056f2447 b2c2 4776 82ba 336ae8b71d6d

ちきとん

最近は歴史もの、ミステリーがメインかも

最近は歴史もの、ミステリーがメインかも。 http://ameblo.jp/deluxechair/

86

コメントした本

51s26zr4lgl

シリーズ4作目。続きが気になっていた一冊だったので一気に読み終えてしまった。前作までの警察小説という趣きから少し印象が変わり、謎解きの趣向となった感じ。見えない敵を追う、メンバーたちの緊迫感は、現実かと錯覚しそうになる。5作目が待ち遠しい。

約1か月前

51dqnqcaarl

「さよならドビュッシー」より先に読みたかったかも。『豪快なお爺さん』が活躍する短編ミステリー。

3か月前

5432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6c8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa
51%2bq6yhpqml

いずれ自分も老いて.....と思うと、子供たちに面倒かけないように今から片付けと物減らしを進めなくては。(>_<)

3か月前

45807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe160729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835
51kwztxk5ul

「私の手のひらの中に」一冊の本がある。・・・私たちはしばしば絶望に直面することがある。しかしそれは希望の始まりなのかも知れない。

3か月前

61hpmmboiul

「歴史など、支配者たちの見解が一致した寓話に他ならない。」でも、そこに多様な解釈がなされるので、歴史はミステリアスなのかもしれない。

5か月前

519vhukojzl

核心に迫っているのか、迷宮入りか、ドキドキしながらページをめくりました。警察の光と闇の攻防、シリーズ3作目。

9か月前

51kq%2bdewmjl

ストーリーとピアノの演奏描写のコントラストが絶妙。さて「アラベスク」聴こうかな?

約1年前

A4ffc1e0 e632 4f8f 8fbb bff7e759bfa8A837d294 39a7 490f 84c6 f331de32340d458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c20dfeae0a 0dda 45a5 bf2f ec71e3654957368af37d bb46 4bc3 9191 2c0e5e8b2052534be5e6 2dc9 4113 9ecf a65b448dbc8dFe43a628 2b3a 4ce6 9bca 96ee125309df 38
51uychn%2b9kl

シリーズ作品は読んでいないが、主人公を取り巻く人間関係と心の動きが、緩急もありスリリングでもあり・・・。

約1年前

9ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b66F29fea53 444b 4e86 b393 8083d8152eae
51uaezat1 l

強くなるには挫折も失敗も必要、成功なんて一時の通過点に過ぎない。受験勉強時期の心境を綴る文章からは菊間さんの不安と葛藤、それでも揺るぎない強い決意が伝わってきます。

1年前

516nqhxip%2bl

歴史の解釈は様々だけど、ちょっとした裏話、個人的には発見でした。

1年前

41hvirvnvcl

受賞時に文藝春秋に掲載されたもので読みました。(単品購入じゃなくてごめんなさい、又吉さん。) 疾走感がある一方で「あ、この文章いいな」と感じる部分がたくさんありました。芥川賞作品って、その作家の文章スタイルがストレートに表れていていつも新鮮な気持ちになりますね。

約1か月前

D61bc789 add2 4e2c aecf 69bc54ed49722b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f016308700b02c911 36ec 4e00 8722 3c2f5a4f0637A4ffc1e0 e632 4f8f 8fbb bff7e759bfa866f17c7f 0733 4bab b7ae 16ca078d5eb4047665a9 9974 462f a98f ba30f581ed158c8005ce c3bc 4d7f 8b23 4ff3bc9a1e96 39
51xtwkmdgfl

個々の作戦・事例については難解な部分もあり。後半の『日本的組織』論は正に現代の企業組織や社会的組織にも当てはまる。ポイントは日本人は自ら考え創造し、革新してゆくこと。 例えば、『あ、今自分は居心地のいいポジションにいる」と感じたら、それは転換のタイミングだとういうことかな?

3か月前

2397f9d4 7acd 4c0d 8f48 8b2754a7c24437359355 6588 470a a5a4 f9ba92fc3a30Cd2d28ae 0e91 4b6d a6cb da82ed2a97d607b27cb7 6c1f 4301 a6be e20e6e4d312266a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a970c679a8 051c 463d be3a 04f64f2a4544590f06b7 0070 434d be22 4a4a332ec4fb 20
41kf8d5kcxl

『「戦争がよかったなんてことは、古今東西、一度もないよ」と兵士が言う。』戦争を伝えるために従軍した女性記者の苦難と葛藤。「戦争は悲惨なものである」

3か月前

51etfntf1ol

読み終えた後、少し気持ちが軽くなった気がした。自分の人生を歩むこと、シンプルな考え方と行動が勇気につながるのだろう。

5か月前

3682d5aa 8ec5 472c 96f4 1287c0fa6bc3Ed9b68eb 4cb1 4b66 85e1 fda670c5c469C7e04faf e3f4 4ae0 ac76 1c86a88d9f4fF4306fb9 e679 4f88 ab8c 222f577cc6b0266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abfFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de98bae72e a574 4d2a b035 328820cca0a8 208
51uxqugwmbl

小説として読むか、歴史研究として読むか、ミステリー好きのかたにもオススメです。(全巻のコメントは下巻読了後)

5か月前

C693a836 c833 44ee 96ba 3b898f77aca5607e6d58 bc41 4d63 becd 44642399f126
41cvtvf123l

「シャーロック・ホームズの思考術」を読み始めたところで、また読みたくなり、こちらを先に読了。(15年ぶりくらい?)ワトソンとの出会いから事件の解決までと、ホームズが生き生きと描かれている。

12か月前

9ba6bc87 098d 46ee a043 8eb8a02117e61320faa6 2572 4fa7 aded 6a0c7d14efe1Ec0ee646 174e 4e3e b7a5 879d1e90656fDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532fD0ce4e96 4b23 43cd af31 f6305f4c71314e5a9c14 a0b3 4228 976b 0f1e3e7bec639f51e76c 1067 4c53 94be e33ea38e7b82 10
51a6tnm j5l

自転車というシンプルな機械と、その競技に挑む選手たちの複雑な心の動き、このシリーズ作品には....はまりますね!

1年前

885ea5ef a5ff 45bb b425 bb2b724eafaeEc0ee646 174e 4e3e b7a5 879d1e90656f
51th1uifojl

クラシック聴きたくなってきた。

1年前

5432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6cB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee368af37d bb46 4bc3 9191 2c0e5e8b2052534be5e6 2dc9 4113 9ecf a65b448dbc8dC0cd48bc 6b3b 49f2 bc91 92597d184bccCc990b10 a534 4f5b 90c7 498a921bf03b8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa 14
51ykucixxsl

主人公がヨーロッパを舞台にロードレースに挑む。現地の空気感まで伝わってきて心地いいですね。

1年前

41n71%2behvnl

「サクリファイス」、「エデン」続いて即読了。アスリートの心理を痛いほど素敵に捉えてます。

1年前

11310b4e 3dbc 4131 9297 8cf1a8e7eccfEc0ee646 174e 4e3e b7a5 879d1e90656f