642078a6 65a0 480a 8273 e3640f63cedc

もば

そこに本があるから読む、そこに本がある限…

そこに本があるから読む、そこに本がある限り

7

コメントした本

熱帯

お話の蓋をあけてみたらまたさらにお話があり、そのお話の中にもさらにお話があり...という構造の本作。 自分が今物語のどこにいるのかクラクラしながら読む感じがたまらないです。

13日前

52e916bb 84c4 4eda 88d9 f57e9c22e328Icon user placeholderB4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b155726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e77245ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1 194
太陽の塔

またまた今回も森見節炸裂だが、圧倒的恋愛小説。愛さずにはいられない言葉の数々。阿呆で、バカバカしすぎる不毛な妄想男だが、水尾さんが大好きだということがひしひしと伝わってくる。 昭和レトロな文体で、冬の夜にほんのり切なさを感じたいときにぴったり。 きっと読後は体臭が一段と濃くなっていることだろう。

14日前

Cbdd6819 86de 4595 a296 2fc4dae0d38e71e6ec47 210c 4981 b1b4 119aef0baddf0d3ceefa 52e0 4862 b03e 10de6f97da9049448683 e6cb 4bea 841b 0883d9480cf949dfdfa3 8161 47bc ad0b 34d7ed8964eeF23507d4 4c44 4905 bd44 14be90bf1684Icon user placeholder 167
本屋さんのダイアナ

今の時代でもこんなに女性が生きるのは辛いのかと実感。 彩子が堕ちていくところは見るに耐えなかったけど自分も彩子になり得ないなと、酷く共感。 この本を読んだ人生と読まなかった人生では何かしら変わってると思う、

3か月前

Ff4991c6 95e9 4a39 b9a4 0beb88bd54c54dfe4b11 8f00 4b24 9004 851e3a1f15305f1b215f 57b5 4f06 8441 513f1936b6a7Icon user placeholder0cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e408E1bfbf1b d259 4dae 997b 634771e59066Icon user placeholder 61
キャロリング

冬の夜にとても暖かい気持ちになれる小説。 登場人物全員が幸せになれますように。

14日前

9440ca99 c408 41f9 8f6c 6585664366aeF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0A9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd6963e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e537c566c23 5b02 4388 889a 6c8929198ce033c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73791a858c5 c13e 4bbe a83c 7bef9de01713 54
夜は短し歩けよ乙女

至福の読書体験。 昭和レトロでコミカルで地の文ですら 読んでて心地いい。「読書すること」 の楽しさの原点と言った感じ。

約1か月前

1cdc5915 0c44 42b2 bcca 8717650e8eda071e325a 239d 4ac0 add6 e6e56f369c4528d8afcf 375d 49db 9477 c5ec017a6880920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650eIcon user placeholder8ac748ab 38e6 49e2 99aa 825ca3185348Dac65a9b 3335 4888 acc9 e29fcb3a56a9 205