95371737 f01c 47c7 afb0 6dad2e143619

猫中アヤ乃

渋め音楽が好きな人

渋め音楽が好きな人。まだまだ知らない本の世界をもっと知りたいです。

64

コメントした本

アルケミスト―夢を旅した少年

『傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだと、おまえの心に言ってやるがよい。夢を追求している時は、心は決して傷つかない。』 あの時こうしていれば…と嘆いたり呟くのは、ただ怠惰なのだろう。環境や境遇は関係すると思う。でもそれを言い訳にしない、と言うよりもそれが問題とさえ思っていない人は存在する。それは、心としっかり向き合えているから。追求するとはそう言う事なんだろうと思う。

6か月前

35fb1555 2061 4d69 a3d8 035c5aa9d47a8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda643221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eC6b45a2e 33ea 4545 89ad 965500c3d5639b18d833 ff64 4461 98e0 418d0b78ed2aDae3efb3 9757 405d af65 5c0ce498b404Icon user placeholder 149
星の王子さま

子どもの頃には分かっていた大切な事、大人になった気でいる部分が確かに自分にもある。星の王子さまには当たり前であっても、ハッとさせられます。 また数年後に読みます。

8か月前

死にたくなったら電話して

厭世主義の初美と出会い、交際を始めた徳山は共に過ごしていく内に自分で考える事を辞めてしまう。ついには信念を諦め、外界との縁も断ち切ってしまう…徳山は初美にのみ希望を抱くようになる… 初美の(残虐な事件や歴史に関する)偏った知識、価値観、性の嗜好に、始め"何だこの子は"と興味深かったのですが、エスカレートしていく初美の悲観と正論の畳み掛けで疲れました(笑)人間考える事を辞めてしまったら、もうおしまいだと改めて思いました。 関西弁の会話や表現が多く、私的にはテンポ心地良く読みやすい文章でした。

約1年前

8fc289ad c21b 4f3d b05d 332dc07a4850D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009cF5832510 ecec 4db7 979b 603ed8731c1286166f7f a267 4005 82ec f83bc4904237F2c839bc b142 4633 a5ef 4b3a02e57b98405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d7375de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d6 10
君たちはどう生きるか

名言や格言など、ああ、それねって、よく聞くあれねって耳が慣れてしまって脳まで届かないもの…しかしこの本に出てくる"叔父さん"の明瞭な頭の中で整理整頓された言葉(説明)が純粋で賢いコペル君と我々読者に、サクッと入ってくる。 コペル君と言う存在のおかげで私には、より素直に響きました。

1年前

64910be9 057a 4a86 ace1 a73ce9c9dcc0C391ee8e 4de3 4dcc bea6 83ce85bba15fEed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dc1eb00c1e 9037 4dd8 ab18 13d6b9963c2cIcon user placeholder5f2cc981 6491 4f27 9a38 0469c789c8b8Icon user placeholder 131
何もかも憂鬱な夜に

人間の混沌とした、奥深くにある暗の部分。向き合い、恐れ、絶望し、諦める。しかし、どんな人間にも芸術に触れる権利はあり、芸術は全ての人間に対してひらかれている。 ー人間と、その人間の命は別のものだー 命ある限り、人生において知るべき事はたくさんあるのだと思います。私は本に、音楽に、出会えて良かったと思います。

約2年前

Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778C3b1d84d d7fc 4c10 8843 f2a06456e39e3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb
若きウェルテルの悩み

いくつかウェルテルの名言に深く感心させられました。(いや、勉強になりました、です) そんな素晴らしいウェルテル…たった1人の女性に向けたはずの愛が、日に日に自己の破滅へと近付いていく。 いや〜、読み進めるのに時間がかかりました。

約2年前

Icon user placeholderIcon user placeholderCe5d21cd cf6d 4b88 a74c 3aa3aa94721fD5d2be79 d41c 4204 b8b1 9fec9189847fIcon user placeholderB23ccc5f e7f6 46e0 bce1 20390055438cB391f39b 6ee2 4d37 b63b dd7aa097547c 23
哀しい予感

滅多に味わう事のないような深い悲しみや喪失から立ち上がって行く女性の描き方は、吉本ばななさん特有。 そしてそれに寄り添い、共に歩むように同じ空気感を持つ男女を超えた存在。 この物語もまた、回復の物語。

