C1dfd8a6 1fda 4ca4 9c7e 6fc7889e0c25

いそっぴ

140字で書く読書感想文に凝ってます

140字で書く読書感想文に凝ってます。140字だと、タイトル、著者、物語の概要、ひと言感想ぐらいしか書けないのですが、それが良いのですね。友達から「オススメの本を教えて」と聞かれたときに、さっと言えるのってこれぐらいでしょ。こってり長いブックレビューは専門家にお任せします。

15

コメントした本

玉ねぎフライパン作戦

数多くある椎名誠さんのエッセイの中で好きなのは、食べものをテーマにしたものだ。砂漠やシベリアなどの辺境の旅行記も好きだが、それらを読むときはちょっと力が入るので構えてしまう。椎名さんの食べもののエッセイは、高級食材や高級店が出てこないので、肩の力を抜いて読むことができるのがいい。

3年前

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

野口悠紀雄 の『仮想通貨革命』を読んだ。本書ではビットコインの技術的な側面だけでなく、それにより世の中がどう変わるのかが論じられている。たとえば、海外への送金手数料が無料になったら?銀行は大幅な減収で金融機関の枠組みが変わるだろう。ビットコインの可能性と問題点がよくわかる入門書。

3年前

9862cb63 654e 4c95 ac4b 9d0ecb630e8a67b26830 dfe0 4a4f 8b63 8d041ceb34d3C3250572 a273 4a87 a82a 3226adb32d30
ポーカー・フェース

沢木耕太郎のエッセイ『ポーカー・フェース』を読んだ。沢木さんと言えば『深夜特急』などの旅行記やノンフィクションが有名だけど、エッセイも素晴らしかった。一つのテーマに幅広い交友関係や豊富な知識を元にしたいくつもの話題が絡み合い、そして予想外の展開に驚かされるスーパーエッセイなのだ。

3年前

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2
謎の独立国家ソマリランド

高野秀行さんのノンフィクション『謎の独立国家ソマリランド』を読んだ。ソマリランドは海賊討伐と治安維持で国連軍が派遣されているソマリアの一部で、世界で最も危険な国のひとつだと言われている。でも高野さんの書くソマリランドはとても魅力的で平和な国で、一度訪れてみたいとさえ思ってしまう。

3年前

Fcd3efbb 1349 4bc1 9088 b0124fef91ae9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dF060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d779Ea17ea14 9ba2 44ae 9d91 018ccac374e579944e8b 728e 4873 8b4a b8e610e2354824a1cb48 1125 4abb 94b1 a36b7246dc1c983174f9 85c8 4613 a4d3 84ea2902e0f4 16
鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐

2015年本屋大賞1位となった上橋菜穂子さんの『鹿の王』を2日でいっき読みした。グインザーガを読むのをやめて、10年ぶりぐらいのファンタジーだったので、本の世界に入れるかちょっと心配だったけど、新薬創出(ワクチン)や伝染病の研究がストーリーに上手く絡んでいて、読み応え十分だった!

3年前

02ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f6106443e0413e5 e41d 4763 94d7 e35792a95eb025c40ee0 4e85 45de aaa0 b5c50215b1dc2a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59ddIcon user placeholderD7abed11 56d6 4ea2 a846 f2c2afc481f44551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af 84
マルドゥック・スクランブル The 1st Compression─圧縮 

冲方丁さんの『マルドゥック・スクランブル(完全版)』全3巻を読んだ。久しぶりのSFだったけど、やっぱりSFっていいですね。人とコンピューターが融合するサイバーパンクを学生の頃に初めて読んだときは、荒唐無稽に感じたけど、この時代に読むとまったく違和感がない。科学の進歩を感じるなぁ。

3年前

45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6cIcon user placeholder34d30eff 38a9 46ad bf35 3ab7420b1840610eaff7 fb4a 481d bfb7 ae71f00f8a47Edf313fc 70b0 43d6 a8b0 68f9b706e31cC9e2e9ef e35e 43ab b847 4cade3f5289f
ビジネスマンへの歌舞伎案内

成毛眞さんの『ビジネスマンへの歌舞伎案内』を読んだ。歌舞伎は前々から興味があって、一度きちんとライブで観たいと思っていたのだけど、そんな人に最適な本だった。チケットの取り方と観劇の方法や人気役者と人気演目の紹介からオススメのお弁当やお土産まで、この本を読めば初心者卒業も早いかも。

3年前

空飛ぶタイヤ(上)

池井戸潤さんの『空飛ぶタイヤ』上下巻をいっき読みした。面白かった!財閥系自動車メーカーのリコール隠しと戦う小さな運送会社の話なんどけど、物語は勧善懲悪で読了感は超スッキリ。読み始めて直ぐにストーリーの行き着く先は分かるのだけれど、そんなのはまったく問題なく楽しく読むことができた。

3年前

92c69765 4332 4e2a a0cc 1162fd661b1433d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869025471baca 9559 4686 aa79 623d3cf89b96Ccdfc241 2557 4f44 861a 586c3e0d4ce8Bf4974c3 423b 4aa2 b293 5cc514f55426A4defab7 b833 4fd1 a01f 908d98322c8bIcon user placeholder 61
昭和史 戦後篇 1945-1989

半藤一利の『昭和史(戦後編)1945-1989』を読んだ。敗戦ですべてを失ってから世界第2位の経済大国になるまで、日本はどのような道を歩んできたのか?GHQによる占領政策、東京裁判、人間宣言、新憲法の成立、朝鮮戦争、安保闘争、55年体制、高度成長など教科書には載っていない近代史。

3年前

D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cIcon user placeholder5f53d24a f95e 4fb8 9f27 19ffaccefd4fE3ae656b 89a1 48db 9b5d 86eed26786e539ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0D4c107e0 ade8 4600 873d e9eb0e6c89dfBa04f00c 86ab 471c b0b0 d93bd80a6645 10
昭和史 1926-1945

半藤一利の『昭和史(前編)1926-1945』を読んだ。日本はなぜ中国と戦ったのか、そして米国と無謀とも言える戦争をするに至ったのか?戦争への道を途中で引き返すことはできなかったのか?そのとき国の指導者や国民は何を考えどう行動したか?信じられないような日本の歴史がここにあります。

3年前

東海林さだおの大宴会

東海林さだおさんの『東海林さだおの大宴会』を読んだ。東海林さんと言えば食べものエッセイ、食べものエッセイと言えば東海林さんというの存在。この本は人気の「丸かじりシリーズ」から著者が厳選したベスト版。どこを読んでも美味しさがつまった一冊です。東海林さだおさんが初めてのにもオススメ。

3年前

海賊とよばれた男(上)

第10回本屋大賞受賞作 百田尚樹さんの『海賊とよばれた男』を読んだ。文庫本で上下を合わせると900ページものボリュームがあったけど、間延びしたところが全くない。一代で出光興産をつくった出光佐三の生き様を書いたこの本は、すべてのビジネスマンにオススメ。特に若い人にぜひ読んで欲しい。

3年前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be802370bf 36ec 47c8 9ae1 351b440ad83294ecfa9b 97b8 42a1 b1c9 a562d901bbb2Bec4bcab 3707 4a22 9b1c 5c52d306b32a3bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf92e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9 119
天地明察(上)

2012年に本屋大賞1位となった冲方丁さんの『天地明察』上下を読んだ。物語の展開はある程度分かっていても、キャラクターの魅力で引き込まれてしまう。江戸時代の暦づくりの話だが読みやすい。映画にもなってるので、知ってる人も多いと思いますが、爽やかな読了感の本を探している人にオススメ。

3年前

C1169997 c71e 4fe5 9f5c 736f3acc810bIcon user placeholder1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320fIcon user placeholder4b866375 cfdc 45cc 9ffa 4dbd8ba92319883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311 30
長いお別れ

レイモンド・チャンドラーの『The Long Goodbye』を読んだ。フィリップ・マーロウという私立探偵が主人公のミステリーなんだけど、1953年に書かれた本なんだね。ストーリーの面白さはもちろん、アメリカンジョークや無駄にハードボイルドなフィリップ・マーロウがすごくよかった。

3年前

45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6cIcon user placeholderIcon user placeholder0c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad789091bc0 f74a 4635 9ef8 52c8446ba01397a21eba 6bcd 485f 8b8a baae7aaffb7c11d11e89 91d1 484f 8eab dd1c2b5cd1e0 9
下町ロケット

池井戸潤さんの『下町ロケット』を読んだ。技術力が高い中堅企業がロケット開発に挑戦する話なんだけど、その技術を欲しがる大企業との戦いや、社長と社員との確執にリアリティがあって、グイグイ引き込まれ、あっと言う間に読み切ってしまった。2011年の直木賞受賞作品と言うだけのことはあるね。

3年前

92d06a10 2147 4a77 84f2 81176c2f089aBd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b5bdba938 f911 499c b90b 1828646bd07e95334630 3abc 43ca 90c3 8007922b11936b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccB98d5186 6e16 44db 849c 31247722c512Efd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51 92