6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376

tomo

本が大好きです。

本が大好きです。

93

コメントした本

82年生まれ、キム・ジヨン

韓国についてそれほど詳しくはないが、母親の力が強く、男女共にはっきり自分の意見を言う国というイメージがあったので(気を悪くする方がいらっしゃったらすみません)、読んでいてこんなに女性差別がある国だったのかと驚いた。もちろんどこの国でもある性差別もあるし、日本と同じような古い時代からの男尊女卑の因習もあるのだが、女性大統領を出した国なのにこんなに

3か月前

Icon user placeholder0c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad7E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad57d9fb16 4562 4be2 808a 4eff17e7422733c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf73747cb5799 a38a 4856 87b2 82b461119acd89124c62 4100 4a49 8e64 7ddc1784e1df 52
百瀬、こっちを向いて。

レベル2の女としては、少しもやっとしてしまうところもありました。こんな青春を味わったことがないから嫉妬なのかもしれません。 個人的には松代さんと土田さんに幸せになってもらいたい。

3か月前

9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c963cba30f 33ac 4ca8 b1fc 13b323e93c6133c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737538eee8c 0672 4b8f 85e7 c4c452d8850fA39570b6 c8fb 4875 9eed 16b5e1780907Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053 67
世にも奇妙な君物語

この方の本はとても読みやすい。 一番最初の話がとてもよかった。 いつかドラマ化されるかしら。

3か月前

E1f76642 2e2a 4645 af94 1e658ec80c5f7172755b acea 4b89 8c97 6199cd548e3bIcon user placeholder83eff050 32dd 4764 8482 9d71ee053bc30ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b8274709b 74c8 402e 9dfa b37ccae4defe6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9 56
全一冊 小説 上杉鷹山

20代の時に一度読み、感動したけれど、内容を忘れ…30代で再度読みました。 働いてから読んだ方が、彼のリーダーとしての凄さがわかるのではないかなと思います。 もちろんかなり脚色はされていると思いますが、上に立つものの人間性はいつの時代にも重要であり、何を成すにしても、その人間性によって変わってくるのだと思います。 こんな上司のもとで働きたいと多くの人が思うのではないでしょうか。 もうすぐ生まれてくる息子の名前を「治憲」にしようかなと思っています。

4か月前

F4c1fa3c 6885 451c 8caf f2d7c5982bbf6fd0c424 47d4 47bf 9b28 ccdedbaaec285f07d080 296a 44a2 9cb9 c2d8119ac1eb
ミネルヴァの報復

元弁護士の作家さんなので、弁護する側の盲点をうまく突いた作品で、とても面白くグイグイ引き込まれました。でも…最後は少し納得できないなぁと。もっと違う選択を主人公にはしてもらいたかったなと思ってしまいました。

6か月前

90460142 dee7 4b30 a9d1 55c9e2bf25fa66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a153aca13 b907 4b24 85fe f172426c041f3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dccB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5
そして、バトンは渡された

妊娠中に読んだこともあり、とても心に心に響く小説でした。

9か月前

C930392e 6fb2 4fc8 ac04 049a9ab566d92e2bd5c2 bf6a 45ad a814 e566bbb5f7f51d4d32da a507 47ba 8652 42cc57e24c8aIcon user placeholder7455888e d3d0 45b3 b8b8 3cf7b34fe158E0d88736 c5b5 4929 a40e 396c3ca8a50eF4226424 2a79 49de abf1 5eb72cdc3213 53
葉桜の季節に君を想うということ

まんまと騙されました。どんでん返しというほどの驚きは私は感じなかったけれど、自分自身の思い込みや固定観念に気づかされ、もしかして日常でもこういうズレがあるのかもしれない…と考えさせられました。

10か月前

C795f1b7 f7a2 4c3a 83e6 05067137976f7f27c242 23af 4370 b39f ad93415b2bd371abaace c584 498d 84e5 e132c188cdec9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b75945305e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc71Icon user placeholder2a2522bd 6997 4a45 8128 0d34f37f8afb 206
ユリゴコロ

