Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
66ddcdbc c048 428d b2dc c4c4f5aad240

がんぞー

報道記者をしています。東京在住

報道記者をしています。東京在住。経済系の本を中心にポストします。

51

コメントした本

池上彰の 経済のニュースが面白いほどわかる本

TPP、中国経済、日本の借金問題……なんとなく耳にはするけれど、いまいちその全体像が見えてこない。知ってるほうが良いのだろうけど、なんか難しそうで知る機会がないなぁ。 と、いう人向けの本。良書。 経済の問題、ひいては世の中のニュースについて、ポイントを押さえながら解説してくれる。 イラストが非常に多いので、かなり分かりやすく作られている。中高生に読んで欲しい本だとは思うが、内容としては「これだけ知っていれば大人でも全く恥ずかしくないぞ」と言えるほど踏み込んでいる。

約2年前

うさぎのヨシオ

あぁ、今日も漫画を描けなかった。漫画家になる夢があるのに、自分に才能がないかもしれない現実を見るのが怖くて、漫画から逃げてしまっている。こんな僕はこのままでいいのだろうか。この先どうなってしまうんだろうか……。 と、うさぎのヨシオくんが悩むお話。まぁ漫画に限らなければ若い人のよく持つ悩みであるうえ、作者の柔らかいペンタッチも手伝って、受け入れやすく共感もしやすい内容になっている。 あたたかい話がここにあります。鬱屈した自分の日常に「がんばろう」という気持ちをくれる。

約2年前

De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c23af2733 895f 41d1 a0f2 3891a8963f0c734cbd26 e919 4074 a7c1 90bc6da246b1Ef4ffbd6 c450 4396 9082 efc282d86408182d3e6d a64a 4126 8f16 670bbdfab2d8E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f
ホームページで売上があがる会社、あがらない会社、何が違うか

中小企業の経営者さん向けの本。よく分からないまま、とりあえずホームページを作ってみたけれどいまいち効果がない。とはいえITには疎くて何をどうすればいいか分からない。どうすれば売り上げがあがるんだ?と疑問を抱くオッチャン社長さんが読むと非常に効果的だと思う。 要するに外部委託しないで自分の頭で考えましょうということなんだけど、それをひとつひとつ丁寧に解説してくれる点が好印象だった。とはいえ名前は出さずともステルスマーケティングを肯定的に捉えたりと、2〜3年前の最先端を論じている節もある。ITに詳しい人ならそこまで新しい発見はないだろう。

約2年前

池上彰・森達也のこれだけは知っておきたいマスコミの大問題

池上彰の「ニュースの大問題!」と基本的には同じ内容。森達也の視点が加わるため、ニュースの大問題と差別化できてはいるが、前作の方が編集の見せ方的に読みやすい。まぁ個人的には対談形式がちょっと見づらい、というだけなんだけど。 高校生に読ませるのを前提に書かれたのがニュースの大問題!で、大学生以上を対象としたのがマスコミの大問題、かなぁ、と思う。買う時の参考に。

約2年前

現代の金融入門

名著。慶応大の教授が書く金融の基礎についての本。とても丁寧に今現在の金融の仕組みについて教えてくれる。 「金融」というと、つい難しい概念と捉えがちになるが結局は「お金を融通する」ということで、お金を持っている人がお金を借りたい人に貸すことが本質になる。 そのため金融の流れや仕組みについて知っていると世界経済の動きが明確に分かるようになる。 国債金利の暴騰がなぜ恐れられるのか? 金融システムが果たす社会へのメリットとは? 世界の経済活動を俯瞰するきっかけになるはず。

約2年前

学び続ける力

教養とは何だろうか? たくさんの知識があれば教養か、はたまた政治や経済を見通す力が教養か。現代において、その定義は非常に難しい。 池上彰はこの教養を「社会の中での自分の存在意義を、客観視できる力」ではないだろうかと問いかける。ただ闇雲に働いたり、生活するのではなく、自分の行動がどう社会と関わっているのかを知る。それが教養であり、人生を豊かにするコツなんだよと教えてくれる。「だからこそ、学ぶことは大事だよね」。 いやぁ、フワッと問題提起を読者に投げかけるところは池上彰らしい。生涯学習が声高になってきてる今だからこそ、シニア層も含めたすべての人に読んでほしい良書。

