Ba27d6df cb5f 4dbe 8163 86b863c689ad

ヨリ

18

18

6

コメントした本

41q%2bdnmsqnl

前から読もう読もう、そう思って今日やっと読み終えた。もっと早くに知っておきたかったな、と。もしかしたら明日自分が死ぬかもしれないから。主人公はごく普通な 『僕』なのにこの物語は、人の見えない内側の感情を揺さぶる。それは、『僕』だからできたことなのかもしれない。当たり前に生きてきた、普通だと思っていた人生も、ひとつひとつを思い出してみれば、どれひとつとして同じ思い出はない。その時の、空気、景色、音、色、感情。人が持つ五感すべてで感じたことに、全く同じ記憶はないんだよ。その時は、辛い思い出であったとしても、何年も経てば幸せな、温かな思い出にだってなり得る。でも、それに気付く前に人生が終わるかもしれない。人生はそんな儚いもの。だからこそ、時にはかっこ悪くても死にものぐるいで生きなくてはならないし、その時々を楽しまないといけない。あくまでもそれを優しく諭すように語るこの物語。また必ず読みたくなるんだろうな。

5か月前

0bee4c8d fbee 404f 97c4 be62a4b6a05fAc00b21d 6d98 4f76 80ed 3e1791e8169472106345 b50e 4add 8b7f b75f9f636a249391183f 034b 418a ab0a 22bc404a110eEfa81d9c 8eb9 4a44 b075 7a51dee0d5d9Bd56352d d484 4313 b668 66f728996fb5Bef097c9 c4ad 412f 809f 1541c31bffc2 12