0f7503ec f720 4b67 8326 7397152d217c

謎の人

放浪の本読み

放浪の本読み。今日もどこかで本を読んでいる、はず。色々なまだ見ぬ本を探し求めて。@Nazonohito9 2015/06/16開始

86

コメントした本

はじめての土偶

タイトルはポップ。 中身もポップ。 学術的なのに、土偶と古代史に対する見方が大きく変わる本。オススメです!

約3年前

王とサーカス

「王とサーカス」米澤穂信 米澤穂信さんの最新作です。昨年の「満願」で話題をさらった作者の長編ミステリーです。 今回のこれで、僕はひさびさに社会派ミステリーというやつを読みました。米澤さんのミステリーというと、正統派のものから、ファンタジー世界でのミステリ、高校生が主体の日常の謎系ミステリ、読んでいて苦しくなる不条理ミステリなど、さまざまなものがありましたが、今回のこれは堂々の社会派ミステリーで、素材となっているのは十数年前に実際に起こった、カトマンズでの王宮銃撃事件です。米澤さんで社会派なネタといえば、ユーゴスラビア紛争を背景にした「さよなら妖精」という傑作がございますが、このパターンはあれ以来ではないでしょうか。 そして、嬉しいことに、今作では、その「さよなら妖精」で準主役をつとめた大刀洗まちが主役となっております。異教カトマンズで殺人事件に巻き込まれる彼女が辿り着く真実とは? 社会派ものだけに、正直ミステリとしては斬新さも薄いし、トリックも甘いんですけれど、最後のオチに色々考えさせられます。

約3年前

1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aefD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c50702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f1Icon user placeholder242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaa93dec1e9 00e7 4b8b b7d2 15855ecd99deA74cabe8 fc19 4afa aa44 e14f1ca54519 61
応天の門 2

菅原道真と在原業平のミステリもの。ワトスンとホームズのような男2人のバディ体制ですが、腐女子要素はなく、なかなか読ませる。

約3年前

神々の歩法 -Sogen SF Short Story Prize Edition- 創元SF短編賞受賞作

SF嫌いの人に。 創元社のSF短編賞受賞作ですが、短編だけあって短いし造語もあるけれどサクサクと読みやすい。 ある日、一人の人間が超常能力を得、世界を滅亡の淵へ追いやり、中国は人の住めない砂漠となった。紫禁城の廃墟に潜む、その男を倒すためにアメリカのサイボーグたちが派遣される、、、。

約3年前

アートバイブル

聖書と宗教絵画の融合。 天地創造から始まる聖書の様々なシーンの一節と、中世絵画を中心としたアートと並列に並べてゆく。 聖書の様々な物語も、原典で読むと不可思議な部分が多く、それもまた味わい深い。

約3年前

村上さんのところ コンプリート版

電話帳二冊分のボリュームの、書簡集です。ソフトカバー版と違って、ファンとからのメール全てに返信したそうで。 読み終わるのは一体いつになるやら。

約3年前

59b69345 fd38 4c60 9112 b8f1b167579e61a2aff9 d6fb 402c ab84 1cf53e617399
火花

読んでる間、ずっと中島らもと太宰治の人間失格が頭に浮かんでた。 これ、関西人が持つ感想と、それ以外が持つ感想て違うと思う。また、お笑いをどう見てるかによって違うと思う。 文学的評価は、、、、うーん、わからへん。この一冊だけやと考えすぎなんか、本人の芸人としての考え方を小説にまとめただけのものかが判断できひん。 もう一作読んでからかなぁ。

約3年前

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0763975fe 96d4 4bf4 b507 10749544f46094e67008 1e6b 4971 8bfa fe092db3c9f2E014b6cb 83fe 4e54 93cc 355c9b858fe059f573bb a20f 44d2 af1e e1e4a56278302c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724 286
リカーシブル

地方都市に引っ越した母子家庭の親子。最初の日から訪れた奇妙な違和感は、徐々に長女のハルカを追い詰めていく。 超自然な存在がほんとうに存在するのか、それとも巧妙に仕組まれた悪意なのか。ページを繰る手を止めさせないストーリテラーぶりは安定の米澤穂信。 流石という言葉しか出てこない。

約3年前

Icon user placeholderC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991C2671f09 9410 46bc 883d e39853f2165d7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7E640ef27 2ca5 4174 bc91 ca42c20e9091Aad2e885 033b 451a a895 32c87caf29506cb987f6 b4ae 4c60 99e9 f8869242e347 15
ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義

仕事柄読みましたが、かなり面白かったです。 ドーナッツを穴だけ残して食べる、この問題に大学の各学部がそれぞれの学部らしい解釈やアプローチをするのが素晴らしい。

約3年前

5dc440c1 c7d0 4a9b 89e7 6d0e76efcf2e7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77aB3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d231240dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812cc23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Fbe2c892 873b 4ade b81e 21b2e23ddb69F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 13
精霊の守り人

ドラマの前にまず原作を! アジア風ファンタジーの傑作。この、シリーズはどれも当たり。 NHKが数年かけてドラマ化するようだが、ほぼ主役の女用心棒のバルサを綾瀬はるかがするのだとか。変にイメージが着く前に是非、本の形で読んで欲しい一冊です。