約2年前

Icon user placeholderF63147cb 9f63 4964 bfe3 ad289fe470b1Icon user placeholderD3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048feIcon user placeholder81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba571a58a418 9404 4011 85da d661916a181f 24
夢をかなえるゾウ

登場人物のキャラクターやストーリーもあり、自己啓発本って言うほど堅苦しくなくラフに読める。神様ガネーシャから出される数々の課題。決意、実行、感謝。鋭い指摘もあって素直に読めます。 真面目な人ほど最後の最後、ガネーシャの言葉で肩の荷が降りる思いがするのでは、と思いました。

約3年前

0fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15b8a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96fB0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3ba2bad8a6f f077 4bce b6be 726113c92253Acff5fea 979a 4728 bc17 514e71d0a436E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1Ba04f00c 86ab 471c b0b0 d93bd80a6645 11
笑うな

摩訶不思議な世界観。34篇と言う事もあり、次から次に目の前でサーカスの芸が繰り広げられているような感覚で読みました。初めての筒井康隆さん。面白かった。

2年前

2c144179 394e 42df a05f 5d380807297cD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Icon user placeholder3f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b07ea0989 5b9b 4ff5 ab31 a9b038fff99bC606d581 9cd3 48da a7e1 ad89eac8288142caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e 17
デッドエンドの思い出

"これが書けたので、小説家になってよかった"とばななさんが仰ったのも、納得です。 つらくても切なくても、じっくりと時間と共に消化していく、その中に光る幸福。

2年前

Icon user placeholderIcon user placeholderF63147cb 9f63 4964 bfe3 ad289fe470b18a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 43
悲しみよこんにちは

全体を通してアンニュイな雰囲気でした。若いセシルの、大人の女性アンヌへの憧憬の念、それと同じくらいの反発心。少しセシルの気持ちが分かるのは、私もまた大人になりきれない1人だからです。 後半はラストに向けて悲しみの雰囲気が漂いはじめます。戒めであり、愚かであり、また切なくもあり…複雑に感情を揺さぶられました。

7か月前

6fd775b7 9e5b 4b48 8306 3f00ddce56c42a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01d1dbef9fd 9497 4125 a78c 79d2f9be5508Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8044abe3d 44a3 4c18 a114 62addfd810041c1c2eed ad80 4d0d a6a6 88f25caa11a052939939 fed1 4627 abf9 9bd91dbf6bc9 46
魂をゆさぶる歌に出会う――アメリカ黒人文化のルーツへ

今やロックのルーツと言われているブルース(ブルーズ)、ゴスペル(黒人霊歌)などの黒人文化のお話。奴隷制度時代、また奴隷解放後の時代背景を踏まえながら、当時歌われていた歌や民話を引用して人々がどう生きてきたかを知ることが出来ます。 "黒人が自分たちの文化を捨てなかったから、リズム&ブルーズは世界中の人を踊らせるほどの力をもてた" 色々な人が多様な価値観を持っていますが、皆平和や幸福を願っている事、自分にとっての幸福を改めて考えました。

9か月前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a708e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622057d2afe 8924 450d bb96 3e12f5f89a9408634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c2940cc50 8cbe 406d 8e8d 632cb98ce232
さきちゃんたちの夜

4人のさきちゃんの話。短編集。前へ進めと強く背中を押されるわけでもなく、辛さや苦しさに身を置くわけでもなく、ただ生きている事に喜びを見出せるような気持ちになります。 何となくとか、直感とか、内と外の繋がりを感じられるお話ばかりでした。『鬼っ子』は個人的に特にそう感じました。

1年前

D3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048feA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fIcon user placeholder597efd8b 4927 40e8 aba8 bd7b71010c899ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c30023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c65dc9d8a d779 4fc6 bfe0 b373bf0c937e 47
イルカ

綺麗事でも形だけのものでもない、心で五感で感じるもの。生命力。 母親になる、その時が来ればスッと受け入れられるものだろうか。私はまだまだ、ぼんやりとしています。 腑に落ちる言葉がたくさんありました。

