5ec71bc5 7d49 4154 b294 4f1eade8b21a

チカコ

高温多湿に弱い事務員です。

高温多湿に弱い事務員です。

7

コメントした本

村上海賊の娘 上下巻セット

作中にもあるように、戦国の時代の人にとっての死は、あまりに今の私たちにとってのそれとは違うということを感じたな。 戦いの中で儚く(作中の登場人物たちは、「呆気なく」と表現しそうだが)、亡くなっていく人もいれば、凄まじい生命力をもって生き抜いていくものいて、生き物が生き続けることは奇跡に近いことなのではないかと感じた。

1年前

鹿の王 角川書店単行本

異なる文化や生活習慣にはっとさせられる感覚や、逆に自分とはまったく違うと思っていた人たちが、似た思いを持っていることを発見したり、似た言葉使っているのを知ったときの感覚が散りばめられているお話。

2年前

Fab094d3 8caf 475e 9fb6 fd7a2909d94cPictureCd94a238 9167 4957 882c fa65a2d1ac3c92dcd2f8 d8b7 467c b866 68547d872d123e223e12 b768 4f8d 9a12 56e6476143783c0f0b21 eadf 48ec 9c9f 86db195c5f4314a52199 da97 40cb a533 3dfde535898e 8
神の棘I

厳しい時代の中で、人として生活すること、自分が正しいと思うことをすること、嫌悪感を抱くことに加担しないことの難しさを感じるお話。そして、私のこれまでイメージを持っていた聖職者(という言葉を使っていいのかも私の乏しい知識では不安ですが)とは違う主人公として描かれていて新鮮でした。

2年前

おそろし 三島屋変調百物語事始

本当に怖いことは人間の心が生み出す、だからこそ、怖い気持ちより最後は悲しい気持ちがちょっぴり勝るそんなお話。

3年前

Af862982 8899 4bc3 b2ac 5bf828e1097b4e1499ca 9700 4bbc 85c7 07c4ab6cbd4f433331f6 49d0 4ef6 bbd1 ac6344930d41417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00cC884075b 2545 45fd bfa7 4779d2f2e5f457399644 4812 4a08 846b 6faa174b8f21 9
烏に単は似合わない

ラストにはまさかの大どんでん返し。。。とまるで、映画の宣伝で聞くようなセリフをつぶやいてしまった。 ただ、全体を通して、それぞれのキャラクターが魅力的に描かれていて、読み進めるうちに愛着が湧いてきたからか、最後の展開でも、読み終えて少し経ったら、まあいいか。と思えたので私は救われました。

約2年前

E624b1de 02fe 45bc 8277 67c9960e5c7fE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b9Icon user placeholder72313079 f1e3 4b3b 8784 d0670803ba7b 58
獣の奏者 全5冊合本版 講談社文庫

合本版ということで、移動時間や隙間時間を見つけては読み進めてしまいました。 想像力を刺激される物語世界の描写と生々しいほどの生き物の息遣いを感じるお話でした。 きっと読む人それぞれの脳内で描かれている王獣の姿や鳴き声が、少しづつ違っているんだろうなぁっと読み終わった後に考え、またワクワクした作品です。

2年前

B889e170 23ef 4096 83b0 a8384efa02a37c206f1e 23cd 47bb bc77 62073e5a9e078c180de7 b117 4c6e b01f b88b628c421dB753c101 f48b 462c 816f 60f31e26ba2aD5046ce6 09d7 48a4 90d2 fad3d78f67a825c10f7b f123 457f 9aee a8caa05542d93c0f0b21 eadf 48ec 9c9f 86db195c5f43 9
帝国の娘 上

コバルト文庫にて1999年にシリーズの最初の巻が出版。この度、角川文庫より再度、出版された作品。 書店で手に取ったときには、全くそんなことを知らず、上巻を読み終わった後に、あとがきでこのことを知りました。 その後、下巻を読み進めるうちに、シリーズの続きを読むべく慌ててコバルト文庫で十数年前に出版された古本を購入。続きが読みたい欲を満たすため、大慌てした思い出があります。 あ、ストーリーについて触れてない。。

3年前