約3年前

5ebccfea 3721 42d6 93ac a1a1869b18172c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fB01f209a 102f 42a4 8d27 0db908548381640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f3bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 68
進撃の巨人(17) 限定版

超巨大巨人のさらに灰も巨大な巨人が登場 (巨大な巨人って言語重複か) 物語はさらに混迷の度合いを増す。初期から登場のキャラにも様々な背景や謎や裏の顔が…。 映画を観に行くかどうかまだまだ絶賛迷い中

約3年前

E4a12636 8e00 4f1e 8113 af75866ad5e3E74483c3 b659 4257 ba23 3033ac129c685990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b90f71c799 8c10 4e23 a150 a023ba8209bf05576ef6 4d04 47cb a55d c6cbae3782bf
百鬼夜行抄 1巻

今更ながら初読み。 小説家の祖父が死に、残された幼い律の元に残ったのは異形の妖だった。。。 人気長編作品なのに読んでいなかったのだが、女性作家さんならではの味やおかしみがある。勧善懲悪でもなく、さらりと恐ろしいこともあるが、ユーモラスでもあり。

約3年前

残穢

文庫になったので読み返してみたが、やはり途轍もなく恐ろしい。本当に怖い。大人が読んでもガチンコに怖い。 ここまで怖い怪談もそうない。ホラーとしては出色。 夏の夜に最適。

約3年前

384d5bf7 982f 4435 8df5 a0c7571b46af1638af4c e32f 4e25 a746 c601997619981b14913b e1c6 4126 adcd 1f5a003a921839daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71e7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c793dec1e9 00e7 4b8b b7d2 15855ecd99deDb0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b1 46
掟上今日子の備忘録

西尾維新の、新シリーズは探偵物。 しかも、主人公の探偵は、たった1日の記憶しか保持できない、眠ったら最後、全てを忘れてしまう探偵だったのです。 トリッキーな縛りの探偵ゆえ、僅か半日で事件を解決しなければいけないのです。 こいつはなかなかにハードな設定です。しかし、西尾維新はそれをソツなくこなします。やっぱり、才能があるとしか言えませんね。

約3年前

4ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b8009755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5Icon user placeholderIcon user placeholder13270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c7Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe97789886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c 27
バーナード嬢曰く。 2

学校の図書館を舞台にした、本にまつわる短編ギャグ漫画。 古今東西の純文、SF、ミステリ作品が登場。ギャグの合間合間にうんちくと読書愛が語られていてマル。

約3年前

C0d400f3 81e8 40c6 af29 62ed32c2d008C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef3187d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796dDa0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d8Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575c 13
王様の仕立て屋 10 〜サルトリア・ナポレターナ〜

服飾薀蓄漫画。 今回はジーンズの着こなしを軸にしたお話が丸々一巻続きます。 このジャンルはグルメ漫画みたいに乱立しないので、安心して読めます。 そろそろジャケット1着新調したいなぁ。

約3年前

「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告

内容的には、数年前からの記事をまとめたものなので、タイトルにやゆ偽りあり。 しかし、ギリシア問題が取りざたされる今だから読む価値はあり。色々な意味で、日本と違う道をドイツは歩んでいる。そして、頭が良すぎるというか効率を追い求めすぎるドイツは、別の意味で日本と同じように世界の摩擦のタネになるしかないのかな、とも思う。

約3年前

Icon user placeholderE3357c09 0ac1 4db1 9a95 4ae9bf9e510d1056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143aBdfaf019 e010 42c2 9aaa ed5cb5b4adc1001fba68 eb7a 4dff b262 7755bef6deef9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ffEda65764 b19a 4fb9 9bf2 0053fa3d5501 12
薔薇王の葬列(4)

ヨーク家とランカスター家の戦争を描いた傑作、「リチャード三世」を下敷きにした少女漫画。 表紙だけ見ると腐女子ものっぽく見えるが、そんなこともない。むしろ、小リチャードの体の不具を半陰陽という設定にして、話を複雑化している。ただし、登場人物全員がかなり性格に難あり。

約3年前

図解・台風の科学

台風被害は、雨と風は脇役にすぎない。 本当の台風の脅威は、台風が海を連れてやってくること。高潮を引き連れ、沿岸部や河川流域でも被害を甚大にすることだ。 ということがよくわかる。 近年稀に見る大型台風11号上陸の今日だから、読んでみるのもいいかも。 #台風進路

約3年前

ヴァン・ショーをあなたに

下町の小さなフレンチレストランを舞台に、日常の謎解きを絡めた連作短編集の2作目。 前作は料理の一つ一つが謎解きと密接に絡められていましたが、今回は料理は薄め。そのぶん、一人称ではなく、色々な人の視点でバラエティ豊かな作品が並ぶ。 恋愛模様や家族愛を描いた作品もあれば、料理人の矜持や生き方を問う作品もあり。 佳品です。

約3年前

8a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113B524559e 279a 42aa 8b57 2271a5f3dd540402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00D9297e0c 3bb3 4800 8622 daacb23965813b152d10 d8f5 4a2d 85b1 b965be5e20b9 22