約2年前

A73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a9d1a2f70 1cd1 424c 9a07 1da8e7b7d6349dc594a2 5123 4faf 973a e2c3338e17cf86bf7621 50cc 4707 8f5a 446fd08c5b2b
みかづき

塾を創設した夫婦に始まり、教員になったその娘、学習支援団体を立ち上げたその息子…教育に向き合い続ける親子三世代と取り巻く家族の人生を描く。 人は何の為に知識を得るのか、教育とは何なのか。 良書に出会ったな、と心から思いました。

約2年前

C83c56a7 bc1d 43a3 adb9 6efaab245da583c089af 2bcb 4854 931b c9a73a1ca6cc1be4bb52 e5d8 48cd a771 693e9ac02cfb375047f0 3ed1 4470 b9b3 edcb7f51c4a0Fbc7b138 e2a7 4cc2 880a 2336502eb0e4Icon user placeholderC5dbbcbf 5552 4163 abe5 401d53364456 90
夫婦茶碗

とんでもなくだらしない男性のお話(2編)。思考回路が理にかなっているようで、破茶滅茶で、本当に馬鹿。文体のテンポと言い、圧倒されるものもありつつ主人公に呆れながらムキになって読んでしまう。 元気な時に読まないと、もってかれちゃう本です(笑)

約2年前

F50aa496 67c5 4734 a8f8 a5c2d5f9c8fbIcon user placeholderCc2bdcab e710 4c03 8ba2 2c0be372d180A525e0a3 247f 44f6 833e fc53728d75b61f8f41c1 f0a6 4c9c 8622 dc9cab6ae1a8Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141Da10b101 e52f 44af bdc8 6002e3401c47 10
かもめ食堂

映画は何度も観ていましたがようやく原作を読みました。 サチエには、強く凛としたものを感じさせられます。映画も小説も漂う空気は同じだけれど、小説を読むと増して登場人物の人となりを感じながら物語に入れます。 本も映画もすごく良い。おにぎりもシナモンロールも食べたくなります。挿絵のマサコは、もはやもたいさん(笑)

2年前

33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869026d30a362 8032 44f0 92fe 587b369650bbB6c630a3 1e6b 40b2 9330 1c4239fdd89bIcon user placeholderD24c4658 8632 42ef b096 4c3a98fd38f33f9ef726 344e 4e67 a2c8 b2d469e62a9881bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f 70
家族八景

読心能力を持つ七瀬はお手伝いさんとして働いている。仕える先々の家庭の残酷な裏側を垣間見る。 人間の汚い部分が人間不信になるレベルで描かれていました。全てを知る事、分かり合う事が必ずしも良い訳ではないことが分かりますね。

2年前

6bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d065db91d57 ea73 4322 a64f cce7542208c6B895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f56C62316b0 2f06 4fd6 9624 c0b7d1fedef5Ac667a42 bd40 4b04 a08e cab0eb1c4536Eecbe2f9 6b2a 4d8c 9471 e259483d7aba91050f17 c612 4bcc 8c1a 15dd4589a5fc 35
乳と卵

今まで触れたことのない文体だったので新鮮でした。 終始ずっと"乳と卵"。女性独特な事柄で生々しい。娘緑子と母巻子、巻子の妹である私。女性である事に対する嫌悪、執着…言葉足らずな3人。緑子と巻子が爆発する(卵と共に)シーンが印象的。

2年前

5a5b8334 3d15 427c b204 1fd854ac503aE33033b8 a96e 40e4 8beb 8087eaaed0a42fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856febIcon user placeholder0b2c8078 e178 4bc4 80a0 55f6c27bea147654c38f 2a7a 482c ae61 67580a32ab1fDf294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb 53
天国旅行

心中に纏わる短篇集。死を選ぶに起因する物語、動機は違うが。復讐、愛情、経済問題、事故…物語の内容自体はどの話も濃く、どうしようもない気持ちになったりした。死を選んだ登場人物は、死の先を美化しているように思った。 それと共に私は強く"生"を意識しました。生きなければ何も得られないのだ、と思わせられる小説でした。

約3年前

50fa3f9e 695d 42e8 8d6d ba924f96c0ea66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d9eea5c60 6f85 4347 b3b8 41dfdc05321453f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d358322d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d33116c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c913e8a36a b366 4e90 a742 98a5d45101ba 24