Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
5fbe6952 b105 4fd1 9ddb 93474a6f440d

Yume

Coin du quotidien

Coin du quotidien

29

コメントした本

プリンセスメゾン 1

池辺葵さんの新刊。やっと読了。 この人の描く漫画はどうもいちいち心地よいツボを突いてくる。私自身東京で住んでいた家のことや、散歩すると香ってくる家々の匂い、そこでの生活の様々を思い出した。 具体的に言い表すことのできない、優しい空気感を内包した漫画。本当にこの人の表現力は素晴らしい

2年前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113599f01bc 4d1e 4e3b aaed d42cc3c5422098fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860C8ab4ca0 717e 41de af3d e9585900837336fbaa35 0b5f 49b0 9f36 e6cf02108fb6
あの日からのマンガ

サラッと読めてしまうのに、サラッと流すことが出来ない、あの日からのマンガ。

2年前

E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e72806f96 416c 40fa 844c f9564f6f2326Aecedbc5 4380 43cc 8146 457c3d973756Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb
ミシン

時々読み返したくなる本。この短編集の中に出てくる、世界の終わりという名の雑貨店という短編が切なくて清潔で静かで、とても美しい関係だなと思った。作者の本の中で一番好き。

2年前

68d8fac3 b51a 400d a18a 09238ebdeedbA118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842c831cf759 b0c6 4a8e be4e 225141c44a3bF5832510 ecec 4db7 979b 603ed8731c12173de20b 26b4 4847 a073 857988f4ab3d6cad0e59 f89d 42e2 bbe3 d074933c133542cd43f2 df8c 4dde 95ef 23829b75eefe 10
青春漂流

記念日的ななにかの日に貰った本。そしてとても気に入った本でもある。 今みたいにしなやかさがない強固な職人!みたいな人達がたくさん出てくる。こんな事を生業としているんだ、とか、こんな考え方なのね、とかドキュメンタリーを見ている感覚に近い。お仕事本とか好きな人は好きかな

2年前

物語が、始まる

「かわいそうに」その無意識のような三郎の言葉を、私は両手で掴み、長くのばし、解きほぐして紐を編み、なんとかしあわせ、頑丈な綱にし、ぶらんこをつくり、何時間でもぶらぶらと揺れていたくなってしまうのだ。 この一文がどストライクで、何度読んでも変わらずどストライクで、毎回川上弘美さんは最高だなって思う。

2年前

面白くて眠れなくなる素粒子

素粒子面白い!!!(まんま)

2年前

夜ふかしの凡人

読了後あ、これ島唄歌った人だと知った。私はこの本の帯の後ろに書かれた文章に惹かれ読んでみたのだけれど、最後の最後に紡がれたこの文章に行き着くまでは、まったく関心も感動もなくむしろ不快に思って読んでいた。その分その文章が出てきた時にはいきなりぶわっとやられてしまって、読了後もずっと染みついている

2年前

モードの方程式

ブックオフでついつい買ってしまった本。豆知識本といった印象。

2年前

繕い裁つ人(1)

この人の描く漫画は全て優しさに包まれている。学生の時から愛読していた。仕立て屋である主人公の市江に、他人との微妙な距離感の中での人や仕事、人生への向き合い方を教えてもらった。全6巻。

2年前

森は生きている

これは恐らく両親の所有物だったのだけれど、私の部屋の本棚に紛れ込んできていたので、読んだもの。そういえば、これの劇も観たことがあったなぁ。 幼心ながらに、そうなの、自然とはこういうものなの、と思った記憶がある。そうなの、森は生きているの。

2年前

71fe097c 19dd 4aad acae 71aee64f6d24C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746A915bb6d 6415 4aba bf21 8e0612a3a918B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca
グレープフルーツ・ジュース

Change your name by the period of your age. By the year. By the day. By occasions. By the color of your dress. 原文のこの文章がとても好き。 読んだときは衝撃だった。 何でも出来ると思ったし、何にも出来ないとも思った。

2年前

8d9fb695 1033 4162 9330 e8dcd0a7523aBd080493 0c94 44e6 8353 048ac9ddba360323be6f ebcd 4a91 9b7f 9c19f76878777cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
ソニアのショッピングマニュアル

ARTS&SCIENCEのクリエイティブディレクターをも務めるソニア・パークのショッピングマニュアル。 そもそも買い物が好きというソニアが厳選したもの達の写真を見るのも、そのもの達に一つ一つ向き合いながら書いてある説明を読むのも、とても楽しい。そして自分で実際に見て触って紹介されたもの達を感じたくなる。1-3巻まで。

2年前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e11c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce89a2b6729 e01f 4069 bba9 990f424128305a921500 34f5 4e7c 9d41 526c81686994
つめたいよるに

この短編集に出てくる「ねぎを刻む」という短編がとても好き。 ねぎを刻むたびに、また残酷な気持ちになるたびに思い出す本。

2年前

C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991C6a91a45 7f7e 4c58 907a b4bb592c8592Icon user placeholder6816b90a 4a74 4f4a b333 bf56b03408eeIcon user placeholder81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba5755630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd5120 52
わたり鳥の話

ラクさんの短編集。 この人は優しく首を絞められているような、痛いんだけど気持ちのいい漫画を描く。(実際そんな恍惚とするような体験はしたことがない) この人の物語のおとし方がとても好き。

2年前

怖くて眠れなくなる科学

このシリーズとても好き。

2年前

84894365 9625 46eb 850f 37b16a5775263abb8de2 97e5 49ec bc9d c3373516b30fB19fbbf2 bd7c 411b 9cfe 98a285074036
倒錯と芸術

フランシスのベイコンを調べている時に。その名の通り。倒錯と芸術の関係性について。

2年前

自分の仕事をつくる

仕事を考える上で読んだ本。ここに書いてある一文でころっと落ち込んだりした。最終的に人間が住むことを考えない建築家は仕事として倒錯している…というような一文。予期しない仕事への思いに馳せてしまいながらも、考え楽しみながら読んだ面白い仕事本。

2年前

2e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a4015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e65543142030f dce0 4e87 b6ee aece7ee91ac40d04367f 47f5 43ef bb12 cae43617e2c2D8f59da8 715e 4317 90eb 2805767cd0010c3a474c 97c7 4bd3 8ee7 0bbdcf5c39f11550aac7 09a1 45b9 9aac 26e4b2c6b77e 26