2年前

35c72e1c 2297 4db9 bbb6 8172e771a98f14993be9 11d8 42be 998f f5093a5341b906173605 502f 4559 9578 903e6dd1a82fF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113A69287d7 cf67 453c 995b 2284f4d0808164d80464 472b 4469 9f98 387fb5670e94Ce2c3767 ba61 4156 a926 f509bffd5e2b 16
ハニカム式 日経新聞1週間ワークブック

日経新聞に書かれている「数字データ」の読み取り方を分かりやすく教えてくれる、ありそうで見かけなかった本。今日の物価上昇率は? 石油の値段はどう動いている? 数字データをひもとけば、世の中の動向が見えてくる。 まさに新社会人にオススメしたい。1週間を通して少しづつ進められるようになっており、手を動かしながら多くのことが学べる。

2年前

21世紀の資本

経済系の出版に関わる身としては、ブームを引き起こしてくれたありがた〜い本。ムックも、雑誌も、潤った。 学術的な側面が強いため数値の定義に多くページを割いており「このデータの信憑性は?」「1800年代の数字はどのようにして計算したの?」といった細かい部分まで理解したい人が読むべき代物。そこまでは求めず、結局ピケティは何を言いたかったの? と気になるだけの人なら解説本をお勧めする。

2年前

F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cdIcon user placeholder7f2fef6c 38d4 4bdf bd91 9842eaa0e6f0Icon user placeholderE1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c886166f7f a267 4005 82ec f83bc49042375990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b9 18
なぜ、この人と話をすると楽になるのか

書店で棚に平積みにされ強力プッシュされていた。タイトルから、会話の相手を緊張させずにキャッチボールをするテクニックが書かれてると思い購入。 しかし残念、内容はあまりにも薄かった。「これをうっかり口に出したらマズイ!と思ったらその瞬間に言うのはやめておこうと意識することが大切です」といった当たり前のことばかりつらつらと書かれている。 厳しいようだが心がけではなく、具体的に行動し、なおかつそれを継続するノウハウまで踏み込んでいる本はもっと他にあるだろう。

2年前

怪笑小説

ブラックなユーモアを効かせたショートショート。歪笑小説が面白かったので買ってみた。けれども、うーん、こちらはちょっと自分には合わなかった。 ショートショートはオチが重要だ。もちろんこの小説もそれは守っているのだが、オチに至るまでの経緯が長い。たったこれだけのオチなのに30ページ近くあるの! とひとりツッコミを入れてしまったほどだ。星新一で見かけたようなネタもあった。ただし現代社会の皮肉、という点では星新一よりハマっているかもしれない。

2年前

869b54d6 cea8 4909 93fe f03ad4880abaC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba2499171e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e95F7f2d250 cb32 4fa8 84d5 8906f9d3c83b036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77d117005e8 8dd7 4b8b ad91 bcd32b50b404510ec7e8 5b27 4007 a575 937750ffb134 10
百万畳ラビリンス 上巻

ゲーム内とおぼしき異世界に飛ばされてしまった天才バグゲーマーが、バグを利用しながら現実世界へと戻ろうとするお話。 ここまで聞くと手垢の付いた設定に感じるが、内容は非常に硬派なSFになっている。プロットが練りに練られた完成度の高い作品で、意外な展開と気づきもしなかった伏線に圧巻するはず。おすすめです。

約2年前

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2Icon user placeholder98fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860Cc792130 85bf 4049 9230 1dd6a14ca069721ff227 6404 486e a136 194741a375b4
日本人だけが知らない「ニッポン」の観光地

地方の観光産業を賑わせるためにはどんな努力をするべきか? どうすれば観光客を呼び込めるか? ということを複数の事例をもとに解説した本。円安時期に出版されたため、外国人観光客を呼び込むためのノウハウが詰められている。 「こういう特徴がある町なら、外国人はこんなところを魅力的に思っていますよ。そのためこうやってアピールするといいですよ!」と普段我々が気づかなかった異邦人視点の魅力を教えてくれる。 要はなんだって良いのだ。廃墟、豪雪、河川。外国人の視点を通すと極めてクールにうつる場合があるらしい。しかし多くの「観光地予備軍」はそれを逃している。なぜなら言語の壁があったり、広報のやり方に問題があるからだ。この本を読めば、どうやって地方に観光客を呼び込めばいいのか、分かるはず。 旅行会社や、地方の役所に勤めてる人向けの本かな。読む人が読めば素晴らしいアイデアを受け取れるはず。

