F88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d3

ねこ

主婦になって本屋に行く機会も減ったので面…

主婦になって本屋に行く機会も減ったので面白い本見つけられたら嬉しいです。

97

コメントした本

コンビニ人間

前半は必死になって社会に適合できてると思い込んでいる主人公で、こんな感じ方もあるんだなと思ってたいましたが、後半は「全然、適合なんてできてないよ!」って悪意が怒涛のように襲ってくるイメージ。 後半になって登場人物たちがみんなリアリティに欠ける気がして、そのせいか深く考えさせられることもなく終わりに向かいました。

7か月前

C2348fbc d531 4c77 8c6e 92dad8b8229e0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb760449a703 84b8 4bda 8f5f ede9c5a23f71Icon user placeholder6badc934 5905 46b4 82e5 cb8087a0f9161a878ccd 88b3 4129 906c 54805cddd51eIcon user placeholder 419
鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐

征服した者と征服された者。 混ざり合う民族同士。 それぞれの立場や平和を守るため動くことで生まれる軋轢。 その中で淘汰されてしまう者たちの悲しい足掻きが起こした事件。 ひとつの病から始まった物語は2人の主人公の出会いで少しずつ明るみにされていき、あまりに壮大なストーリーに引き込まれます。 ヴァンのその後は最後まで書かれてはいませんでしたが、彼の未来が単なる「才あるためにみなを守り犠牲になる哀れな''鹿の王''」では終わらないものであってほしい。

10か月前

B79d79f4 fc8a 4a44 8cf3 6d6ee513559dIcon user placeholderD7f1f6a3 6e9f 4467 a349 c42e75626615F250091f b5d9 4c3f b90b 13b80b81d2a9B3b3f5cf a8d5 4bfe b796 cf4f0068ce3e33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902Icon user placeholder 52
蜜蜂と遠雷

難しい内容がとても爽やかに読みやすくなっていてさすがだなぁと感じました。 私に音楽の知識がもっとあれば良かった。 色々なジャンルを書かれている作者さんですが好きなジャンルの作品がまた一冊増えました。

10か月前

187a945f 0f3d 47ab a8b1 0dbb1719150608f81433 e9c8 44aa b61d d679eb2ef13122a5fbb8 cfa8 4dc2 966a e54156f76e4aA1b69106 33a1 4929 9077 6a60d6074d86Icon user placeholder7488fce7 afb7 46f0 9f41 1aee0af84bfb5e17f141 7d93 4a85 941b 02b1fe13c35b 417
珈琲屋の人々

珈琲屋に来る人は、浮気だったり不倫だったり売春だったり誰か殺そうとしていたり……。 文字にするととんでもないけれど、それぞれの葛藤を優しく見守る店主と周りの人たち。 なぜかギスギスしないで話が進んで行くので読みやすかったです。

約2年前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cD7b9abe6 fd27 4031 a507 7e3ef172a8ddDdf758a1 22d1 47e7 8e05 75c17bd826be
有頂天家族

久しぶりに一気読み。 楽しければ良し!とあほうなことへのあっけらかんとした肯定姿勢が気持ち良い。 それがたぬきと思うと可愛らしい!

約2年前

Icon user placeholderF57c5d1b 755d 4c91 8749 7757e808795c66eb491d 010c 4c24 85c4 ef8eb2d41b3e962e52b5 ada6 4862 ac7c 975346ca3434E9c257e5 bb3f 408b aa77 35d5517937d2Icon user placeholderIcon user placeholder 85
旅行者の朝食

ひとつの食べ物への探求心が素晴らしい。 知ってる食材には関心し、知らない食材は試してみたくなる。 読み進めると食欲出てしまって真夜中に読んではいけない本でした。

2年前

B41b33b8 28c9 4946 b469 67104d6f5bf4F50aa496 67c5 4734 a8f8 a5c2d5f9c8fb03063eb4 0433 46e1 a85a 554b52f22349D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cD8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd02048102c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267Ec5bc46e 63a2 487d a975 aa75c5709634 17
海賊とよばれた男(上)

今、利益のためにではなく国のためにと仕事をしている人はどれほどいるのだろうと考えずにはいられませんでした。 昔と比べてほとんど見かけなくなってしまった出光のGS見るたびに考えてしまう。

約3年前

6540d065 b84a 4ad8 9102 372738f03d552049f8ee 50a1 45d8 a3a7 79fef4fc4c3e6d3209fd abef 482c 8554 72c2d646c5b5Icon user placeholderEd7de416 4d92 42d4 ac5a c3a67b4975b505c8ff82 31eb 488d a7ba f3b6f870f27cCaaa5622 9306 4d5c b511 abed3d2d5d07 103
しあわせのパン

映画が先でしたがあまりに好きで本も買ってしまいました。 こんな風に穏やかにパンを焼きたい、食べたい、分け合いたい。

約3年前

0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb764899bb79 8a35 4ebe b351 236d636c22aaC28dd2d6 cc1f 46ca a395 b08507e5165936a42025 db7b 4ef9 bc58 f48d8104feae2c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acf095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f9bdba2a6 5ea6 4c3b bdc3 9904edcbd5b2 21
ルス、闇を照らす者

だいぶ昔に読んだ本。 アルゼンチンの軍事政権化で行われた虐殺から生まれた悲劇は 「5月広場の母たち」を生み出し、今なお続いている。 この本はフィクションではあるけれど、決して現実であってもおかしくない話として読みやすく書かれています。

約3年前

火星に住むつもりかい?

