9e4732d6 f564 43af 9658 5d84fecaa215

Nobuyuki Iwakura

このアプリをきっかけにたくさんの本と出会…

このアプリをきっかけにたくさんの本と出会っています。

72

コメントした本

51gsu6b1asl

生きていく中で、出会う人の中には良い影響を与えてくれる人、そうでない人がいて、全ての人たちがたぶんほかならぬ人なのだろう。そして、好きになれない自分もまた自分自信のほかならぬ人なんだろうと。読んで良かったと思える一冊です。

10日前

3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b715328f450 1704 4e03 9bef 2262be918b0747d8aefa b447 4535 8951 02a227b23309510ec7e8 5b27 4007 a575 937750ffb13403e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d22004b2c7497 b253 4151 89ec f2871b12b96c 8
41wdibvyn%2bl

重く問いかける作品。多分、あの震災の前に読んでいたら印象も変わっていたと思う。作者がこの作品で投げかけてくるものが、痛いくらいわかる。わかるからこそ、読み進んでいってもこの重さが『光』になる事はなかった。

2か月前

De6be13d cee9 4893 b9d0 b39a77ed099b71fe097c 19dd 4aad acae 71aee64f6d24E610c404 31c6 45dd 8f38 e11b199c01d25be00b05 8d12 46cc 9903 a9b92af27380B1e1383c 105e 4290 933a db9c358d12c3922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d90049a56 142a 4133 b389 c842e470feb6 14
41rz7plwcyl

1枚の絵葉書にはいろんなストーリーがある。送る人、受け取る人、それを待つ人の想いを綴っている作品。なかなか良い感じの作品です。

7か月前

41sb13trhvl

主人公と似た様な思いがあった時期があり、今父親として息子とどう接しているのが良か悩んだりしていて、とても腑に落ちる内容でした。 やり直しの世界に行けても、変えることが出来ない現実。 だけど、何かは変わる。変えようとすれば!

8か月前

Ecbb725c 698c 4995 9709 570c4885e61636e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981b3fd5ed25 07c5 426e ad39 b7ea9b6da2a3C72ea412 349d 4b17 b67b 50371ec69542883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040931e5429e9 841c 4bb1 9aa6 0f887dd19903523444ec 4de4 4a25 9227 16bbf1a99342 45
411txmrgvzl

全く違う6種類の短編。 そのどれもが読んで行くとじんわり染み込んでくる感じ。 1人の作家が書いたとは思えない。 読んで良かったと思える一冊。

9か月前

88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cAfdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b6a1da5e7 d421 4720 8de6 95843dccf326E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f419097a2cea3a 0bbc 4db6 b43f 803eeb689b1272106345 b50e 4add 8b7f b75f9f636a24 24
21jxnbhkbal

デビュー作にして、既に春樹ワールドが炸裂している。僕の場合には、深く意味を理解しようとすると迷路に迷い込んだ感覚になってくる。のだか、とても好きだ。

10か月前

458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b806a4a5a c204 4327 bf9c 34a4ffb5482f54b61ab2 431f 4207 86f5 192676cadd1792b16e90 982d 4518 b65e 99fb68d4b3887ca76e39 8ee5 4881 93a3 5e6f31ddb791412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f47a2cea3a 0bbc 4db6 b43f 803eeb689b12 58
51a93hrp0 l

1巻読んだらまた読みたくなるなぁ。

11か月前

534be5e6 2dc9 4113 9ecf a65b448dbc8d7ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5e9fb79438 eab9 4d97 a4b8 f0c92db683439ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b666dabfade b5db 41b4 a124 d72edf67791b8e3de5c8 1857 4de6 8ffc d32e35052b35E7b02377 24b8 4102 a5af b06d83291547 18
51fmezxn3sl

この歳になると、主人公よりもナタネさんの方に感情移入してしまいます。カッコイイ! 心地よく読み進められる良い作品です。

1年前

46baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55Aba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82f6742c6a7 b07d 4ac5 b292 43112a5e182f8a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f475de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d6014253d4 6080 4951 9119 24735184a69622b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e7 11
51iivmdhunl

何という世界観!個性豊かな登場人物たちが最高です!!オモチロすぎます。

約1年前

10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0bAfdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae001Eb4efb3a 7016 434c b55c 9e8b88e76264Bc8c885b e34f 4422 900d bcf040996b5b3e4e64a9 ebda 4a20 9f2c bd578e3113167d0741fb 5976 461c b971 dd39c21fcaa95f789a04 8222 44bc 9511 709d5bd5fcee 224
41w8jz98jal

すーっ読める一冊でした。僕の中でも共感できるところもあり、女性ってこんな事を思いながら日々を過ごしてたりするんだと、女性の目線で文章に出来る吉田修一さんに少し驚きです。

