9e4732d6 f564 43af 9658 5d84fecaa215

Nobuyuki Iwakura

このアプリをきっかけにたくさんの本と出会…

このアプリをきっかけにたくさんの本と出会っています。

77

コメントした本

DIVE!!〈上〉

飛び込み競技を全く知らずに読みましたが、その素晴らしさと打ち込む少年たちの成長を感じながら最後は泣ける素敵な物語でした。

7か月前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c316f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c3Icon user placeholderIcon user placeholder 18
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

読んだ、もう少ししたらもう一度読む必要がある。

7か月前

F614cf0e a0c4 4301 915f eeea2cb2840b3bce1cfc b9a0 4efa 8d09 a4ed17561955535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb298d8ec4 cdf8 4a9c a1ce 87ea3679bd452b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241A481e253 310a 4904 89f1 3afdf1a4b0f6 119
ほかならぬ人へ

生きていく中で、出会う人の中には良い影響を与えてくれる人、そうでない人がいて、全ての人たちがたぶんほかならぬ人なのだろう。そして、好きになれない自分もまた自分自信のほかならぬ人なんだろうと。読んで良かったと思える一冊です。

11か月前

28c73358 fcf6 472d 9f4e 8b84c4b63a6718bb72ce a82a 4068 8428 3787e6ed8513B3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8e3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b715328f450 1704 4e03 9bef 2262be918b0747d8aefa b447 4535 8951 02a227b23309 11
光

重く問いかける作品。多分、あの震災の前に読んでいたら印象も変わっていたと思う。作者がこの作品で投げかけてくるものが、痛いくらいわかる。わかるからこそ、読み進んでいってもこの重さが『光』になる事はなかった。

約1年前

B8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec553806746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa607bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89e2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411dE8c8db05 e1e5 4fc0 a998 90340f167cb080111638 be34 4d57 94d5 59f57824a6c3Cfed8d5e a2cb 4fd7 8b2d deccb7013299 28
海岸通りポストカードカフェ

1枚の絵葉書にはいろんなストーリーがある。送る人、受け取る人、それを待つ人の想いを綴っている作品。なかなか良い感じの作品です。

1年前

流星ワゴン

主人公と似た様な思いがあった時期があり、今父親として息子とどう接しているのが良か悩んだりしていて、とても腑に落ちる内容でした。 やり直しの世界に行けても、変えることが出来ない現実。 だけど、何かは変わる。変えようとすれば!

1年前

09fe1da7 e314 43fc 8aec cbfe431f509758b1ad6c 15bd 4fd6 8ca7 f2cca47959188f93e7c0 d3e3 4a41 8541 e0a5b6fb8dee9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0Icon user placeholder 71
風に舞いあがるビニールシート

全く違う6種類の短編。 そのどれもが読んで行くとじんわり染み込んでくる感じ。 1人の作家が書いたとは思えない。 読んで良かったと思える一冊。

1年前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bIcon user placeholderE8712501 c020 4096 b020 92d2ed0fc81bEc9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f 39
風の歌を聴け

デビュー作にして、既に春樹ワールドが炸裂している。僕の場合には、深く意味を理解しようとすると迷路に迷い込んだ感覚になってくる。のだか、とても好きだ。

1年前

A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fIcon user placeholder71791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41E6348966 90b5 426e 9958 7be5af704a1b151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24150cd0b5e 01bf 40e7 9ea5 a1b4baa87a90Icon user placeholder 87
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常

1巻読んだらまた読みたくなるなぁ。

約2年前

298d8ec4 cdf8 4a9c a1ce 87ea3679bd459b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderDb0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b17ea83ab4 128f 45a7 8cc0 31aa32c415b7 27
僕は長い昼と長い夜を過ごす

この歳になると、主人公よりもナタネさんの方に感情移入してしまいます。カッコイイ! 心地よく読み進められる良い作品です。

2年前

F56ad04c 50d7 4640 b545 4a8549bcae7f46baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55Aba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82f6742c6a7 b07d 4ac5 b292 43112a5e182f8a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f475de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d6014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 11
騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

また、読む必要があるな。

7か月前

Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e633bce1cfc b9a0 4efa 8d09 a4ed175619557d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb2b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241A481e253 310a 4904 89f1 3afdf1a4b0f6 94
永遠の出口

いいね。 人生にはいろいろなストーリーがあって、その全てで今の自分がある。 読んでいて、楽しいし気持ちが少し優しくなれるよ。

9か月前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affE91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdfF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aIcon user placeholderD6c1b7f9 04c4 4330 8cbb 4a0b19fe07fdFabd1fa8 7167 4e96 9258 45a647ff2664 23
鹿男あをによし

やはり万城目さんの作品は面白い。奇想天外なストーリーが進むのですが、なぜか何回か感動して泣きそうになったり、やけに詳しい旅の本かと思うくらいの風景描写に行って見たいと思わせる。 この作品もまた好きな一冊になりました。

12か月前

642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7450cd0b5e 01bf 40e7 9ea5 a1b4baa87a90Icon user placeholder3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730fe6115e2af 5260 4d5e 85f6 336c458d391fD9a4844a adb1 4012 a813 40f86e3b59c3 26
架空の球を追う

毎回結末が良い意味で裏切られ、ちょっと笑ってしまいそうになる。短い物語の中でもその奥深さがとても好きです。

1年前

0ba9c308 95c0 49cf 96cd 16a395c0bdd8B34171db eeeb 44e7 b50d 391074db8f00
鈴木ごっこ

最後に不意を突かれた感じで、サラッと読み返してみるとなるほど、確かにと思わされた。地味に面白い作品でした。

2年前

9060eae1 17dc 41eb acd6 f4a40bb7e028014253d4 6080 4951 9119 24735184a69647d8aefa b447 4535 8951 02a227b23309Dd0fb0df b036 4c15 b0e7 05aa684912a69e4bb589 6400 496b 8c32 47d9b46d8428D70128bf 61d4 404d ae2c f281aa2c3928
カラフル

初めて森絵都さんの作品を読んだ。代表作だけあって、良い一冊だったな。

約2年前

Akiaivjyeuyp25rambwa640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311B91ba929 de95 4ce5 b8c6 9f409a93391f2786ae24 8d18 45a5 91e6 aff2848d569eF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8 177
ランドリー

心温まるストーリー。 人生そんなに悪くないよね〜〜って感じさせてくれます。

1年前

458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798bF38b0ab2 225b 497b 929b b01c0ba4658c979e3066 09a9 4e1b 861e 7e6d745183ec
夜のピクニック

最後の学校行事『歩行祭』、ひたすら歩き続けるなかで1人1人がいろいろな事を考え、感じて、仲間と歩いていく。高校生の話だけど、とても大切なことを伝えてくれる一冊でした。 また、いつか読もうと思います。

1年前

Icon user placeholder1684b64c 27f4 4f3b 8e00 067f8b30c564Icon user placeholderD90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f5640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affA5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ce755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5 254
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

学校で近代史、特に戦後の事を教えられない訳がわかったような気がする。 タイトルの『なぜ』が全て第二次大戦の敗戦、そして『敗戦国』の立場のままで今迄来たことを初めて知った。 だから、『止められない』、止める術を持てない。

約2年前

Icon user placeholder30de2297 7066 406c 99a5 792b2dd0689cE10011be ab46 4be8 a3bf 3f715462ecb85ee131da 086a 4caf a85d 98dea591fa30304bf732 6eb9 4931 ba4e f9a65fcbc7ffB46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea61359dc5426f b53e 4c79 8b93 6f206ba1e047 9
ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち

ドラマ見て気になっていたのに、ようやく読みました。読みやすきて、2巻を続けて読もうかな〜〜

約2年前

9b494686 da21 4610 9f3e 2ed9bc557f74Icon user placeholderDb0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b17ea83ab4 128f 45a7 8cc0 31aa32c415b75a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669ed0b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d85a3c9846 32d5 4ca6 8608 3339e6a1c902 32