B5f6372d df07 4b83 ba81 19d4f702b732

マグカップ

本とは、作家さんの人生を少し分けてもらえ…

本とは、作家さんの人生を少し分けてもらえるもの。素敵な本に出会える事を期待して。 読書メーターもやっています。

25

コメントした本

何もかも憂鬱な夜に

ただただ絶望。 見たくなかったところを見てしまった そんな気持ちになる。 「世界に何の意味もなかったとしても、人間はその意味を、自分で作りだすことができる」 あの人の存在が、この物語に光を与える。

約4年前

35934bab d113 451f ae9a 9af0f7411caf8e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9f2fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbfC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acIcon user placeholder9f8b99a6 af53 4dda b1a5 394268bf8dc47906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66f 111
レインツリーの国

うわーやられた! ワクワクして、切なくなって、腹が立って、涙を流しながら読みました。 こんなに感情を揺さぶられる本はなかなかない。 誰もが心の中にある醜さと温かさを、どうしてこんな風に書けるのだろう。 素晴らしいの一言です。

約4年前

933e980f d1eb 4661 943e ed2867259606D143ef6b 22b1 49f1 88fa f5310f538951Icon user placeholder5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be21413745 3652 47b0 a355 41533e304e668d327017 833d 4b39 9f67 b8cb49961d09 102
死神の精度

一話を読んで、他の話も「不可」にしていくのだろうなと思っていたら、違った。 ほぉ そうきたか と思わずにいられない。 「同じものを食べた後で同じ感想を持ったり、好きな映画が一緒であったり、同じことで不愉快さを感じたり、そういうのって単純に、幸せですよね」 人の気持ちを丁寧に書く伊坂さんは本当に素敵。

約4年前

1df6d140 9eb7 4a48 8417 d4c00ae20d66223d686c e90a 4c80 b62d c8ae107e0fd915c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2faE524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779Cd048172 2b7a 4b16 bb15 2ae40629923eC86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7Icon user placeholder 205
終末のフール

「生きられる限り、みっともなくていいから生き続けるのが、我が家の方針だ」 産まれた以上、誰しもに訪れる死。 その中から、見えてくる醜さ、脆さ、そして優しさ。

約4年前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917794ca7e9ed 06f5 4a7e 91d3 eb1c5667a0d20970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43Icon user placeholderE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabEf3755db 66f1 4464 b596 09af95625a9f 109
Nのために

その一言が支えとなる。 その存在が支えとなる。 そんな関係が羨ましく、切ない。

約4年前

9f19ab50 003d 4bf1 8278 b5b8db6433ffE1cee4b1 3328 454e 8fb0 fc36297c5bf02ad7e2e2 cade 4e64 90be fee468ab48ee86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c51891b8601f 9318 45fd 8c1d c46f7b11acf5Icon user placeholderA3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35b 133
夜の国のクーパー

なるほど。そういう事だったのか。 ファンタジーの中にあるリアル。 見事です。

約4年前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c660a2dc07 265f 462e 894f 3f8d51edfd2b5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d383e13db21 0b9e 4fc7 b41e 05da2c3f46d03e88720e d236 475d 8a78 812bc1db5fe3Icon user placeholder 75
永遠の0

映画もドラマも原作も、どれもそれぞれの良さがあった。 どれも泣いた。泣かずにはいられなかった。 戦争時代に生きた全ての人を尊敬します。

約4年前

Icon user placeholder6bbf4ec2 49d5 4a27 9a45 ec8aa3c79c860264273e d8bf 4e8f 930e bd3f1a13a8afIcon user placeholderDdf156b4 e2b5 4edd b726 13588d30c16c91b8601f 9318 45fd 8c1d c46f7b11acf535934bab d113 451f ae9a 9af0f7411caf 257
キッチン

ばななさんの描く主人公はとても心地がよい。 私もそんな風に生きられたらなと思う。

約4年前

86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c74dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e9A79a3eb1 108c 41f6 9191 3ec772c8110b4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43941f0f2d 3667 4703 995c 546fd0584db93a955047 feac 48aa a31a d4338002c704 259
永遠の仔〈下〉

