F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3

ねこ

主婦になって本屋に行く機会も減ったので面…

主婦になって本屋に行く機会も減ったので面白い本見つけられたら嬉しいです。

97

コメントした本

コンビニ人間

前半は必死になって社会に適合できてると思い込んでいる主人公で、こんな感じ方もあるんだなと思ってたいましたが、後半は「全然、適合なんてできてないよ!」って悪意が怒涛のように襲ってくるイメージ。 後半になって登場人物たちがみんなリアリティに欠ける気がして、そのせいか深く考えさせられることもなく終わりに向かいました。

6か月前

9345ebe2 88d8 4554 a4b2 8993e5f52024Icon user placeholderEdb1ff8e 4321 49d4 955b b4b195bbbb8fFbd1b861 8a57 4be5 9ba2 61d5370d6f112d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311Icon user placeholderA9b1d7d9 5701 45cf 84e1 8d75a036696d 376
鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐

征服した者と征服された者。 混ざり合う民族同士。 それぞれの立場や平和を守るため動くことで生まれる軋轢。 その中で淘汰されてしまう者たちの悲しい足掻きが起こした事件。 ひとつの病から始まった物語は2人の主人公の出会いで少しずつ明るみにされていき、あまりに壮大なストーリーに引き込まれます。 ヴァンのその後は最後まで書かれてはいませんでしたが、彼の未来が単なる「才あるためにみなを守り犠牲になる哀れな''鹿の王''」では終わらないものであってほしい。

8か月前

B3b3f5cf a8d5 4bfe b796 cf4f0068ce3e33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902Icon user placeholderIcon user placeholderEd14dde5 d1a0 43db 8ec5 887c62744ccdIcon user placeholderB1af5e4a 6068 44f8 b225 e7a3c5704390 48
蜜蜂と遠雷

難しい内容がとても爽やかに読みやすくなっていてさすがだなぁと感じました。 私に音楽の知識がもっとあれば良かった。 色々なジャンルを書かれている作者さんですが好きなジャンルの作品がまた一冊増えました。

8か月前

15208f6c 0d5f 4af4 ad15 6f11ac96c5ef3603b305 4090 48d6 bf76 54dce88e0eff2f5eb9e8 728b 4396 97f4 a78b7ad826f59f64113e 97ce 4c93 a348 de5bf99ed31cIcon user placeholder80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aF31e36dc 4ce3 4735 975c cd4212413c64 367
珈琲屋の人々

珈琲屋に来る人は、浮気だったり不倫だったり売春だったり誰か殺そうとしていたり……。 文字にするととんでもないけれど、それぞれの葛藤を優しく見守る店主と周りの人たち。 なぜかギスギスしないで話が進んで行くので読みやすかったです。

約2年前

D7b9abe6 fd27 4031 a507 7e3ef172a8ddDdf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be
有頂天家族

久しぶりに一気読み。 楽しければ良し!とあほうなことへのあっけらかんとした肯定姿勢が気持ち良い。 それがたぬきと思うと可愛らしい!

約2年前

A365af99 9da9 48ff 9f82 b692564fde98Cb6d2117 b602 4d7b a460 1c32617d95ce605e81f7 78b3 4c99 a4a0 09b6d2ea817aIcon user placeholderC8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213Icon user placeholderEf4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae3 68
旅行者の朝食

ひとつの食べ物への探求心が素晴らしい。 知ってる食材には関心し、知らない食材は試してみたくなる。 読み進めると食欲出てしまって真夜中に読んではいけない本でした。

2年前

03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd02048102c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267Ec5bc46e 63a2 487d a975 aa75c57096345e87a601 4240 4088 b72a 05f2b06a121fE3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a 15
海賊とよばれた男(上)

今、利益のためにではなく国のためにと仕事をしている人はどれほどいるのだろうと考えずにはいられませんでした。 昔と比べてほとんど見かけなくなってしまった出光のGS見るたびに考えてしまう。

2年前

D4989c5a 319c 466e a02f ec0bcd557aef2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fFda1654d 0aa4 4d17 bd09 f081ad43a7c4Icon user placeholder642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74Icon user placeholder47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf 96
しあわせのパン

映画が先でしたがあまりに好きで本も買ってしまいました。 こんな風に穏やかにパンを焼きたい、食べたい、分け合いたい。

約3年前

4899bb79 8a35 4ebe b351 236d636c22aaC28dd2d6 cc1f 46ca a395 b08507e5165936a42025 db7b 4ef9 bc58 f48d8104feae2c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acf095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f9bdba2a6 5ea6 4c3b bdc3 9904edcbd5b245807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe1 20
ルス、闇を照らす者

だいぶ昔に読んだ本。 アルゼンチンの軍事政権化で行われた虐殺から生まれた悲劇は 「5月広場の母たち」を生み出し、今なお続いている。 この本はフィクションではあるけれど、決して現実であってもおかしくない話として読みやすく書かれています。

約3年前

火星に住むつもりかい?

