86bbc20f c5ee 4cab 8b11 3bc7cfdf22d2

Naotaka Iijima

ただ単に読むのが好きなので、評論的なこと…

ただ単に読むのが好きなので、評論的なことは上手に言えませんけどね。

83

コメントした本

百姓貴族(1)

鋼の錬金術師 実写映画版を見た勢いで、原作者の再新作を読んだら思いっきり爆笑した。 酪農の大変さや知らない一面を、面白おかしく知ることができます。

4か月前

ミステリー「トリック」の作り方—「常識反転法」によるトリックの発想方法

普段読まないジャンルだけど、意外と参考になった 仕事で、架空のストーリーを作り検討する事があるが、活用してみようと思う。

6か月前

櫻子さんの足下には死体が埋まっている わたしのおうちはどこですか

前半は前巻からの続き 花房が見え隠れする事件の解決 後半は、また別の話に。 ちょっと花房絡みの話とそれ以外の話のギャップが大きくなりすぎている気がする。 少し今回は雑になったか?

6か月前

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録

最初は思いつき、途中、全てを投げ打ち、家族を巻き込み8年かけて実現した奇跡の無農薬りんご それだけではなく、生きていくため、他人には真似できない固い決意と想い。 初めてりんごがてきた日のこと。 たくさん、参考になる話が。 今更だけど、読んで良かった(^^)

6か月前

74152db9 0bae 4b7b b9f5 1e89f1f42b48Cfed8d5e a2cb 4fd7 8b2d deccb7013299Icon user placeholder
自分を超え続ける―――熱意と行動力があれば、叶わない夢はない

冒険の書とさほど期間が開かない時の本なので内容的にはほぼ同じだが、冒険の書はドキュメンタリー的な書き方で、こちらはどちらかというと自己啓発的な書き方だった。 どっちもそれなりに楽しく読ませていただいた。 どっちかって言うと、この後のグランドスラムを達成したあとのほうが読みたかったな。

9か月前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bE117dd0a 4446 4cba ae00 d525d7a7e491Icon user placeholderC3ffbb7b 5b09 4fad b0fc 4b73e9a95bb79911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200
多動力

普段から彼の行動や考えは共感できることが多いので、今回も特に疑問も感じたりというよりは、なるほどね〜という部分が多かった。 どちらかというと、この本で読んで、初めて自分の日頃の行動や考えに裏付けができたというか、普段あまりそこまで考えたことがなかったので、人に伝えるようなことがあった時は、彼の言葉を参考にしたいと思う。

10か月前

Caefb971 c9d4 4597 a9a5 8ca12c290cdbD4ef5372 51bd 41b0 92e2 7f371b7871a0C9341471 f9e0 4aac 89c3 0dc8d8a39c47Icon user placeholderB32c5f49 cbe0 40c0 b191 a7bcb64a3eae965cc1fc 0463 4a82 bf16 64921b28d8290bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561 76
ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由

新しい福祉の形?ではなく、新しい食堂の運営方法で、それに対するハウツー本というかなんと言うか。 子ども食堂の次はこれかな?と勝手に思っていたのだが、読んでみて間違っていた。 純粋に小さい食堂で、結果的に貧困者であたったり、様々な方を適量な量でさり気なく地域を支え、時には支えてもらってるんだなと。

10か月前

832ca220 fc96 4568 bfa6 0d3a632d00edCe41cdbf 7b1d 4b0e a2b2 dd29e0c534e6A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57A903902a b2d5 4ad8 aa49 01641034b8324ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da9097cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa57d2626ba 2296 4f4d b565 b8a106ecc4b9 11
櫻子さんの足下には死体が埋まっている 蝶の足跡

今回は、花房の影がチラチラしながらある事件に巻き込まれる。 櫻子さんが「旅行に出かける」という言葉とともに姿を消したところから始まるが、なんとも後味の悪い結末だった。 次回作辺りからは、花房との直接対決もありかな?

約1年前

放課後地球防衛軍(1)なぞの転校生

この作者の作品は初めて読んだけど、深刻な感じもせず、ミステリー感もないがちょっと面白い?感を感じなからスッキリ読めた。 話はある日、高校の天文部が流れ星を観察していた時に1つの流れ星が近くに落下、翌日、学校に現れた転校生が天文部に入部するところから謎が始まる。 続編はもしかしたら読むかなぁ。 どうしても読みたくなる!という感じではないし、アニメとかのほうが面白いかも。

約1年前

9d44af01 4cdc 4539 af33 b2d69d72ed8cEe4fa3ce c592 4fde 9911 df06c8457b0f
あしたはれたら死のう

ある少女の自殺未遂から物語は始まる。 彼女は、ある日橋から飛び降り自殺をはかった。 偶然にも彼女は助けられる。 しかし、彼女は一旦心臓が止まってしまったために低酸素状態での救助だった影響で、若干脳に損傷が見られ最近の記憶がない状態だった。 そこから始まる、様々な出来事。 そして、自分はなぜ死のうと思ったのか? 真実を突き詰めるうちに次から次と出てくる謎な行動。 最後は、少し主人公にしてみたら過酷な現実と向き合いながら、生きる道を選ぶのか、はたまた再び死を選ぶのか?そんな事を考えながら読み進める一冊でした。 太田さんの相変わらず上手な食べ物描写も見逃せない。

約1年前

Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57C9bee065 92a5 4939 8591 6ccfb761e1887d2626ba 2296 4f4d b565 b8a106ecc4b98917714b ba27 4f4f 8630 a0c55542a6f443cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca03
星野リゾートの教科書