胸が苦しくなる、とても衝撃を受けた本。 読むのが辛い。救われない時代だけれど少しの希望はあるのだと必死に伝えている気がする。 昨今、目を覆いたくなる事件が多く、救われない人が増えている。 また、天童さんの本を読み私なりの希望を見いだしたい。

約4年前

Ddf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be75de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d69b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d
窓の魚

普通って何だろう。 歪んだ愛情。 きっと、誰もが孤独で寂しいのだろう。 しかし、すっきりしない。 うーん、考えさせられる。

約4年前

C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbbD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cB4aeedb1 e717 48c6 8669 6127fa904669Ac1d5f94 b6a9 40e6 b076 dbc4248fdcf3Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a608a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03de3e02af49 bbde 4dd1 8171 bc6325aff062 112
つむじ風食堂の夜

うーん、思った以上にふんわりしてたなぁ。 私には少し合わないかなと思った。

約4年前

0cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e4087078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f8789255630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd51206cf4b903 f648 4a8d a75f f7bb6fbfb6a0000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6E6656392 c1fb 4dd0 9fa2 7853452c59d4 79
重力ピエロ

「おまえは俺に似て、嘘が下手だ」 遺伝子を、血の繋がりを、超える愛。

約4年前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab749177920415fd6 77e5 4cd2 a8fa b55ec01882a1C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c74dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e90970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aD08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b01c192d6e 61c6 42de 9918 6738857c92ea 178
哀しい予感

ゆきのさんの哀しみは、とても美しい。

約4年前

A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b2Icon user placeholder13270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c7B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f419093a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43E911f81c 2848 452b 988d e34c86a312e7 15
凍りのくじら

「少し、不在」の気持ちがよく分かる。 どこにいても違うような気がする。 誰かに話したいけれど、ぴったりくる誰かがいない。 自分とぴったりくる人と出会えたら幸せなんだろうな。

約4年前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab74917796bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d0668d3df58 fc6f 48b9 a9e2 781e5c5bda50E48de692 ede4 43d6 b985 00b1aaf35ee5Icon user placeholderE00025f0 10d5 4a8e 8971 3e4c4b15c647Icon user placeholder 168
きょうの猫村さん コミック 1-7巻セット

人間よりも人間らしい猫。 なんて温かいんだろう。

約4年前

9cc9dcd5 8d95 45e0 8e4a 72e4c8ca9919D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f98696c52a112 9d59 43ed b1ea 5a45a37a9059135b803d 7ca3 4402 8442 5d742e74d211
スヌスムムリクの恋人

性同一性障害のお話。 心と身体が一致しないというのは、想像する以上に辛い事なんだろうな。 自分を偽って生きていくのも、自分の心のままに生きていくのも、どちらを選んでも平坦な道ではないだろう。 でも、心のままに生きていける人が増える社会になっていけたらいいなと、そう思う。

約4年前

08f8e71d 25b3 4f23 a08e d8f06fa22c3d297d5d6e ac85 4426 8940 b307e022ec659ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c36cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d9745Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd1d4457e0 91f9 4e6a a7b9 78f3ec31071fAdb1f5c4 93a1 4836 8c18 d32689802e04 8
涙 下巻 新潮文庫 の 9-16

涙 というタイトルがしっくりくるくらい、涙なしでは読めない。 ほんのちょっとした事で、人生は大きく変わってしまう。 あの時こうしてればと思ってももう遅い。 ラストの沖縄でのシーンは、読み応えたっぷりで、切なくて胸が締めつけられる。 映画化して欲しい本ナンバーワン。

約4年前

人との「距離感」がわかる人、わかっていない人: “つかず離れず”が人間関係の極意

この本を読んで、無理に人との距離を縮めなくていいんだなと楽になりました。 何でも話せる友達がいる人が羨ましいって思ったり、うまくグループに入れてないんじゃないかって悩んだりした時もあったけれど、それでいいのだなと。 距離感というのは時に踏み込みすぎたり、踏み込まれすぎたりして思いもよらない方向へと進んでしまう事もある。 距離感。本当に大切な事だなと思いました。 親しき仲にも礼儀あり。まさにそれです。

約4年前

C2febbcc 4b82 467d 906a b7ec91b4e495Icon user placeholder