SFとかファンタジーとかそんな類かと思ったら…。タイトルの意味を理解して衝撃。 追い込まれた人間の脆さと追い詰める人間の歯止めの効かなさ、簡単に染まってしまえる集団心理がとても怖いと感じます。 現状解決してすっきり!とはならない完結に考えさせられました。

6か月前

Icon user placeholder563d35c1 cd84 442e bc22 abfd54b1af18C6af0ead 83a6 49f2 ab89 a9c3ddd25cf00baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536aBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d307bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89e 55
鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐

生活の中で自然と神を崇め神の技を身近に感じ信仰を持って生活している世界で、現代にも通じる医療の技術の発展を目指す者たちもいて、医療とはそんな葛藤とともに進歩したのかと感じました。 病に罹った者と病を治すもの者、2つのストーリーがこの後どう繋がって行くのか下巻への期待が膨らみます。

8か月前

B3b3f5cf a8d5 4bfe b796 cf4f0068ce3e33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderEd14dde5 d1a0 43db 8ec5 887c62744ccdIcon user placeholder 73
まく子

撒いたものは全て落ちるから美しい。 ずっとおちなかったらこんなに美しいと思わない。 終わりがあるから人生は楽しい。 全ての変化が嬉しい。 大人になる変化を恐れる主人公が自分を受け入れ、そして他人も受け入れられるように成長していく。 子供から大人になるその課程を見守る大人たちがとても優しい。

9か月前

07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eD04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef316b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccB66161c7 c6fc 47d8 9359 febfe32390711525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990Icon user placeholder 50
夜は短し歩けよ乙女

真面目に不思議ちゃんな女の子とそれを追いかける主人公の必死さが病み付きになります。 別本の登場人物の違う顔も見えたり人気の理由が分かる本でした。

約3年前

4e4e3670 a674 45ab a3e2 0319853ad9bb38f4ec89 5042 4b6f 8ceb 947ac28090f2Cb6d2117 b602 4d7b a460 1c32617d95ce6d30a362 8032 44f0 92fe 587b369650bb16e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6eC6995a8b 5298 4aae 8be5 9d5dcfc49ead605e81f7 78b3 4c99 a4a0 09b6d2ea817a 319
四畳半神話大系

初の森見作品。 言い回しまどろっこしいけどいい〜。

約2年前

38f4ec89 5042 4b6f 8ceb 947ac28090f2Cb6d2117 b602 4d7b a460 1c32617d95ce16e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6e1206b89e 3ffe 4f11 9473 6d7fc3fcda76Cbb546b1 305f 453e b62a 1400faf1e33e605e81f7 78b3 4c99 a4a0 09b6d2ea817aIcon user placeholder 169
ユゴーの不思議な発明

映画が良くて本も買ったのですが、こんな本は初めてです。 たくさんのイラストと少しの文章で成り立っており、文章を読み絵を読み進め…。 なぜそんな作りだったのかが最後に分かるという、映画とはまた違った感動がありました。

2年前

オオカミ族の少年

表紙で購入したのですが、とてもはまって全巻読んでしまいました。 話自体はファンタジーですが、動物の行動、人の生活などかなり現実に近かったのではないかと思います。 昔、人は本当にこのように考え信仰し行動したのではないかと 感じながら読み進められる壮大な物語。

2年前

トリツカレ男

なんて愛らしい物語。 友情も愛情も、優しい思いやりに満ちています。

約3年前

0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8D6ad3910 da2b 4fd4 87cb 8fee25fff124Afd0a422 fc24 41e9 a898 ade70f044fd42e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fcA7b615e2 7ac1 4e8a a3af abd9564c83acDd517400 d168 4f5d 875b 2fac2998dcd2866f24ab a98d 4cbc 9881 c512fc7ca5b4 63
嘘つきアーニャの真っ赤な真実

世界史で習ってもたいして理解していなかった東欧の事情、歴史の流れがこんなにすんなりと入ってくるとは。 この本に出会えて良かった。

約3年前

D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810D542d47c 6fab 4cfd b7a6 30fa256a96c71f348651 4825 41ad 9c8a 3b622c56bc24Icon user placeholder023f810b 8a17 4ff8 a98c 5535a201dd73C9bfa862 ee91 4a8b 89c7 3446bbeb2117A4180189 89b9 491c abf7 d03e985ee44a 31
三月は深き紅の淵を

恩田陸さんの本を読み漁ることになったきっかけの作品です。 4作品の短篇で、ここまで引き込まれたことはないかも。 存在していたりしていなかったり、これから存在しようとしていたりと幻の本を巡りそれぞれのストーリー展開がされていますが、タイトルは同じでも全て別の本。 ひとつひとつの短篇はまた別の本で深く掘り下げられていたりととにかく魅力的でした。

約3年前

5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2D6ccf8be 3e9a 4954 a19a 32116cce0d6e648cbff4 c642 4e0c 959e 1ea1f6aba07bD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Icon user placeholderC48925bc cb69 4703 a73a 28f9683cd9388f275109 ffe4 4b67 bb66 46d0d5b931a5 35