05a91638 748b 4594 b06b 43968fc1d6f9

こば

信州から上洛した大学生。字が読めます。

信州から上洛した大学生。字が読めます。

55

コメントした本

とにかく散歩いたしましょう

穏やかで優しい日々の生活が、読んでいて心地よいエッセイです。ふとした瞬間の感情の機微を、ぴったりな言葉で表してくれる、そんな本。優しさと暖かさとちょっぴりのかなしさが、心をじんわり温かくしてくれました。

3年前

3a90241f 368a 479d b478 4026c384e02bB0107b7a f449 4a64 a939 34a41ef6c632
ポケットに名言を

気がついたら、たくさん付箋がついていた。

3年前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c91050f17 c612 4bcc 8c1a 15dd4589a5fcBa706546 71cd 4fb6 b8b9 81c79853f170894d171a b1a3 4e1f a614 e852f6a9356d77404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba4746151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b71 27
二度寝とは、遠くにありて想うもの

対人関係や孤独感を深く深く見つめながらも、豆腐を食べるようにさらりと解釈してしまう。そういう、胃にするする落ちてくるスッキリ感を感じました。

3年前

F0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683a29e03e5d 6a8c 49f6 b909 765b24497870Aff73892 7cfd 481e 972f 008ac8285e60
7月24日通り

裏切りのない安心感と優しさを一貫して受け取れる本です。 本を読まない友達に、映画と一緒にオススメしたい。

3年前

Icon user placeholder0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241E4d95eeb 066f 4a10 abd9 81fa9fe6f8ff2c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86Abcbaea3 a181 4074 b32c 7fbe24b4f67cAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1 18
犬とハモニカ

読む時々で味が変わる本

3年前

754a9910 81ca 4acb 8178 cc34bcc09b0805d8182e 87bc 48b6 a94a 50615cb7dd380402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a008aa4f57f eccf 4fa7 81aa 401766b543de2b0f55be 9aeb 4c07 b382 4b5f01630870A97e75d5 e067 4c06 84ff 3618b32d33c08a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4 25
それからはスープのことばかり考えて暮らした

料理が好きな友達にオススメしました

3年前

Icon user placeholderCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921848cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64Icon user placeholderC679b118 7132 4af8 91da 063ee59d46215d2cecc3 524c 4f65 9472 0c1856e45860147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e 83
きいろいゾウ

モヤモヤとスッキリの合間で、根拠のない安心感に包まれながら心地よく読み終わりました

3年前

F74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937eca43a8ebab 3fdc 430e a11a d82d8e82047a677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6A9a2506b ab4a 4e8e 8877 8928df274ee8F7a1302b ab9e 4c05 82ee 2e133855b37eIcon user placeholderIcon user placeholder 86
あしながおじさん

8歳だった私を本好きにしてくれた大切な一冊。

3年前

9ba6bc87 098d 46ee a043 8eb8a02117e6A7761463 4ed4 4132 b4bb ff65317b1197A624c1d2 6eb0 4e2c af3b 5725754c206619417329 4e84 446d b72e 809e2c04caae
針がとぶ - Goodbye Porkpie Hat

気がつくと手許にある本

3年前

84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7F5fa4a1e 794c 4d04 b989 47afc9e23379989ccdb3 7f32 4c95 8137 1a85fa9487c78a3c6c69 7e82 4ce3 b03d 6811f4e797c45cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc208a27b67 a736 4d2a 9a8a a0644f0b51c077404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba4746 28
蛇を踏む

異世界と繋がれたい時に読む本

3年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd49c0ee70 38c3 41be a15a bcf2aa76a72452bd9325 ad4e 4e79 bb55 f580f1d324aeEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09C722804d 59f6 4ff7 bab0 1f332dba7df0D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0C6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d0 25
ひとり暮らし

書店で目が合ったので購入したもの。鼻歌のように口ずさめるまで覚えてしまったくらい、体にすんなり染み透る詩の数々。そんな詩をつくる人の、どこかユーモラスで愛おしいエッセイです。「恋は大袈裟」「とりとめもなく」が特に好きだなあと感じました。

3年前

C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26cCb6d2117 b602 4d7b a460 1c32617d95ceFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deIcon user placeholderC0f1b25d 259d 4ef9 b96c e1054c12c3854c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b55aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5be 34
まほろ駅前多田便利軒

読書と読書の間に、休憩の読書として読める手軽さ。ずっと手が出せなかったけど、退屈な長旅列車で読むのに丁度良かったです。スピード感があるような、ゆったり時間が流れているような、変な足取りの本です。登場人物が濃ゆい。

3年前

F749d092 b7b0 41b1 982b 6eba9729985050fa3f9e 695d 42e8 8d6d ba924f96c0eaDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eB8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec553880c53aa4 34ca 4e28 addc 8b268be3bda406746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6183ef138 2e26 409d b21e 97ffef78e28f 86
横道世之介

友達と話していたら「あれ?そんな話だっけ」という食い違いが起こったので、再読。そうそう、こういう話だった。世之介がどうしたって憎めない話。

3年前

F749d092 b7b0 41b1 982b 6eba9729985000b9dca2 2f0b 450e 9964 f0cc8b8c69fbIcon user placeholderIcon user placeholder37f3507f 1cdc 49ce 8cd9 9b6d71a1732b1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d 69
深い河

「根本と向き合うこと」に向き合える本

3年前

Icon user placeholderEdcd869d b717 48e7 88d8 8a04119e2b174b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c060Icon user placeholderBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affIcon user placeholder 35
京都読書さんぽ

住むからには歩き尽くしてやろうという意気込みで購入。地図も見やすいです

3年前

少し変わった子あります

爽やかな冷静さを保ったまま読破しました

3年前

Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b88eef93e a686 436e a004 0e3648fcbe22A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67eb6c22b926 4f4e 412d 83bf b6c62a6a69bc171b7f9a 6308 4c59 859e bd499a18c7dd1ef99d9a 7b86 4330 aebd 49b589d668abEb17372f 55dd 4e88 b0b5 f68ba916d4d3 9
ちょうちんそで

読み終わってしまうのが寂しくて、勿体振って読んだ

3年前

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec93b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890fe53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a23f7bdb3 304b 4883 832c 19739b0d53f16af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fdF3b71d96 12cc 400f 85cd 8bbe2a8db2195990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b9 21
なずな

子どもを育てたことはないのに、なぜか懐かしい気持ちになる。親に育てられてきたこれまでのことを、改めて思い出しているのかも。

3年前

F7cd00f5 d3ed 4475 8cea 58f6ae5cf7edF766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44Bc0e4f44 2050 4f0c 842f 74aa43c2b87aCe28e02c 9ada 481f 9277 f0f0636950f5
きらきらひかる

みんなに読んでもらいたい本。誰にも教えたくない本。

3年前

425d509c 2ae0 4be2 96ce 4d2b489aa46b08f8e71d 25b3 4f23 a08e d8f06fa22c3dIcon user placeholder3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beIcon user placeholderIcon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e 124
古道具 中野商店

どんな気分の時であっても心地よく読める本

3年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24147ef7035 ea8a 4204 be55 7d6f5dc34dfd2a3746a1 15dd 4d38 a5ff 8f45d7e95686Eda3fd66 ae9b 4852 a5ce f2a705f2a6d6978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c26662bb11 53a1 4949 bd28 80ad8193b04e