約1年前

562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cEace58e6 3505 4547 b60b 0ac3f88158793fa75552 5f14 48ec a840 1c54033915b7E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a11c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce80b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d6944 11
51o8zwx9i4l

やはり万城目さんの作品は面白い。奇想天外なストーリーが進むのですが、なぜか何回か感動して泣きそうになったり、やけに詳しい旅の本かと思うくらいの風景描写に行って見たいと思わせる。 この作品もまた好きな一冊になりました。

約1か月前

3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bC23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7b136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730fe6115e2af 5260 4d5e 85f6 336c458d391fD9a4844a adb1 4012 a813 40f86e3b59c3D917b33c c0ed 4ff2 ba57 fd7642263b7811c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce8 24
51zfg50ss7l

毎回結末が良い意味で裏切られ、ちょっと笑ってしまいそうになる。短い物語の中でもその奥深さがとても好きです。

6か月前

0ba9c308 95c0 49cf 96cd 16a395c0bdd8B34171db eeeb 44e7 b50d 391074db8f00
51z0litzwwl

最後に不意を突かれた感じで、サラッと読み返してみるとなるほど、確かにと思わされた。地味に面白い作品でした。

約2年前

9060eae1 17dc 41eb acd6 f4a40bb7e028014253d4 6080 4951 9119 24735184a69647d8aefa b447 4535 8951 02a227b23309Dd0fb0df b036 4c15 b0e7 05aa684912a69e4bb589 6400 496b 8c32 47d9b46d8428D70128bf 61d4 404d ae2c f281aa2c3928
41f6nlmfl6l

初めて森絵都さんの作品を読んだ。代表作だけあって、良い一冊だったな。

11か月前

12a74bf5 ca22 4b9d ba62 674f1edfd78aE153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e0147Efb31295 6ffe 4bd4 adab b364bbfddc650ba9c308 95c0 49cf 96cd 16a395c0bdd854b61ab2 431f 4207 86f5 192676cadd1755726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e77243fd5ed25 07c5 426e ad39 b7ea9b6da2a3 128
41d9ygr4kwl

心温まるストーリー。 人生そんなに悪くないよね〜〜って感じさせてくれます。

10か月前

3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798bF38b0ab2 225b 497b 929b b01c0ba4658c979e3066 09a9 4e1b 861e 7e6d745183ec
41nry8wpmll

最後の学校行事『歩行祭』、ひたすら歩き続けるなかで1人1人がいろいろな事を考え、感じて、仲間と歩いていく。高校生の話だけど、とても大切なことを伝えてくれる一冊でした。 また、いつか読もうと思います。

10か月前

C0cd48bc 6b3b 49f2 bc91 92597d184bcc12a74bf5 ca22 4b9d ba62 674f1edfd78a0bee4c8d fbee 404f 97c4 be62a4b6a05f103d7ae9 bf09 4d0e 8b6a 246883db167278d11b03 4372 4070 b3a0 f36ef6ff662b8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa63431f95 baa0 45f1 a133 e2115e25ab7e 137
51ohm6afyhl

学校で近代史、特に戦後の事を教えられない訳がわかったような気がする。 タイトルの『なぜ』が全て第二次大戦の敗戦、そして『敗戦国』の立場のままで今迄来たことを初めて知った。 だから、『止められない』、止める術を持てない。

11か月前

30de2297 7066 406c 99a5 792b2dd0689cE10011be ab46 4be8 a3bf 3f715462ecb85ee131da 086a 4caf a85d 98dea591fa30304bf732 6eb9 4931 ba4e f9a65fcbc7ffB46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea61359dc5426f b53e 4c79 8b93 6f206ba1e047E6ff5430 0347 46a8 aece 30edb8074ca6 8
51glugwotal

ドラマ見て気になっていたのに、ようやく読みました。読みやすきて、2巻を続けて読もうかな〜〜

約1年前

534be5e6 2dc9 4113 9ecf a65b448dbc8dB4f0ccae 34de 47a8 a150 5c46e2c373067ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5eA4a00c23 4740 4b7b b247 7658a77e7ab19fb79438 eab9 4d97 a4b8 f0c92db683439ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b666dabfade b5db 41b4 a124 d72edf67791b 26
51yz8qz1vyl

どのストーリーも味がある中、僕は『日曜日の運勢』が良かったな。 『たとえば、誰かに親切にしてやりたい〜』の所がしみる。

約1年前

562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31014253d4 6080 4951 9119 24735184a6965990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b95b34824b 851e 4b5d 8a4b e970271f60b23fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798b
514f%2bg7jeml

原作を読んでからの映画を観てしまいました。原作の世界観はやはり映像では表現できない、その位面白い!!

1年前

75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03523444ec 4de4 4a25 9227 16bbf1a99342Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2B9ccf6c7 6ff3 4279 be26 63f43dbbc1096115e2af 5260 4d5e 85f6 336c458d391f6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b8a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4 35