6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376

tomo

本が大好きです。

本が大好きです。

69

コメントした本

十角館の殺人 <新装改訂版>

ミステリー小説と言えば必ずと言っていいほど名があがるこの本を、やっとこさ読むことができました。 ストーリーは王道ですが、犯人は私の予想していた人とは違っていて、「あなたか!」と驚きました。 犯人がわかったところが私の中で最高の盛り上がりだったので、その後の答え合わせは少し退屈に感じてしまったけれど、読んでよかったと思います。

5日前

Dc7a65b6 97a3 4c2e 9d67 20198ce32f0d37f3507f 1cdc 49ce 8cd9 9b6d71a1732b0458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad920fd71ea 3c1d 489d 8d3a e1e97fc8e823Icon user placeholder284e6a9f a11e 4e4b b12d b452af272e22799e1007 5ec6 4de4 bbb4 00183ea4c567 119
教場

帯につられてホイホイ買って読みました。 警察学校が舞台の短編集。 閉鎖的な空間に閉じ込められていると、精神的におかしくなるのはわかるけど、ここまで…!?というところは沢山あるものの、一応「篩」にかけられていったということなのでしょう。 でも警察官が全員こんな経験をしているわけではないと思いますが。 警察学校で習うことはあまり知る機会がないので、興味深かったです。 風間さんは個人的には魅力的な男性です。

9か月前

510fc288 8e1b 40bd b2c8 61268d6ff97bBf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa105c8ff82 31eb 488d a7ba f3b6f870f27cD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7A46142dc caea 4959 a9f4 4fe1a878a9fb9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 18
豆の上で眠る

湊かなえさんの作品に多い、衝撃的なラストではないけれど、読後に暗い気持ちになるのは変わらず健在。 それにしても、主人公が不憫すぎる気が…。

12か月前

4551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af2ba24464 9f10 41f3 a8ef 20253e9e43ec425cdc95 0114 4195 b328 7c175935f06d8999a782 18c5 4fdc ba2b c315142ed106Icon user placeholderB6b88bf0 7e0b 49e6 b187 a76802c260ac27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41 77
夫のちんぽが入らない

肉体関係をもつことができない夫婦のことを、妻の視点から描いた本。 夫婦のあり方、夫婦の形、何をもってして夫婦なのかということを考えさせられる本でした。 もちろん「それはどうなの?」と思うこともあるのですが、夫のことを愛し、夫を支えたいと思う妻の気持ちと、だけど「入らない」という葛藤とが混ざりあって、読み終わった後には、これも一つの夫婦の形なんだな、と思いました。 現実には難しいとは思いますが、夫側からの話も聞いてみたいです。

約1年前

66eb491d 010c 4c24 85c4 ef8eb2d41b3e6a732c0a a460 4f5d 9189 99c2559dd834Icon user placeholderIcon user placeholder605e81f7 78b3 4c99 a4a0 09b6d2ea817aC4e83bbe 7969 467b b17d 871ecfe6aaf8F89ea323 c218 4bef a33c a5cd1edcb341 140
彼女がその名を知らない鳥たち

最初から最後まで、重苦しく、いい気持ちにはならない。登場人物全てに、嫌悪感を抱く。それでも最後に涙が溢れる。

約1年前

7f7ab04a 124a 48f3 bc80 0f934f23e5274039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0Icon user placeholderIcon user placeholderC53c70e8 8a6c 41cc a422 3ab1c73eb37cIcon user placeholder 29
私が語りはじめた彼は

一人の大学教授の周りにいる人たちが語る、「彼」と自分。 そして肝心の「彼」については、ぼんやりしていて、たくさんの人と関係をもっていたということぐらいしかわからない。 けれどもその周りにいた人たちの心情は、読み手側にじっとりとした感覚で伝わってくる。 登場人物全員、誰一人幸せではないところが、やけにリアルに感じる。 2017.3.10読了。

1年前

B0a667f6 1b79 43a9 8ca8 a6872aa208a59d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb18579bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a923985645dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f99abbfdc dfa5 41ca a884 4f31448fd6036cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c
愚行録

妬み嫉みは誰しもが持つ感情だけど、あからさまにそれを出すのは恥ずかしいしかっこ悪いから、なんとかみんな隠して生きてるんじゃないかと思います。そんな人が取り繕っている感情を、意識してなのか無意識なのか引き出してしまう人って確かにいるなと読みながら感じました。それでも隠そうとするから、ますますしんどくなってしまうのか、認めてしまえば楽だけど惨めさに押しつぶされてしまうのか…。私はどちらかというと、人に嫉妬しやすいタイプなので、インタビューを受けている人たちの話を痛々しい思いで読んでいました。でもある意味そうやって色んな想いを抱えながらも、強がったり否定したり、勘違いしながら生きてる人たちはまだまともなんだなと思う結末でした。 人間はみんな愚かで、人生はうまくいかない。 救いようのない結末に、でもこれは小説だからと言い聞かせてみるけれど、現実はもっと愚かで悲惨なことに満ちてるのかもしれないと思い怖くなりました。

