2d02f22a 1776 406c 8236 9564f722f0ab

Emi Kodama

本のない世界なんて考えられない。

本のない世界なんて考えられない。

20

コメントした本

木暮荘物語

大好きな本。 それぞれの職業の描き方が上手なのはさすが。 みんな、孤独で、ちょっと普通じゃなくて。そしてちょっとずつつながる。 私の人生も悪くないかもと気づかせてくれる本

約2年前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74C86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46cIcon user placeholder9d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb18567bc6d90 6b0e 46df 9561 5331dbc262f40402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00 46
旅のラゴス

日常に疲れたー、、でも旅行する時間もない。という時にこの本以上のおすすめはない。

2年前

Icon user placeholderIcon user placeholderD04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31A17e4d54 a885 4074 9743 0c029bbc6aa028c73358 fcf6 472d 9f4e 8b84c4b63a67A5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ce8f93e7c0 d3e3 4a41 8541 e0a5b6fb8dee 179
漁港の肉子ちゃん

見た目や着飾ることよりも人の内面の美しさについて気づかされる。読み終えて世界も自分も捨てたもんじゃないと前向きになれる本。

2年前

0a59e98b 99ca 4c4d 9593 34578963c9605aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dc721ff227 6404 486e a136 194741a375b465dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937e7046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4d9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff0cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18 101
富士日記〈上〉

エッセイの中で一番好き。 色褪せない。 百合子さんみたいになりたいけど絶対なれないだろうなあ。

2年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2411c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75200dd31ca7 cb82 4ea8 94ad 0aa0cbeb7bae39c415bc 0b77 40cd 838c c3d48c409e62E3e0b622 91f5 4a43 a8e8 3fffa6026ca28da0d2fb b06b 43dd 92e7 cc38c60714faAc175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e 15
美術は地域をひらく: 大地の芸術祭10の思想 Echigo-Tsumari Art Triennale Concept Book

我がバイブル。 フラムさんにサインしていただいたこの本は宝物。

2年前

モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語

小学2年の時買ってもらって何度も読んだ。 今読みたい。久しぶりにモモに会いたい。 実家の本棚に探しに行こう。

約3年前

Icon user placeholderBf05578a 4c3a 4749 9318 712a3fd31190F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd8f9d61e6 b7d3 4469 851b b1359087aec4F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d34899bb79 8a35 4ebe b351 236d636c22aa 24
二十歳の原点

うわー読んだなあ 重かったなあ 自意識、生きること、生々しく考えた初めての体験だったかもしれない。

約3年前

3e4e64a9 ebda 4a20 9f2c bd578e3113168f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b43974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5d978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cdE14e616e d5d9 4a70 8191 aa8f51ff8751 13
はてしない物語

地元の本屋の棚の高〜いとこにホコリかぶって一冊だけあってドキドキしながらお店の人に取ってもらってお年玉で買った本。 こんなにドキドキワクワクしながら読んだ本はない。 特別な本。

約3年前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff29336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e4633b3bf6a0 21b3 4983 b522 a9c5eca5d689C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a25cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113639debcd 0dab 4134 8500 ba86c4fece06 92
荒野へ

静かに衝撃で若い頃一度読んでしばらくそのままだった本。 生きるって時に吐き気がするほどに生々しい。

約3年前

783444e6 84e8 4a08 94f2 1884cb6815b7A74cabe8 fc19 4afa aa44 e14f1ca54519Bf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e16bd3bcd 3e8c 4a6e 8395 6b97cf6f35ad705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c50794fee9 42fa 41ca 8766 63230b8d1a33 20
グアテマラの弟

大好き。 はいりさんの人柄にゾッコンになる。 とても元気になれる本

約3年前

58b1ad6c 15bd 4fd6 8ca7 f2cca4795918Icon user placeholderA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fB752a251 8147 4dac 86ca 1175f9705644Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1Ec5bc46e 63a2 487d a975 aa75c5709634A1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9 32
ちょっと今から仕事やめてくる

あっという間に読める本。 自分を大事にすることに気がつける

約2年前

2fc1871d d524 44d7 a0c0 e23907368b9c71791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee4157a387f9 a406 4d2b b248 2e748f21506e3c943a73 9ccd 4150 a260 c59bf2783ac7E91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdfB3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8eE626004d fcc5 4b4d 90fa 49301e83ec56 122
月の砂漠をさばさばと

一見何気ない幸せな母娘の日常のようで、父親の不在が時に急に浮かび、お互いが優しく優しく過ごす毎日はきっと幸福で少し寂しい。 私も息子と2人暮らし。この本は2人暮らしだからこその向き合い方がすごくリアル。

2年前

9dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3ed5432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6cPictureIcon user placeholder458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bF70eca95 2013 4a38 aa88 170ef7168a41A525e0a3 247f 44f6 833e fc53728d75b6 24
新しい単位―カラー版

いやー懐かしい! シリーズ持ってた! パイナポー!!!w

2年前

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bdEd541ad3 2249 4ed9 83cf e28c1d2c0c6bDb067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade7
死者の書

した した した など擬音が多く、読んでいて頭に響く言葉から異界に呼び寄せられる気がする。 大和朝廷以前の日本のほうが政治、祭り、社会、今に通じていたり変わらないものが多いのかもと思わされる。

2年前

思いわずらうことなく愉しく生きよ

江國作品の中では、これと間宮兄弟、抱擁、あるいはライスに塩を がトップ3。 江國香織の、兄弟姉妹、家族の描き方がとても好き。 その絶妙な距離感に憧れがあるのだろうな私は。

2年前

642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae00134ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60Feead139 1717 40ab 982e cdf56221030079bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564C9f3c214 6921 4b44 8cf6 d90df8962550C27c0d60 7486 4268 a856 d2fd734e0e12 24
コロボックル物語(1) だれも知らない小さな国

佐藤さとるのコロボックルシリーズ、大好きだった。 せいたかさんが成長して結婚したりしてくのもいい。 コロボックル達がイキイキしていること、詳細な設定が見事で読んでいて映像が浮かび上がる。コロボックルにいつか出会いたいと憧れたな。 大人になって読み返しても新鮮な超名作。 個人的には、次作の豆つぶほどのちいさな犬がお気に入り。

約3年前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69654382b9d 13b0 4248 9386 1d4890d144b473c19a9e 2757 40bd ae03 8b439afeabcd
小さなスプーンおばさん

アニメも大好きだった おばさんのさっぱりしていて人(や動物)に依存しない強さとノルウェーの豊かな暮らしに憧れる。

約3年前

5e694f19 cb89 4f59 893f 467e27231afc8b153b9d 912f 460b 87ff cf2ab8fc2ad0
きいろいばけつ (あかね幼年どうわ (33))

なぜだか私にとってこの本は「妹の本」だった。 優しい絵とお話しが見事にマッチしているからずっと記憶に残るのだろうな。

約3年前

9ce666be a60a 4761 a2b9 06b0f7503c14Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa4
舟を編む

私も丁寧に生きよう。 周りと比べるのはくだらないと静かに気づかせてくれる本。

約3年前

B8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec55389886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00cBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Fa46737f a49b 4647 a8b2 be42bc0c15899f7cf140 df68 40da 8b43 f45e4d0e948fE679023c 7217 427c 9891 dfc620830ec4640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 248
遠野物語

久しぶりに再読。 美しすぎる文語体に頭に美しい映像が浮かび上がります。

約3年前

65af4a47 6844 4897 8fd5 1beb1a2ad7d879db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd