799da31c fdb2 4d40 899c 2e4dabea94ef

Miyabi. ☀︎

*23 ans.

*23 ans. 忘備録、部屋をこれ以上狭くしないために。詩と映画、哲学思想、フランス文学、とか。でもやっぱりご飯が一番*

49

コメントした本 ページ 2

なぜ、これがアートなの?

どこからが『芸術』でどこからならアートなのか。というかなぜそれはアートなのか。レプリカは芸術か? デュシャン以降の芸術概念

2年前

明るい部屋―写真についての覚書

第三の意味を大事にして本も読みたいし、写真も見たいし、映画も観たい。

2年前

55a3c115 5218 4c01 9091 481947f94f09F763cc77 f2a9 4747 affd b01a054a51e3E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b157f9f83e 3e2e 4aaf b20e 73bc25b43dbd13376266 2fef 4f05 80c4 7c30a9789670A5ffb3e5 7fb4 47ae 9652 3c1ce62ab7e7
表象 03 特集のメタモルフォーゼ

“文学”なんてもうなくなっちゃうんじゃないか…と思ってたまさにその部分をぶった切り。現代において何かを書くという行為自体、既存の価値観を見直す必要アリ。

2年前

「象の消滅」 短篇選集 1980-1991

英語調の日本語が顕著な春樹の文章。長編は好きじゃなくとも、短編は好きって人は多い。 ねじまき鳥クロニクルや他の短編集なんかの破片が散らばっているし、長すぎなくて丁度いい。 春や秋の丁度いい時間と季節に、さらっと読みたい短編集。

約3年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2415dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340fBf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee15cae61a8 b4f4 4bfc 9274 7fcfbfc38dbcC8cfd1ed a73b 4339 ab32 f6e86172cb6a5919f8a5 d2ba 47a4 a8dc 23ef5eace2fc 10
WIRED VOL.19 /特集 ことばの未来

人工知能はいかに言語を習得するか?いやいやいやいや、めっちゃ面白かったです。 過去から学んで、今を生きて、未来を向いてる人の話を読むのはすごく面白いし、言葉なくして生きられない私たちが言葉について考えるのって本当に大事なことなんだと思います。 言葉は社会を形成するし、社会もまた言語を形成していくし、言葉の本質について、すごく考えることのできる内容でした

3年前

Fdb32e7f 3173 4de4 90d9 58275d83e18cYon normalF3143f54 537d 40eb afda 6015c83d8d861e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55258eb5af 6b78 4c74 b498 17e3cce6002e89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e41c99d01 a47b 4885 bf48 5bcbf83debe2 8
かないくん

死というものを忘れて生きられるのが現代の平和なところだけれど、忘れているからこそ、心を揺り動かされる絵本なのだと思う。 心を動かすのは感動や衝撃ではなく、日々それと意識しない死の存在や重みが含まれた絵本。

3年前

99c25eee 3ac7 4f25 9c08 197fc3bd6430C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249915d9aa654 0b5d 41e1 a880 d527ef95bd7b43974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5d68e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13c0d2c4f11 41bf 4a64 ae2c 64d2715e742c11c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce8 25
愛するということ

頭の中を言語化されているようで、読んでる間終始不思議な気分だった。怖いような、ムカつくような。 愛は美しいものじゃない、ほんとは痛みも苦しみも伴うものだとずっと感じてきてたのに、あっさり言語化されちゃった。 わかってくれる人に出会ったことないけれど、これがわたしの愛の真実。

3年前

243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc54f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d5479e0ec9c aba5 4126 a659 4314b8e5c4fb5ef2a0ae 3f6b 4656 96d2 9873d8c88b3aD0b039f5 912e 44e3 9402 1a61f17479ccF8274e9f c2c4 47f7 9202 6d61dcb9d2e8 136
存在の耐えられない軽さ

こんな作品を求めてました。 強く受け取る部分に 個人の人生経験が反映されていそう。 わたしはサビナが一番近い。存在の軽さに時として憂鬱になります。強く惹かれる大きな作品。20歳の小娘には大きすぎました。

3年前

C0d39821 ba4e 4cc3 8d5e 580329cfb296F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0D30b5b4b d7cd 4fc4 94a4 174879c889f2Icon user placeholderA2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b132614d05909f 8525 4932 9825 728a0e387132F5947a23 6256 4067 a3ee c849e7dad6e8 44
シネマ 1*運動イメージ

ものすんごくわからない。モンタージュが重要な事くらい。ショットの積み重ねでようやっとあるがままの運動会イメージが取り出せる、くらい? 現代でもまだまだ教科書的解説のない、だからこそより読む価値のあるもの。読んでも分からないのが難点。

2年前

視覚文化「超」講義

めちゃめちゃ面白い。これだけの内容を読みやすい文章で書いてることがすごい。フィルムアート社の本ってなんでも面白いよなぁ

2年前

485da432 00da 4fcd aba0 a07dc18973faIcon user placeholderD6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe077961d13 3002 4ed3 8a75 ace9dabe17d3
フラニーとゾーイー

未熟であることを愛せる。こんな愛に溢れた本読んだことない。 等身大でグズだけど、本当に素敵なお兄さん。フラニーのような思春期だったからこそ、お兄ちゃんの愛がわかる。 サリンジャーの作品が、本当の意味で好きになった。

約3年前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c90cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e408594d6af2 74f1 4ecf 9f10 b9687874816e000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d855294e6a 7fce 4234 bbed 88b48b3c7bab3b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890feIcon user placeholder 31
世界は一冊の本

この人の言葉はどうしてこんなに高潔なんだろうなあ。 小賢しい文句も、もったいぶった表現もなに一つないのに。生粋の言の葉達が並んでる。 “世界”に対して迷ったとき、この本が一つの答えを教えてくれる。有限の言葉で無限の世界が見える。

約3年前

7996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb849093b767da c161 4ca5 978f a90f99e9769fAad6838e fe86 4df9 a3a3 7f6e0a9f2032Icon user placeholder06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb67A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4d7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b 11
鉄コン筋クリート 全3巻完結 by ...

心のネジ、足りない人はいっぱいいるんじゃないかなあ。 シロの話す言葉が好き。リンゴが芽を出すのはかなり象徴的。 映画もとっても好きでした

3年前

9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffaE669c559 9ab8 4dcf 8477 e128375076cf639461a2 6c89 4d7a 89a5 f44447e44c34Icon user placeholderCf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a4176Picture89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 22
海獣の子供 1

日々いかに五感を忘れて生活してるか、いかに言葉に頼っているか… 五十嵐さんの漫画は、そんなことを考えたくなるような漫画です。海獣の子供は特にそう

3年前

D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c8601ffa45a 8d0f 46bb 8959 f4b7c29566b9Ace3ec88 4479 4139 bbd2 ffad2a653c1cCe60fb58 f031 45ef 8389 dd44b74f6a4bDf294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb44b7411f de11 47c7 8792 1178c150876357db150b 5331 49f0 9e29 a289103d8dd3 10
ノルウェイの森 下

「喪失」の影が色濃くつきまとう1969年の日本で過ごす青春。人々にとって死が生の中にあった頃、登場人物たちはみな深くて暗い野井戸に落ちそうな危うさ、不安定さを持っている。哀愁漂う若さ、退廃感。生まれてすらいなかったのに、"あの時代"が懐かしい。 読んだ回数だったら、生涯でこの作品をこえる本は出ないかもしれないなあ

3年前

Fcfce7fe 5b25 4fd2 ad1b 823611af194f81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8Icon user placeholder4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43F1027b2e 74de 43c0 bd70 d9092667dd3bF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e518e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9f 148