1年前

E0814ea8 0df2 4279 ad80 13fab4f65e1eD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f069fce3f7 e4af 4a72 9806 d23d248aa940De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b096f8b193 cf0b 4f1c 8707 19a24eee0e7c0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeFeac6d20 77aa 4605 80fc 5e370d5a8549 34
首折り男のための協奏曲

題名の通り、「首折り男」にまつわるお話ですが、1話1話テイストが違っていて、でも1話1話繋がっているまさに「協奏曲」のような不思議な小説です。 特に「月曜日から逃げろ」は、さすがは伊坂さん!と生意気にも声をあげたくなりました。

1年前

B0b21dcc eca0 4ecd 901b 6b1274a2d9aaCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b709311a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5fIcon user placeholderIcon user placeholder501e898f 77e5 420e b4d4 90b1735ab32b9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d 61
隣人

駅の中にある本屋でおすすめされていたので購入。 「あぁ、ここからの展開、こうなったらやだなぁ」という悪い予感がことごとく当たっていくような短編集。人間の日常の中にある残酷と狂気を覗き見しているようで、なんとも憂鬱になります。唯一、最後の「雪模様」は、救いのある話で、読み終わった後少し救われる思いがしました。

1年前

B4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df7B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849
葉桜の季節に君を想うということ

まんまと騙されました。どんでん返しというほどの驚きは私は感じなかったけれど、自分自身の思い込みや固定観念に気づかされ、もしかして日常でもこういうズレがあるのかもしれない…と考えさせられました。

7日前

Icon user placeholder20fd71ea 3c1d 489d 8d3a e1e97fc8e8231dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aDc7a65b6 97a3 4c2e 9d67 20198ce32f0dIcon user placeholder2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fIcon user placeholder 171
ユリゴコロ

2017.9.2 以前読んだ『彼女がその名前を知らない鳥たち』がとても印象的だったので、本屋にこの本が平積みされていて思わず手にとってしまった。 実家の押入れに仕舞われていた、4冊のノートにしたためられていた一人の女性の手記をめぐる物語。人を殺すことに対して何の罪悪感も持たない女性、そんな女性を心から愛した男性と、その女性に愛された息子。 一つの家族の謎が明かされて、なるほどと納得し、沼田さんにしては穏やかな話だな(そんなに読んでないのに知ったかです)と思っていたら、最後の最後に! 暖かいラストの筈なのに、なんとも言えない悲しみがあり、こんな別れかたをして残された人たちはこの悲しみから立ち直れるのだろうかと不安に思う。けれどある意味きちんと息子たちの幸せを見届けて、親としての役目を終えての結末なのだなとも思う。 とても不思議な家族の愛の物語だった、

11か月前

Icon user placeholder0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b7f7ab04a 124a 48f3 bc80 0f934f23e5275b4b7c22 d274 4b47 a0c1 cf88966cf001E4641e26 70e4 4bc4 a64a dbddb81eee062c144179 394e 42df a05f 5d380807297c33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902 57
かなわない

率直な、余計なものを剥ぎ落とした文章。 文章を書くとき、読み手を意識してしまい、格好つけたり、嘘とまではいかないが誇張したり、必要以上に綺麗にしたりしてしまいそうだが、著者の文章にはまるでそのような側面は感じず、その瞬間感じたこと、思ったこと、あったことをそのまま書いているという印象を受ける。それで読み手がどう思っても、それでも私は書かずにおれない、という切迫したものも感じる。 今の時代、SNSで簡単に人の生活を垣間見れて、そこにあふれているのは「幸せ」な家族だったりして、でもそれはどこかよそ行きの家族に見えて、著者の書く「しんどくて」「めんどくさくて」「イライラして」、決して楽しいだけじゃない、辛いことのほうが多いのが、家族であり育児なんだなと納得できた。 著者と私は同じ歳。母親との関係性に悩んでいるところも重なり、共感できるところも多かった。生きるってつらい、しんどい、けど今日も生きてく、ということの繰り返し。 将来、もし子どもを授かることがあったら、またこの本を開いてみたいなと思う。

約1年前

0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4Decf1b91 4361 43f0 b176 6b9eeb6410b15faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cE4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2044abe3d 44a3 4c18 a114 62addfd8100424bb80c1 cb4a 4306 8a20 87e39ffc9cb7 61
愚者のスプーンは曲がる