だいぶ前に読んだ本を再び引っ張り出してきた。 もう一度、参考にしながら会社の仕組みを考えなおすにはわかりやすいのとやる気になる。

6か月前

24ac2d3b 8f69 4107 b499 8a12a74e3f65B2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b773be59be 3cee 4033 8de7 7465b8e5dccb793cc7a8 128d 4cd4 bb2c bb12406f93efAcff5fea 979a 4728 bc17 514e71d0a436
陰日向に咲く

ショートストーリーで、一編づつ単体では日常にありそうな話の連続だけど、全ての話が「人」を通じて繫がっているというか、同じ時間に起きている何人かの人のオムニバスって感じ。 そのからくりに気づくと次の話ではどこに出てくるのだろうと楽しみにしている自分がいる。 ただ、話はまぁそこそこ。 映画化されてましたよね。 高評価だったと思いますが、見ていませんけど、映像化したら面白い話なのかなと思いました。

6か月前

C4459762 9962 413f 93cd 178e390ec04f9e5d4a7d 718b 4d22 b875 bf1c8279b936Cfed8d5e a2cb 4fd7 8b2d deccb7013299Db368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028ba3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a885918665 e241 4c9c 8615 14ea82f225d6A889990f 3313 414b a1b1 617c76c38922 21
13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル

かなり内容はリアルな実体験、よくここまで思い出しながらかけたと驚きと尊敬 そして、彼女が未だにというより一生苦しまなければならない事実… 性犯罪というものの恐怖と苛立ち なんとも言えない後味だった。

6か月前

Da0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d89b66aee2 3fc6 4ae5 a5fb 3eafea61b6d2Fe3dfa46 be7a 4a89 b4ab 1a21ac753e1a3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43
櫻子さんの足下には死体が埋まっている ジュリエットの告白

テレビドラマが終わって、なんとなく頭の中のイメージが観月ありさの声が聞こえてきそうだが、あれはアナザーストーリーなので、頭を戻して新展開に。 前半は、前ふりというか正太郎と初登場の東京から帰省してきた兄との道内旅行から始まる。 後半は、そろそろ花房との戦い?が最終結末に向かっているのが伺える内容。 まさかの繫がりからの展開と、本当に花房は誰なんだ?という疑問が色濃くなるぐらい調べつくされた人間関係からの新しい事件。 ここで切られると、次巻が気になって仕方ない(T_T)

8か月前

南谷真鈴 冒険の書 LIVING WITH ADVENTURE 英訳付

半分が英語版なので、実際に読んだのは半分だが、自分が体験できない世界のことで、想像を絶する世界のはずなのに彼女の強い想いがグランドスラムを達成させたんだなぁと感じてくる本だった。(この本の段階では、北極には行っていない) まぁ、文章力だけだとイマイチなんだけど、それがまたリアル感が伝わってきた。 最初は、よっぽど金持ちの娘さんなのかと思っていたら、最初の段階からスポンサー集めをして、自ら資金を集め挑戦していたことを知り尊敬 サラッと読めてしまうので、おそらく自分たちでは叶えられない世界に触れるにはいい本かと思う。 どちらかというと子どもに読ませたいな。

10か月前

郵便配達人 花木瞳子が望み見る

うーん。。。今回は、ちょっと話がぶっ飛びすぎてるなぁ。 途中までは面白かつたんだけど、最後はなんかのあまりにも現実離れしすぎてて… 更に、瞳子のキャラまで変わってしまって…なんだかなぁと思う結末。 次回はどう展開するのか。

10か月前

ちはやふる 1〜最新刊

友達の子が、マンガを読んで 競技かるた を始めたと聞き、そんなに面白いのか?と思い読み始めたら、面白くて一気に読破。 早く続きが読みたい。

12か月前

モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い

ただただ切ない。 母親はなぜ異常行動と思えるほど狂気してしまったのか? 自殺した彼は、何を思い死を選んだのか… 完全なとばっちりを受けた丸子実業高校の教員とバレー部。 そのとばっちりに乗っかる売名行為狙いとも思える弁護士、ルポライター、県議 結果的に茶番では終わらず裁判まで発展し、自殺した本人の思いは最初からなかったのであろう母親の異常行動が浮き彫りになり、最終的には学校側の勝訴になるが、誰も喜べない事実。 そして、彼の母親は今もなお地域で平気な顔をしてトラプルを続けている。 後味の悪い事実。

約1年前

Ae91a55a e9b4 44e2 8e63 1a0346a4ec9fC38d1c07 ca36 49ca 8ca5 4fe7852634813a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1F20e342f 732d 4200 8ee1 23fb1cfc01bb
スキュラ&カリュブディス: 死の口吻

う〜ん。ミステリーだと思って読んだら最後はただのスプラッターものだった… 勘違いした自分がいけないのだが、予想と違いすぎてガッカリ。 物語は、女子高生の間に広まっている謎のドラック。 それを飲んでいたと思われる女子高生が次々と大量の血痕を残して行方不明になったり、変死で発見される。 探偵の雪紫(すずき ゆかり)は、その中で行方不明になった少女の行方を依頼されることになり、この一連の事件に関わることになる。 てな感じでした。 好きな人は好きなのかなぁ…ごめんなさい。自分には合いませんでした。

約1年前

Arduinoをはじめよう 第3版

仕事で作りたいものがあって久々に引っ張りだす。 ちょっと遊んでみたい、体験してみたい方向けなんだけど少し難しいかも。 今は、他にもいくつか入門書が出ているので、初めての人は写真の多いほかをおすすめしたい。 もうチョッかじってみたい人向け。

1年前