3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb

あー

ずっと透き通る水色のような透明でありたい…

ずっと透き通る水色のような透明でありたい。

112

コメントした本

溺レる

この人の本にはハッとさせられる。 それは音楽で言えば、メロディーが素敵だからとかではない、何か根底にある表現に心を揺さぶられる感覚に似てる。 そういう複雑なものだから、何にハッとしてるのか、よく分からない。よく分からない切ない気持ちになるから好きなんだよな。

約2年前

F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683a88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cC971a050 39cb 44ec 81d3 4aa3e529e41b4692462d e698 4e50 8343 f3ac63fbbe39D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f999abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd60336e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981b 15
命売ります

惜しむものがないという無敵さ

約2年前

0906b403 a7cf 4775 bdd5 8082f181150a8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe2fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbf801196d5 8c77 4f11 b225 35cc4b0d120eD6cfad9f 7539 4187 b064 2449c9588bba9c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaaDd00e078 f2a8 4deb b55a 4d6458e39248 92
もし僕らのことばがウィスキーであったなら

ゆっくり読みたい本

2年前

16e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6e242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa2f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fcBf3cc9c3 bfba 4438 b90d e46137074ccf4d222427 8c2d 4a3f 8065 ce8c79c5a272D14c65f0 6335 4953 a3c1 bdc4eb3dabd8993e1554 b2db 4062 8b0a 05cb4b3717f7 12
Nのために

究極の愛はすなわち罪の共有、なの。

約3年前

9f19ab50 003d 4bf1 8278 b5b8db6433ffE1cee4b1 3328 454e 8fb0 fc36297c5bf02ad7e2e2 cade 4e64 90be fee468ab48ee86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c51891b8601f 9318 45fd 8c1d c46f7b11acf5Icon user placeholderA3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35b 133
止まりだしたら走らない

こんな風に色んなもの、ささいなものを見つめられたら人生つまらない日なんてなさそうだなと。

約4年前

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837625e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f61644836f62 c5ba 41c1 aa7b 4dec913c11fdE8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d11615477186c203172 9338 4f25 8b69 7e892d67b668Icon user placeholder5e67413a 7456 49bd 8566 0b5dd4f8ea99 23
天切り松闇がたり 第五巻 ライムライト

生き様が素晴らしい

3年前

アンソロジー おやつ

甘くて小さな宝石のよう

3年前

C0090ae7 73c7 4ae1 bb38 c0aaad78b49f34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60Bcef4f07 681e 45ad b000 bac28e96850856c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16fB4e41110 b2dc 4212 a002 9adf060c06f6
木曜組曲

絶対的な人を中心に置く感じがこの人らしくて好き

約2年前

B44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf16bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06D6ccf8be 3e9a 4954 a19a 32116cce0d6eB8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec5538E60d665d 8e63 47e5 bc6f 9b04dae698caIcon user placeholder4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc 24
ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻

すごく長いからめんどくさいとか全然無い。 まだ子供だからなんて思ってはいけない、大人を凌ぐような心の複雑さを彼らは持てあましてる。

2年前

037272b4 36ec 4d4e 8986 1219f151b450Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053F5eff2ab da04 43cc 8868 e7752c524dffF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e0374c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b56bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d06425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d 47
絶対音感

本当に自分のこれは才能なのか、自分で知りたくて。

2年前

Icon user placeholderF08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28
ドラママチ

満たされないのにただ待つことしかできないところ私にそっくりだなって情けないほど不安になる。角田さんはありふれた人を書くの上手だよね。

約3年前

E4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ffBcea89aa 021f 4633 8bb4 9c85f19bc21300d7f2b7 f7df 42aa b8aa 08d6aa31f01f5990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b94819cdbb 3b6a 4837 9319 282b601a632d
少女は卒業しない

ああ、卒業したくなかったな。

約3年前

39a2c783 5d30 403a 9345 79c2cca297f10ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b306d24ad a35d 4741 ab55 6db05468d04d538eee8c 0672 4b8f 85e7 c4c452d8850f5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f761cc491 2dfa 46e5 bfb1 d5fbcaec9228D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29 63
いつも彼らはどこかに

ひっそりと。だけど、たくましく、したたかに。

3年前

56a03690 63b8 4975 853f fac13092849bB0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a548b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988
母性

愛とは、全てが美しいものとは限らない

3年前

9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241F608cdee 3e28 4744 945d 9f4a84ace94199f95e5d 5784 44f5 a733 b7aae28c2b4d
僕は小説が書けない

キャラクターに少し捻りが無いように感じたが、読みやすくて後味も良かった

3年前

1a56b188 0482 481c 80ae 75c2690439e45b4b7c22 d274 4b47 a0c1 cf88966cf001Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda821e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d
長い終わりが始まる

ありふれた人にスポットを当てる

3年前

9ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e6635E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909B5bae9c5 8152 48d9 8fed 5d8d01809b24