3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb

あー

ずっと透き通る水色のような透明でありたい…

ずっと透き通る水色のような透明でありたい。

112

コメントした本

溺レる

この人の本にはハッとさせられる。 それは音楽で言えば、メロディーが素敵だからとかではない、何か根底にある表現に心を揺さぶられる感覚に似てる。 そういう複雑なものだから、何にハッとしてるのか、よく分からない。よく分からない切ない気持ちになるから好きなんだよな。

約1年前

88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cC971a050 39cb 44ec 81d3 4aa3e529e41b4692462d e698 4e50 8343 f3ac63fbbe39D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f999abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd60336e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981bE200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909 14
命売ります

惜しむものがないという無敵さ

約1年前

9a042a3b c765 497d a396 72617cab0e5508046b58 10fc 4538 ad28 8bc6ce8e348a99c34dfb 21d9 496d 9296 290523ef6837De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b073bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7c2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c 79
もし僕らのことばがウィスキーであったなら

ゆっくり読みたい本

1年前

242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa2f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fcBf3cc9c3 bfba 4438 b90d e46137074ccf4d222427 8c2d 4a3f 8065 ce8c79c5a272D14c65f0 6335 4953 a3c1 bdc4eb3dabd8993e1554 b2db 4062 8b0a 05cb4b3717f70f7503ec f720 4b67 8326 7397152d217c 11
Nのために

究極の愛はすなわち罪の共有、なの。

約2年前

2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a0452670baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b02786ae24 8d18 45a5 91e6 aff2848d569eA287ba40 2de9 4e39 ab54 3b4ed1c5db4a26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8 88
止まりだしたら走らない

こんな風に色んなもの、ささいなものを見つめられたら人生つまらない日なんてなさそうだなと。

約3年前

8a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e45442126ac4fbb 7af5 4cb6 b038 0066eefd1f153fecc66b 92c0 454a 993f 4870d87722a0014253d4 6080 4951 9119 24735184a696C331661e 1ede 41aa 883b 3793cac97ede06c4cd57 92a0 4ffb ae8b 84d8aaca53a44a17af4b 57ff 4d7e 881e 048a0be2670d 14
天切り松闇がたり 第五巻 ライムライト

生き様が素晴らしい

2年前

アンソロジー おやつ

甘くて小さな宝石のよう

2年前

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60Bcef4f07 681e 45ad b000 bac28e96850856c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16fB4e41110 b2dc 4212 a002 9adf060c06f6
木曜組曲

絶対的な人を中心に置く感じがこの人らしくて好き

約1年前

3f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66E5cc0169 6616 4783 aa92 f5c1da5d3a1cBd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb238aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a218611261c 1ad0 4233 a307 927ad28eccc09a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff 14
ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻

すごく長いからめんどくさいとか全然無い。 まだ子供だからなんて思ってはいけない、大人を凌ぐような心の複雑さを彼らは持てあましてる。

約1年前

52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f6ad43702 cb02 47b4 89fd 60c9f90cef4514357dc9 c08c 4092 9101 cd7cb9b3d23a9e66700e 2e7e 41db aeeb c94aa48d43a935278b44 cbce 4679 a22e 94a999461af1C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249911887da38 3934 4a69 9419 3975f33c0161 38
絶対音感

本当に自分のこれは才能なのか、自分で知りたくて。

1年前

ドラママチ

満たされないのにただ待つことしかできないところ私にそっくりだなって情けないほど不安になる。角田さんはありふれた人を書くの上手だよね。

約2年前

E4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ffBcea89aa 021f 4633 8bb4 9c85f19bc21300d7f2b7 f7df 42aa b8aa 08d6aa31f01f5990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b94819cdbb 3b6a 4837 9319 282b601a632d
少女は卒業しない

ああ、卒業したくなかったな。

約2年前

Icon user placeholderIcon user placeholderA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869029ad0fddd fe30 4f7e 87ab d4d92d90b3a059b5d0d7 efdb 4f49 85bd 375a1d54ba859d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb185 52
いつも彼らはどこかに

ひっそりと。だけど、たくましく、したたかに。

2年前

母性

愛とは、全てが美しいものとは限らない

2年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2414db841bf b089 4d8c 9b59 60f5e7e091daF608cdee 3e28 4744 945d 9f4a84ace94199f95e5d 5784 44f5 a733 b7aae28c2b4d
僕は小説が書けない

キャラクターに少し捻りが無いように感じたが、読みやすくて後味も良かった

2年前

Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda821e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d
長い終わりが始まる

ありふれた人にスポットを当てる

2年前

9ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e6635E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909B5bae9c5 8152 48d9 8fed 5d8d01809b24