Aad4f1d8 ca07 4b33 aa58 f7e524cfe4e1

taniguchi

いろいろ読みます。

いろいろ読みます。

58

コメントした本

荒木飛呂彦の漫画術

なるほど、自分の好きな漫画を思い浮かべると、この本の言う四要素ーキャラクター、世界観、テーマ、ストーリーが明確に表現されています。 著者が漫画家として長年に渡り分析し系統化してきたノウハウを教えてもらえる訳ですから、漫画を描きたい人には最高に都合のいい「地図」になるかと思いきや、 実際は描きたいものはそれぞれの人の中にあり、経験や興味の中にある訳で、 たどり着きたい場所とそこに向かって進む行動力が無ければ、どんな地図も無意味なのだと改めて感じました。

約3年前

73aa2da1 96d9 4d20 9ae0 7417d187da5585b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4b5d5b3b7f dd37 4d9c 9590 5fbf0905ecaaC2e4b1c7 c13c 41ef 8d89 0f1055109c87C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b3e15ba04 a396 4ca7 b118 fa06c4bf06884a802ab9 065a 4d7a 8df6 ad0a4ece460f 26
宇宙兄弟(1)

宇宙関連のニュースに対する興味が俄然つよくなりました。 最善を尽くすための決定はなんど下したっていい、というような感じの言葉を、事あるごとに思い出します。

3年前

8d9fb695 1033 4162 9330 e8dcd0a7523a20974087 324f 44d1 84c0 3255a54e6c02B80c742c 19e4 4d10 b564 8a5c8b8d9341824c4709 bac7 4d12 b8d7 ff9ad37eb7a7
すーちゃん

すーっと読めて共感できます。

3年前

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3Icon user placeholderE106763c eb07 4a1c 8bf5 d345ac98846b51fcc823 3610 4c68 85fa b38de3ba02bf2a033b12 009b 47b7 896a 32ec1dadd14eE83fa325 76b4 406b 8830 e58f6cb5ba25Aa6356d5 940f 4432 8ab8 208b758f3b04 23
オチビサン 1巻

ナゼニが好きです。

3年前

9a2b6729 e01f 4069 bba9 990f4241283069b0b419 3cf8 4a22 8f32 8210a0574c47
ロウソクの科学

ロマンのある科学。子どもたちにはファラデーの実験が魔法のように見えたに違いない。

3年前

243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc5Cf2dc2ce 72f8 4bea bdce 9bb0886adbf607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65893568dcfd 5e32 4730 8ff4 fa9349d6fa3fC03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b
舟を編む

紙の辞書をもう何年もめくっていないことを思い出して、めくりたくなる。地道な積み重ねということを考える本。

3年前

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037A497086c 1bd2 4c8f 9e96 e729c6074ba4202d871f 1724 4f3c 86fd 71b36e3c4a6a24e7a79a d060 49d6 9725 1a5cffba7cbcIcon user placeholderIcon user placeholderF11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e 303
蠅の王

「蠅の王」の比喩はすごいと思う。

3年前

数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜

学問を海にたとえた比喩は、いつまでも心に残っています。 お話も、挿絵も、大好きな愛読書。 友人のこどもが小学生になったら贈りたい本。

3年前

Icon user placeholder15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5de709fa78e a334 464f a9e5 c62e86c948a1F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1138315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9c523444ec 4de4 4a25 9227 16bbf1a99342883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093 13
こころの処方箋

パラリとめくったところのページを読むのがなんだかいい。

3年前

0920d5d4 c9dd 45d4 8f41 888fe7f32cbb21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffIcon user placeholder0fa3e0fb 6e3c 4c88 9678 04ff03bfd8c089bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd291ac7bba4 f354 4e9c ab89 1a58810128f1 29
わたしが棄てた女