2017.9.2 以前読んだ『彼女がその名前を知らない鳥たち』がとても印象的だったので、本屋にこの本が平積みされていて思わず手にとってしまった。 実家の押入れに仕舞われていた、4冊のノートにしたためられていた一人の女性の手記をめぐる物語。人を殺すことに対して何の罪悪感も持たない女性、そんな女性を心から愛した男性と、その女性に愛された息子。 一つの家族の謎が明かされて、なるほどと納得し、沼田さんにしては穏やかな話だな(そんなに読んでないのに知ったかです)と思っていたら、最後の最後に! 暖かいラストの筈なのに、なんとも言えない悲しみがあり、こんな別れかたをして残された人たちはこの悲しみから立ち直れるのだろうかと不安に思う。けれどある意味きちんと息子たちの幸せを見届けて、親としての役目を終えての結末なのだなとも思う。 とても不思議な家族の愛の物語だった、

1年前

Icon user placeholder66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34aD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008bIcon user placeholder91b8601f 9318 45fd 8c1d c46f7b11acf5Ef8b1b04 ee35 434d 8327 d269a5367506 88
かなわない

率直な、余計なものを剥ぎ落とした文章。 文章を書くとき、読み手を意識してしまい、格好つけたり、嘘とまではいかないが誇張したり、必要以上に綺麗にしたりしてしまいそうだが、著者の文章にはまるでそのような側面は感じず、その瞬間感じたこと、思ったこと、あったことをそのまま書いているという印象を受ける。それで読み手がどう思っても、それでも私は書かずにおれない、という切迫したものも感じる。 今の時代、SNSで簡単に人の生活を垣間見れて、そこにあふれているのは「幸せ」な家族だったりして、でもそれはどこかよそ行きの家族に見えて、著者の書く「しんどくて」「めんどくさくて」「イライラして」、決して楽しいだけじゃない、辛いことのほうが多いのが、家族であり育児なんだなと納得できた。 著者と私は同じ歳。母親との関係性に悩んでいるところも重なり、共感できるところも多かった。生きるってつらい、しんどい、けど今日も生きてく、ということの繰り返し。 将来、もし子どもを授かることがあったら、またこの本を開いてみたいなと思う。

約2年前

84de0d23 2677 4558 8baf 8c6af1a65f442f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b520bdbde9 151e 4f80 baf3 01d3999b85460c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedaeIcon user placeholder50d70d83 2014 445b a680 f09b8a70efc17759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b 70
「非認知能力」の育て方:心の強い幸せな子になる0~10歳の家庭教育

友達に勧められて読みました。 読む前にボーク重子さんのお写真をネットで拝見し、なかなかの美魔女だったので、果たして本の内容は大丈夫なのだろうか…と半信半疑でしたが、色々な研究結果などを元に、具体的にどのようなことを大切にして子育てを行えばよいのかを分かりやすい文章で書かれていると思いました。もちろんアメリカでの子育てなので、日本で全てやるのは難しいところもあるとは思いますし、やはりなんと言ってもボーク重子さんの生活に色々な意味でゆとりがあったから出来ることもあるのではないかとも思いましたが、なるほどなと思えること、真似できそうと思えることから実践できるような内容なので、気軽に読めると思います。

3か月前

新装版 殺戮にいたる病

かなりエログロな内容なので、読むのがしんどい部分もあるけれど、最後に何が待っているのか知りたくてあっという間に読了。 最後は「え?」という声が出そうになるし、混乱する。今まで読んできた全てが、バラバラ崩壊するかのよう。もう一度読めば色々納得できるんだろうけれど、もう一回読むような気持ちの良い内容でないので諦めた。

3か月前

932fd6c3 af0f 4b98 a4ca c55c38fec0bcC795f1b7 f7a2 4c3a 83e6 05067137976f58f8df79 70bc 4b19 93ee 1eba875e79b41458ffc6 aedd 4d9d 9a34 33440b21a92b71abaace c584 498d 84e5 e132c188cdecC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acDc21208d 0f4c 4c51 838b fd9dad4f5b4f 19
(4-3)なでし子物語

「自立 かおをあげて生きること 自律 美しくいきること」 この言葉に出会えてよかったと思う。 心優しい人たちが沢山出てきて、優しい気持ちになる本だった。

3か月前

Icon user placeholder6e9ef3c4 7866 4d4c b8de 60ba84299a306279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204aC28dd2d6 cc1f 46ca a395 b08507e5165953faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e25ada1447 d2c2 4859 bbb4 1a79185308da
銀河鉄道の父

宮沢賢治のことをよく知りもしないくせに、いつのまにか頭の中で、彼のことを聖人のような人だったと思い込んでいたのは、「アメニモマケズ」の詩のせいだろうか。 しかしこの本を読み、宮沢賢治もまた普通の子どもであり、人だったのだなぁと感じた。もちろん優秀な人であるが、時にやんちゃで聞かん坊、親のすねかじり、世間知らずの夢だけ語るおぼっちゃま。とても人間らしく描かれている。それは第三者の目線で書かれているからではなく、父親目線で書かれているからとも言える。 父親は常に、賢治に期待し、やきもきし、時に腹を立て、賢治の失敗も成功も全てを自分のことのように受け止めている。とにかく賢治がいくつになっても可愛くて可愛くて、愛しくてたまらない、最高の親バカ小説とも言えるかもしれない。 今度花巻に行った際は、記念館に立ち寄ってみようと思う。

4か月前

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e9bd23011 edff 4ad8 9cc4 3b0a522a713469f4ad08 dc71 43d4 9f7b 95a6b6fcfa83Icon user placeholder84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a96903221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e 24
罪の声

久しぶりに読んだ長編小説でしたが、夢中になり1日で読了。題材となったグリコ・森永事件は、私が生まれた年の事件なのであまり詳しく知らず、読んでいる途中で何度もウェキペディアを開きました。 どんな形であれ、子どもを犯罪に巻き込んではいけないと何度も思わされます。願わくば、実際の事件に関わらざるを得なかった子どもたちが、今幸せに暮らしていることを祈ります。

7か月前

Icon user placeholder1fb0a015 8a7c 4d41 a916 b54b5939da35E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecCd8b17e5 d216 41cc 91e3 e0bd54c1bf96D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82aIcon user placeholderD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c 172
十角館の殺人 <新装改訂版>

ミステリー小説と言えば必ずと言っていいほど名があがるこの本を、やっとこさ読むことができました。 ストーリーは王道ですが、犯人は私の予想していた人とは違っていて、「あなたか!」と驚きました。 犯人がわかったところが私の中で最高の盛り上がりだったので、その後の答え合わせは少し退屈に感じてしまったけれど、読んでよかったと思います。

9か月前

3e97ef25 84c6 4820 8570 8a4613d80618D2d1c15d b6f5 4b2a 96bc 9845f73ebfe971abaace c584 498d 84e5 e132c188cdec6c381bd5 9159 4827 952a 6a4284adbc7bD4012687 5c22 4483 aed6 3f752ca2fe72E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efd 151
教場

帯につられてホイホイ買って読みました。 警察学校が舞台の短編集。 閉鎖的な空間に閉じ込められていると、精神的におかしくなるのはわかるけど、ここまで…!?というところは沢山あるものの、一応「篩」にかけられていったということなのでしょう。 でも警察官が全員こんな経験をしているわけではないと思いますが。 警察学校で習うことはあまり知る機会がないので、興味深かったです。 風間さんは個人的には魅力的な男性です。

1年前

C00d56c6 fc98 4bf5 b98a 83af36f5ee08F888b04b d074 442c a9ef d49c5a8788b9510fc288 8e1b 40bd b2c8 61268d6ff97bBf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa105c8ff82 31eb 488d a7ba f3b6f870f27cD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7 20
豆の上で眠る

湊かなえさんの作品に多い、衝撃的なラストではないけれど、読後に暗い気持ちになるのは変わらず健在。 それにしても、主人公が不憫すぎる気が…。

約2年前

Icon user placeholderE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec33df5407 af27 4b67 a86a 9a8e0f1061fbIcon user placeholder52a0446f d718 4167 8fd8 a72f1a9c2e7288697571 6eb6 4bc7 98e9 7953b5d4c095Icon user placeholder 113
夫のちんぽが入らない

肉体関係をもつことができない夫婦のことを、妻の視点から描いた本。 夫婦のあり方、夫婦の形、何をもってして夫婦なのかということを考えさせられる本でした。 もちろん「それはどうなの?」と思うこともあるのですが、夫のことを愛し、夫を支えたいと思う妻の気持ちと、だけど「入らない」という葛藤とが混ざりあって、読み終わった後には、これも一つの夫婦の形なんだな、と思いました。 現実には難しいとは思いますが、夫側からの話も聞いてみたいです。

約2年前

84de0d23 2677 4558 8baf 8c6af1a65f440f2a5473 5875 4d8b 8370 3fb294524e9004b3ec22 7468 4a40 83b4 4ace156b43fbDf851b61 fde5 4147 9e79 686ef2ff004762ed7732 5974 40ec 98d7 cd79f75533d06279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2 165