SFとかファンタジーとかそんな類かと思ったら…。タイトルの意味を理解して衝撃。 追い込まれた人間の脆さと追い詰める人間の歯止めの効かなさ、簡単に染まってしまえる集団心理がとても怖いと感じます。 現状解決してすっきり!とはならない完結に考えさせられました。

8か月前

Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa9221617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffIcon user placeholder563d35c1 cd84 442e bc22 abfd54b1af18C6af0ead 83a6 49f2 ab89 a9c3ddd25cf00baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536aBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b 57
鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐

生活の中で自然と神を崇め神の技を身近に感じ信仰を持って生活している世界で、現代にも通じる医療の技術の発展を目指す者たちもいて、医療とはそんな葛藤とともに進歩したのかと感じました。 病に罹った者と病を治すもの者、2つのストーリーがこの後どう繋がって行くのか下巻への期待が膨らみます。

10か月前

4551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4afB79d79f4 fc8a 4a44 8cf3 6d6ee513559dIcon user placeholderD7f1f6a3 6e9f 4467 a349 c42e75626615F250091f b5d9 4c3f b90b 13b80b81d2a94ae911ad 61ef 42c4 828c de625c7ab686B3b3f5cf a8d5 4bfe b796 cf4f0068ce3e 79
まく子

撒いたものは全て落ちるから美しい。 ずっとおちなかったらこんなに美しいと思わない。 終わりがあるから人生は楽しい。 全ての変化が嬉しい。 大人になる変化を恐れる主人公が自分を受け入れ、そして他人も受け入れられるように成長していく。 子供から大人になるその課程を見守る大人たちがとても優しい。

10か月前

Icon user placeholder6321cd00 979a 497f b8a4 279b41ab0321D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eD04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef316b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccCc2bdcab e710 4c03 8ba2 2c0be372d180 53
夜は短し歩けよ乙女

真面目に不思議ちゃんな女の子とそれを追いかける主人公の必死さが病み付きになります。 別本の登場人物の違う顔も見えたり人気の理由が分かる本でした。

約3年前

1d792b4b 0df3 4c17 bb19 f7f3199a4134726feabe f74a 4ba5 ba4e 571ef37c1012D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b97c1c84bd 9249 4700 b114 46131ca608cb63f989c7 6d0e 41ad ae92 1dfa3d8ef0ba956d479d af7f 4c5e 9c17 8d0bbba72483Icon user placeholder 439
四畳半神話大系

初の森見作品。 言い回しまどろっこしいけどいい〜。

約2年前

871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dFc3d5934 9c3d 44e1 9415 ffe44b1ad9537dd9c019 9e7f 48f4 9295 4b1b5e2f4635Icon user placeholderA44b76da 93a8 4762 b65d 75360242e4dd92c8cc90 799b 4c98 bbe9 a4e8f15cf559 202
ユゴーの不思議な発明

映画が良くて本も買ったのですが、こんな本は初めてです。 たくさんのイラストと少しの文章で成り立っており、文章を読み絵を読み進め…。 なぜそんな作りだったのかが最後に分かるという、映画とはまた違った感動がありました。

2年前

オオカミ族の少年

表紙で購入したのですが、とてもはまって全巻読んでしまいました。 話自体はファンタジーですが、動物の行動、人の生活などかなり現実に近かったのではないかと思います。 昔、人は本当にこのように考え信仰し行動したのではないかと 感じながら読み進められる壮大な物語。

約3年前

E2d9752a fd2b 4564 9961 a95ce83a1ff66afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339
トリツカレ男

なんて愛らしい物語。 友情も愛情も、優しい思いやりに満ちています。

約3年前

0449a703 84b8 4bda 8f5f ede9c5a23f7153f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832834c29e7 5a2c 4252 9bb6 aa636b81e2822a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01d0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8D6ad3910 da2b 4fd4 87cb 8fee25fff124Afd0a422 fc24 41e9 a898 ade70f044fd4 67
嘘つきアーニャの真っ赤な真実

世界史で習ってもたいして理解していなかった東欧の事情、歴史の流れがこんなにすんなりと入ってくるとは。 この本に出会えて良かった。

約3年前

53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832F6ce5dda 1862 4b16 b852 9fe7ff383b5cDe9c0578 cca2 4bb1 a42f 6a40bbefdaf5D8f43538 4f9d 4615 b1ad b65fd0204810D542d47c 6fab 4cfd b7a6 30fa256a96c71f348651 4825 41ad 9c8a 3b622c56bc24Icon user placeholder 34
三月は深き紅の淵を

恩田陸さんの本を読み漁ることになったきっかけの作品です。 4作品の短篇で、ここまで引き込まれたことはないかも。 存在していたりしていなかったり、これから存在しようとしていたりと幻の本を巡りそれぞれのストーリー展開がされていますが、タイトルは同じでも全て別の本。 ひとつひとつの短篇はまた別の本で深く掘り下げられていたりととにかく魅力的でした。

約3年前

Icon user placeholder75979b9d 65f7 4445 a7b4 41fb5e93f4c87f7ab04a 124a 48f3 bc80 0f934f23e5274e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc052eec24 16ad 4885 b820 a0823cf01bf8A2d88351 1af3 430f a74c b716b28d14d95cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 41