主人公に棄てられた女が、なぜか読者には忘れられないのだ。

3年前

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0588f1a4e 1289 4838 9061 4a44051119efIcon user placeholder1f00d153 09b9 4aef ae95 b3ca6aaf28b55e143165 0f72 42f9 90ff d4f2d9213c5289bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7c8d93e1db 2966 4110 a87e 4236e54cc183 8
ノルウェイの森 下

男の人ってこういう風にして大人になるのかな。 これは恋愛小説といえるのか、それとも? 「それは何を見ても何を感じても何を考えても、結局すべてはブーメランのように自分自身の手もとに戻ってくるという年代だったのだ。」(引用) 小説の最後の一文を読み終えたあと、第一章に至るまでの主人公の道のりに思いをはせると、 生き続けることの意味と強さについて、考えこんでしまう。

約3年前

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e0377ae2351c 7877 4282 9ab1 8b308c336866B790c7b1 b5c9 4348 a0db 1dacccb9f5d46bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d0670abae23 ae4b 49cf 8c76 88e2b687b64cDc942191 f1e8 4ce9 aefe 425ccc58ab029807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef4 134
短歌ください

世の中には才能がたくさんあるんだなあと思った。穂村さんはほめ上手。

3年前

Db4ce21d 438a 41ed 9e9d c636bbdb736fF74cd29a 9994 4b78 87f9 bf9ffd937ecaCd62eee1 ba5e 474c b10b 7773ddada4bd92e00f6f 9471 4e3e a3a7 71410feab6922f2dc317 12d9 4c52 9738 f964578be5fc85b8a647 6ba7 4f84 85f8 1c0091d2e3bb
ものがたり水滸伝

水滸伝を読もうとしたけれど道のりの長さに挫折したことがある方にお勧めしたいです。 短くまとまっているのでスピード感があり、スケールの大きい面白さを味わえます。

3年前

おくりものはナンニモナイ

おくりものを考える過程が大切なんだと思う。

3年前

71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e95E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d116154771868e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13cBa324b96 b5c2 4e42 81fe fe1ad1a8db45Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7cDb067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade7
生物と無生物のあいだ

生物として生きていることになんだか誇りを得られたような気持ちになりました。

3年前

9e105710 ecab 481c b765 d410b0aac9afD927cd2a fad5 4d2e 906e 75557a5bd3bfB81800bb dff5 4674 8664 9d67deed5bbd03487e9b da2f 430f 8706 963a87c3209f4b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c060608f6a3d ff4b 4aa0 9902 73b47ad1565f4266a9e9 81d3 419b 949e 371c8935ce58 98
文鳥・夢十夜

木片から仁王像を掘り出す職人の夢が印象的。芸術ってこういうことなのかと思った。

3年前

5107dca6 e6a9 479c ab42 72ca6aa63a387b7865e9 632d 4bfd ab66 5450eafc1246C85cacc0 63d2 44b0 bb5f 963d98466da95c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdF456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b0C5dbbcbf 5552 4163 abe5 401d533644568f579e8b 35a2 4af8 8f6f 63a7a60dd882 26
くいいじ 上巻

おもしろいんです。グルメじゃなくて食い意地なところに共感。

3年前

1a58a418 9404 4011 85da d661916a181f1de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742fF4c04302 3ecf 42e6 a34f 0f294f9f0518
現実脱出論

「ない」ことを証明するのはとても難しい。「ある」と考えたら合点がいく。

3年前

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f326f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b89c36a6ee 29c5 47ad a257 eb16f0621b237cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa570d81d96 50de 4c84 8dc8 ccbe1a698e5dE505536c 2a3d 4a1d b718 98a7201cd9284f83c3e7 22f2 4298 80af 1e325de168a6 13
新編 普通をだれも教えてくれない

中身も面白いんですが、タイトルが格好いい。

3年前

砂の女

生々しさが凄い。結末は意外な展開のはずなのに、なぜか異様な説得力がある。

3年前

7e3a8640 79da 4cfd 9669 cb53f651085fIcon user placeholderF2af5b1e 0183 4108 a5d5 04865d6a869624a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3Eed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dc8a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96fIcon user placeholder 120