Ec0ee646 174e 4e3e b7a5 879d1e90656f

すずき

コーヒー中毒です。読むのは遅め。

コーヒー中毒です。読むのは遅め。

101

コメントした本

銃とチョコレート

昔読んだのを文庫で購入。若いときに読んだ方が楽しめると思った。

約2年前

2a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614bF1dce16a 9f68 4b87 9b49 05c1f02b337aC7707f8d b10d 4ef4 b127 5cca8de07eb183ed6485 8f58 45b3 b8f4 ce1dd50e5a7129fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4fD23cc226 ad70 4086 9b95 f5afe5d0b8e9B3302881 8e87 48dc 91fb 4e7e555407bf 20
この闇と光

中盤からガラリと変わる。

2年前

88d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254fIcon user placeholderB6fcc5e2 9547 4a79 8894 3c657ac35cbfB3478b69 f23d 4d85 ae28 5ae1cefbffb3C7707f8d b10d 4ef4 b127 5cca8de07eb115fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cEa79a6a6 fa8f 4875 a7ef ad5d4d4ac2f8 42
模倣の殺意

国内最初の叙述トリックらしい。他の叙述トリックものの印象が強かったのであまり驚きはしなかった。

2年前

Cd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf96Icon user placeholderFb5a3f24 217b 4185 a64d 13f2c49541bb406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97464938e3 95b2 43db 9726 682a03942986Icon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 22
儚い羊たちの祝宴

「玉野五十鈴の誉れ」でゾッとした。

2年前

92cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c1225c601b 1e4c 4760 89ea 1233e2b09f2a3b3a5be6 038f 4a8b af45 26b9592bb153A9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd696Icon user placeholderBe2fdad0 d2ab 4d02 a2a5 a633d3e2891e9d8ae673 fe7d 40b5 b9c2 7ed006dbe98b 84
理由

長かった。。。 最後に結びつくがまあまあでした。

2年前

Icon user placeholder3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89Ec590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e00E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe0Icon user placeholder3590b799 a9c8 44d3 8631 92299c7033e3989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c7 10
葉桜の季節に君を想うということ

えっ! となる瞬間が気持ち良く、景色が変わる。叙述トリック。

2年前

C6743f05 5a1b 479c 8c59 a350d452bdc8061ececf a88a 4645 acd6 4dca1be4cf996bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d064a3d27f9 e21b 4dde 8312 996465320dbfE8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988aD9da2e68 8dc7 4e25 914d f7c27fb93e0eA4d3baf5 2021 4dee 9117 00ea6ca7b08b 230
マチネの終わりに

良かった。 9章の、2人の想う距離感にずっと感動しっぱなしだった。 終わり方も気持ちが良かった。

2年前

D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cCb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b4551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda6452c763f7 7434 4184 8bd5 b00a8c1684a542a79741 e586 420f a17a db0551af35f5Icon user placeholder 300
人魚猛獣説

スターバックスにまつわる短歌と話。コーヒーを飲むだけではない。様々な物語があっていい。

2年前

Db65aad3 165c 4dd2 accb d5243cc1b558454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90Fafd6f3d 78f3 4fdc 93d0 c073cc2ad00a
ぬるい毒

言葉、言い回しがよく止まらなくなった。 ただ終盤理解出来なかったのでもう一度読む。

2年前

C1710e8a cc07 4173 af8d 397027d5c81c705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5F3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10
そして誰もいなくなった

教養として読んでおこうと思ったが、読んで良かった。思った以上に面白かった。

約3年前

B0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3baE32ffd1f 83f0 4591 bdfc 75c1e5480fe73d0cbb03 5b5c 496a b535 1b5c8fb71190
最後の喫煙者―自選ドタバタ傑作集〈1〉

短編集。どれも面白かった。「喪失の日」に出てくる安部工房(笑)

2年前

Icon user placeholderIcon user placeholder44836f62 c5ba 41c1 aa7b 4dec913c11fdE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabIcon user placeholder871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e49c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a724 22
夜よ鼠たちのために

面白かった。「二つの顔」「夜よ鼠たちのために」が良かった。

2年前

E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab8d955363 5292 45e6 a47d af2e16c445351d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aa58dc9b1b 3998 4829 837c 0fa266dd6b6bIcon user placeholderDe457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8 11
盤上の敵

作者の言う通り「心を休めたいという人には不向き」という内容(特に蚊のところ)だったが、面白かった。 最後の締め方好きです。

2年前

Akiaivjyeuyp25rambwa406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97Icon user placeholder922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d
羊と鋼の森

静かで、淡々と、終始美しかった。 読んでいて心地よい、ピアノ、調律師がテーマの本にぴったり。

2年前

75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e98cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64B2ad83d8 5ff7 47e9 99e4 d699b3b88da3D12c1321 03da 4615 a541 41f9f61ca2f22af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb9026ca6f31 3e2d 46da 8609 3586022b427dF11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e 329
新装版 雪明かり

初めて藤沢周平の作品を読んだ。 今の時代とは違う男の生き方を感じた。

2年前

ぼっけえ、きょうてえ

「人」の怖さも含まれている。表紙が怖い。

2年前

A3117d24 5880 4a6c b095 379d6198574b03db1d33 cc40 4621 92ad b7dd196c52bb79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec59b3f1b9 6557 41b8 9680 348665aad61aC9122f84 1557 40e9 b322 503dae6a3797Cbb546b1 305f 453e b62a 1400faf1e33e 19
桜の下で待っている

綺麗な表現が多く読んでいて心地よい。

2年前

D08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b098c17f47 4c70 4349 a025 b711718c129e48ca17dd fb6a 43b5 9a03 3cb4ebf6710aIcon user placeholder0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad98a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f438aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 20
はじめての短歌

穂村さんの解説で短歌に興味を持てた。 「短歌」を軸に深い話もちらほら… 楽しく読めた。

2年前

0f2a5473 5875 4d8b 8370 3fb294524e90F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c014253d4 6080 4951 9119 24735184a6967542ec7a 68f4 49d5 bd73 929a21e4d51d7fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c34Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5 16
四つの署名

後半の動機部分が長かった。。。

2年前

A9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd696Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093D5a6691b adf0 419c 99c3 a82c187b6465Cd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf96Icon user placeholderB605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e756c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16f 15
深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン

ポルトガルから特に面白かった。旅の終わり方も気持ちいいです。

約3年前

75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e943ff2f18 8584 40b2 ba41 94cb2159547e32ae0ddd 4da0 4fc1 972b 8875ec54d0b0E8e7efb3 e061 4dcb b68d d92b19e44a1fC1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e481bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f46a340e4 101d 47ee 8b09 37d2fc2cd270 19