D70128bf 61d4 404d ae2c f281aa2c3928

no.32

読書を取り上げたら1日何をして過ごせば良…

読書を取り上げたら1日何をして過ごせば良いのか分からないくらい他にやることがないのです。悪い意味で。そう、悪い意味で、です。 東京都在住。

31

コメントした本

怒り(上)

例えば、ほんの些細なことで相手を疑いはじめてしまったら疑心暗鬼に陥って、一日中悶々と過ごしてしまう。こんなことは誰にでも何処にでもあるわけだけど、人を最後まで信じることよりも、疑うことの方が多分簡単で楽だからなんだろうと思う。 『怒り』は、「それでも誰かを最後まで信じられるかどうか」を、もしからしたら相手が殺人事件の犯人なのではないだろうかという究極の状況で描く小説だ。 愛子は田代を、優馬は直人を、泉と辰哉は田中を信じ続けることが出来るのか。事件を追う刑事北見は恋人との関係をハッキリさせつつ犯人を逮捕出来るのか。というパートに分かれて進む物語がそれぞれの結末を迎えたとき、「信じること」の困難さと大切さ、そして何より人間という生き物の弱さと強さが開示される。

約2年前

D64b3a18 41aa 4374 8b45 2936e7253274A3117d24 5880 4a6c b095 379d6198574b1a58a418 9404 4011 85da d661916a181f0629c3ec bdba 462b b371 01bd3046342252cf3300 0137 4bc1 9eaf b81a72337a319b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee 54
ブラフマンの埋葬

喪失感。色々な読み方が出来るけど、まず最初に読み終えて心中にひろがるのはこの感情だ。

約2年前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991C27c0d60 7486 4268 a856 d2fd734e0e1227443808 43ee 456c 9f78 08885dbadd85D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef315dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Bd080493 0c94 44e6 8353 048ac9ddba3639a5c57b 21e2 4ea5 919b 7cb7bdcbf9e3 8
悼む人〈上〉

抽象的にならざるを得ない死を、どうしたら具体的に扱えるか、という問いを投げかけてくる小説。

2年前

Bd3ef171 d3f8 477e 9e12 ef3b5ddc2770151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Bcea89aa 021f 4633 8bb4 9c85f19bc2130102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd3434d30eff 38a9 46ad bf35 3ab7420b1840C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746C90af09e baf2 4bf0 8186 c80c3c1a5617 13
親鸞 激動篇(上)

どんなことでもそうだが、己の道を行く、ということには覚悟と強靭な精神力とが必要だ。 法然と離別した親鸞が師の教えを自問自答しながら広めつつ乗り越えようとしてしてゆく様が見事に活写されている。 新しい道は、己の道は、悩み苦しみながら少しずつひらかれていくのだ。どんなことでも。

2年前

Fec2bd41 fc34 43f8 b56f 3af0a519abbc6f117f03 9dd3 407e 83c0 76940e3420d0498a5a64 3d15 4461 9b73 b69aa5810965
赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉

「グリーンゲイブルズのアン」を、腹案もあったみたいだが「赤毛のアン」と訳したのは秀逸だ。アンのキャラクターを上手く表現したタイトルだし、馴染みやすい。 サザエさん的、あるいはもっと言えば水戸黄門的な面白さ。 他の訳者でも読んでみたい。

2年前

B8c0ac07 fc92 401c a767 e827d39b1f7eFa338592 ac40 47ab 9162 b199065078003918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2b11a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5f2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74 35
アブラクサスの祭

言葉=意味が溶解した場所が確かにあって、そこはきっと素晴らしいと信じることが出来る小説。また、ある種の芸術論でもある。「芸術は爆発だ」との謂はこの小説の中で到達されるレベルで理解されるべきものだ。

2年前

センセイの鞄

「割れ鍋に綴じ蓋」とはどのような意味か、と問われたら、この小説を紹介するのが良いだろう。どんな辞書を引いてきてもこの作品に勝る説明なんか載っていない。 37才のツキコと老年のセンセイという人間同士の距離感のある結びつきが堪らない。付かず離れず、しかし固くしなやかに結び合っていてそれが結果として恋愛小説らしく描かれはするが、眼目はこの「結びつき」の方である。男女の、男同士の、女同士の、ではなく、人間と人間の結びつき。哀しみ、喜び、孤独など色々なものを抱えて生きている一個の人間同士が寄り添って生きる、という結びつき。 ここに描かれる関係は、人と人とが結ばれる、という状態の極北といっても差し支えないものだと思う。

2年前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Aea5d3b6 668d 4ea9 a2cf 5ce45158a91b2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fIcon user placeholderE153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e0147C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2E94f8ff0 5578 4082 9a48 36ad15b20e9f 72
f植物園の巣穴

自分の過去を「心」を摘んでしまった語り手が、不思議な登場人物たちに導かれ忘れていたものを取り戻し再生する物語。 ある種の通過儀礼を描いたものだが「分からなさ」が半端ない。犬の「家内」に雌鶏頭の大家などといった半人半獣が出てきたり、足を踏み入れる度に生えている植物種が変わっている場所等々数え上げたらキリがない。「一般常識」では考えられないものごとが当たり前のように展開する。語り手は「科学的論理的」思考を必要とする植物園の園丁として働いているのでことごとくこれらの「分からなさ」と対峙しなんとか筋道を立てようとする。これは読者たる我々も同じで、語り手の困惑は即ち我々の困惑であり「分からなさ」である。しかしながら、物語が進みひとつずつの「分からなさ」や「一般常識」の境界が融解し「理解」が語り手(読者)に浸潤したとき、蛹から蝶になるかのような新しい世界が目の前に開けている。 「子供から大人へ」という階梯を登るための通過儀礼は幼年期の「死」を経験させ成人として再生させる装置であるが、こんなにも豊かで美しい「通過儀礼」はあっただろうか。

2年前

Icon user placeholder57e85b59 b329 45cd a1de 474ab796dd3738aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a218f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa77bf3324 ab8b 4c15 8fcc 5c5388d9462b600a3fbd bb93 408a 9968 2e7a13cdcfd1687185a2 89aa 4a9e a3e5 abba3f8b3bb6 8
まほろ駅前多田便利軒

人が人によって(多分)幸せな方向へと向かわせられる物語。

2年前

Eae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e111a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fIcon user placeholderF3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10B8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec5538E679023c 7217 427c 9891 dfc620830ec4E13093ee 1df3 4ff4 9b9a 98d18d2084b9 70
火星の人

いやはやマイッタ。火星でただ独りサバイバルなんて、孤独過ぎるし絶望しかないし、もしかしたら死んだほうがマシかもしれない状況なのに、ただ独りの男マークは決して生きること、地球に戻ることを諦めない。ユーモアだって忘れない。 出てくる用語や火星の環境が分からなく(イメージし辛く)ても、分かる!襲ってくる難題が突拍子も無いところも無いし、合理的な困難だから読んでいても納得出来るのだ。そしてこの困難に向かっていくマークの賢さや冷静さがシビれるのなんのって。500ページ以上あるのに一気読み!

約3年前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dF641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01ac27dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f51fda9304 1a57 4067 a562 0a228064933e469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae3Bb0d6aee befc 4e8e a9fc 2b577472e979A27cd244 2720 433d af04 8206c50748d8 31
田村はまだか

読み進めていく間にむくむくと沸き起こる心中の「感じ」が読後も長く尾を引く小説だ。 人を待つ、という宙ぶらりんの時間がこんなにも豊かで濃密であり得るなんて、とても素敵なことだと思う。

約2年前

Icon user placeholder01ffa45a 8d0f 46bb 8959 f4b7c29566b9Efa81d9c 8eb9 4a44 b075 7a51dee0d5d988630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31
阿修羅

人間とは何か、何をもって個人といえるのか、という普遍的なテーマを解離性同一性障害をモチーフにして語られる作品。

約2年前

「棲み分け」の世界史―欧米はなぜ覇権を握ったのか

「棲み分け」という概念を使って、どうして欧米諸国が世界の「中心」に位置しているのかを説明する論考。 「若い人向けに書いた」と言明している通り、分かりやすく読みやすい。日本も照準に入っていて、どうして現在日本が欧米寄りの立場にあるのかも解説されている。 納得させられる部分も多く、なかなか面白い。