軽いタッチで描かれる、超能力エンターテイメント小説。 解説に書いてある通り 超能力者はうじゃうじゃ出てくるけど、 実際に超能力は使われないというところが また面白い。 作者がまた新作を出されたら、ぜひ読んでみたいと思いました。

約1年前

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac763975fe 96d4 4bf4 b507 10749544f460540d83f1 f93b 40b0 825c 8b85e7705a66C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e43f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b71f5dcbb ee54 4b2a 8e89 07db9848f21dIcon user placeholder 32
伊藤くん A to E

どこがいいのかさっぱりわからない伊藤くんの周りにいる女性の話。 柚月さんの作品は、女性のえげつなさが痛々しいまでにリアルに描かれていることが多く、途中でちょっと苦しくなってくることもあるのだが、この話の中にもそんな部分も出てくるが、「煙たい後輩」よりはまだライトかなと思った。 伊藤くんは停滞したままで、何も変わらないが、その周りの女性たちはもがきながら、無様になりながら、自分と向き合って前に進んでいく、女性の強さと美しさに痺れるそんな本だと感じた。

1年前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2152337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fIcon user placeholderFb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5Icon user placeholder53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25 13
しをんのしおり

通勤時間に少しずつ読みました。とりあえず、しをんさんとお友達になりたい。

1年前

Edcd869d b717 48e7 88d8 8a04119e2b17A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fAe59d293 b9be 4dda 8237 87d5a9e2641934ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb6091cbbfc4 a786 45db a9f5 86da0ccccffbD18545d8 86f3 47bd 8013 679ae9ee23e397f26bce 7987 4287 a2d2 755d5ad53dbc 11
グローバライズ

某バラエティー番組で、某女性芸人が「どんでん返しがあって面白い」というような事をおっしゃっていたので、それに釣られて買ってみた…ものの…。 特にどんでん返しもなく(私が気づいてないだけ?)、読み終えた。 そしてこの本は、読み終えるのにとても労力を使う。読みづらいとかではなく、難しいとかでもなく、とにかく疲れてしまう。 本を読みながら吐きそうになったり、意味のありそうでそれほどない言葉が永遠と続いたり、脈絡もなく残虐になり、そんでもって突然のジェローム!読んだことのない文章に翻弄されてしまう。 それでも、それでも、最後まで読めば、この訳のわからない内容が解明されるのでは!?だってあの芸人さんはそんな感じで言ってたような…と、それだけを励みに読み続ける。 けれど結果は前述した通り。完全に裏切られた気持ち。 私なりに理解したことは、「本を読む」ということに、価値を見出している人、意味を求めながら読んでいる人を、嘲笑うかのような、そんな本なんじゃないかなと思う。と、こうやって何かしら結論づけたいと思うこの感じも、この本からしたら無意味なのかもしれない。 圧倒的虚無感に読後襲われ、この虚無感をどうすればいいのかわからず、また虚無になる、そんな本だった。 人にお勧めすることは、私はないと思う。 後、体調の悪い時、お食事中に読むことも、おすすめできない。

1年前

9a434508 7b20 45d3 b8ec 6e95bf21348700a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9203d88a0b6 0fa2 406b b8d1 d386e5513b96E6cc0404 6868 4c66 bd72 e2b13cbbbaf2Ce33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093B8838bfd 6f4f 4c2c a423 524bd764cc15 9
告解者

物語の主人公さくらさんと同職種なので、読みながら「ん?」「それはないない!」と思うことが多く、素直に物語に入り込めなかったのが残念です。支援している方に特別な思いを抱いてしまうこと自体はまぁ致し方ないとして、その人に他の利用者のことを相談するのは、社会福祉士の職業倫理に反するような…。それとは別に最後のある部分は、職業関係なく突っ込みどころが多々ある気がしました…。小説にリアリティを求めてはいけないのかもしれません。 「更生」とは何かというテーマが一貫してある物語でしたが、確かに何をもってして「更生」というのか、罪を償うこととは、赦すとは、という問いはとても考えさせられます。 施設長の「更生は過去形ではない」という言葉が、一つの可能性を示しているのではないかと感じました。

1年前

ハサミ男

このアプリで知って、興味を持ち読みました。アプリの感想に「騙された」というのが沢山あったので、最初から色んなこと疑いながら読んでしまったので、この本の本来の面白さは半減してしまったかもしれません。 それでも、先が知りたい!気になるとページをどんどんめくってしまう魅力がある本でした。読みやすく、色んな人に勧めたくなる本です。

約2年前

Icon user placeholderIcon user placeholder0b56b8ca 7fd8 4e09 a015 07391f25c414E23415a9 faea 4404 a89e 7bbe4ed5be9e2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856feb252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c7412c23f 480a 4bb7 afe4 757244eca214 81