De157457 d81d 4236 837a 630e56b6b010

minoguchi

お試し中。

お試し中。

21

コメントした本

HHhH

惹きこまれて読みました。不謹慎?ながらスリリングなエンタテインメントとしても、メタフィクションとしても。そして、不穏なウクライナのニュースを耳にしながらの現代史としても。翻訳もとても良かったです。

3年前

7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be91d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aaIcon user placeholder5b3e0e8c fc60 40d2 a2b6 dedf03df98b47e68e930 618a 4d27 b317 ba0c8bcf5811 39
メディアラボ―「メディアの未来」を創造する超・頭脳集団の挑戦

そう言えばこれも絶版。

3年前

いつかぼくが帰る場所

終末モノで、この書名、装幀。手に取らないで入られませんでしたw ちょっと想像とは違ったけれど、でも結構好み。

3年前

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cD60e7796 4226 49b9 9645 0105401e8529
みんなの少年探偵団

小林少年に久しぶりに会えましたw

3年前

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d11615477181525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
帰ってきたヒトラー 上

笑いながらゾッとする…。

約4年前

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1515ec073 8e79 4fde b30b 6e52bf9836ac0c722ad8 0d8d 4f94 8600 f66bd9a7443482d1f0fb 6ca4 431a 98f6 83f3fa6a266184d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a969041a54612 759b 4c92 a0bb bf5417142ce51629c4fe a3aa 4477 9b84 3e89b8c1bf26 13
ペナンブラ氏の24時間書店

EPIC2014のロビン・スローン、と言えば読みたくなる!

約4年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09E5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea014253d4 6080 4951 9119 24735184a696248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c3C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7b9060eae1 17dc 41eb acd6 f4a40bb7e028 20
Amazing Science ―驚きのエンターテインメントサイエンス工作25

同じくO'Reillyの『Mad Science』シリーズに比べると「危険な魅力」(笑)は少々物足りないけど、そうは言っても元祖Coke & Mentosのチーム。各種の「実験」はやってみたくなるものばかりで楽しませてもらいました。YouTubeに上がっている108気筒コーク&メントス駆動ロケットカーはスゴイ。

3年前

未必のマクベス

一作目の「グリフォンズガーデン」は、瑞々しいだけにちょっと気恥ずかしくもあり、でも結構好きだったので次作を楽しみにしていたのだけど、まさか22年も待つことになるとは思わなかった(笑)。ハードボイルドなオトナの作法を身につけたものの、その裏にある処女作に通じるピュアさは、まるで本作の主人公の姿と二重写しにも思えて(そう言えば、初めて彼女に会ったのは22年前?)。 500ページ近くの長編、(物語が走りだすまでは少々長かったけど)大いに楽しませてもらいました。

3年前

3de069f4 1bb1 437b b1a7 36872e5166b158dc9b1b 3998 4829 837c 0fa266dd6b6b009a1c2e f050 4fb0 8523 47a8c53ba7b9D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b9242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a839daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71e 10
アラン・ケイ

PCやデジタルメディアの歴史の中に必ず出てくる名前ではあるけれど今までちゃんと読んだことがなかったので改めて。パーソナル・コンピュータを、単なる"道具"ではなく、ファンタサイズとコミュニケートという、人の欲求の増幅装置としてのパーソナル・ダイナミック・メディアと捉えるビジョンには、やはりワクワクさせられる。それにしても彼自身の文章(と講演録)が日本語で読める本書のような書籍が、絶版で入手しづらくなってしまっているのはとても残念。

3年前

ビッグデータ・コネクト

(例によって)業界関係者ならワクワク、ニヤニヤするであろうキーワードがたっぷりで、ほぼ一気読み。ナルホド、外字の扱いがこう効いてくるのですね。偶然にもちょっと前に『ニッポンの個人情報 「個人を特定する情報が個人情報である」と信じているすべての方へ』なんぞ読んでいたものだから、さらに楽しめ?ました。

3年前

B810b0e6 da2c 4c1c bd9c e9d9b7bdeb07369021c4 d345 4dee a038 afe10ce6229700fd99ab 5c26 4125 83c0 45b4d3550dddF641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01ac02244c9f 5871 4509 9645 997fe88738aa67f7a2b2 3359 43b5 b3df ff5061b04740A6b0ef35 9a46 455b b852 42e12b1a3197 14
オン・ザ・マップ 地図と人類の物語

いやー、これは読んでいて楽しかった。紀元前のアレクサンドリア図書館での地図に始まり、大航海時代の地図、旅行ガイドの歴史や、ゲーム内の地図、GoogleMapsにOpenStreetMapまで。地図を巡って紹介される数々のエピソードは、まさしく人が世界をどう捉えてきたかの歴史。取り上げられる地図はオンラインのアーカイブで見られるものもあるので、出典などが整理されているともっと嬉しかったかったかも。

3年前

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e965ae3b4 601e 447a b26d 5777e7981b20      2 normal
世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書

「とても参考になりました!」と言ってしまったら読み方を間違えているのではないかと思いつつ、でも実は結構参考になったりして。

約4年前

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c28a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e454421A83410b5 a37e 422b 8ecf a1452d77ea78656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2d
ぼくらの時代の本

これは関係者必読でしょ。

約4年前

E3ae656b 89a1 48db 9b5d 86eed26786e57fc36ae6 39a3 435f b6b2 b56e7d6507e6A5bf6e59 1442 45e5 b15e 8f780ca9a836Eec3817e 6dcf 48df 94ce db57c986167d57cea008 5b97 46db 9c3a f2c25b8ec2723192077b bc11 4e41 a676 3d90bade21f167f7a2b2 3359 43b5 b3df ff5061b04740 12
フレドリック・ブラウンは二度死ぬ

「ミミズ天使」が好きです。

約4年前