2年前

親鸞(上)

親鸞が親鸞になってゆくまでの物語。自己の心中と仏法との間の矛盾に苦しみつつ一つ一つを選択してゆく様に時間を忘れて没頭した。

2年前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f6f117f03 9dd3 407e 83c0 76940e3420d0498a5a64 3d15 4461 9b73 b69aa581096582202e5f a02e 4c94 811e 5aaed0e29fce
伊藤計劃トリビュート

藤井太洋と長谷敏司が面白い。長谷敏司はドン・ウィンズロウを彷彿させるバイオレンスぶり。続きを読みたい。

2年前

2aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab785b8a647 6ba7 4f84 85f8 1c0091d2e3bbC8ab4ca0 717e 41de af3d e9585900837328bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869
水中考古学 - クレオパトラ宮殿から元寇船、タイタニックまで

この本で「水中考古学」という学問を知る。 水中にはまだまだ歴史のロマンが眠っている。「陸上からみた歴史」では分からなかったことやはっきり証拠付けされていなかったことなどが、沈没船や水中遺跡が発見発掘されたことで明らかになる。クレオパトラの宮殿なんかはその最たるものだろう。 まだ若い領域(誕生してから55年)だが、これからの歴史研究は計り知れないほど重要な知見を水中から得られるようになるはずだ。

2年前

人質の朗読会

各々の「自分の中にしまわれている過去、未来がどうあろうと決して損なわれない過去」を書き起こし、聴衆の前で朗読する。なんて素敵な試みだろうか、その場が人質として監禁されている小屋の中でなかったとしたら。 日本の裏側で反政府ゲリラに拘束され人質となってしまった日本人らによって語られるそれぞれの過去・思い出。誰かを一生懸命助けようと奮闘した過去、現職に就くきっかけとなった出来事、その後の人生の支えになった1日、と朗読される思い出は多岐にわたり、危機的状況で語られているということも忘れてしまうくらいに暖かい。しかし彼彼女らの背後に流れている気配は言うまでもなく「死」であり、それ故にこそ読者はより彼彼女らの声に耳を傾けてしまう。 読後、しばし考え込んでしまった。自分にもこのような「思い出」があっただろうかと。たとえ語られなくとも、自身の中にしっかりと位置を占めているそれがあるだろうかと。

2年前

648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07bIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696D2774b13 bddc 434c 9642 074af28fa92a27443808 43ee 456c 9f78 08885dbadd85C64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947bDec40757 3667 4e2d 81a2 2d68d47ddcd4 18
神去なあなあ日常

自然に抱かれつつそれを利用して生きることの正当性みたいなものを嫉妬と憧れをもって読んだ。もちろんここに描かれているような林業や山深い村での生活というものは現実ではより過酷で暗澹たる面もあるだろう。しかし、それでもなお、この作品のような「なあなあ」とした時間と空間や人間のなかで生きてみたいと思わせるとても美しい物語である。

2年前

2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311B8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec5538Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2Icon user placeholderIcon user placeholder9d63b743 a8a1 4a27 a193 c2599b35382cE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e 54
満願

「関守」これ1択。作中で発端になっている都市伝説というテーマをこの短編自体で成立させるような語り口がとても面白い。また、背中を這い上ってくる寒気や怖さといったミステリーの醍醐味のひとつもしっかりと味わうことが出来る。

2年前

Icon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cIcon user placeholder0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeF88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f51ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f 49
麒麟の舌を持つ男

満漢全席を超える料理、大日本帝國食菜全席のレシピとそれを巡る物語。1930〜40年代と2014年現在を交互に描き、各々が徐々に徐々にリンクしてゆく展開はスリリングで面白い。作中の至る所に登場する料理(とその描写)には涎が垂れる。

約3年前

22b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e7Dddb13ae fb5d 43c0 9bfe 4fb123ca765c08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf