9ce03fbe d005 4f53 8488 c50334bd67d4

krlaravel

hoge

hoge

37

コメントした本

浮雲

"相愛は相敬の隣に棲む、軽蔑しつつ迷うというは、我輩人間の能く了解し得る事でない。"

約3年前

A12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c38361C5795815 5a69 444d 8159 5f1493793c9a
高村光太郎詩集

"正しさ、美しさに引かれるから磁石の針にも化身するのだ。"

約3年前

53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e22c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86
辞世のことば

"出でましてかへります日のなしと聞くけふの御幸に逢ふぞ悲しき"

約3年前

死と生きる―獄中哲学対話

"自身を卑下したのは、二人も人を殺しておきながら、それでも、まだ、「自分は死刑になりたくない」と考える自分がいる事でした。これは、二重の罪悪感となりました。"

約3年前

ハイパフォーマンス ブラウザネットワーキング ―ネットワークアプリケーションのためのパフォーマンス最適化

"計測できるものは、改善できます。問題は、正しい指標を計測しているのか、そしてそのプロセスには根拠があるのかということです。"

約3年前

辞世の一句

"散るをいとふ世にも人にもさきがけて散るこそ花と吹く小夜嵐"

約3年前

文章読本

"書くべきこと、語るべきことがあるとき、言葉は力強く流れるだらう。"

約3年前

罪と罰〈下〉

"誰だって自分のことは自分で考えますよ、そして誰よりも自分をうまく欺せる者が、誰よりも楽しく暮せるってわけですよ。"

約3年前

6a49a3fb 3c4a 4745 bdcb aa449fb4b608Icon user placeholder5d2d080f 5dc7 475d b52f cc8c96194d77640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7454607e90 499a 44ec 9e20 7bf6098210edF323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd 23
青猫―萩原朔太郎詩集

「詩は何よりもまづ音楽でなければならない」

約3年前

死者の書・身毒丸

"姫の咎は、姫が贖う。此寺、此二上山の下に居て、身の償い、心の償いした、と姫が得心するまでは、還るものとは思やるな。"

3年前

0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a871964b20 d98e 4869 af0d f6832db56c949a2b6729 e01f 4069 bba9 990f42412830
きれぎれ

"いつもこれだ。いつだって到達ポイントにはなにもない。"

約3年前

50fa3f9e 695d 42e8 8d6d ba924f96c0eaF50aa496 67c5 4734 a8f8 a5c2d5f9c8fb151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2413233c45c d7cf 460f 834c 3139d33630edE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c4fba8f39 a492 4087 9784 74dbe1042f73 11
フェルマーの最終定理

"「この世界と同じくらいの大きな鋼鉄の玉があり、一匹の蝿が百万年に一度その上に止まるものとしよう。鋼鉄の玉がすりへってすべてなくなったとき、永遠はまだはじまってもいないのだ」"

約3年前

6a49a3fb 3c4a 4745 bdcb aa449fb4b608Icon user placeholder8a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e454421Icon user placeholderIcon user placeholderBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bD517a95e e99d 40db 80dc 7a4112adfcb8 85
ゲーテ格言集

"「なぜ、私は移ろい易いのですか。おお、ジュピターよ」と、美が尋ねた。 「移ろい易いものだけを美しくしたのだ」と、神は答えた。"

約3年前

05d8182e 87bc 48b6 a94a 50615cb7dd3838b84919 0ca4 4048 aed3 351cb7be2a3a2e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a4B67c5f53 9238 443f 9a8b ff15a4504ddc
書を捨てよ、町へ出よう 角川文庫

「むかしの博徒は脇差で人を刺したもんだが現代のヒーローは言葉で人を殺すのさ。みんな言葉を通してしか他人と接触できない世の中だからね」

約3年前

マキアヴェッリ語録

"誰だって、誤りを犯したいと望んで、誤りを犯すわけではない。 ただ、晴天の日に、翌日は雨が降るとは考えないだけである。"

約3年前

De9c0578 cca2 4bb1 a42f 6a40bbefdaf59d03a351 f5de 42b9 97fb 43919d948cb13d0e09f3 63a6 41c3 a2ad 8c64ca374a0f89091bc0 f74a 4635 9ef8 52c8446ba013C2e73f6d 4102 460c 9ac4 9c3012de9657
方法序説

"どんな身体も無く、どんな世界も、自分のいるどんな場所も無いとは仮想できるが、だからといって自分は存在しないとは仮想できない。反対に、自分が他のものの真理性を疑おうと考えること自体から、きわめて明証的やなきわめて確実に、わたしが存在することが帰結する。 "

約3年前

2c144179 394e 42df a05f 5d380807297cC9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa18600d6d 10cd 4476 bcd4 4c1a3a8fe8af9ef2222d 5692 4729 b00d 1c6de97ab302Icon user placeholderBa568bbb 8274 4252 8a04 b2ce072c58404aee193a 6d5e 4779 b05f 46018c39cc65 29
夏の花・心願の国

"だが、僕はやはり冷んやりしてゐて、少し悲しいのだ。"

約3年前

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

"ネストが深くなると、読み手は「精神的スタック」に条件をプッシュしなければいけない。"

約3年前

39232fa2 67af 4080 883d 34b51dc8ae246180ae3e e418 4add a30c 15c8adca9ea8067ab35b 9be3 48cf 9f58 f3a8dcbd26c574f94c0e 0db5 4796 9933 2dae4ccbcac1513457b3 e879 41c5 b692 c51c83e5216dE84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a759ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e6635 18
罪と罰〈上〉

"貧は罪ならず、これは真理ですよ。飲んだくれることが善行じゃないくらいのことは、わたしだって知ってますよ。そんなことはきまりきったことだ。しかし、貧乏もどん底になると、いいですか、このどん底というやつは──罪悪ですよ。  "

3年前

6a49a3fb 3c4a 4745 bdcb aa449fb4b608Icon user placeholderE971b840 2a8d 439b 83fc daab50d060215d2d080f 5dc7 475d b52f cc8c96194d77B13d8520 e928 46a8 8042 e946b9fcd72fBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09bD5d2be79 d41c 4204 b8b1 9fec9189847f 37
耽溺

失敗、疲労、痛恨──僕一生の努力も、心になぐさめ得ないから、古寺の無縁塚をあばくようであろう。ただその朽ちて行くにおいが生命だ。

3年前