約2年前

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

この読ませ方があったか! と膝を打ってしまった。QUICKもオタク向けサービスを始めるし、萌えコンテンツを食って育った層へ向けて硬派な内容のものを売り出してもいい頃なのかもしれない。

約2年前

92657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65eC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991577a074d e252 483c 812d de74f7fd36eaCe41cdbf 7b1d 4b0e a2b2 dd29e0c534e660c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45d75956a23 3f86 4cb4 85f9 3c2b7c3e59ea39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0 22
伝える力2

軽めの本。相手に言いたいことを伝えるにはどうすればいいか? というのを話す、書く、聞くの観点から解説したもの。 まぁ、要するに相手のことを考えて伝えようということだけど、池上彰の体験談も盛り込まれているので「へぇ〜」という感じはある。 「人にモノを伝えるには!」といった同系統の内容の本を読んだことがあれば、そこまで眼から鱗は落ちてこない。

約2年前

6840a890 6b9f 4f3d 95e7 dfbccff0746166a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a9
池上彰の新聞勉強術

就職試験の対策用に新聞を読んでいた人も、いったん採用通知を受け取ると途端に新聞とは無縁になってしまう。でも、それはとてももったいないことなんですよ、プレゼン上達にも、文章力をつけるにも、新聞はとても役立つんです。では、これからそのやり方を解説しましょうーー。 という本。実にナイスな内容だった。速読する方法や、考える力を付けるための新聞読み比べ術、はたまたスクラップのやり方など様々なアイデアがまとめられている。

約2年前

1cd55dd0 33e9 4c12 8724 8c74b7de9451F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124
池上彰の「経済学」講義 ニュース編 覇権をめぐりお金が武器に

池上彰が大学で行った講義を文字に書き起こしたもの。著者の語り口のおかげで、授業そのものの雰囲気を感じながら読み進めることができる。 原油価格をめぐる駆け引きやリーマンショックなど、皆が知ってはいるがその背景までは掴めていない内容を丁寧に解説してくれる良書。切り口があくまで経済であるため、同じニュースを扱う本と読み比べてみるのも楽しいだろう。

2年前

ニュースの大問題! ―スクープ、飛ばし、誤報の構造

どうやってニュースがつくられるのか? その裏側を池上彰が自分の体験をもとに書き下ろした本。 ニュースのつくられ方が分かると、どうして誤報が無くならないのかも分かる。その視点を持っておけば「おや、このニュースはちょっとおかしいぞ」と疑問を覚える目が育つ。大人にも、中高生にも幅広く読んでほしい良書。 余談だが自分はサイン本のほうを買ってしまった。新宿で売られてたからつい、ね。

2年前

薄っぺらいのに自信満々な人

いわゆる意識高い系を揶揄した本。うーん、でもこれはあちこちで既に議論されつくしたことを、論文などの知見を駆使して補強しただけの内容だった。 最近の若者はよく群れたがる、と理由となるデータを提示しないまま断言するなど若干ひとりよがりな意見も垣間見える。 正直言って「オッチャンがなんか愚痴こぼしてるだけなんじゃないの?」としか思えない部分が多かった。

2年前

歪笑小説

小説家や編集者を登場人物に据え、出版業界を皮肉ったショートショート。同じ穴のムジナということもあれど、エッジが効いていて大変面白かった。 文を売って有名になりたい小説家と、ビジネス視点でばかり物を考える編集者の落差が読んでいて楽しい。新人賞を取って意気込む小説家の裏で編集者が「新人賞を取ったら、それはもう過去の人だよ」と言うシーンは小説家を使い捨てにする業界を鋭くえぐっている。 東野圭吾は売れない時代が長い人だった。そのため出版業界にまつわる「汚い部分」を長く観察していたのでこの本が書けたのかなぁ、などと想いを馳せないこともない。

2年前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Daf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77d510ec7e8 5b27 4007 a575 937750ffb13428bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31Dbb45f8c 06f9 41b1 a19f 71c428c50af6 8
マイぼーる! 1

キャラクターの動かし方と物語の運び方がとてもよく練られている。お話の都合のためにキャラクターが動かされることがなく、ストーリーの組み立て方のお手本になるようなマンガ。 例えばサッカーに興味のないヒロインが、サッカー部に入る「話の流れ」に違和感がないところが参考になる。 物語を作るのが好きな人は1巻だけでも読んでみることを勧めたい。

2年前