89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e

半井志央/Shio Nakarai

ずっとずっと本を読みたい @shion…

ずっとずっと本を読みたい @shionakarai

910

コメントした本

いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画

この本で紹介されている絵のいくつかを、美術館で見たことがある。その時にこれらのストーリーや背景を知っていたかった、と強く思った。あぁ勿体無い。 10代の頃では、100年、200年という時間はあまりにも遠い昔のことだったけれど、歳をとってみると彼らが生きていた時代と今とに、それほど大きな隔たりはないように思えてくる。身近に感じることが出来る。 今だから彼らの作品をもう一度見て違うことを感じられるかもしれない。 美術館に行きたい。 描かれた絵と、その背景にある画家自身や歴史と向き合いながら、ゆっくり時間を過ごしてみたい。

約1年前

B8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6eeE2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab6747b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f04366feff89 7503 4093 b855 5506bddb18680afb00f7 1356 4a27 abf8 877059e48481Icon user placeholderA5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3 10
小沢健二の帰還

ライブや色々な発表の度に心が震えたことを思い出して何度も涙ぐんだ。小沢健二という才能が本当に大好きだ。

1年前

2e879b8e 9c34 4e40 beae 7f7b9120a15cB202f626 0795 4027 99ca 47cba860609563529e11 2b01 404f bd54 88b75f099194Ce72e7dd db7f 440d a4e1 b19001e00ca5C81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9aE3ae656b 89a1 48db 9b5d 86eed26786e535b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438 10
オリーヴ・キタリッジの生活

感情の言語化の精度と正確さがすごい

1年前

B44317f5 fee0 41dd 9ce3 48445584adf1B828e401 1ccc 4ef9 8c48 b73baae7ccc13a03af32 960e 42e5 b407 59d6f9872045Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Efcf6eeb f774 4dbe 9d59 ff4b87d0d14684bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7 24
アリになった数学者

すごく好き。 脇阪克二さんの絵もぴったり。 「たくさんのふしぎ」は変わらず素敵だ。面白い。 アリになるという発想と世界観の作り方が、漫画家さんや小説家さんの思考の順番と違いそうなところがまた面白い。森田さんならではの世界観。

1年前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146aFa8448b4 f8b2 42e4 96c9 25345ba78bb722c9f424 435a 479b 99e8 8f66ce619953C3250572 a273 4a87 a82a 3226adb32d30Bde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9 13
私、子ども欲しいかもしれない。:妊娠・出産・育児の〝どうしよう〟をとことん考えてみました

読了。本気で考えないといけない。

約2年前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c42d19b64 15d7 43d8 9e63 49edecfd6673B747ac13 5c65 4e19 89fe 84ea0121dc556afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373390023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cA2ba8fc1 9ee6 4d0e a2d2 ded699d7d216Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269 10
おべんと帖 百

美味しいお弁当作れるようになりたい。 お母さんのお弁当食べたい。

約2年前

413983b4 5bbc 4fb2 a277 02f3d0f22de4Icon user placeholder552c801f 5843 48b0 bf68 86a4bc8c8168Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40
母の記憶に

時間も空間も自在に飛び越える発想力と、感情を描く力。「紙の動物園」に続きこちらもよかった。さらによかった。 未来の世界は確かにこうなるかもしれない、と思うような作品も好きだけど、私は「草を結びて環を銜えん」が一番好きだ。美しい遊女、緑鶸と同じ遊郭で彼女を慕う幼い少女、雀の物語。強くて優しくて格好いい。目に浮かぶ光景の美しさ。 バラエティに富んだ作品集。日本での出版のために編まれたそう。

約2年前

30121380 741d 45f4 954d 83501dd7d4b7Icon user placeholder4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909Icon user placeholderB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3112c144179 394e 42df a05f 5d380807297c 21
ラブという薬

共感と傾聴。ラブに溢れたいい本だった。

約1年前

6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373395aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beF498cf2c a42e 430c 93e8 92001c61601681ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8Icon user placeholder2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d6bb79bd8 06d8 48ea b1cc 7c2be6637bfa 29
奇跡の人 The Miracle Worker

