10dee52f a736 471e 9b9f 8267b8e9b931

岩瀬竜太

和歌山市内の書店に勤務しています

和歌山市内の書店に勤務しています。 文芸/文庫を担当していますが、デザイン書や写真集にも興味があります。 ネット新聞の「和歌山経済新聞」 http://wakayama.keizai.biz/phone/ の記者もやっています。

171

コメントした本

罪の声

寝食の時間を削ってでも、一気に読みきりたいと感じさせられた。本当に、ここまで引きこまれた小説はいつ以来だろうか? 本屋大賞のノミネートに入っていなければ、きっと手に取っていなかった小説だけれど、本当に、「読めてよかった」と強く強く思わされた小説です。

約2年前

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f3bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf92e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9714d5c7f bec3 4733 89ef 241ea0f520a66efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75 159
コンビニ人間

前半と後半とでの、主人公の周囲の人たちの、主人公を「見る目」が変わる様にはドキリとしたけれど、「確かにー」と感じる部分も多々あった。 思った以上に、ズシリとくる作品でした。

約2年前

Ef8b1b04 ee35 434d 8327 d269a53675064486bb5d 8e5d 4271 bc93 5ee74cdc95f001067fb4 5895 4b56 ac27 7b6819b0341cD6cfad9f 7539 4187 b064 2449c9588bba35febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e4A4386cf6 0a17 4361 ac9e 4ba713b87f11Icon user placeholder 494
ツバキ文具店

鎌倉を舞台にした、大人の友情と、家族と、ちょこっと恋の物語。 素敵な登場人物ばかりで、読んでいて、すごく優しい、あたたかい気持ちになれました。 鎌倉の街を訪れてみたくなりました。

約2年前

7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Icon user placeholderIcon user placeholder38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a214c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b58511289b 8a2d 4fa4 8680 b8977f191636 198
桜風堂ものがたり

書店愛、書店員愛がぎっしり詰まった、とてもとても美しい作品。 この本の中で起こる「奇跡」を、ぜひ、リアル書店でも起こしたいな と思いました。 書店を好きな方には、ぜひおすすめしたい一冊です。

約2年前

B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder53aeda8b 256f 4a32 8dd7 8e9f659b34f27bb479cf f542 474a a14f 59d7abba89c0 51
この世界の片隅に

戦争の悲劇を描くのではなく、戦時中の日常を、笑いも織り交ぜて描く物語。 「生」についての、とてつもない熱い想いが込められている。 映画も、ものすごく素晴らしい作品でしたが、より深く世界観を知るために、ぜひ、原作コミックの本作も読んでいただけたら と思います。 「この世界の片隅に」、すごく深く、美しいタイトルだと感じました。

約2年前

7e3e9861 7ca3 440a b5c4 386487680a517f4b8b04 20e8 47d9 916f 73e91a4f10de69d21e99 b3b3 461b a629 6b943372182bF6d6cf63 0cdf 4224 af5f e4b71a2c3e7832c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40
17歳のうた

17歳。 進路に悩んだり、恋に悩んだり、、、ちょうど、子どもから大人になろうとしている、すごく大切な年頃。 日本全国の地方都市に住む、17歳の少女たちの心の葛藤がすごくリアルに描かれた短編小説集。 個人的には、山形の話が一番好きかなー。 かつて、17歳だった皆さん、ぜひぜひ読んでみてください!!

約2年前

よるのふくらみ

同じ女性に恋をした兄と弟。設定としてはすごくドロドロなはずなのに、なぜだかすごく甘酸っぱい読後感。。。 兄と弟、それぞれの心の葛藤、そして、最終章での兄弟のやりとりに、胸をチクチクさせられました。

約2年前

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5289c3885 012f 4353 974f ba5fa8ad8d2d6336f888 e4c0 4c88 9eb2 3a4fefb6230086a07d85 728b 4ca9 8638 7f12b41649fcCa844be3 9a1b 49fe 9a82 021e003fe284Icon user placeholderFae9c5a6 c025 4d49 81c0 0e06a4ec2604 32
フルーツ宅配便 1

デリヘルで働く女性たちの心の葛藤を描く、社会の闇に深く切り込んだコミック。 非常に読みやすい作風なので、ぜひ、たくさんの方たちに読んでいただき、現代社会の現実に、しっかりと向き合っていただきたい と感じました。

2年前

4cb42ad7 d553 48e0 adfd e602f4cccfa3843acee9 79eb 40e9 816a 05eb45c4739c
コールドゲーム (新潮文庫)

直木賞受賞がきっかけで、荻原さんの作品を初めて読んでみたのですが、、、無茶苦茶すごかった!!!続きが気になって気になって気になって、、、最後まで一気読み。 「イジメ」という深いテーマに真正面から挑みながら、精神的に追いやられるような心理サスペンスでもあり、、、、。 徹夜覚悟で、ぜひ!

2年前

07f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29e052029ef dda7 4173 81d0 754c485703c26a768b94 76a7 4944 9417 0cf2a911f8e7Icon user placeholderC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Icon user placeholderE51916b3 c90b 45be 81df 9a242cc8b87a 13
また会う日まで

この本の【関西弁】は、なんだかものすごく気持ちがよかった。 恋愛じゃない、友情 でもない(?)、主人公と鳴海くんとの関係性も、なんだか妙に心地よかった。 なぜだかはわからないけれど、ずっと手元に置いておきたい一冊になりました。 ナツヨム2016(http://www.bookoflife.tokyo/natsuyomu2016)に選出された作品の中の一冊。

2年前

81bf3836 f8c4 44d6 a38e b3c631adc6d170823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58fC6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aBd080493 0c94 44e6 8353 048ac9ddba36
i

「生(生きる)」ということに、こんなにも真正面からぶつかってこられた小説は、自分の中では初めてで、読み終わった今、正直、震えが止まらない。 小説の持つ「力」というものに、すごく、すごく、驚かされました。

約2年前

F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Icon user placeholderIcon user placeholder7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176f4d2a39ec 3073 4372 93be ea5db68d2f4952b7fc0d 3899 440d 9d78 8219f29968442e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9 232
みかづき

「学習塾」業界を舞台に、昭和36年から現在に至るまでの、「教育」事情をテーマに綴られた物語。 様々な社会的背景は変わって行けど、子どもたちへの「教育」の方法は何一つ変わらない。 本作は、ある一家の三世代に渡る「教育」の物語だけれど、今後の世代にも、ずっとずっと、この「みかづき」の物語は続いていくのだな。そのように感じさせられた、とても深く、考えさせられた作品でした。

約2年前

C83c56a7 bc1d 43a3 adb9 6efaab245da5B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947F749d092 b7b0 41b1 982b 6eba972998500107fc93 5315 4e72 9f9b 52cbc63bd28583c089af 2bcb 4854 931b c9a73a1ca6cc1be4bb52 e5d8 48cd a771 693e9ac02cfb375047f0 3ed1 4470 b9b3 edcb7f51c4a0 91
コーヒーが冷めないうちに

後悔の無い人生なんていうのは、ありえないかもしれない。 でも、ただただ、今という時間を、瞬間を、本当に本当に大切にして生きていかないと と感じました。 作者さんが、劇団の脚本家さん ということもあって、登場人物たちの会話がすごくリアルで、自分も、まるでこの喫茶店の中にいるかのような、すごく、物語に入りこみやすい作品でした。 個人的には、第3章「姉妹」が一番好き かなー。

約2年前

Icon user placeholder77f47ccb 86c0 4fbf ba74 a61181add542Icon user placeholderF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79736dfb5e0 462e 4a23 bbfd be7d893c8f60C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76Icon user placeholder 382
ジャッジ!

大人になればなるほど忘れがちな(もしくは、出来なくなりがちな)、自分に嘘をつかずに生きて行くことの大切さを教えられた気がしました。 ぜひ、たくさんの方に読んでいただきたい作品です。

約2年前

クランクイン

今年一番泣いたかもしれない。 映画作りの裏側を描くお仕事小説でありながら、家族のことをいろいろと考えさせられる家族小説でもあり。 クライマックスは、本当、気付いたら完全に物語の世界に吸い込まれていて、勝手に涙がボロボロボロボロこぼれていました。。。 いやー、面白かった!!!

約2年前

0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39cF5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152fD72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7D5046ce6 09d7 48a4 90d2 fad3d78f67a8014253d4 6080 4951 9119 24735184a696458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c28a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4 8
君はレフティ

最後まで読み終わった後の切なさは最上級。 ぐわっと目頭が熱くなりました。

約2年前

0ed6d838 684e 40f9 9c36 3971007a88782a8edadf 1a6b 4401 ab40 3da72b77913b71f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa4522F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b
陸王

池井戸さんの作品を読むのは、実は初めてだったのですが、、、見事に泣かされました、ランニングシューズ「陸王」を作りあげるために集まったメンバーたちの絆に。 1日1章 のペースで読み進めていたのですが、本当、連ドラを見ているかのようなワクワクとドキドキの連続で。。。 入り込みやすい題材なので、池井戸さん作品初心者の方にもオススメだと思います。

2年前

Icon user placeholderIcon user placeholderF8976c5d 5bc3 4e1c b49b 7218e12411f6Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder9ce223e2 0e9c 4925 9935 0bba6465f372 60
さよなら、そしてこんにちは

直木賞受賞がきっかけで荻原さんの「コールドゲーム」を読んで、荻原作品にはまり、連続での荻原作品です。 今作は7作の物語からなる短編集。それぞれの物語の登場人物の行動にはものすごく共感できつつ、だからこそ、ニタニタと笑える部分も多く、なんだか優しい気持ちになれる短編集でした。 個人的には、すごくスッキリとした気持ちになれた「美獣戦隊ナイトレンジャー」が特に好きな作品です。「ビューティフルライフ」の読後感もなかなか素敵です。

2年前

Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66B366e1a3 c8a8 43d0 a914 e826baaaf8d34c4b4301 a2a3 43aa 91c9 bb93f0a5a673Icon user placeholder
写真学生

昔受講した、東京での写真のワークショップを思い出した。ワークショップを卒業してからちょうど5年。忘れかけていた写真への熱い気持ちを思い出させてくれた。

2年前

タモリ論

「タモリ論」というより、「いいとも!論」という感じです。 「いいとも!」を、久しぶりに見たくなりました。確かに、マンネリ感は否めなかったけれど、やはり、あれを超える帯番組というのは、今後も出てくることはないだろうなぁ と感じました。 改めて、「いいとも!」の、タモリさんの、すごさを思い知らされました。

2年前

238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d69903e15ba04 a396 4ca7 b118 fa06c4bf0688Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532fE5cb63f7 63eb 4588 8463 064aa01b1d9dB753c101 f48b 462c 816f 60f31e26ba2aD14c65f0 6335 4953 a3c1 bdc4eb3dabd81e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55 8