84e46 dabe 4a32 935e 9409d85909be 13
IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅

『やはり人生というものは、些細なことに左右され、何の変哲もない場所が、時として感動的な冒険の出発点ともなりうるということだ。』 サドゥー(苦行を積む行者という意味だが、彼の場合人を騙してばかりのマジシャンだった)のインド人の主人公アジャタシャトルー・ラヴァッシュ・パデル(絶対名前覚えられないよね)がIKEAのベッドを騙し盗む為にフランスにやってきた。が、まさかまさか、彼自身がマジックをかけられたかのような旅と冒険(しかし危機と恐怖ばかり訪れるマジックだけどね)をすることになる… とにかく主人公もついてけないくらい早い展開で話が進む物語。時として自分が意図していない経験(まるでいつのまにかジェットコースターに乗り込んでいたかのような)をしても、バカになって楽しみ抜け…!(主人公はただおバカだっただけかも…)と、人生には片道切符しかないのだから(この本の作者が作家になった理由のひとつ)と作者が言っている気がします。確かに映画化するなぁと納得のストーリーです。(ということで2019/6/7公開の映画も観なくちゃネ!) 2019/5読み終え*

6か月前

2feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea2495923a1be093 1d7d 4e6b 8010 9b9691e1d3b149dfdfa3 8161 47bc ad0b 34d7ed8964eeFbb0a157 2af9 4de1 a811 774196cf2bfaDdac820b dea9 4055 ab0a 5d8523dcf2539b035dd9 e7c0 4199 bb5e fd61f36aae4bIcon user placeholder 31
これは花子による花子の為の花物語

『物語を諦めないで』。この言葉が出てきたとき、主人公花子は人生の物語のカギを手に入れたように感じた。 花子は高校時代のトラウマによって引きこもりになってしまった。「時」を止めてしまいたかったんだろう。ある日ゲームアプリでレンという見ず知らずの男の子とメッセージのやりとりをするようになり、しだいに恋をする。 「時」を止めた現実世界と、スマホの中では「時」が動き生きた心地を感じるジレンマをどう乗り越えるか。現実世界の「時」も花子は動かすことができるか、どう動かすのかー思ってもみなかった展開で描かれています。 私も花子のように「時」を止めたいと思ったことがあります。そういう時は3日ぐらい寝たらケロっと忘れるのだけど、きっとそれは乗り越えたんじゃなくてやり過ごしただけ、のことが多かったんだと思う。きっと心の中にしこりのように残っている。花子は繊細でまっすぐにしか受け止められないけど、受け流せる程大人になってしまったので。けど、この小説が私のことも人生の『物語を諦めないで』と少し背中を押してくれたんじゃないかな。心と脳裏に焼き付いた感覚があります。 京都を舞台に描かれているので、京都が好きな人はより情景が思い浮かびながらストーリーを楽しめます* 2019/4読み終え

7か月前

642078a6 65a0 480a 8273 e3640f63cedc68c6225a 9e79 41b5 a470 020dd32fb9ea00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Icon user placeholderD5f29d4b 22fd 4ed4 b64d 631bfe60b2fc687209d1 a652 4449 946e 049464bfe939F6ce8cbd 7ea3 4a38 a61d e21fefccd250 10
政と源

『本を読むのが苦手な人が読書を始める一冊目にピッタリな物語。』 本を読むのも国語も超ニガテだった私が言うんだから間違いないです。理由は一章完結型で次の章へ物語が連動していくところ。登場人物・出てくる場所がとても少ないところ。とてもわかりやすい文章で、かつ、情景や、人の動作の表現がとてもキレイで読むだけで心地よくなるところ…などですかね。けど、ときたまいい塩梅で少し難しい語彙が出てきて、きっと私が超国語が得意で国語の先生になっていたら、この本を使って授業したいな、と思いました。 ストーリー的には「オレ歳とったな…老後はお父さんみたいになりたくないな…」と思っている人(時に男性)にオススメの一冊。この本を読んで人生に答えが出る訳ではないけれど、頑固に凝り固まった性格だって裏を返せばチャーミングだなって主人公国政を見ていれば思えてきます。そして読んだ人には国政と一緒に70代の小さな青春を一緒に味わってほしい。大冒険に出なかった人生も、味わい方で人生の味は変わるんだなと勇気をもらえます。 *2019/8読み終え*

3か月前

Dac65a9b 3335 4888 acc9 e29fcb3a56a92a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73715fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a 27
100万分の1回のねこ

「100万回生きたねこ」、読んだことありますか?これは、13名の作家さんが絵本「100万回生きたねこ」へ、作者の佐野洋子先生へ、愛を込めて書いた短編小説集です。 ふと、子供の頃国語の先生に愛と憎しみは一直線上にあるとしたら、対極じゃなくて、隣通しなんだと教わったことを思い出した。生と死もそうかもそれない。時間という線があるとしたら、生まれてから対極の死に向かって生きてるような気がしていたけど、私たちの魂は生と死の狭間で揺れ動きながら、時間のループの中をずっと走っている。どこに辿り着くかもわからないのに。まぁ、生まれ変わってまだ8万回目だから、あと92万回生まれ変わったらわかるかなぁ〜。 (ちょっとでも本の感想を書けばネタバレしそうな気がしたので、絵本も含めて読んで行き着いた自分の考えを少し書きました。お気に入りは、角田光代先生の「おかあさんのところにやってきた猫」) 2019/6読み終え**

6か月前

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2Ef387553 c4de 44e5 866e e4ef1ad7153c0b7cc36d 0c40 4f9a b052 cdb36775bafd994e4877 2baa 4443 953d 8efec2a34d2c73c8ae9c 8ef7 422c bfd2 2b60ffb837423097db1a b12b 4f5f 9ef0 21799ca65b21D517a95e e99d 40db 80dc 7a4112adfcb8 16
パリ行ったことないの

多くの女性が夢見るパリ。夢見る場所があることで原動力にもなるし、反対に憂鬱な気分にもさせられる。 この小説はパリを題材に、夢見がちなまま大人になってしまった女性にエールを送った小説だと思う。山内先生のユーモアあふれた、ゆるりとした文章が「肩の力を抜けばいいじゃない」とそっと背中を押してくれている気がする。現実の世界は自分の思い通りにはならないことが多いけれど、夢見る場所に辿り着けるのは一瞬で儚い。きっと、現実と夢の世界を交互に渡り歩くのが素晴らしい人生なのだ。 あとパリについて現実的にイメージできる文章も多かったから、パリはどちらかと言うとプライドの高い、苦手なイメージがあったけど、この物語を読んでちょっと好きになった。 短編小説となっており、一番好きな章は『美術少女』。好きな場面は『大丈夫、猫ってどんな目に遭っても、”これが人生さ(セ・ラ・ヴィ)”って、けろっと流しちゃうから』。 2018/1月読み終え。

7か月前

A7116be6 7b34 4a7c bf52 c4fbf4580de4Aac5e51c 6388 4a55 86c3 e88cf565b4db29fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4fA1f84e46 dabe 4a32 935e 9409d85909be3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcF498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016114835cb c6e3 4077 9458 ccd9afd5fc92 67