三重苦の少女と教師の物語はヘレン・ケラーとアン・サリバンをモデルにしているのだけれど、舞台を日本にし、作者の丁寧な感情表現によって、オリジナルの素晴らしい力強い物語になっている。泣きながら読んだ。

1年前

0264273e d8bf 4e8f 930e bd3f1a13a8afIcon user placeholderBfc96147 7c97 436d 85a2 f074b228ca92Icon user placeholder3d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786d7996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb8490Ead79813 55bc 42b8 9354 716e42d497a8 49
降伏の記録

私も自分と向き合わなければ

1年前

84de0d23 2677 4558 8baf 8c6af1a65f4498512388 a01d 49e8 9551 05024e554157Icon user placeholder3e0c4efb ff04 497a 8d0a 34dfaede7ec357c2709a 4c71 443b 96e9 9810cb743a8e26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b881b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57 22
愛を返品した男 物語とその他の物語

スマートでちょっと皮肉っぽいユーモアのセンス、すごい好き!

1年前

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfAac5e51c 6388 4a55 86c3 e88cf565b4db48dfe77b b1a5 45f9 912a ebf3b398676eFe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa47b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea48a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4E4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f44 16
リラとわたし (ナポリの物語(1))

続きが早く読みたい。エレナに自分を重ねてしまう。

1年前

A0c83aa7 024d 4bf8 b6a8 c554669d0e4d774e46cf 8ca0 4737 8faa 1bc2305b2958Icon user placeholder
中動態の世界 意志と責任の考古学

「しゃべってる言葉が違うのよね」「たしかにいまは日本語で話をしているわけだけれど、実はまったく別の意味体系が衝突している、と。」 という対話のプロローグにぐっと心を掴まれたのに読むのにとても時間がかかってしまったし難しいところは理解しきれていないかもしれないけれども、今の自分にとってすごく重要なことが書かれているとは思う。何度か読み返さなければいけないかもしれない。 外部の要因と人間の欲望と自分の選択について、そして「自由」について。自由になりたい自由になりたいと思いながら不自由さをどうにも出来ない自分は、自由になるための道として中動態を理解したいと思う。能動的でなければならないと言われているような居心地の悪さから、少し距離が置けるような気がする。 「暇と退屈の倫理学」「哲学の先生と人生の話をしよう」など、國分功一郎さんの本は、私にとって世界の捉え方を変えるヒントをくれる。

約2年前

C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54Cd478bcf 897e 4c70 974c 0b4c6067e818640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affB4ccfc2f 6ef8 4ddd b7b1 022f704e7441C7c6a9b2 e4aa 447c 9b5b dd3f934976859ef2222d 5692 4729 b00d 1c6de97ab302D308d904 0b58 4acc 8934 ec9d2f31f7fb 31
アメリカーナ

あっという間の感覚で読み切った2段組500ページ超の長編小説。文章が、優しく美しい。 国籍も環境も何もかも違うので簡単に言っていると誤解されたくはないのだけれど、イフェメルもオビンゼも私だ、その感覚私も知っていると思う瞬間が何度もあった。言葉が通じる感覚とその喜び、自分の価値観と異なる人々の中での孤独、家族や離れた故郷のこと、変わっていく周りの環境、置いていかれるような不安。 描写する言葉の美しく的確な表現に何度も自分を重ねながら読んだ。 レイシズムや差別の問題に対する、イフェメルの客観的かつユーモアたっぷりで平等な姿勢も、作者のそれがあらわれているのだろう、他の作品も読んでみたくなった。 遠くへ行きたい。見ている世界が狭すぎる。遠くへ遠くへ行きたい。

約2年前

3a03af32 960e 42e5 b407 59d6f98720459727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbbIcon user placeholder22c9f424 435a 479b 99e8 8f66ce619953A118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842c977e334a 08b4 436d 833a f2bf6b1fec70014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 13
グアバの香り――ガルシア=マルケスとの対話

「ぼくは、小説というのは現実を暗号化して再現したもの、言ってみれば世界を謎解きしたようなものだと思っている。」 「ぼくの小説には現実に基づいていない箇所はただの一行もない。」 とのこと。 あぁ作品読み直したい。

約2年前

竹内涼真写真集 『1㎜』

ひよっこ見てから(以下同じ

約2年前